この事故の件で何度か質問しているのですがまた訳のわからないことがおこってしまいました。先日人身事故をおこしてしまって、状況は信号の無い交差点でこちらがわに一時停止あり、相手側にはなしという道路で私が一時停止お怠ったため私の車のフロントと相手の車の側面が衝突してしまいました。事故当時見た限りでは相手の車は側面がへこんでしまったのと、あと聞いた話でその側面のドアが開かなくなったという状況でその他は事故当時とくに相手の車に凹みなどは見受けられませんでした。おまけに警察までその車で送ってもらったというほどまぁ普通に動く状態でした。ところがその後私の加入している保険会社が相手側の車の損害を査定しに行ったところ「全損」だったそうです。修理費120万でうちの保険会社がだした査定額は50万。残り70万は相手側は車両保険に入っておらず相手がまるかぶりと言う状態でした。ところが今日、保険会社からきかされたんですけれど前に言っていた修理費120万がなんと68万に減額されたそうなのです。
そこで質問なのですがまず、こういう事故車両の修理費を実際査定するのはディーラーの方ですか?それとも保険会社のほうですか?また、今回のケースのようにその査定額がいきなり半分近くに減る事ってよくあることなのですか?また、このように1回決めた査定額を変える事っていうのは別に法律上問題ないのですか?(ここで聞きたいのは要は変えたってことは虚偽したともとれるじゃないですか。そのへんの問題なんですけど)法律上問題ある場合は私はどのような対処をするのがのぞましいのでしょうか?
今回の事故は私の方に過失があるので今まで十分に反省し相手の方にも精一杯出来る限りの誠意を尽くしてきたつもりなのですが、なんだかこういう事がおきてしまうと、、なんというか複雑な心境です。

A 回答 (4件)

知り合いの修理工場の人から聞いた話では、修理費の見積もりは保険会社から全額請求できる場合、実際の修理費よりも水増しするそうです。

修理費を見積もりするのはもちろん修理工場です。例えば自損事故を起こして20万の修理費がかかると、保険会社経由で連絡があったとします。しかし、これはあくまでも修理費に保険を使うと仮定した見積もりです。ここで、保険を使わないことに決め自腹で払おうとすると案外10万で済んだりします。保険会社の損害調査部にはディーラーまたは修理工場出身の人がいます。その人達が実際に修理工場まで足を運んで車の損害具合を確認します。ただ、やはり保険会社と修理工場でのもちつもたれつの関係があるようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。なんだかこの問題は相手の方、修理工場の人、保険会社の人、いったい誰を信じれば良いのかわからなくなってきました。

お礼日時:2001/10/08 14:40

まず皆さんも言っているように保険会社の「全損」とは文字通りの「全部メチャクチャに壊れた」というイメージとは違い、単純な話、すごーく古い車で価値が1万円しかない場合、修理代が1.5万円かかったら全損です。

これってライト1つ割れただけでもそれくらいいきますよね。
それでも全損なんです。
今回の場合相手の車の査定が50万円だったので、修理代がそれ以上だったので全損扱いになったのでしょう。

修理代が下がったという理由はわかりません。可能性としては最初の試算の段階で120万円だったけど、詳しく調べたら68万円になったとか、中古部品を使って直すことにしたとかいろいろ可能性はあるのでなんともいえません。
でも傾向としてはディーラーは高く、町工場みたいなところは安いです。本来保険は係数が決まっているのでそんなに差はでませんが、10万円くらいの修理でも1~2万円の差がでることがあるので、120万なら20~30万円くらい違うこともありますよ。
今回はもっと価格差が大きいですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>今回はもっと価格差が大きい
そこなんですよね。要は。これは正直言って修理工場に聞かないと解決しないかもしれませんね。

お礼日時:2001/10/08 14:36

>保険会社がだした査定額は50万


この金額が、保険会社が当初計算した修理代ではないでしょうか。
>1回決めた査定額を変える事っていうのは別に法律上問題ないのですか?
当初の足された修理代の見積もりは、最終的には上下します。なぜなら、修理をしていく上で、当初の査定に含んでいなかった隠れた箇所の修理が必要になったり、見積もりに入れたが、修理の必要がないこともありますら、金額は修理するまで確定しませんし、できません。

いくらプロでも、一円の誤差もない見積もりは作れないと思います。
ですから、協定を結び 最終的に掛かった修理費を支払うのです。

>全損とは。
車両の時価以上の修理代がかかるような場合が、「全損」になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。保険会社が当初計算した査定額は、その車の時価が50万で、修理費が120万と時価を超えた値段なのでその時価(50万)しかお支払できませんよといわれました。

>いくらプロでも、一円の誤差もない
これはよくわかるのですが、まぁ、1割、2割なら納得いくんですけど今回は約半額ですからねぇ・・・その格差がどうも納得いかないんですよ。

お礼日時:2001/10/05 15:15

少し内容を整理しましょうね、


全損の定義についておわかりでしょうか?
事故車の修理代がいわゆる「時価」を超えた場合の状態を
全損といいます。
査定については まずディーラーや修理業者が行うのが「見積もり」で
これくらい修理代がかかりますよ というやつで
これに対して保険会社があーだのこーだのイチャもんをつけて
折り合いがついたところが 協定金額といいます。
つまりこの協定金額(妥当な金額)が保険会社の査定金額ということになります。

最初の査定(120万)というのは正式に見積りが提示されたものなのでしょうか? どうも話だけが一人歩きしているように思えますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。「全損」についてはものすごくわかりやすかったです。最初の査定(120万)というのは保険会社を通じて聞いたものなのでおそらく正式に1回出していると思うのですが・・・

お礼日時:2001/10/05 15:05

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ