会社のお客さんに配布するミニコミチラシの裏面に塗り絵をコーナーを設置しようかと思いますが、キャラクター(ディズニー、ポケモン、等々)を使用してもよろしいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

法律という物は.ある行為をするしないということに関して.行為者が「豊麗に抵触するかもしれない」とその行為をするかしないか迷った状態に陥らないようにすることが原則です。


判例が確定している場合には.その内容に従いますが.判決が確定してない場合には.その行為を自主的に抑制するようなことがあってはなりません。(罪刑法定主義)。

ディスニーの行動には.みんそ法に抵触するような行動が見られます。(個人が何をしようとも行動が原則として制限されない)。

お話の内容では.企業の営利活動ですから.該当活動の中で得た利益の中でディスニーにちょしゃく見料を支払うことになるかと思います。(過去の判例(最近の判例は読んでいません)で.意匠の無断使用の場合には.得た利益の中から支払っています)
    • good
    • 0

漫画やアニメ、ゲーム等の著作物のキャラクターの図柄についても、著作物であるという判例が出ています(学説上は争いもありますが)ので、ディズニーや任天堂から著作権侵害として訴えられる可能性は十分にあります。


訴えられないまでも、使用料を請求されることは十分にあり得ます。
著作権以外でも、たとえば不正競争などで訴えられるおそれもありますし、いずれにしても、利用したいのであれば、それぞれ著作権を持っている者の許可を得ることが必要です。
    • good
    • 0

著作者の許可を得ない無断使用は無理ですね。

へたをすると損害賠償ものです。
私の中学なんて修学旅行のしおりにミッキーマウスの絵を書いただけで
警告されましたもん。っていうかどうやって調べんたんだ?ってみんなが
無気味に思っていました。中学レベルですらそうですから、それを商売に
利用するのはまず無理でしょう。車とか動物ならいいんですけどね。
    • good
    • 0

 ディズニーは全世界に調査員を配置する体制をとっているそうです。

街の雑貨屋の張り紙に手書きのミッキーの絵があるだけで警告を受けたそうです。
    • good
    • 0

キャラクターのパブリシティー権が著作者またはそれを管理する方にあるので、それをやった途端に警告書が飛んでくる可能性があります。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q駐車場内でのチラシ配布について

皆様よろしくお願いします。現在社宅住まいですが、敷地内に駐車している車のフロントガラスに、度々車検のチラシが挟まれています。管理人に話したら以前2,3回敷地内に立ち入らないよう警告したそうですが、効果がないとの事。ワイパーを勝手に触られるのもいやなので何か法的に拒否する方法ってないものでしょうか?この程度だと不法侵入になりませんか?敷地の周りはフェンスで囲ってありますが、オートロックのような出入り口ではないので敷地には簡単に入ることが可能です。

Aベストアンサー

ちゃんと囲われていて警告表示もあるようなら許可なく入れば不法侵入になりますが、その程度では刑事処分にはならないでしょうし、一日中監視しているわけにもいかないでしょうから根絶はむずかしいでしょう。

Qチラシやサンプル配布はどこまでが違法なんでしょう?

チラシやサンプル配布はどこまでが違法なんでしょう?

こんにちは。よく思うのですが、
例えばペットショップが、店と関係無い犬の散歩道の公園に
宣伝のために犬のTシャツとかを無料配布と銘打って10枚ほど置いたら
不法投棄になりますよね?
でもティッシュ配りはOKですから、置きっぱなしはNGということでしょうか。
その辺のボーダーラインがいまいちわからないです。
ご存知の方、教えて頂ければと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

他人の経済活動を妨げる目的で、干渉すると翼とか人買いとか言われちゃうかも

広告配り、は労働者に自分を卑下させる為に行わせる商売で、それが進むと駅前に風俗店が出来たりするので自分は嫌ですけどね

地方都市に開発と称して入り込む「招からざる客」は地域の治安を悪化させるので来ないで欲しいと

個人的には思ってます

失礼致しました

Qチラシ配布の在宅ビジネスにひっかかってしまった

今年3月初めに、ある会社から電話で「都合の良い時間帯にチラシをポスティングするだけの簡単な仕事で収入を得ないか。あなたが配ったチラシを見て他の人が商品を購入したり代理店契約を結べば、そのマージンがあなたに支給される。代理店契約代として495、000円が必要だが、クレジットを組めば月々16,000円代の支払いで済み、バックマージンの収入の中から楽に支払っていける」と勧誘され、代理店契約代として495、000円(支払い総額692,394円)の金銭消費貸借契約を締結させられました。私はおよそ2500枚のチラシを配布しましたが、マージンはわずかしか入らず、電話勧誘時の条件と実際の内容が全く異なっていたという被害に遭いました。解約したいと会社に電話しましたら、クレジットだけが残ると言われました。どうしたらいいですか?

Aベストアンサー

ひどく簡単に説明すると、まず、第1関門として、その会社との、代理店契約などを解除、次に第2関門が、「信販会社に対して」契約解除の旨を主張して、それ以後の支払を拒絶。
 それぞれできるかどうかは、ケースバイケース。たしかなことは、第1関門の突破なくして、第2関門突破はないということだけです。
 そして現実には、弁護士など専門家の手を借りないことには、うまくいかないでしょう。
 消費者センターとかそういうところは、説明以上のことはできないので、お知り合いに、弁護士を紹介してくれる人がいたら、いきなり相談に行ったほうが早いです。
 これ以上のことは実際にあなたの相談を受ける専門家のすることなので、私がごちゃごちゃ説明するのは避けますが、最悪やってはならないのは、ほかのサラ金から借りたお金で、信販会社に返したりしないこと、そうなるともう全く、金を貸したところに対しては、純然たる借金でしかないですから。そこからはじまって、気がついたら自己破産なんてことになるという事例も、決してないわけじゃありません。

「解約したいと会社に電話しましたら、クレジットだけが残ると言われました。どうしたらいいですか?」
 合意の解除ということでは、信販会社に支払拒絶を主張しにくくなるので、あくまで、問題のある契約だったからあなたのほうから一方的に解除、という形にしないとまずいのです。
 その他、相談を後回しにしてその場しのぎの対応をご自分の判断でしていると、自体が悪化します。いい専門家を早く見つけてください。

ひどく簡単に説明すると、まず、第1関門として、その会社との、代理店契約などを解除、次に第2関門が、「信販会社に対して」契約解除の旨を主張して、それ以後の支払を拒絶。
 それぞれできるかどうかは、ケースバイケース。たしかなことは、第1関門の突破なくして、第2関門突破はないということだけです。
 そして現実には、弁護士など専門家の手を借りないことには、うまくいかないでしょう。
 消費者センターとかそういうところは、説明以上のことはできないので、お知り合いに、弁護士を紹介してくれ...続きを読む

Q類似キャラクターの作成→配布は罪になるのか

趣味で、個人で楽しむグッズを作る場合、すでにあるキャラクターを
ジョークでもじってデザインにすると、罪になるのでしょうか?
例えば、有名なグリコのあの走る男性のキャラクターに
リボンをつけるとか、シャツの模様をジョーク溢れるデザインにするとかです。
私の場合、非営利目的で、上記のような例で、とあるキャラに確信的に似せたものをジョークでデザインして、
小物を作ろうと思っています。
個人で、無料で小部数を配布したいと考えています。
これは違法になりますか?
10年くらい前までは、よく、類似キャラクターのTシャツなどが巷で商品としてでまわっていた記憶があるのですが
最近めっきり見ないので、ちょっと不安になりました。

Aベストアンサー

>あれはキャラクターパロディの作成配布には該当しないのでしょうか?
厳密にはこれらのこのも立派な著作権等の侵害に該当します。
しかし、これらの多くは「黙認」される形となっています。
1つは著作権者側がこれらのものを細かくチェックしきれないこと、
もう1つはこれらのものが純粋にファン活動の一環であると捉えていることにあります。

前者については、日々生まれるパロディー品は膨大な数であり
それら全てを自主的にチェックしていこうとすれば
当然かかる時間と人手、コストも膨大なものとなります。
そういったわけでわざわざ個々にチェックしていくことはできません。
商品化されたものについては商品を購入または目にした人から
著作権者側に確認等の連絡が入ることなどで情報が入るのだと思います。

後者については、現実として著作権者側もパロディーや同人活動で
自らのスキルを磨き、地位を得て、業界を発展させた経緯があります。
そういった事から、ある程度の節度を守ったものであれば
ファン活動の一環であり、宣伝効果にもなることから
著作権者側があえて黙認をしているというケースもあります。
逆に、こういった活動を徹底的に取り締まることで
反感により自身の人気が落ちることを恐れているという面もあります。
ただし、あくまでも二次著作者側が節度ある活動をした場合の話であり、
著作権者側にとってあまりにも許しがたいものであれば
法的手段をとられる可能性も十分に考えられます。

>あれはキャラクターパロディの作成配布には該当しないのでしょうか?
厳密にはこれらのこのも立派な著作権等の侵害に該当します。
しかし、これらの多くは「黙認」される形となっています。
1つは著作権者側がこれらのものを細かくチェックしきれないこと、
もう1つはこれらのものが純粋にファン活動の一環であると捉えていることにあります。

前者については、日々生まれるパロディー品は膨大な数であり
それら全てを自主的にチェックしていこうとすれば
当然かかる時間と人手、コストも膨大なもの...続きを読む

Qチラシを投函してはいけないと書かれているポストに毎回チラシが入っていて

チラシを投函してはいけないと書かれているポストに毎回チラシが入っていて困るのですが

そこはマンションで一つ一つのポストに大きくチラシ等の投函はお断りしております。
と書かれているのにも関わらずです。
この注意書きの下に無断で広告を投函された場合罰金10万円を頂きますと書けばもし投函されていれば要求する事が出来ますか?

書き方を変えて
広告投函スペース、こちらに投函された広告は責任をもって全文拝見させて頂きます。
広告拝見手数料5万円等と書くのはどうでしょうか?

額が高すぎて認められないなら5000円とかならどうでしょう。

ちなみに私はお金がほしい訳ではありません。
ゴミが増えるのが嫌なだけです。
毎回チラシが入るたび電話代をかけて苦情を入れる理不尽さに嫌気もさしています。

ちなみに真っ赤な字ででかでかと書こうと思っています。

盲目な人以外は絶対に見えなかった等言い訳できない程分かりやすく。

Aベストアンサー

無断駐車に関しての罰金提示は民事上の契約として有効です。
社会的相場を著しく超えない限りは認められます。


しかしポストでチラシ拒否の罰金提示は相場が非常に難しいです。

無断駐車はそのせいで契約者が停められなくなるなどかなり大きな損害が発生するので
数万円~10万円程度の罰金でも認められますが、
「紙1枚を入れられたことによる損害」というのは非常に微々たるものですから
5000円どころか1000円でも厳しいと思います。

数百円じゃ回収するほうがお金がかかってしまいますしね。

ただ、法的なことは抜きにして「防止策」という意味では有効性はあると思います。
投函する側がびびって自主的にやめる可能性が出てきますからね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報