電気メスと通常のメスとの使い分けを教えて下さい。
電気メスは、どういうところに使用してどういった場合に使用できないのか教えて下さい。また通常のメスとの使い分けを教えて下さい。
是非お願い致します。

A 回答 (2件)

電気メスは、皮膚の切開には使いません(真皮も含めて)。

これは、皮膚が凝固壊死してしまい縫合閉鎖した後に傷がくっつかなくなってしまうためです。皮膚の切開には通常のメスを使用し、その下の脂肪等を含む皮下組織や筋肉などの切開に主に使用します。腸管などの切離や胆嚢摘出に使用する先生もいます。電気メスは凝固しながら切開するという利点があるため便利なものではありますが、そのエネルギーの及ぶ範囲を厳密には設定できないため、大切なもの(神経や重要な血管など)の近くでは使用を控えます。
こんなところでよろしいでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうも、ありがとうございます。大変ためになりました。
使い分けが理解できたように思います。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

外科系は専門外ですが…。



普通のメスが『鋭く切る』のに対して、電気メスは『焼き開く』
という感じです。

ですから普通のメスは切れ味がいい反面、真皮などの毛細血管も
すぱすぱ切ってしまうため、出血を伴ないます。
一方、電気メスは切開面を焼結するために、毛細血管の断面も
焼き固めてくれるので、出血を抑えることができます。

使い分けの例としては、普通のメスで表皮を切り開いたあとに、
電気メスを使って真皮等の出血を焼き固めつつ脂肪層を溶かし
開いていく、などという感じです。

これ以上の詳細は、外科系の先生の回答を待ちましょう(笑)。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QニトロダームTTSについて。

ニトロダームTTSを貼付する位置について教えて頂きたいのですが、大腿部に貼付する事もあると聞きましたが、そのような位置でなぜ良いのか教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

経皮的な吸収の場合、毛細血管へ入り込み静脈に取り込まれ最終的に大静脈から心臓へ流れ込みます。ニトロの場合、効くのは心臓ですよね。ということで静脈につながっていない毛細血管は存在しないのであまりうるさいことは言わないのです。それよりも汗などではがれやすいとか動きによってはがれやすい場所というのを嫌うのです。
同じ経皮吸収でも抗炎症の湿布の類が病巣部分近傍でないのといけないのとは意味が違うのです。

Q電気メスを扱ってるメーカーを教えてください

電気メスを扱ってるメーカーを知りたいのですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

泉工医科工業
http://www.amin.ne.jp/mera/

エルマン=ジャパン・エイジア
http://www.ellman.co.jp/default.htm

アロカ株式会社
http://www.aloka.com/japanese/index.html

…さしあたり、こんなところでいかがでしょうか。

Qニトロの貼り薬(ニトロダーム)について

ニトロダームというものだと思いますが、同居の義父(88才)が使っています。

二年前に心不全で倒れ、入院後回復し、現在に至っています。


昨年暮れの寒波の影響か、それまで薬で正常範囲だったのが急に上が180を超え不安定になりました。
翌日かかり付けの医師から通常の血圧の薬に加え、ニトロの貼り薬を渡されたそうです。

おかげで今は正常数値に戻り、体調も落ち着いています。
医師からもニトロの貼り薬について

「まだ必要ですか?」と聞いてくるそうです。

でも義父は三日毎に貼ってるらしく、まだ欲しいともらっているとか。


急な体調のときならともかく、ニトロを常用する(三日置きとはいえ)のは危険ではないですか?
会社の身内の方で、同じくニトロの貼り薬を医師からもらってる人がいるのですが、めったに貼らないと聞いています。

常用してよいのか、どうなのか知りたいです。

Aベストアンサー

ニトロダームは血圧が高い間だけはる人もいますが、最も一般的な使い方は、毎日一枚張り替える用法です。(狭心症予防の場合)
要は予防薬なので、三日ごとなら、舌下のニトロと違って、危険とまではいかないと思いますが、医師が必要がないと考えているのなら、自宅の血圧計で測って、180を超えた時だけ貼る、という風に指示してもらえると義父さんも控えやすいしと思います。

まったく貼る必要がなくても、お歳の方ですと、安心のためになにか薬をもらっていたい、と思う方もいるので…。

もしご自宅に血圧計がないのなら、ニトロダームの件を抜きにしても購入をお勧めします。

Q医療用の電メスのメス先に異物がついたら

切開ボタンを押した状態のままで飛んでる昆虫などに触れたらどうなりますか?

Aベストアンサー

意図的に当てれば、焦げます。

Q電気メスについて

電気メスと通常のメスとの使い分けを教えて下さい。
電気メスは、どういうところに使用してどういった場合に使用できないのか教えて下さい。また通常のメスとの使い分けを教えて下さい。
是非お願い致します。

Aベストアンサー

電気メスは、皮膚の切開には使いません(真皮も含めて)。これは、皮膚が凝固壊死してしまい縫合閉鎖した後に傷がくっつかなくなってしまうためです。皮膚の切開には通常のメスを使用し、その下の脂肪等を含む皮下組織や筋肉などの切開に主に使用します。腸管などの切離や胆嚢摘出に使用する先生もいます。電気メスは凝固しながら切開するという利点があるため便利なものではありますが、そのエネルギーの及ぶ範囲を厳密には設定できないため、大切なもの(神経や重要な血管など)の近くでは使用を控えます。
こんなところでよろしいでしょうか。

Q混合医療の是非等について

いつも、お世話になりましてありがとうございます。
さて、最近、自分でも答えがでないことがありまして、皆様のご意見を参考にいたしたいと存じます。
健康保険財政が破綻寸前なのは、承知していますが、政府は、一部に限定して混合医療を是認いたしましたが、そもそも、その是非というか、利害得失が理解出来ません。
また、私はある病気で通院しておりますが、かかりつけのお医者様は、ある国立系の病院で部長までしていたのが、「医療の世界にアメリカ式の市場原理が入ってきて、自分のしたい医療ができないから独立した」と嘆いておられます。私も個人的には、医療位は、とりわけ、公的部門の病院位は独立採算ではなくても、
少々の赤字でも良いのでは、とも思いますが…。一方、国家的に財政破綻の危機に瀕していることも理解できるのですが…。
皆様、或いは医療現場の方、この利害得失についてもご教示下さい。

Aベストアンサー

医療制度の問題は複雑なので正確な統計に基づいた前提に立たないと
正しい現実認識ができません。わかりやすいHPをいくつか

三重県医師会HP
http://ml.mie.med.or.jp/index.html

医療制度研究会(スライドショーを参照してください)
http://www008.upp.so-net.ne.jp/isei/

日本医師会混合診療のQ&A
http://www.med.or.jp/nichikara/kongouqa/


有効性・有用性が認められる治療を保険適応にしないということは
社会的弱者を排除する医療差別そのものです。
自費にする=自由価格 となると価格の統制ができなくなります。
最高の医療である、という統計結果があれば自費にするべきではない。みんなで受けましょう。
むしろ、国民の大多数は医学論文など読みませんから自分で判断する必要のある混合診療を増やすことは不適切な治療を受ける危険性を招きかねない。
現に変な治療法の広告が新聞やネット上で蔓延している。被害者がいるからです。
混合診療は待つことのできない一部の抗がん剤だけで十分だと思います。これは専門医が対応している。
今必要なのは混合診療ではなく、適切迅速な保険適応審査制度です。

混合診療解禁論者が「使えないのは人道的に問題」と喧伝してきた一部の薬剤は
国の認可が遅かったのではなく、そもそも企業が申請を出してなかったことも最近分かってきています。
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2005dir/n2619dir/n2619_05.htm

参考URL:http://ml.mie.med.or.jp/index.html,http://www.med.or.jp/nichikara/kongouqa/

医療制度の問題は複雑なので正確な統計に基づいた前提に立たないと
正しい現実認識ができません。わかりやすいHPをいくつか

三重県医師会HP
http://ml.mie.med.or.jp/index.html

医療制度研究会(スライドショーを参照してください)
http://www008.upp.so-net.ne.jp/isei/

日本医師会混合診療のQ&A
http://www.med.or.jp/nichikara/kongouqa/


有効性・有用性が認められる治療を保険適応にしないということは
社会的弱者を排除する医療差別そのものです。
自費にする=自由価格 となると価格...続きを読む

Q電気メス

電気メスのメーカー名を教えてくっださい。
よろしければ、お勧めの電気メスがあったら教えて。
使い道は主に開腹術です。

Aベストアンサー

電気メスといえばやっぱりValleylab(取り扱いはtyco/Healthcare)って感じですか。
どこの病院でも一台くらいあるのでは?
簡単操作ですし・・・。

http://www.tycohealthcare.co.jp/index.html

でも、個人的にはERBE(取り扱いはアムコ)のが使い心地が良かったような気がします。
診療科ごとの出力設定が10個くらいメモリーできたりして・・・。

参考URL:http://www.amco.co.jp/

Q市販の風邪薬の是非

「市販の風邪薬を飲んでも完治までの期間は変わらない」
「市販の風邪薬は風邪そのものを直すものではない」
とすると

風邪の諸症状にはそれなりに意味があると思うのですがその症状だけを抑えてしまうのはかえって危険だと言う事はないのですか?
もっとも高熱が続く場合等は別ですが、その際はやはり医者にかかるべきだと思いますし、身体が出している危険信号、または自然治癒力の証みたいなものだけを抑える事に本当に意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

根治ではなく、風邪の症状だけを抑えるのには
意味はあると思います。
すなわち、熱があったり、咳があったり・・・etc

そのまま放置すれば、症状が症状を呼び、悪影響が
あると思います。特に熱を下げることは是非必要かと
思います。

昔、薬がない時代でも氷まくら等で熱を下げて
いたようです。
自然治癒ではありませんが、自然(本能的)の知恵
かもしれませんね。
回答になってないようでスミマセン。m(__)m

Q電気メスの凝固作用について

ある電気メスについての説明には「切開モードでは周囲への熱拡散が少なく血管の閉塞はない」とありました。
ということは、時間をかけて周囲へ熱を拡散させる凝固モードでは
血管が閉塞するので止血できるということでしょうか?

また、別の英語の文書では「電気メスは発生する熱を利用して組織を破壊し、cause "obliterative coagulation"」とあるのですが
文字通り訳せば「血管の閉塞による凝固」なのかなと思いますが
つまりは「止血凝固」ということなのでしょうか?

血管が閉塞するから凝固するってわけではないですよね?

Aベストアンサー

折角 英文までお調べになっているのなら今一度 外科医の出血ー>止血に対しての基本的仕組みをも考えるのも電気メスの理解の近道かと存じます。と申しますのは電気メスなどの文明の利器の無い環境状態での手術時にメスで切開して出血部にコッフェルをパッパッパッ、終わってligate と言うとえ~と言われたりする事が良く有ります。まさか と思って訪ねるとペアンとコッフェルの違い、メイヤーとクーパーの違いは当然ながら手術器具の正確な持ち方を教えないオーベンが多いと聞きます。これからの医師は器具の無い途上国でも活躍出来る様になって欲しいと望みます。

Q手術用メスは何回ぐらい切れるんですか?

手術の映像などを見ると、本当にスパーとすごい切れ味ですよね。
刃物である以上、何回かに一回は研がないといけないと思いますが、メスは何回ぐらいあの切れ味を維持できるんでしょうか?
もしかして衛生的なことを考えて一回ごとの使い捨て?

Aベストアンサー

他の回答者も書いていらっしゃいますが、メスの刃の部分は基本的に、1回の手術ごとに使い捨てです。
私は歯科医師なので歯茎の手術をするのですが、メスの刃が骨に接触するとてきめんに切れ味が落ちます。骨の表面に付着している繊維を切らなければならないため、骨に刃を接触せざるを得ないのですが、切れ味が落ちてしまうため、1回の手術で数本の刃を交換して使うことがしばしばあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング