乾燥肌、冬の肌トラブルに本気の対策 >>

この4月に起業したばかりでわからないことばかりですのでよろしくご教授ねがいます。
現在仕事の代金は、すべてが銀行振込してもらっているのですがこれに対する領収書を発行する必要があるのでしょうか。領収書には3万円以上で印紙を貼り付けなければならないので、印紙代もいわゆる経費扱いになればいいのかもしれませんが。
現在一方の取引先では全く領収書を請求されず、もう一方の取引先からは領収書を求められます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

振込の場合は、銀行等の発行する振込票の控えを持って領収証に代えることができます。

ATMから出てくる紙切れでもかまいません。
それらには、振込先の口座名、口座番号ならびに振込金額が記載されていますので、どこに支払ったお金か特定できます。

3万円以上の場合、窓口で返される控えには印紙が貼られてきます。ATMの場合は、銀行等が申告納付するので印紙は貼られていませんが、手数料は 210円高くなっているはずです。印紙税に消費税が課せられるのも変な話ですが、いた仕方ありません。

一般的に、振込手数料は受け取り側の負担となることが多いようですが、上記のように印紙税はしっかり負担しているわけです。

一方、振込でも領収証をくれと言われれば、書かざるを得ません。この場合、注意する点が 2つあります。

(1) 3万円以上であれば、やはり印紙が必要となります。印紙税の二度払いになりますが、そもそも印紙税とは、金銭の授受に課せられるのでなく、一定の文書を発行することに対して課せられているのです。振込票の控え、領収証、それぞれが課税文書なのです。
したがって、紙文書を発行しないネット銀行の場合は、印紙税がかからず、手数料も 3万円を境に 210円高くはなりません。

(2) 領収証の備考欄などに、振込であることを明記しておきます。預金への入金と、現金の入金とで、2度の売上があったと取られないようにしておきます。

>印紙代もいわゆる経費扱いになればいいのかもしれませんが…

印紙は公租公課として間違いなく経費になります。領収証の用紙も消耗品費に入れてかまいません。さらに、その領収証を郵送するなら、切手代は通信費、封筒代は消耗品費です。

--------------------------------------------------

前述のとおり振込に領収証は要らないのですが、それでも領収証をくれというお客さんは、半ば個人企業のような会社が多いかと思います。事情を説明して、なるべく書かないで済ますことをお奨めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても詳しく教えていただいてありがとうございます。
大変参考になりました、どうもありがとうございます。

お礼日時:2005/06/20 18:35

通常なら銀行振り込みに対して領収書を要求する発注企業は無いはずです。

しかし、過去に何度か銀行振り込み分の領収書を発注企業から要求された経験があります。

さりげなく担当者にお尋ねしたところ、補助金を受けるプロジェクトなので面倒な書類をたくさん揃えて提出しなければならず、その一部に必要とのお話しでした。そういうケースもあります。

>これに対する領収書を発行する必要があるのでしょうか。

求められれば発行しなければならないでしょう。支払内訳に「銀行振り込み」と明記します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

発注側の事情によるということですね。
とても参考になりました、どうも有り難うございます。

お礼日時:2005/06/20 18:34

銀行振込の場合は、振込明細がそのまま領収書となります。

3万円以上の決済には確かに印紙が必要ですが、印紙代200円が振込手数料に上乗せされるはずです。

振込明細が残っていない場合や、正式な領収書が欲しい場合などで領収書を要求するクライアントもある様です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

てても参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/06/20 18:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q領収証の発行について

初歩的な質問なのですが教えてください。
去年から個人事業を営んでいる自営業者です。
金額も高額なもの多いので売り上げがあれば全て領収証を発行しています。
そこで、お客様が代金を銀行振り込みにて支払われる場合でも領収証を発行する事もあるのでしょうか?
要求があった場合現金と同じ様に発行するものですか?
今までそういったケースはなかったのですが今度お会いするお客様が希望されているようなのでご教授いただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

領収証とは、金銭の授受を証する書類です。
振込の場合、あなたは銀行からお金を受け取っても、お客様から直接受けとたわけではありませんから、領収証を書く必要はありません。
大手通販会社の多くが、自社の領収証を発行せず、
「振込票の控えまたは運送業者の領収証でもって、当社の領収証に代えます。」
とうたっているのはこのためです。

とはいえ、個人事業といえば大手通販会社ほど強気に出るわけにはいきません。
お客様から要望があれば応じざるを得ないでしょう。
このとき注意することがいくつかあります。

(1) 振込と現金受領とで、2度の売上があったと、税務署に誤解されないように気を配ること。

(2) お客様が振込料を引いて送金してきた場合、3万円以上は振込票の印紙税相当が含まれており、そこに領収証も書けば、印紙税を 2度負担することになるが、やむを得ない。

(3) 振り込まれるということは、地元でない場合が多い。領収証の郵送代が別途必要になる。

Q振込で入金の商品の領収書は書くべき?

アパレル関係の商品取引をしております。
先日商品の代金を振込みにてお支払い頂いたお客様から、領収書の要求がありました。
今までは現金での取引ばかりでしたし、振込みの際は銀行の振込書にて領収書としていました。

今回は要求どおり当店の手書きの領収書をお出ししましたが、これってダブってる事にならないのですか?
噂でそのお客様はお金を滞納してるなどお金に関してだらしないと聞いたもので、税金などの対策に使われたりしないのかな?と思いまして質問しました。
もし大丈夫だとしても、当店に関しては何の損害もないのでしょうか?

又、今後同じケースがあった場合、領収は振込書にて替えさせて頂きますと主張するのはおかしな事なのでしょうか?あくまでも商品を売ったお店からの領収書は出す義務があるのでしょうか。

Aベストアンサー

銀行振り込みの場合、銀行の振込み控えが、税務上も正規の領収書となりますから、別途、領収書の発行は必要ありません。
ただ、取引先によっては、銀行の振込み金領収書とは別に、領収書の発行を希望する先もあります。
そのような場合は、断るわけにもいきませんから、次のようにして発行し、二重使用を防止します。

後日発行する領収書の、備考欄や摘要欄に「**月**日
**銀行に振り込み分」と記入します。
これで、二重使用は防げます。

また、不正に使用されても、相手先が勝手にやったことで、こちらには損害も、罰則もありません。

Q銀行の振込み明細と領収書

通販などで
「領収書は発行しておりません。銀行振込みしていただいた際の振込み明細がその代わりとなります」
というのをたまに見かけますが、お金を受け取っているのに領収書を発行しないというのは問題無いのでしょうか。
 ネット銀行などで振込明細書が無い銀行もありますし、うちの会社の経理さんには振込明細書では領収書の代用はできないと言われています。
 商品購入時点で領収書を発行しない旨が明示されておらず、支払い終了後(銀行振込後)に領収書を発行しないと言われた時は、無条件キャンセル(手数料も相手方負担で)してほしい気分になることがあります。

 または、オークションなどで個人から物品を購入した際、
「個人名で構わないので、領収書を発行して下さい」
と頼んだときも断られたことがあります。

 手数料や時間、手間を節約するためにネット振込を多用しますが、領収書の発行義務や振込明細で代用できるのかどうか、また、振込明細書が無い銀行の場合の適切な対処方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

1. 売り手側が「領収書を発行しない」と言っている場合、(個人・法人・店舗などすべて含めて)それは法的にOKなものなのか?
>>>>>銀行振り込み通知書など、領収書に、代わる代用書類があれば、社内規定で、銀行振り込みを持って、領収証拠書面とすると規定を変えるだけで、十分です。つまり、銀行なり、第3者を使った送金行為は、領収書に変えることは、正しいってことです。

2. 領収書の発行を強制できないのか。>>>>商法の問題ではありますが、強制はできません。銀行振り込みもコンビニ振込みも、3万円以上は、印紙を貼ります。これで、印紙つきの領収書を重ねて、いただく意味がありません。すでに、第3者の銀行が、送金作業で、領収行為を認定していますから。。(お願いは、できるかもしれませんが、お互いの商取引の問題ですから。。)

たとえば、所得税など税金の支払いは、振込み用紙兼領収書です。

振込み用紙で、領収書の代用をすることは、商法に違反しないと思われます。
自分は金銭の受け取りの際、相手側から要求があれば領収書は必ず書かなければいけないものだと思っていましたし、実際に私個人名での領収書を発行したことも何度もありますが、それが誤解なのでしょうか。

固く考えれば、領収書をもらうことが、正式かもしれませんが、現状、レシートなどを領収書の代用にすることは、なんら、問題ないと思います。

なお、レシート=領収書ではありません。税法上の領収書は、取引相手の両方の名前があり、日付がありなど、領収書と認められる要件がそろっていませんから。。。よって、レジで、レシート以外の領収書を、お客の要望に沿って、プリントアウトするレジは、最近は、多いですよね。

なお、領収書がなくても、支払い証明など、自社で、領収書の代用は、いくらでも可能です。

たとえば、従業員が、バスに乗って、仕事に行きました。この場合のバス代は、領収書が、必要でしょうか。普通の会社は、出張書面とバス代の支払い証明だけで、OKのはずです。この支払い証明は、相手の署名捺印は、不要ですよね。

1. 売り手側が「領収書を発行しない」と言っている場合、(個人・法人・店舗などすべて含めて)それは法的にOKなものなのか?
>>>>>銀行振り込み通知書など、領収書に、代わる代用書類があれば、社内規定で、銀行振り込みを持って、領収証拠書面とすると規定を変えるだけで、十分です。つまり、銀行なり、第3者を使った送金行為は、領収書に変えることは、正しいってことです。

2. 領収書の発行を強制できないのか。>>>>商法の問題ではありますが、強制はできません。銀行振り込みもコンビニ振込みも、3...続きを読む

Q銀行振込で支払った場合、領収書は発行してもらえないのでしょうか?

銀行振込で支払った場合、領収書は発行してもらえないのでしょうか?

先日 脱毛サロンで契約をしお金を振り込んだのですが お店に「領収書を頂けますか?」と電話をすると

「領収書の発行はお金を直接お持ち頂いた場合のみになります。」と言われたので

「ちゃんとお金をお支払いしたという証明は残りますか?」と聞くと

「金額の記載された契約書が領収書代わりになりますし、振込みされた時に銀行の「ご利用明細」が出てきたと思いますので それが証明になります。」と言われました。

本当にこれで支払った証明になるのでしょうか?

振込みした場合は領収書は発行してもらえないのが普通なんでしょうか?

無知で申し訳ありません。

ご回答宜しくお願い致します。

この質問に補足する

Aベストアンサー

本当にこれで支払った証明になるのでしょうか?
→はい、証明になります。

振込みした場合は領収書は発行してもらえないのが普通なんでしょうか?
→はい、振込みの場合は領収書を発行しない事が多いです。

それでも、領収書が欲しい場合は発行してもらえますよ。民法486条

Q銀行振込用紙は領収書代わりになる?

個人の確定申告で、相手への支払いで領収書をいただきませんでしたが、銀行から代金を相手に振り込みました。
銀行の振込み用紙は手元にあるのですが、支払いの証明(経費)になるでしょうか?

Aベストアンサー

振込票は、領収証としての効力がありますが、税務上の経費として利用できるかどうかは、また別の問題です。

領収証であっても、何を買ったものか分からないのではいけません。 宛名と日付、金額だけでは経費として認められません。振込票もその程度の情報しかありませんので、振込票だけではだめです。

経費として認められるには、納品書や請求書あるいは注文書などと一緒に保管しておく必要があります。ネットオクなどなら、取引画面を印刷して保存しておくなじり自衛策が肝要です。

以上は原則論で、現金出納帳をはじめとする諸帳簿類で、その振り込みが事業用品に間違いないと確認できれば、請求明細書などがなくてもよい場合もあります。

Q振込み手数料を差引いた金額への領収書

領収書の発行に関して分からないことがあります。
事業を始めたばかりで分からず困っています。。

金額は例えですが
5550円の請求をしたところ、振込み手数料が差引かれた金額の5340円が振り込まれていました。
この様な事は会社によってあり得るということでしたので
納得したのですが、この場合領収書は5550円と5340円のどちらでだせば良いのでしょうか?
 
5550円だと210円どこ行っちゃったの?って事になりますし、5340円だと請求書と違う金額の領収書って事になりますよね。
どちらでお出しすればいいのかご教授下さい。

Aベストアンサー

領収証は、金銭や有価証券の授受を証する書類です。
振込の場合は、質問者さんとお客様の間で現金の受け渡しが直接あったわけではないので、領収証など書かなくてけっこうです。
お客様は銀行で受け取る振込票で、振込先が分かるのですから、それで支払いの証明にじゅうぶんなります。ATMから出てくる紙切れでもかまいません。

それでもお客様から特に申し出があって書かざるを得ないなら書いてください。そのときは、

・領収金額 5,550円
・内訳 お振込 5.340円、振込手数料相殺 210円

と書きます。
なお、これがもう一桁多かったら、領収証を書くと印紙を貼らなければなりません。振込手数料には既に印紙代相当が含まれているにもかかわらず、印紙税の二重負担になりますが、法制度上やむを得ません。
この観点からも、振込の場合は領収証を書かないほうが利口です。

Qネットバンク決済の領収書発行

色々調べたのですが、ちょっと確証が持てないことがあります。

ネットバンク口座の振込履歴等を印刷すれば
領収書とほぼ同じということでしょうか?

また、銀行振込の場合、相手からの領収書発行を断れるような
回答があったのですが、断って問題ないでしょうか?

どういうわけか回答が違うことがあり
どれが本当かわかりません。

Aベストアンサー

>ネットバンク口座の振込履歴等を印刷すれば領収書とほぼ同じということでしょうか?

振込を証明する事ができますので、債権の弁済をした証明になります。
(領収書の概念からは外れますが、弁済した証明になりますので結果
として同じ事になります)
ただ、振込先間違い、銀行の手違い(思ったより多いですね)等に
より相手先口座に入金されていない場合はこの限りではありません。
(領収書の場合、相手先が弁済を認めているので間違いはありえない)

>どういうわけか回答が違うことがありどれが本当かわかりません。

領収書発行請求は、民法486条が根拠法となります。

http://www.houko.com/00/01/M29/089B.HTM#s3.1.5.1.1

弁済をした者は、弁済を受領した者に対して受取証書の交付を請求することができる。
これが法律ですから、お金を払った人はお金を貰った人から、受取証書
(領収書)発行を請求できる。
銀行は、お金を”受領”した人ではありませんから、銀行の受取明細は
受取証書(領収書)とはなりません。
この法律が成立した時は、銀行振込なんて一般的ではありませんでした
から、法律が想定しておりませんでした。よってこの法律を根拠とする
と、銀行振込であっても領収書を発行する義務があります。

ただ、銀行の振込明細は、税法上は領収書として取り扱われますし、判
例でも受取証書として扱われますので、領収書を発行しない事による弁
済者のデメリットは(殆ど)ありません。

ただ、民法486条は生きています。さらにこの法律は請求されたものを
拒否する事はできませんので、
「振込の場合は領収書を発行しない」旨の特約があっても、領収書の発
行を拒否する事はできないと思われます。

>ネットバンク口座の振込履歴等を印刷すれば領収書とほぼ同じということでしょうか?

振込を証明する事ができますので、債権の弁済をした証明になります。
(領収書の概念からは外れますが、弁済した証明になりますので結果
として同じ事になります)
ただ、振込先間違い、銀行の手違い(思ったより多いですね)等に
より相手先口座に入金されていない場合はこの限りではありません。
(領収書の場合、相手先が弁済を認めているので間違いはありえない)

>どういうわけか回答が違うことがありどれが本...続きを読む

Q工事代金の領収書の書き方と収入印紙

工事代金の領収証の書き方と収入印紙について教えてください。

工事代金 5,565,000円(税込)の工事を請け負い、着手金として1,700,000円いただきました。

それに対する領収書の 内訳(税抜金額・消費税額等)は記入しなくてもOKですか?
その際の収入印紙は、1,700,000円に対して400円貼りつければいいでしょうか。

工事完了時に残りの3,865,000円の領収書を作成しますが、
その際は内訳は記入するのでしょうか?
記入するとしますと、総額(5,565,000円)で記入するのでしょうか。
収入印紙は、3,865,000円に対して1,000円貼ればよいでしょうか。

今回のように分割して代金をいただく場合で、例えば1回目が105万円だとしたら、

収入印紙は・・・税抜き100万円分の200円貼る
        ・・・額面の105万円分の400円貼る

どちらでしょうか?

Aベストアンサー

>それに対する領収書の 内訳(税抜金額・消費税額等)は記入しなくても…
>工事完了時に残りの3,865,000円の領収書を作成しますが、その際は内訳は記入するのでしょうか…

どちらもそれはあなたが決めれば良いことであって、法律等により縛りは何もありません。
ただ、あなたが課税事業者であって、しかも税抜き会計を採っているなら、税抜金額・消費税額の内訳を記載しておけば、後々の整理がしやすくなります。

>その際の収入印紙は、1,700,000円に対して400円貼りつければ…

はい。

>記入するとしますと、総額(5,565,000円)で記入するのでしょうか…

170万円は先にもらって領収証も渡してあるので、今回いただいた分だけの領収証です。

>収入印紙は、3,865,000円に対して1,000円貼ればよいでしょうか…

はい。
ただ、200万以下の数字にして 2枚の領収証を切れば印紙は合計 800円で済みますけど、もらう側の印象は良くないですね。

>例えば1回目が105万円だとしたら…

その場合は、本体価格と消費税額とを明確に区分記載すれば、200円の印紙でよいです。
ただし、あなたが課税事業者であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7124.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7141.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>それに対する領収書の 内訳(税抜金額・消費税額等)は記入しなくても…
>工事完了時に残りの3,865,000円の領収書を作成しますが、その際は内訳は記入するのでしょうか…

どちらもそれはあなたが決めれば良いことであって、法律等により縛りは何もありません。
ただ、あなたが課税事業者であって、しかも税抜き会計を採っているなら、税抜金額・消費税額の内訳を記載しておけば、後々の整理がしやすくなります。

>その際の収入印紙は、1,700,000円に対して400円貼りつければ…

はい。

>記入するとしますと、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報