全国の図書館で働いているみなさん!ぜひ、私の質問に答えてください。お願いします。

私は、図書館で働きたいがために、大学卒業後は公務員試験の勉強をしながら、通信講座で司書資格をとろうと考えています。

みなさんは、どのようにして図書館での職に就いたのですか?ぜひぜひ、教えてください。
特に田舎の小さな図書館で働いている人のことが知りたいです。
どんな情報でもかまいません。どうぞ、よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今大学生なら、学生のうちに司書資格を取得して公務員試験を


受験すればよかったのではと思いますが。。そうしなかった理由は
何かあるのでしょうか。

卒業してからでは、かなり厳しいと思います。院に行くならともかく。

図書館員の正規募集はかなり少ないので、もし卒業後に
考えるなら、何か別の職に就きながら勉強を続ければどうでしょう。
合格する可能性(割合)はかなり低いので。
小さい町でも1人の募集に数十人~来ますから。

派遣やパートでよければ可能性はもっと大きくなりますが。
    • good
    • 0

私の住む地域の公共図書館は、役所職員が配属されており司書資格をもっていたほうがより配属されやすいようです。

ただし、転属希望が必ずしもかなうわけではなく、図書館にとどまることは難しいらしいです。(図書館勤務もひとつの課とみなされる)
でも「図書館司書」が採用枠のひとつとしてあるのでしたら、専門職ということで、ずっと図書館勤務が出来るのでは?
地域によって違いがあると思うのですが、bazukoさんの住まわれる土地の公共図書館はどのようなシステム…? それを調べたほうがよろしいかと。
いずれにせよbazukoさんの「大学卒業後は公務員試験の勉強をしながら、通信講座で司書資格をとろう」という方法は的確だと思いますよ。
    • good
    • 0

「田舎の小さな図書館」がどのくらいの規模を想定していらっしゃるのか、よくわかりませんが、私の住む、人口1万5000人の町、県内での図書館利用率第4位、全国の同規模の町村としての利用率はトップクラス、らしい、図書館は、全員(4~5名)、町役場の職員です。

彼らの中に、有資格者が何人いるかはわかりませんが、町役場とそこで働く町職員の組合との取り決めにより、コネで部外者が入り込む余地はないようです。私立とか、法人の、「小さな図書館」があれば、そちらを調べたほうがよろしいのでは ...(そういうものがどれだけあるか、わかりませんが。)
やはり、田舎、地方では難しい、と思います。
(悲観的な回答で申しわけございません。でも、現実です。)
    • good
    • 0

 1週間たっても誰も答えませんね。

でしたら、私の知る範囲内でお答えします。
 私はよく公立図書館を利用するのですが、そこは司書1名、職員(事務職採用)数名という構成です。司書だと専門手当が必要だから、あまり雇わないのかもしれませんね。
 大学への求人を見ても(1万人規模の大学で、毎年30名前後の司書資格取得者を輩出しています)、3枚程度しかないのが現状です。
 さらに、通信講座で司書資格を取っても(多分明星大学通信教育部のことだと思います)、図書館情報学を専門にやってきた学生に太刀打ちできるのかどうか。図書館情報大学や慶應義塾大学の図書館情報学科卒業生は、みっちり司書に関する勉強をしているのですから、生半可な司書資格では太刀打ちできません。現に、私の大学の司書課程主任は、「慶應の学生にうちの学生が勝って、採用されたことがうれしい」なんて言っています。
 繰り返しになりますが、司書の採用はあまりありません。直接司書の方に尋ねるのが手っ取り早いのですが、できればここで司書の方の回答を待ちましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気工事士と消防設備士試験の関係

電気工事士の資格をもつものは、消防設備士試験の一部を免除されるそうですが、2種電気工事士でも免除されますか?
HP見ても、~に係わる~のどうのこうので、結局わからなかったのですが。
私は電工2種を去年とりまして、これで消防設備士の試験の一部でも免除されれば幸いなのですが・・・。

Aベストアンサー

電工取得から甲4取得し、現在は甲1,3,5、乙6,乙7を取得している者です。
第二種電気工事士の免状所持者は筆記試験(1、2,3、4類)基礎的知識の電気の部分、構造機能整備の方法の電気の部分、実技試験の甲4,乙4の一部免除,乙7は実技試験すべて免除の規定があります。
ただ、筆記試験は各科目40%以上で全体60%以上
実技試験は60%以上が合格になります。(一部免除をした場合、免除を受けた以外の問題で上記の成績が必要です。)
甲4の筆記試験で、例えば免除をした場合45問のうち22問が免除になります。残り23問で60%以上正解で合格ですので最低14問正解が必要です。
電気の試験の部分は電気工事士取得者にとっては比較的簡単な問題ですので、最低でもこの部分で80%以上(18問)は正解できます。そうであれば他の部分23問中9問正解で合格ラインに達します。
免除されないで受験された方が楽ですよ。
今まですべて受験時に電工免除はしませんでした。

Q図書館司書になるには どうしたらいいのですか? 学校のではなくて、地域の図書館です。 また給料はいく

図書館司書になるには
どうしたらいいのですか?

学校のではなくて、地域の図書館です。

また給料はいくらくらいなのでしょう?
どんな資格が必要なのですか?

Aベストアンサー

大学で司書の資格をとるか、今だったら通信でもとることは可能です。

参考まで。
http://図書館司書資格.net/way.html

ただし、今地域の図書館はほとんどが資格を持った臨時さんや嘱託さんが雇われているのが現状です。正職員の図書館職員はほとんど皆無だと思います。そのため給与としてもパートさんに毛が生えたくらいだと思っておかれて正解だと思います。

Q複線図について/第二種電気工事士を受験します

第二種電気工事士を受験するため複線図を勉強中なのですが
複線図には別解が存在するのでしょうか。

手元に
(1)2010年版 ひとりで学べる!第2種電気工事士試験/ナツメ社
(2)2010年版 第二種電気工事士技能試験公表問題の合格解答/オーム社

があるのですが、公表問題No.2の解答(複線図)がそれぞれ異っているのです。
(具体的には、パイロットランプに接続される配線条数が異なっています)

これはどちらかの誤記?それともどちらも正解?

添付写真は一番上が単線図、2番目が(1)に掲載されている複線図、
3番目が(2)に掲載されている複線図です。

Aベストアンサー

2010年度公表問題2番ですね。  別解は存在します。

各社から出されている教本を見ると社によって幾らか違いがあります。
試験センターの解答にも「解答例」なるものが出ていて、(注)記があり
「上記は例であり、●●部分の結線方法については、これ以外にも正解となる結線方法があります」
とか言う解答情報があります。
電気的に間違いがない場合は正解とされるとも示されることがあります。

但し、施工条件から逸脱すれば不正解となりますので施工条件は大切な文面です。

さて、公表問題No2にもNo10にもパイロットランプが使われています。
この場合は公表された時点で、「同時点滅」か「常時点滅」かがはっきり示されていますから
本番の試験で、パイロットランプの施工条件が変わることはないでしょう。

したがって、各社の結線方法を比較してみるのは、別解を知る点でも勉強になるはずです。

また、本だけではなくインターネットでの電工サイトの複線図も参考にするとさらに別解を発見することもあります。

http://www10.ocn.ne.jp/~denkou/ かずわん先生のサイト
http://www.denkou2syu.net/    電工2種資格のECQサイト

参考URL:http://www.denkou2syu.net/  http://www10.ocn.ne.jp/~denkou/

2010年度公表問題2番ですね。  別解は存在します。

各社から出されている教本を見ると社によって幾らか違いがあります。
試験センターの解答にも「解答例」なるものが出ていて、(注)記があり
「上記は例であり、●●部分の結線方法については、これ以外にも正解となる結線方法があります」
とか言う解答情報があります。
電気的に間違いがない場合は正解とされるとも示されることがあります。

但し、施工条件から逸脱すれば不正解となりますので施工条件は大切な文面です。

さて、公表問題No2にもNo10にも...続きを読む

Q【図書館】地域によって図書館のレベルの差に驚いた。 産まれて育ったところの区の図書館はクソショボくて

【図書館】地域によって図書館のレベルの差に驚いた。

産まれて育ったところの区の図書館はクソショボくて、小さいときに図書館に通う児童は頭が良くなると言われていたが区の図書館に置かれている本はショボくて読みたい本がなかった。

区の図書館がショボいだけで、市の図書館に行けば大きくて立派なのかと思ったら市の図書館の蔵書もショボくて読みたい本もなく建物自体も小さかった。

なにをこんな図書館で読みたい本があるんだ?

読みたい本があるのは大きい本屋くらいだった。

で、ふと違う市の図書館に行くことがあった。

置いている本が立派で、図書館で本を盗む人がいるというニュースの意味が分かった。

有名な文学家の全集や仏教徒が書いた書物の現代語訳とかあった。

親鸞が書き残した書の現代語訳とか。

道元の書物の現代語訳とか。

ビックリした。

これがみんなが言ってる図書館なんだと知った。

なんで自分が住んでる市営図書館はしょぼかったんだろう。

◯◯大全集とか置いてなかったぞ。

この差はいったいなんなんでしょう。

そして行った図書館の蔵書は殆どが立派な書物しか置いてなくて、家の近所の区の図書館は人気の小説とか置いてたり客集めしてたけど殆ど数がないので1冊入れて殆ど借りられていて図書館に行く意味すら分からなかった。

ここはなんでこんな凄い書物ばかり蔵書してあるのだろう。

アホみたいな人気小説を10冊買う金で立派な書物を1冊買っていってこんなに差が開いたってことなのか偉大な収集家が亡くなって寄贈されて立派な図書館になったのか。

自分が産まれた市とは比べ物にならないほど貴重な書物が並んでいる。

これなら学校行かずにずっと図書館に入り浸るっていう子が出ても不思議ではない。

この差ってなんだ。すごいぞこの図書館は。

貴重な書物だらけなのでカバンはロッカーに預けて入るらしい。家の図書館は貴重な書物がゼロなのでカバンのまま入ってよかったので差が違いすぎて興奮している。

【図書館】地域によって図書館のレベルの差に驚いた。

産まれて育ったところの区の図書館はクソショボくて、小さいときに図書館に通う児童は頭が良くなると言われていたが区の図書館に置かれている本はショボくて読みたい本がなかった。

区の図書館がショボいだけで、市の図書館に行けば大きくて立派なのかと思ったら市の図書館の蔵書もショボくて読みたい本もなく建物自体も小さかった。

なにをこんな図書館で読みたい本があるんだ?

読みたい本があるのは大きい本屋くらいだった。

で、ふと違う市の図書館...続きを読む

Aベストアンサー

単純に、自治体の財政の差だと思います。

Q電気工事士2種の過去問題を公開しているサイトはないでしょうか??

この度電気工事士をうけようと思うのですが、過去問題を公開しているようなホームページはないでしょうか??

Aベストアンサー

毎日1問更新のサイト
http://denki.cocolog-nifty.com/sikaku/2004/02/post_16.html
http://www.denki21.com/

2002年午前の問題・解答あり
http://www.din.or.jp/~goukaku/denko2/proden2.htm

全問知りたいなら本屋で過去5年の問題集を探した方が早いと思います。

Q私は本(小説)が好きで、それと関わる仕事がしたいと思っています。 図書館司書を目指していたのですが、

私は本(小説)が好きで、それと関わる仕事がしたいと思っています。
図書館司書を目指していたのですが、競争が激しいのと将来性が欠けているので諦めました。
図書館以外にも勤まりそうなところはあるでしょうか?

Aベストアンサー

あたしも図書館司書を目指して資格をとりました。

司書教諭の資格も持っています。
今は結婚して専業主婦です。

就職は、本当に図書館では空きがなくて…、一般企業で働いてました。

同じく司書の資格をとった仲間は、1人 県立図書館の臨時で働いて、5年間 臨時の契約満了まで働き、満了期間になる頃にパイプができたのかな~?

たまたま、県立高校の図書館司書の空きがでたみたいで、学校図書館で働けてました。

他の仲間は、みんな図書館とは別の仕事ですね…。。。

あたしは、下の子供が幼稚園に入るタイミングで社会復帰を考えていて。

小学校の教師をしているママ友さんが、学校図書館の資格もあるなら、臨時教師の空きがあるから、ぜひ 働いてみてはどうかとすすめられています。

あたしが住んでる地域には、学校図書館の司書をおかないらしく…。
普通の教師が図書室もみているみたいで…。
あたしの場合は、もう資格とってあるので。いつか生かせる日がきたらいいのかな…と思う考えですけど…。。。

あとは、実際に本に関する仕事してるのは、本屋さんの店員として働いてる子がいるくらいですかね…。

田舎の地域なので、かなり一部分の参考程度にしかなりませんが…。
資格を取得後の結果の一例として、参考にしていただいたら…と思います♪

あたしも図書館司書を目指して資格をとりました。

司書教諭の資格も持っています。
今は結婚して専業主婦です。

就職は、本当に図書館では空きがなくて…、一般企業で働いてました。

同じく司書の資格をとった仲間は、1人 県立図書館の臨時で働いて、5年間 臨時の契約満了まで働き、満了期間になる頃にパイプができたのかな~?

たまたま、県立高校の図書館司書の空きがでたみたいで、学校図書館で働けてました。

他の仲間は、みんな図書館とは別の仕事ですね…。。。

あたしは、下の子供が幼稚園に入るタイ...続きを読む

Q主任電気工事士は第一種電気工事士または3年以上の実務経験がある第二種電気工事士がなれるそうですがこの

主任電気工事士は第一種電気工事士または3年以上の実務経験がある第二種電気工事士がなれるそうですがこの主任電気工事士は免許申請が必要なのでしょうか?

それとも上記の条件をクリアしていたら勝手に名乗って良いのでしょうか?

届出が必要なのか教えてください。

Aベストアンサー

主任電気工事士とは資格名ではなく、
電気工事に於ける設置すべき監督者の立場を示す名称です。

> 上記の条件をクリアしていたら勝手に名乗って良いのでしょうか?
工事の契約内容によります。
兼務が認められない場合、関係工事で現場が近隣の場合は兼務可能、などがあります。

> 届出が必要なのか教えてください。
一般用電気工事の業務を行う営業所には「主任電気工事士」たる資格者を設置しなければなりません。

Q就職か進学か・・保育士か、図書館司書か・・。

私は、保育の専門学校に通っています。興味があった分野であり、自宅から通学でき、学費が安いので、入学を決めました。現在19歳で、卒業時には20歳になり、保育士資格と幼稚園教諭2種を取得する予定です。しかし、保育について学ぶ中で、本についてとても興味を持ち、幼い頃から関心があった、「図書館司書、司書教諭」という仕事に就きたいと思うようになりました。

司書の資格というものは多くの大学で取得でき、就職が相当困難だということはよく聞きます。それに比べれば、卒業と同時に保育士として就職する方が、堅実なのかもしれません。保育士という仕事はとても責任が重く、同時に魅力的な仕事だと思います。しかし、保育士になりたい!と心から思っているとは言い切れないというのが本音で、自分には向いていないのでは・・と思うこともあります。今の気持ちのまま、何となく保育士として就職しても、いつか後悔しそうな気がしてしまいます。20歳という年齢で、短大に入学し、やりたいことを探すというのはおかしいのでしょうか・・。

司書の資格を取るだけならば、通信教育で取得するということも考えられます。しかし、自分の視野を広げる意味でも県外に出て生活したいと考えています。
物凄く甘い考えかもしれません。それでも、モヤモヤした気持ちが拭いきれず、悩んでいます。

進学を選べば、どうしても親に金銭的な迷惑をかけてしまいます。就職もとても狭き門だと思います。学校に通いながら、来年の進学を目指すというのは、入試を受けるために勉強しなおさなければならないので、無理があるのでしょうか・・。

ただ、逃げているだけの考えなのかもしれません。自分でも考えがまとまっていなくて、将来に対して漠然とした不安だけを抱えて、毎日が辛いです・・。厳しい意見でも何でもいいのでどなたか、アドバイスをもらえないでしょうか。

長文・乱文で申し訳ありません。

私は、保育の専門学校に通っています。興味があった分野であり、自宅から通学でき、学費が安いので、入学を決めました。現在19歳で、卒業時には20歳になり、保育士資格と幼稚園教諭2種を取得する予定です。しかし、保育について学ぶ中で、本についてとても興味を持ち、幼い頃から関心があった、「図書館司書、司書教諭」という仕事に就きたいと思うようになりました。

司書の資格というものは多くの大学で取得でき、就職が相当困難だということはよく聞きます。それに比べれば、卒業と同時に保育士として...続きを読む

Aベストアンサー

短大に勤務していた頃、同じような悩みを相談してくる学生はたくさんいました。親の期待のまま短大に入ったけれど、就職を意識すると、本当にこのまま保育士になっていいのだろうかと悩んでいる…。

質問者の迷いはおかしなものではありません。たくさん迷って下さい。そして自分の納得して結論を出して下さい。20歳代ならまだやり直しもききますから。

ちなみに、私は、「迷っているなら今目の前の事(=質問者の場合は保育者になる勉強)をこつこつとこなしなさい。」とそのころ私が彼女たちにアドバイスしていました。
分野外から見れば、その分野の職業(質問者の場合は司書)が楽しそうに、そして羨ましそうにみえるものです。でも、どんな仕事も楽しいことだけではなく、たいへんなことがたくさんあります。本当にその仕事を知ろうとするなら、一定の覚悟を決めなければ、中途半端なままでは自分のプラスにはなりません。その覚悟があるのか、ないなら今のままがんばりなさいということです。

視野を広げるために県外に出たいという考えですが、行き先が決まっているならば、いいのではないでしょうか。親に金銭的負担をお願いしてでも行くという「覚悟」が決まっているなら、自ら動いて、県外で就職なり進学をするための努力をするべきです。そして本当に質問者に覚悟があるなら、親御さんも最大限の支援を考えてくれるはずです。社会の側も、受け身のまま情報を待っている人(=覚悟がない人)に、助け船を出す人はいませんから。

短大に勤務していた頃、同じような悩みを相談してくる学生はたくさんいました。親の期待のまま短大に入ったけれど、就職を意識すると、本当にこのまま保育士になっていいのだろうかと悩んでいる…。

質問者の迷いはおかしなものではありません。たくさん迷って下さい。そして自分の納得して結論を出して下さい。20歳代ならまだやり直しもききますから。

ちなみに、私は、「迷っているなら今目の前の事(=質問者の場合は保育者になる勉強)をこつこつとこなしなさい。」とそのころ私が彼女たちにアドバイス...続きを読む

Q【第2種電気工事士の資格で電柱の配電工事の仕事に従事出来るのか教えてください】 第2種電気工事士は

【第2種電気工事士の資格で電柱の配電工事の仕事に従事出来るのか教えてください】

第2種電気工事士は600V以下の受電工事で、第1種電気工事士で5000W以下の最大電力工事に従事出来るとあります。

電線の幹線って6600Vとかですよね?

電線の幹線を扱える家の近所でスイングアーム式バケットリフト型の高所作業者のスカイワークに乗って作業している人たちって第2種電気工事士でも出来るのでしょうか?

どの資格で扱える仕事なのか教えてください。

Aベストアンサー

電柱などの電線は、事業認定を受けた電力会社が管理しています。
したがって、通常の電気工作物や一般電気工作物と違い、電力会社が管理基準を定めています。
したがって、その管理基準により、工事従事者の基準を定めています。(通常は、工事委託先の選定基準を定めています)
この場合は、請負業者が発注元の電力会社が求める管理基準で施工するので、電気工事士の免許などは特に必要無い事になりますが、各施工会社では、施工従事者に電気工事士の資格を求めているのが普通でしょう。
それが、第2種か第1種か、また、社内講習や、その他の団体の講習の修了、社内検定を必要とするかは、施工業者によります。
法的には、電力会社が定めて基準に合っていれば、施工業者の資格については特に必要とはされません。

Q図書館司書は短大、4年?

わたしは将来
図書館司書になりたいです。

そこでなやむのが
大学選びです。
短大と4年大学では
どちらがいいのでしょうか

また、
短大卒でも図書館司書に
なれるのでしょうか

Aベストアンサー

司書資格は、短大でも4年制大学でも、資格に必要な資格科目をすべて履修して単位をとれば、取得できますので、資格をとるというだけなら、どちらでも問題ありません。

しかし、図書館司書と言ってもいろいろあります。

公立図書館の司書は、地方公務員ですので、公務員試験に合格しなければなりません。安定した職業としても公務員の人気は根強いですから、倍率は決して低くありません。
また、専門職として司書枠で採用している自治体はほとんどなく、多くの自治体では、事務職として採用した中から、必要に応じて図書館に配属するかどうかを決めます。司書資格を持っていれば、図書館に配属される可能性は高くはなりますが、必ずしも、すぐに図書館に配属されるとか限りませんので、公務員試験に受かっても、すぐに司書になれるとか限りません。

学校司書(学校図書館の司書)は、事務職員です。多くの自治体では、学校司書を正規の職員として雇う余裕がありませんので、ほとんどの学校では、週に2~3日の非常勤職員(パートやアルバイト)として雇ったり、保護者に学校図書館のボランティア(無給)を頼んだりしています。現状では、正規の事務職員としての採用はほとんどない(限りなくゼロに近い)と考えていいと思います。そのようなわけですので、学校司書として働きたい場合には、いつ首になるかわからない非常勤の仕事としてしか働けない可能性が高いと思ってください。

司書教諭という資格もありますが、これは、司書とは全く別の資格で、教職免許(小学校または中学校・高校の教諭の資格)を持っている人が、大学などで司書教諭資格の科目を履修し単位をとった場合に与えられる資格です。司書教諭科目は司書科目とは異なる科目ですので、司書教諭科目を履修しても、司書資格は取れません。
司書教諭と司書は全く異なる資格で、司書は図書館の専門家ですが、司書教諭は学校図書館の管理や経営に関わる教員です。司書教諭は教員ですので、教員としての仕事(授業と児童・生徒の指導)がメインで、学校図書館の仕事はおまけ程度です。
法律で、12学級以上の学校は司書教諭をおかなければいけないと決まっていますので、ほとんどの小中学校には司書教諭はいますが、学校図書館の仕事をしている時間のある教員は少なく、ほとんど学校図書館(図書室)の鍵の管理をしているだけで、学校図書館の実務はボランティアや非常勤の学校司書に任せきりになっています。

国立大学の図書館の司書は、国立大学法人の職員ですので、国立大学法人の採用試験(レベルは国家公務員試験と同程度)を受けて合格しなければいけません。

私立大学や私立図書館の司書は、一般の企業の社員と同様に、その大学や企業の採用試験などを採用されます。

高校生であれば、恐らく、学校司書か公立図書館の司書になりたいのではないかと思いますが、上に書いたように、学校司書の正規の職は限りなくゼロに近く、非常勤の職も非常に少なく、採用が毎年あるかどうかもわからないので、たまたま非常勤の職の採用があるかどうかは時の運です。公立図書館の司書になるためは、まず、地方公務員試験に合格しなければいけませんが、本気で合格しようと思うなら、公務員予備校などに通ったりして試験準備をした方がいいでしょう。

大学または短大で司書資格を取得する人は、毎年1万人以上います。しかし、図書館の正規の職員の募集は数十人(多くてせいぜい30~40人くらい)です。大学で司書科目を履修している人でも、大抵の人は、公務員試験を受けることをあきらるか、受けても不合格になって、一般の企業に就職します。

上に書いたように司書職は非常に狭き門ですので、なりたいのであれば、なるべくレベルの高い4年制大学(できれば、図書館情報学を専門に学べる筑波大学の図書館情報専門学群か慶応義塾大学の文学部図書館・情報学専攻、それが無理なら、中央大学や立教大学など司書課程のある中堅以上の私立大学)に進学し、司書科目を履修しながら、公務員試験合格を目指し、公務員試験がダメでも他の企業に就職できるように努力した方がいいです。

司書資格は、短大でも4年制大学でも、資格に必要な資格科目をすべて履修して単位をとれば、取得できますので、資格をとるというだけなら、どちらでも問題ありません。

しかし、図書館司書と言ってもいろいろあります。

公立図書館の司書は、地方公務員ですので、公務員試験に合格しなければなりません。安定した職業としても公務員の人気は根強いですから、倍率は決して低くありません。
また、専門職として司書枠で採用している自治体はほとんどなく、多くの自治体では、事務職として採用した中から、必要に応...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報