プロが教えるわが家の防犯対策術!

我が家に植えている「金木犀」が花が咲きません。
ホームセンターで買ってきたものです。一年たちました。
日当たりは良い場所に植えているのですが、何が足りないのかわかりません。
金木犀の花を咲かせる方法について注意点等があれば
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

キンモクセイは夏に花芽をつくり、その年の秋に開花するそうです。


下記サイトでは、キンモクセイの育て方などが記載されています。

・キンモクセイの育て方/住友化学園芸
http://www.sc-engei.co.jp/plant/garden_tree/cult …

A 回答 (4件)

金木犀の花が咲かないというのは、我が家のお父さんと同じ悩みです。


以前専門家の方にお聞きしたのですが、大変手間のかからない丈夫な木で、ほうっておいてもよく開花しますとのことでした。
ただ植える場所を選びます。
日当たりがいいことと風当たりが少ないこと。
我が家の場合はT字路のどんづまりに木が植えてありますので、たいへん風当たりが強いのです。おたくはいかがでしょうか。
なお、風当たりも特に強くないとすれば、樹齢の若さかもしれません。
あまり生育の早い木ではないようです。
思い当たるフシがないようでしたら、もう少し気長にお待ちください。
ただ、もし風当たりや日当たりに原因があったとしても、植え替えることはやめた方が良いです。
この木は、植え替えを嫌うと思いました。
他の方法で対処しましょう。
我が家は手前に成長の早いキョウチクトウを植えました。
早く育って、金木犀の風をさえぎっていただきたいものです。
    • good
    • 13

・9月か10月ごろに咲くけど早い時期に花芽がでてくるからその頃に剪定したりすると咲かないかも。

剪定するなら花が散ってすぐがいい。
    • good
    • 14

こんばんわ。

我が家の金木犀も数年前に全く咲かない年がありました。その年は夏に葉が伸びすぎたため、家人が剪定してしまったため、つぼみが切り落とされたようでした。
金木犀は基本的にその年の6月下旬から7月に花芽が形成され、今頃に咲きます。もしかしたら今年、夏に剪定されたということはありませんか?
後は花が終わった秋から冬に骨粉か鶏糞のようなリン酸カリ分の多い肥料をまくと良いです。窒素系肥料をやりすぎると葉がかり伸びすぎ、花芽が付かないことがありますので、注意してください。
私はその後は注意して、夏に葉を切りたくなっても花が終わるまで我慢我慢と言い聞かせています。
香りが良いですから、来年が楽しみですね?
    • good
    • 11

咲かない原因は、木が若かったり、剪定の方法や時期を誤ったり、肥料が足りなかったり・・・


キンモクセイは、結構強く手間がかからない植物です。
次のURLを参照してください。
   http://www.hanaippai.com/hanaippai/hanadb/hana.p …

参考URL:http://www.hanaippai.com/hanaippai/hanadb/hana.p …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

木が若いせいかも知れませんね。
私は、こういったことには全くの無知ですが、金木犀は
香りが好きなので何とかと思って植えてみたのですが
木が若いせいでしょうね。
URLを見てみます。
早速ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/04 21:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高くなりすぎた木を低くしたいのですが

まったくのど素人ですが、自分の家の庭木が高く伸びすぎてしまったため、それを低くしたいと思い、チェーンソーまで購入しました。
例えば、梅と金木犀は6mほどの高さになりましたが、それを3m程の高さにしたいと思います。

しかし、あまり短く切って後から全く伸びなくなっても困るので、切る箇所、切る時期等注意すべきことをアドバイスをいただければと思います。

木の種類は、梅、柿、金木犀、マキ、紫陽花、椿、冬椿、もみじなどです。

11月中にしたいと思うのですが、上記の全ての木を切るには時期的には大丈夫でしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 椿は花後に剪定します。うちは大体4月頃に行っています。今頃は既に蕾を持っていますので、来年咲かない事態になってしまします。花なんか咲かなくても結構というなら別ですが、一応花も楽しまれたらと思います。椿は素人でも簡単に剪定できます。チェーンソーはやった事がありませんが、強剪定可能ですので、刈り込みバサミでガツガツやっています。コツは上を止めることももちろんですが、中を透かすことです。中がギチギチになっていたら、カイガラムシなんかが発生する元になりますし、チャドクガも湧きやすくなります。
http://yasashi.info/tu_00001g.htm
 金木犀も素人ですが、やりました。ただあまりガツガツやりすぎると来年花が咲かなくなります。適期は開花が終わった後ですので、今頃がちょうど良いかと思います。
http://yasashi.info/ki_00007g.htm
 ウメは以前あったんですが、抜いちゃったんで調べてみました。でも「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」といいますよね。↓に時期と方法が載ってます。
http://homepage3.nifty.com/jindaira/nousagyou/noen8a.htm
http://www.chiba-sentei.com/sentei/index.html
 柿は今たわわに実ってませんか?うちはちょうど一昨日収穫しました。柿は12月中旬ぐらいが適期のようです。
http://www.h2.dion.ne.jp/~nyoshida/kaki/kakisagyo/ka_sentei_f.htm
 紅葉はうちの父親が盆栽でいい加減に育てていたので、植え替えするのを忘れた為に下に根っこを下ろしてしまって、家の間際にあるというとんでもなくいい加減な木があるんですが(^_^;)、洗濯物を干すのに邪魔なので伸びたらカットしてます(ないがしろ状態(^_^;))。ですので、特に素人でも出来るんじゃないかと思います。時期は10月~3月頃までです。
http://www.hanaippai.com/qa/answer.php?qaNo=1395
http://www15.plala.or.jp/sasayasu/sentei_kanri.htm
 マキ、アジサイは↓をご覧下さい。でもアジサイって冬は地上部が枯れませんか?特に剪定は必要ないと思うんですが。
http://takamiya.com/garden/plant/maki.html
http://www.yasashi.info/a_00010g.htm

 尚適期は関東にあわせています。東北や北海道などの寒い地域ならまた違ってきますので、お住まいの地域にある造園会社などに相談されるのが良いと思います。

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。
 椿は花後に剪定します。うちは大体4月頃に行っています。今頃は既に蕾を持っていますので、来年咲かない事態になってしまします。花なんか咲かなくても結構というなら別ですが、一応花も楽しまれたらと思います。椿は素人でも簡単に剪定できます。チェーンソーはやった事がありませんが、強剪定可能ですので、刈り込みバサミでガツガツやっています。コツは上を止めることももちろんですが、中を透かすことです。中がギチギチになっていたら、カイガラムシなんかが発生する元になりますし、チ...続きを読む

Qキンモクセイを生き返らせるには

2か月くらい前から葉っぱが枯れてきたので、1週間前に80センチくらいキンモクセイの土を入れ替えました。

高さ50センチ直径45センチくらいの円のプランターで育てています。 今まではかなり粘土質の土で今回は野菜や花をそのまま植えれるという万能型の安い培養土25リットル400円くらいです。

そうしたら4日くらい前から、枝の先端の新芽のような若葉がこげ茶のようになりポロポロ枯れてしまっています。

植え替えてから1週間は東向きのベランダに置いていて、朝から11時くらいまでは日に当たっていました。

今日から家の中に入れています。
水は植え替えた時とあと2回くらいちょっとやりました。 

今後の私がとるべき行動はどのようなことでしょうか?

Aベストアンサー

一番初めに葉が枯れた原因は何だったのでしょうね。
病気だったのかもしれませんよ。

先葉枯病
http://www.jugemusha.com/byouki-b-sakihagarebyou.htm

炭疽病(キンモクセイの葉ではありませんが、キンモクセイもかかります)
http://www.k-tk.co.jp/navi/hanten/hisakaki_tanso.html

病気の枯れ方だったのなら、トップジンM水和剤やベンレート水和剤などの殺菌剤をご使用ください。

他に、日当たりが悪かったからかもしれません。
うちは日当たりが良い所に地植えなのですが、枝が込み合うとすぐにポロポロ落としていきます。

植え替えたのは根詰まりだと思ったからですよね。
根詰まりしていたのであればそれで良かったのと思うのですが、
根が不足すると枝先から順に水が行き届かなくなりますので、
根と地上部分のバランスが崩れてしまっている状態に思えます。

まだ植え替えてから1週間なのでしたら、根の回復には時間が掛かりますので、
もうしばらく耐えてもらってください。
葉を減らせばマシにはなりますから、剪定しても良いでしょうね。

焦ってすぐ行動に移すより、時間をかけてじっくり観察しながら
すべき事を考えてあげてくださいね。
キンモクセイはわがままな所もありますのでもろい様に感じますが、
結構強くて葉が全てなくなっても立ち直れますので。(翌年になりますけど)

一番初めに葉が枯れた原因は何だったのでしょうね。
病気だったのかもしれませんよ。

先葉枯病
http://www.jugemusha.com/byouki-b-sakihagarebyou.htm

炭疽病(キンモクセイの葉ではありませんが、キンモクセイもかかります)
http://www.k-tk.co.jp/navi/hanten/hisakaki_tanso.html

病気の枯れ方だったのなら、トップジンM水和剤やベンレート水和剤などの殺菌剤をご使用ください。

他に、日当たりが悪かったからかもしれません。
うちは日当たりが良い所に地植えなのですが、枝が込み合うとすぐにポロポロ...続きを読む

Q水仙の花が、毎年ほとんど咲かないのですが、・・・・・・・

今年も水仙のシーズンになりましたが、我が家の水仙(房咲の日本水仙だと思います)のことですが、いつもながら季節になってもほとんど花をつけません。  どうしてでしょう、ご指導いただけないでしょうか?   
植えてある場所は、我が家の庭先、それも、南面の日当たりが大変よい場所です。 面積は半坪ばかりの広さの花壇で、水仙だけを一面に植えております。  もう35年も前になりますが、やっとマイホームを建てたことを記念する意味で、その花壇に水仙の球根を数個植えたのですが、それが増えて、今では、半坪の花壇一面の水仙に茂ったのですが、肝心の花が、当初からほとんど咲きません。 僅か一株程度に花が咲く程度です。  日当たりがよいためか、成長は大変快調で葉だけは元気よく茂っていますが、いまだに花をつけたためしがないという状況です。
今まで、サラリーマンでしたので、時間の余裕がなく、水仙が咲くかどうかなんて、ほとんど気にかけていませんでしたの放置したままでしたが、サラリーマンを卒業して時間に余裕が出てきますと、茂るだけ茂って、まったく花が咲かない水仙が気がかりになった、という次第です。
勝手な言い分で、今までほったらかしにした水仙にはすまないと思いますが、よろしく、ご指導のほどお願いいたします。

今年も水仙のシーズンになりましたが、我が家の水仙(房咲の日本水仙だと思います)のことですが、いつもながら季節になってもほとんど花をつけません。  どうしてでしょう、ご指導いただけないでしょうか?   
植えてある場所は、我が家の庭先、それも、南面の日当たりが大変よい場所です。 面積は半坪ばかりの広さの花壇で、水仙だけを一面に植えております。  もう35年も前になりますが、やっとマイホームを建てたことを記念する意味で、その花壇に水仙の球根を数個植えたのですが、それが増えて、今...続きを読む

Aベストアンサー

日差しが強すぎるのでは?
夏場、余り暑いのはダメみたいです。
自生地も林の切れ目など、半日陰みたいなところの方が元気みたいです。
植え替えも、肥料もなくても毎年咲きますね。

Q金木犀の葉が枯れだした

4年前入籍届けを出したとき、役所で記念樹として金木犀をもらいました。アパートなのでベランダで植木鉢に入れて育てています。高さは50~60cmぐらいまで成長しましたが、去年あたりから下の方の葉先から徐々に枯れだして、今は去年出た葉のみが残っていて、その葉も葉先から徐々に枯れだしています。新芽についても先が茶色になっていて木そのものが枯れてしまうのではないかと心配です。何か対策はありますか?4月から一軒家に越す予定で、庭に植え替える予定です。

Aベストアンサー

原因としては次のことが考えられます。
1)鉢植えで4年も経過しているので鉢が小さくて酸欠状態になっている。もしくは乾燥しすぎた。
2)根元に芯喰い虫等が入っている。
3)冬の寒風でやられた。(弱っているとやられやすい)

対策
1)鉢から抜いてみて1)の状態でしたら大きめの鉢に植え替える。
2)虫が入っているようでしたら細い針金で中の虫を捕りだし孔を削った木などで塞ぐ。
3)枝の幹を削ってみて樹皮が赤茶けているようでしたらその部分から上を切り取り、生きている部分まで少しづつ切り取り剪定してします。

いずれにしろ、キンモクセイは、常緑樹なので新芽の出る季節には多少古い葉っぱが落葉します。新芽が新緑に変わる頃には大部分落ちることがありますので心配はいらないでしょう。
葉が幹に着いたまま枯れているようでしただいぶ木が弱っていることになりますので早急に対策を講じてください。(枯れている部分を剪定する)
キンモクセイは葉が大きいので鉢植えの場合いはすぐに乾燥しやすいので潅水はまめにする方がよいと思います。早く地植えしてあげてください。

原因としては次のことが考えられます。
1)鉢植えで4年も経過しているので鉢が小さくて酸欠状態になっている。もしくは乾燥しすぎた。
2)根元に芯喰い虫等が入っている。
3)冬の寒風でやられた。(弱っているとやられやすい)

対策
1)鉢から抜いてみて1)の状態でしたら大きめの鉢に植え替える。
2)虫が入っているようでしたら細い針金で中の虫を捕りだし孔を削った木などで塞ぐ。
3)枝の幹を削ってみて樹皮が赤茶けているようでしたらその部分から上を切り取り、生きている部分まで少しづ...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qつげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。

つげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。
垣根のつげの木がだんだん枯れてきていますが考えられる原因はどんなものがあるでしょうか。
かれこれ30年近くなる庭の垣根として植えているつげの木が近年少しずつかれてきています。
秋口に枯れが出てきます。垣根が歯抜けになり見苦しいのですが原因は何でしょうか。
モグラのトンエルをみかけます。また酷暑も関係しているのかと思ったりします。
肥料はできる範囲で化成肥料を年に1回春に施しています。暑い時は一日おきに
水もできる範囲でやりますが石垣の上に植えているので相当乾燥するものと思います。
原因と対策を是非教えてほしいのですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸性土質に傾いた事や、土壌が長年何もしな
かったため固くなり根張りが十分に出来なくなっている事、葉と葉との間
が密集しているため風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなっている
事などが考えられます。
枯れた物は元には戻りません。部分的に生きていても回復する事は難しい
ので、その内に枯れてしまうでしょうね。

垣根を元通りの状態に戻させるには、大掛かりになりますが植替えをして
仕立て直す事しかありません。
現在の垣根を見て、枯れた部分がどの程度あるかを調べます。それにより
何本不足しているのかが分かるはずです。
必要な本数を園芸店(樹木を扱っている店)に注文し、作業に必要な資材
などを準備します。
植替えるためには土壌改良が必要で、そのためには堆肥や腐葉土が必要で
す。また酸度調整のための苦土石灰も必要で、事前に用意します。
それと寒冷紗か遮光幕を用意して下さい。植替え時に必要です。
黒いビニールポットも用意します。掘り上げ時に必要です。

苗が自宅に到着したら、苗を一ヶ所に詰めて置いて寒冷紗か遮光幕を被せ
ます。苗を植え付けるまでは被せておき、乾かさないように水遣りだけは
行って下さい。次に枯れている物や枯れかけている物を抜きます。これら
は植付けをせずに処分するので、根に土は付いていなくても大丈夫です。
次に元気な物を掘り上げます。出来るだけ根に付いた土を残すようにして
掘り上げ、黒いポットに収まるようにするため、はみ出た根は切ります。
1本づつポットに入れて保管します。全て掘り上げたら、移植する場所を
スコップや鍬で掘り返し、出て来た根などを取り除きます。石が出て来た
時は撤去しなくても構いません。掘り返す深さは30~40cmを目安に
します。浅いと土壌改良にはなりません。
耕し終えた場所に苦土石灰や堆肥を入れ、鍬で耕すように十分に混ぜ合わ
せます。表面を均等に均したら土壌改良と酸度調整は完了です。

次は移植をします。植付けは千鳥植えにしますが、苗との間隔は苗の枝と
枝とが軽く触れる程度が理想ですが、初心者には分かりずらいので、株の
間隔を20~25cm程度にして下さい。植え場所に割箸を目印として1
本差します。日が良く当たる方向に新しい苗を植え、元々あった物は後ろ
に植えるようにします。移植ゴテで株より少し大きめな穴を掘り、高植え
にして植付けをします。高植えは根元に少し土が被る程度に植える方法で
す。間違っても深く植えないで下さい。

植付けが終わったら水を十分に与えます。根が完全に活着するまでは最低
でも1ヶ月は必要ですから、水切れにさせないように天気の良い日は朝夕
の水遣りは欠かさないようにします。水切れを起こすと枯れます。

肥料は与えません。与えるのは翌年で十分です。与えるのは化成肥料でも
構いませんが、堆肥に混ぜられて与えると手間が省けます。時期としては
8~9月の間に1回だけです。与える時は根元から離れた場所に与えるよ
うにします。現在は春のようですが、与える時期は樹木の種類で違います
から、何でも春に与えれば良いとは思わないで下さい。

暑い時こそ水は必要ですから、1日おきでは水不足になりますよ。朝夕の
2回は必要な時もあるかも知れません。また出来る範囲では与えた事には
なりません。石垣の上なら、多過ぎたかなと心配する位に与えます。

モグラは無罪です。今回の件に関しては関係ありません。

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸...続きを読む

Q金木犀の病気と対策について

我が家の金木犀です。ご覧のように葉の色が悪く、枯れている部分もかなりあります。
元の元気な状態に戻したいのでこうなった原因と対策を教えて下さい。
(早く大きくなるようにと思い2月ほど前に油粕を根元大量に撒きました。)

Aベストアンサー

写真を見る限りでは「瀕死の重傷」です
もしかしたら、既に根は大やけどを負って枯死しているかもしれません
脅しではありません、本当のことです

>早く大きくなるようにと思い2月ほど前に油粕を根元大量に撒きました。)

そもそも、何故こんな事を思いついてしまったのでしょうね?


気温の高い季節は肥料をやってはいけないのです
人間だって残暑が厳しいころは夏バテ気味で、こってりとしたスタミナ食は
うんざりするでしょう?

そんな時に無理して食べても余計に体を壊しかねませんよね?
植物だって同じですよ

それに肥料をやったからと言って成長が早まるわけでもありません
逆に多肥栽培は病害虫に対する抵抗力を減退させます

特に油粕は、使い方を誤ると一気に植物を枯らしてしまいます

この金木犀に与えた油粕は発酵処理がされてない生油粕だったのでは
無いでしょうか?

未発酵の油粕は土に触れて水分を吸収すると摂氏60度以上の高熱を発して
発酵を始めますから、そこにある植物の根はひとたまりもなく大やけどを負います

まして残暑の厳しい8月末頃ともなれば無傷で済むことの方が奇跡です

もう少し前の段階で、せめて葉の数枚が萎れだして時点で
手をかけてやれば救う手だてもあったと思いますが…

今は、ほんの少しでも生き残っている根があることを祈って、この木が持っている
自然治癒力に賭けるしかありません

取り敢えず残っている油粕を取り除いて、肥料分を洗い流すように水をたっぷりと撒いて
暫らくそのまま様子を見ているより仕方がないですね

写真を見る限りでは「瀕死の重傷」です
もしかしたら、既に根は大やけどを負って枯死しているかもしれません
脅しではありません、本当のことです

>早く大きくなるようにと思い2月ほど前に油粕を根元大量に撒きました。)

そもそも、何故こんな事を思いついてしまったのでしょうね?


気温の高い季節は肥料をやってはいけないのです
人間だって残暑が厳しいころは夏バテ気味で、こってりとしたスタミナ食は
うんざりするでしょう?

そんな時に無理して食べても余計に体を壊しかねませんよね?
植物だって同...続きを読む

Qきんもくせいの育て方

金木犀の苗木をいただきました。うちはマンションなのですがベランダで育ちますか?
また上手な育て方教えて下さい。

Aベストアンサー

金木犀は鉢植えでも育てることができます。
鉢植えの場合は苗木の大きさにもよりますが8号鉢以上の大鉢植えにすることと日当たりのよい場所で育てると肥料を確りやると花が咲くようになります。
元々大木本性の植物なので地上部も地下部も大きく育ちます。
鉢植えでは花が咲かないと良く言われ本当に咲かないこともありますが殆どの原因は肥料不足と日光不足です。
鉢植えではどうしても肥料不足になりやすく細かい枝しか出ないため花付が悪くなります。
3月から6月頃にに発酵済み油粕か化成肥料を置き肥するか液体肥料を10~15日に1回水やり代わりにやり太い枝を作るようにします。
花を沢山咲かせるには日当たりもとても大切です。
ただし花が咲き始めたら植木鉢を室内に入れても良いでしょう。
用土は赤玉土7に腐葉土3位が良いでしょう。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/gardensk/430279/437934/462535/

Q鉢植えのバラの冬越しについて教えてください!

お世話になります
私は南東北に住んでいます 今年の秋から
バラを鉢植えで育てているのですが
【鉢バラの冬越しについて】調べたのですが
東北地方について詳しいものに出会えず・・
こちらで アドバイス頂けたらと思い 
質問させて頂きました

私の住んでいる所は
屋外で日中は-3度程度 
   夜間は-7度程度 に為ると思います
※雪の下にして管理するか
※玄関のポーチにて管理するか
※無暖房の屋内にて管理するか
(屋内でも10度は下回る気温と思われます)
どのように管理しようか迷ってしまっています

育てているバラは
・カクテル
・サラバンド
・つるアイスバーグ
・白モッコウバラ
・ブライダルピンク
○シュネープリンセス
○マルゴズシスターズ
○アンティークレース の8っ種類です
今年買ったばかりの大きな苗ではありませんが
○印のバラは花を咲かせてくれたものです

初心者なもので・・質問も基本的な事で
大変お手数お掛けしますが
アドバイス頂けると有難いです
よろしくお願いします

Aベストアンサー

拙宅は暖地で、住んでいる環境に差異がありますが、バラが生育するのに最も適した温度は平均気温が17℃ぐらいから25℃ぐらいであろうと思います。比較的涼しいぐらいの温度が適温で、季節でいえば4月5月、あるいは10月あたりでしょう。30℃以上では生長が鈍り、盛夏は苦手とします。
平均気温が4℃以下になれば落葉し、休眠状態に入ります。寒さには比較的強く、-5℃ぐらいまでは大丈夫です。鉢土が多少凍りついても大丈夫だという事です。0℃ぐらいから-5℃までは鉢土を高さ3~4cmぐらい覆うマルチングで十分対応できます。
マルチング材には藁や繊維質のピートモス、あるいはバーク堆肥などが利用できます。

バラにとって冬の寒さは必要で、この時期は細胞液の濃度が高まり、幹(特に下の方)には養分を蓄えて充実した樹となり、春に備えています。
-7℃ぐらいになる日はマルチングと透明ビニール袋(透明ゴミ袋)をかぶせておくぐらいで対応できるのではないかとは思われます。

落葉している冬期は日当たりもさほど必要とはせず、日陰あたりでも結構です。芽が吹き始める春あたりから日当たりの良い所へ置きましょう。盛夏は幾分直射日光を遮光してやる品種もあろうかと思われます。大変明るい日陰ぐらいでしょうか。

※雪の下にして管理するか・・・△。あまり大雪がかぶるのは避けた方が良いでしょう。
※玄関のポーチにて管理するか・・・○。ここが一番良いでしょう。新芽が吹く春までは多少日当たりが悪くとも構いません。
※無暖房の屋内にて管理するか・・・×。前述したようにある程度冬の寒さが必要です。0℃~-5℃ぐらいまでならば大丈夫です。

拙宅は暖地で、住んでいる環境に差異がありますが、バラが生育するのに最も適した温度は平均気温が17℃ぐらいから25℃ぐらいであろうと思います。比較的涼しいぐらいの温度が適温で、季節でいえば4月5月、あるいは10月あたりでしょう。30℃以上では生長が鈍り、盛夏は苦手とします。
平均気温が4℃以下になれば落葉し、休眠状態に入ります。寒さには比較的強く、-5℃ぐらいまでは大丈夫です。鉢土が多少凍りついても大丈夫だという事です。0℃ぐらいから-5℃までは鉢土を高さ3~4cmぐらい覆うマルチングで十分対応できま...続きを読む

Qキンモクセイの成長と剪定について

庭に1mくらいのキンモクセイを植えました。

キンモクセイは大きくなるイメージなのですが、横に広がっていくのでしょうか?

個人的に縦に長い感じがすきなのですが剪定することで大きさや幅は調整可能でしょうか?

Aベストアンサー

>キンモクセイの成長と剪定について
キンモクセイは大きくなるイメージなのですが、横に広がっていくのでしょうか?

個人的に縦に長い感じがすきなのですが剪定することで大きさや幅は調整可能でしょうか?
               ↓
我が家では北側の庭と道路沿いの生垣に植栽しております。
日陰でも半日陰でも、日照に恵まれた所でも、丈夫に育ち花が咲くと良い香りが辺りに漂い和み・癒し・目や嗅覚でも楽しませてくれてます。

ところで、樹形や枝張り&根張りの問題ですが・・・
樹木は大きくなりますが、ある程度は強剪定で高さも幅も切り揃え、葉を刈り込む事で樹形も整えられます。

土壌と日照、肥料の条件にもよりますが、剪定&刈り込み次第で樹木の大きさ、高さや幅のバランス、植栽スペースのコントロールは十分に可能だと思います。


http://www.geocities.jp/e_garden1128/mokusei/mokusei.html

yusha様に於かれましては、皆様のアドバイスを参考にされ、大切な金木犀が、美しく丈夫に育ちますよう、心より祈念申し上げております。

>キンモクセイの成長と剪定について
キンモクセイは大きくなるイメージなのですが、横に広がっていくのでしょうか?

個人的に縦に長い感じがすきなのですが剪定することで大きさや幅は調整可能でしょうか?
               ↓
我が家では北側の庭と道路沿いの生垣に植栽しております。
日陰でも半日陰でも、日照に恵まれた所でも、丈夫に育ち花が咲くと良い香りが辺りに漂い和み・癒し・目や嗅覚でも楽しませてくれてます。

ところで、樹形や枝張り&根張りの問題ですが・・・
樹木は大...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング