祖母が死亡し、祖母の子達6名で祖母の遺産を分割することになりました。(祖父はすでに他界)

子6名のうち1名はすでに他界していたため、その二人の子(祖母から見て孫)が代襲相続人となりました。

この代襲相続人2名のうち1名が遺産放棄をした場合、放棄した分はどのように相続されるのでしょうか?

2名の弁護士に相談したところ、別々の答えが返ってきました。

・もう1名の代襲相続人が放棄した分をまるまる受け継ぐ。
・そうでなく、6名(子5名+代襲相続人1名)で6分割。

どちらなのでしょうか。
宜しくお願いいたします。

A 回答 (7件)

皆さんのご回答は、ご質問の主旨とは微妙に違うように思います。



>放棄した分はどのように相続されるのでしょうか…

ご質問はあくまでも「放棄された分は」とのことですから、前者の、
「もう1名の代襲相続人が放棄した分をまるまる」
が正解です。

後者の、
「6名(子5名+代襲相続人1名)で6分割」
では、子5名が 13/72、代襲相続人1名は 7/72 の相続となってしまいます。そうではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

まさにこの点がききたかった事です。
たいへんすっきり致しました!

お礼日時:2005/06/21 11:43

>この代襲相続人2名のうち1名が遺産放棄をした場合、放棄した分はどのように相続されるのでしょうか?



これに対しては、No.5さんの回答が的確ですが、要するに「いったん分けたあと、放棄した人の分をどうしよう?」と考えるとややこしくなると思います。

そうではなく、「今までのことはいったんリセットして、放棄した人が最初から相続しないとしてやり直し」と考えたほうがいいです。

そうすると、既に亡くなっている子の子1人が代襲相続人となる、と割と簡単に答えにたどり着くと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>そうではなく、「今までのことはいったんリセットして、放棄した人が最初から相続しないとしてやり直し」と考えたほうがいいです。

なるほど、わかりやすく理解できました。

お礼日時:2005/06/21 11:45

厳密に言えば「相続放棄」は、祖母の死亡(相続の開始)を知ってから三ヶ月以内に家庭裁判所で手続きをしなければなりません。

認められれば、初めから相続人ではなかったことになりますから、遺産は引き継ぎません。その場合の法定相続分は、No1~4の方が書かれている通りです。

推測で申し訳ないのですが、ここでおっしゃっている「遺産放棄」というのは、ただ単に「私は遺産は要らない」とおっしゃっているということでしょうか?

もしそうであれば、祖母が死亡したことにより、1/12の共有持分を持ったことになりますので、その持分を共有相続人のどなたか一人に譲ることもできますし、他の共有相続人に均等に分配することもできます。どうするかは「相続分は要らない」とおっしゃる方の意思と、相続人の皆様で話し合って決めれば良いと思います。

的はずれでしたら申し訳ございません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>その持分を共有相続人のどなたか一人に譲ることもできますし、他の共有相続人に均等に分配することもできます。どうするかは「相続分は要らない」とおっしゃる方の意思と、相続人の皆様で話し合って決めれば良いと思います。

この部分は初めて知りました。たいへん参考になります。

お礼日時:2005/06/21 11:44

これは、それぞれの弁護士の言い回しが違うだけで、具体的な遺産額はどちらの方法でも、子・孫ともに変わりません。

わかりやすく遺産を、600万と設定します。代襲相続人が遺産放棄しなかった場合、子はそれぞれ100万、孫はそれぞれ50万となります。次に遺産放棄した場合、(1)もう1名の孫(代襲相続人)が放棄した分をまるまる受け継ぐと、子はそれぞれ100万、孫は独りで100万。(2)6分割すると、子はそれぞれ100万、孫は100万。言い回しが違うのは不安でしょうが、合格率3%の司法試験を合格したのですから、法律のプロ中のプロの弁護士を信頼しても損はありませんよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

まさに、弁護士の方は非常に頭が良さそうでした。私の頭がついていけず、ここでの質問となり恐縮致します。

お礼日時:2005/06/21 11:40

結論として質問は同じ答えになるのでは?



(1)子はそれぞれ6分の1ずつ取得する。

(2)うち代襲相続人2人が6分の1を分ける。各12分の1

(3)相続放棄したものは、初めから相続人ではないので、孫は1人と考える。

(4)、(2)は孫が1人と考えることから、削除

結果、法定相続分は、兄弟各6分の1、相続放棄をしていない孫6分の1となる。

孫の相続分
そのまま受け継ぐ場合
(2)の12分の1が、相続放棄をしていない孫に移る。
12分の1+12分の1=6分の1

6分割の場合
6分の1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

均等に6分の1とのこと了解いたしました。

お礼日時:2005/06/21 11:38

お二人の弁護士は同じ事をおっしゃっているかと思います。


一般的にまず遺産は6分割され、その内お亡くなりになられた方の相続分を、代襲相続人の2名で2分割するか、1名がそのまま全額相続するかの問題になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

やはり6分割とのこと、了解いたしました。

お礼日時:2005/06/21 11:37

弁護士の方々のおっしゃられたという、


・もう1名の代襲相続人が放棄した分をまるまる受け継ぐ。
・そうでなく、6名(子5名+代襲相続人1名)で6分割。
についてですが、これは両方とも同じ意味だと思われます。

代襲相続というのは、被代襲相続人(この場合は亡くなられたという方)の受け継ぐはずであった遺産を、
その方に死亡・廃除・欠格などの事由がある場合に、その方の直系卑属が代襲して受け継ぐというものです。
代襲相続される分は、あくまでも被代襲相続人の受け継ぐはずであった相続分に限ります。

すなわち、子6名だったのですから、本来は6分の1ずつ均等に受け継ぐはずでしたが、
そのうちの亡くなった方が受け継ぐはずであった6分の1を、
その方のお子さんたちが均等に受け継ぐことになるのです。(つまり一人12分の1ですね)
二人のお子さんのうちの一人が相続放棄をされたなら、初めから代襲相続人は一人だったということになり、
亡くなった方の受け継ぐはずであった6分の1全てをもう一人のお子さんが相続することになります。

つまり、5名のお子さんと1名のお孫さんが、均等に6分の1ずつ相続することになると思います。
ですから、言い方によっては「もう一名の代襲相続人が放棄した分を受け継ぐ」とも言えますし、
「6名で6分割」とも言えるわけです。
結論としては同じなんですよね。二人の弁護士さんとも、言いたいことは同じだったのだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

均等に6分の1とのこと了解いたしました。
弁護士の方よりも教えてgooの識者の方のほうが、私のレベルに応じた説明をしていただけるので大変助かります。

お礼日時:2005/06/21 11:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q代襲相続人のうち一人が相続放棄した場合の相続分

祖母が死亡し、祖母の子達6名で祖母の遺産を分割することになりました。(祖父はすでに他界)

子6名のうち1名はすでに他界していたため、その二人の子(祖母から見て孫)が代襲相続人となりました。

この代襲相続人2名のうち1名が遺産放棄をした場合、放棄した分はどのように相続されるのでしょうか?

2名の弁護士に相談したところ、別々の答えが返ってきました。

・もう1名の代襲相続人が放棄した分をまるまる受け継ぐ。
・そうでなく、6名(子5名+代襲相続人1名)で6分割。

どちらなのでしょうか。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

皆さんのご回答は、ご質問の主旨とは微妙に違うように思います。

>放棄した分はどのように相続されるのでしょうか…

ご質問はあくまでも「放棄された分は」とのことですから、前者の、
「もう1名の代襲相続人が放棄した分をまるまる」
が正解です。

後者の、
「6名(子5名+代襲相続人1名)で6分割」
では、子5名が 13/72、代襲相続人1名は 7/72 の相続となってしまいます。そうではありません。

Q相続放棄と代襲相続について

教えて下さい。
父-子-孫で、父より先に子が死亡し、子に借金があったため孫は子の相続を放棄しました。
父がその後死亡し財産を残しましたが、孫に父の相続権が残っているのでしょうか。

Aベストアンサー

>孫に父の相続権が残っているのでしょうか。


残ってるというか・・
子から孫が相続権を引き継いだ訳ではなく、
子が死亡により相続権を失ったことを原因として、
孫が新たに(代襲)相続人になったということです。

代襲相続は子から相続した権利ではなく、孫の固有
の権利ですから、子ー孫 間の相続放棄とは無関係
です。

Qなぜ相続放棄は代襲相続しないのか教えてください

現在相続を勉強しています。なぜ「放棄」だけは代襲相続しないのでしょうか。理由を教えてください。

Aベストアンサー

法理論的には#1・#2の回答者さまのご回答にも一理があるのですが、実質的な理由は、#3の回答者さまのご回答のとおりのようです。
「放棄に代襲を認めなかったのは、放棄者は、自己のみならず自己の子を含めて、自己の系統には遺産はいらないという意味で放棄をしていること、代襲を認めるとすれば、とりわけ農家にみられる遺産分散防止のための放棄の申述(民法938条)にあたっては、代襲相続人にまで申述の労を煩わせ手続を複雑にするだけであり、申述を忘れているときは、法律関係をいたずらに混乱させることにもなり、また、放棄されたマイナスの遺産をさらに代襲させても、ふつうはやはり放棄することになり、放棄しない者がいても、それをことさら重視するには及ばない、という理由から、放棄は代襲原因から排除されたようである」(中川善之助ほか「新版注釈民法(26) 相続(1)」(有斐閣、平成4年)とされているようです。

Q相続放棄と代襲相続権について

分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。

祖父(存命)、父(死亡)、父の息子(存命)、がいると仮定してください。

父が亡くなり、一通りの遺産分割関係の手続きが済みました。
ただ、家族が知らないところで入っていた、
父の携帯電話の請求書(延滞書)が家に届きます。

息子が調べてみたところ、家族に支払い義務はない、ということで、
電話会社に支払う意向はなし、相続も放棄すると伝え、
その手続きを行う予定でいるのですが、
この場合、この相続を放棄することで、
父の死亡で息子に受け継がれている祖父に対する代襲相続権も放棄してしまうことになるのでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まだ祖父は生きているなら 代襲相続も何もないですよ。

今回相続放棄されたのは、父の遺産相続を子が相続放棄したのですから まだ存命な祖父の(現時点で存在してない)遺産相続の話と混ぜないで考えてくださいね。

今後祖父がもし亡くなったときは、相続第一順位の直系卑属である祖父の子(今回亡くなった父)の子ですから息子さん(その時点で存命なら)代襲相続できます。

直系卑属である、子 孫 曾孫・・・の中で被相続人に一番近い人が代襲相続の相続人として遺産を相続出来ます。

〔ちなみに相続での第二順位は、直系尊属(被相続人の親) 第三順位は、兄弟姉妹 その子であり代襲相続が認められるのは、被相続人の兄弟の子(甥と姪)までで その下にはありません。〕



ところで今回 子が相続放棄をされたら 今度祖父がその子供の(被相続人・父)の相続人となります。
祖父は 負の遺産を相続されるのでしょうか?
相続人である息子さんが遺産相続を放棄された時点で祖父が相続人になります。
相続放棄は、一人が勝手に行うのではなく次の その次と相続人に成りえる方々全員に知らせて手続きすべきですよ。

まだ祖父は生きているなら 代襲相続も何もないですよ。

今回相続放棄されたのは、父の遺産相続を子が相続放棄したのですから まだ存命な祖父の(現時点で存在してない)遺産相続の話と混ぜないで考えてくださいね。

今後祖父がもし亡くなったときは、相続第一順位の直系卑属である祖父の子(今回亡くなった父)の子ですから息子さん(その時点で存命なら)代襲相続できます。

直系卑属である、子 孫 曾孫・・・の中で被相続人に一番近い人が代襲相続の相続人として遺産を相続出来ます。

〔ちなみに相続...続きを読む

Q相続放棄後の代襲相続

先日兄が死にましたが、兄には離婚し奥さんに引き取られた子供(5歳)が居ます。
現在は、その子供に全ての相続権が発生していますが、相続放棄を考えています。
もし、ここで相続放棄をした場合、将来親が(子供にとっては祖父母)が死んだ場合、代襲相続は出来なくなってしまいますか?

Aベストアンサー

影響しません。父親が亡くなった時、相続放棄したとしても、祖父母が亡くなった時、代襲相続は可能です。

親からの相続を放棄しても、孫と子という血縁関係は変わりません。

蛇足ですが、全ての子が相続放棄した場合、次に親、そして兄弟の順で相続人の地位がが廻ってきます。全ての人が相続放棄する必要がありますから、まとめて手続きされるのを忘れないでください。

Q相続放棄と代襲相続

ウィキペディアで 「相続放棄」 を見ると、説明の中に次のような二つの記述があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E7%B6%9A%E6%94%BE%E6%A3%84

「放棄者の直系卑属について代襲相続も発生しない」。

「たとえば子全員が相続放棄をすると、直近の直系尊属(父母等)が相続人となる。直系尊属が不存在か相続放棄するなら、被相続人の兄弟姉妹が相続人となる。」

二番目の記述は正しいのでしょうか? 被相続人の子が相続放棄すると孫ではなく被相続人の父母に相続権が移る、というのは一番目の記述と同じですが、さらに、父母が生きていて相続放棄すると父母の子である 「被相続人の兄弟姉妹」 が相続人となる、というのは一番目の記述と矛盾するように思います。

Aベストアンサー

> 兄弟の相続権は、父母を介して得られるものではなく、被相続人の兄弟ということで(父母に関係なく)本質的に備わっているものなのでしょうか。

その通り。
民法889条の1項2号に書いてあります。
次に掲げる者は、第八百八十七条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。
一  被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。
二  被相続人の兄弟姉妹
2  第八百八十七条第二項の規定は、前項第二号の場合について準用する。

> また、被相続人の甥や姪の相続権は彼らの親である「被相続人の兄弟」を介して得られるもので代襲相続という言葉が使える、と考えて良いでしょうか。

その通りです。
民法889条の2項に書いてあります。887条2項が代襲相続の規定です。そして887条3項(代襲相続の代襲)は準用されませんから,代襲相続の代襲は第3順位の兄弟の場合にはないのです。

Q代襲相続、相続放棄の時期と手続きに関して

私の叔父(父の弟)は多くの借金をかかえて、病気で臥せているようです。
私の父はすでに亡くなっており、私は叔父家族とは普段は付き合いがありません。
祖父母も亡くなっており、父と叔父の他に叔母(父の妹)がいます。
叔父には妻と子供たちがおりますが、叔父が亡くなったら相続放棄をするらしいと叔母から聞きました。

そこで以下のことを教えて下さい。

1.叔父の妻と子供たちが相続放棄をした場合、私にも父の代襲相続で相続権が発生するのでしょうか?叔母(父の妹)が相続放棄をしなければ、私には相続権は発生しないのでしょうか?
2.叔父の妻と子供たちに加え叔母も相続放棄をした場合に、私には相続権が発生すると思いますが、私の姉(すでに他界)の子どもにも代襲相続で権利が発生するのでしょうか?
3.相続放棄をする場合、どの時点までに手続きをすればよいのでしょうか?
4.相続放棄には、どのような書類が必要なのでしょうか?故人の除籍謄本や住民票の除票が必要と聞いたこともあるのですが、私が叔父の除籍謄本や住民票の除票を、叔父の妻や子供たちに依頼しなくても取得できるのでしょうか?

以上、教えて下さい。
よろしくお願いします。

私の叔父(父の弟)は多くの借金をかかえて、病気で臥せているようです。
私の父はすでに亡くなっており、私は叔父家族とは普段は付き合いがありません。
祖父母も亡くなっており、父と叔父の他に叔母(父の妹)がいます。
叔父には妻と子供たちがおりますが、叔父が亡くなったら相続放棄をするらしいと叔母から聞きました。

そこで以下のことを教えて下さい。

1.叔父の妻と子供たちが相続放棄をした場合、私にも父の代襲相続で相続権が発生するのでしょうか?叔母(父の妹)が相続放棄をしなければ、私には相続...続きを読む

Aベストアンサー

わかる範囲内で回答させたいただきます。

1.叔父さんの配偶者と子が相続放棄をした場合、叔母さんとあなたが2分の1ずつの相続をすることになります。叔母さんが放棄をしなくても、あなたは相続人です。叔母さんが放棄をした場合は、あなたが全財産に対して相続人となります。

2.現在の民法では、叔父と姪の関係では再代襲はありませんので、今回の場合はお姉さんの子供は相続問題にはからみません。

3.自分が相続人であるのを知ってから3ヶ月以内に放棄をする必要があります。
今回の話では、叔父さんの子供の相続放棄の受理をあなたが知ってから3ヶ月以内に家裁に書類を出すことになります。
ここで注意が必要なのは、子供の放棄を知ってから3ヶ月以内です。叔父さんの妻の放棄の有無は関係なく、あなたに相続権がやってきます。

4.叔父さんの出生から死亡までの除籍謄本、おじいさんおばあさんの死亡が確認できる除籍謄本、あなたのお父さんの死亡が確認できる除籍謄本、あなたの戸籍謄本、叔父さんの住民票の除票が最低限必要と思われますが、受理する裁判所によって変わりますので、確認が必要です。
また、相続放棄のためという事情を話せば戸籍等の取得に対応してくれることが一般的のようです。

わかる範囲内で回答させたいただきます。

1.叔父さんの配偶者と子が相続放棄をした場合、叔母さんとあなたが2分の1ずつの相続をすることになります。叔母さんが放棄をしなくても、あなたは相続人です。叔母さんが放棄をした場合は、あなたが全財産に対して相続人となります。

2.現在の民法では、叔父と姪の関係では再代襲はありませんので、今回の場合はお姉さんの子供は相続問題にはからみません。

3.自分が相続人であるのを知ってから3ヶ月以内に放棄をする必要があります。
今回の話では、叔父さんの子供の...続きを読む

Q相続放棄と代襲相続

父親が亡くなり、借金が残りました。
すべて無担保ローンなどで、財産と言えるものは無く
相続放棄を検討しております。
相続人は母と私と弟になりますが、
この3名が相続放棄した場合、父の兄弟姉妹、亡くなっていれば
おい・めいも相続放棄が必要かと思いますが、
相続放棄の手続きは一度にしなくてはならないのでしょうか?
また、私ども3名以外についても死亡から3ヶ月以内に相続放棄の
手続きをしなくてはならないのでしょうか?

Aベストアンサー

相続放棄は各人が個別に行います。
また、正確には被相続人が死亡したときからではなく、相続人が相続の開始(被相続人の死亡)を知ったときからです。

手続きとしては、
当初の推定相続人である、母、相談者、弟が相続放棄
直系尊属(祖父、祖母)
叔父、叔母(亡くなっていれば甥、姪)
の順に相続放棄することになります。

相談の場合、母、相談者、弟が相続放棄して認められて初めて、他の方が相続人となるため、そのタイミングから3か月以内に相続放棄の手続きをすることになります。申請の順番など、実務的なことはここで聞くより、管轄の家庭裁判所に直接問い合わせされたほうがよいと思います。

Q相続放棄と代襲相続について教えてください。

祖母よりも母が早く他界した場合、母の遺産を相続放棄しても、祖母の遺産を代襲相続することはできるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

母の死亡時に放棄した権利義務は「母の死亡時に存在したもの」だけです。
「その後に発生」した「祖母の遺産の相続権」は「母の死亡時には存在していなかったもの」ですので、相続可能です。

これについては判例がでていたはずです。(今は手元に資料がありません)

Q相続放棄と代襲相続について

相続放棄と代襲相続について教えてください。
先日、遠い親戚から相続放棄の依頼があり、戸籍抄本と印鑑証明の提出を求められています。そこで以下質問です。

(1)相続放棄をする際、戸籍抄本と印鑑証明が必要なのでしょうか?
 会ったことのない親戚に、戸籍抄本と印鑑証明を渡すのは不安があります。。。

(2)続柄は次のとおりですが、私に相続権はあるのでしょうか?

   続柄:
     被相続人をAとします。今回はAの子供A1から相続放棄の依頼がありました。
     私はAの妹であるBの孫B2にあたります。
     BおよびBの子供B1(私の母)は既に他界しています。

   兄弟姉妹における代襲相続は1代限りということですが、
   Aより先にB、B1が他界しているため、私B2に相続権が
   継承(数次相続?)されるのでしょうか?

   ちなみにA、B、B1の順で他界した場合はどうなるのでしょうか?
   
(3)私の父(B1の配偶者)は相続放棄をする必要はあるのでしょうか?
 B1の配偶者には相続権はなく相続放棄には無関係との認識ですが合っているでしょうか?

以上3点、宜しくご教示お願いします。
なお、お盆にA1が私の実家に来る予定なので、早急に回答いただければ助かります。

相続放棄と代襲相続について教えてください。
先日、遠い親戚から相続放棄の依頼があり、戸籍抄本と印鑑証明の提出を求められています。そこで以下質問です。

(1)相続放棄をする際、戸籍抄本と印鑑証明が必要なのでしょうか?
 会ったことのない親戚に、戸籍抄本と印鑑証明を渡すのは不安があります。。。

(2)続柄は次のとおりですが、私に相続権はあるのでしょうか?

   続柄:
     被相続人をAとします。今回はAの子供A1から相続放棄の依頼がありました。
     私はAの...続きを読む

Aベストアンサー

 相続放棄といっていますが,実際には,特別受益証明書というものを使ってする不動産の単独名義での相続登記手続をすることをいっているように思います。

 言葉どおりの相続放棄は,自分が相続人になったことを知ってから3か月以内に,家庭裁判所に対する申述という手続でするものです。この手続には,自分が相続人であることを証するため,被相続人と相続人の戸籍謄本を添付する必要がありますが,印鑑証明はいらないものです。

 質問の趣旨からすると,被相続人の死亡からある程度の期間が経っているようですし,第1順位の相続人が第3順位の相続人の,本来相続権を有しないはずの孫の相続放棄の手続をしてやるというのも,おかしな話です。

 合理的に考えられるのは,No.3にもあるとおり,ABの親や,さらにその親の不動産が,それらの者の名義のままになっているので,本来の相続放棄は期間が経過してできないため,その相続登記だけを,誰かが単独名義でするために,印鑑証明書と戸籍抄本を求めているものと思われます。

 この相続は,兄弟姉妹の相続権の問題ではなく,子(直系卑属)の相続権の問題になります。

 この特別受益証明書による単独名義での相続登記というのは,司法書士がよく使う方法ですが,真実に反する証明書を,登記手続のためだけに作成し,それに印鑑証明書を添付するというもので,決してほめられた手続ではありません。登記所が通るから,便宜的にやっているものにすぎないのです。

 本来は,遺産分割協議という手続によってなされるべきもので,そのためには,No.3の回答にもあるとおり,経緯と遺産目録が示されなければならないものです。

 ですから,まずは,印鑑証明書と戸籍抄本で何をするのかの説明を求めることがスジだと思います。

 まあ,そうはいっても,ことは人間関係の話でもありますので,そのような前の代の財産は,何があっても元々いらないということであれば,黙って言うとおりにすることも選択肢にはなるでしょう。

 なお,B1の配偶者が相続人になるかどうかは,B1よりも前に,B及びBの親が他界し,その後にB1が他界していれば,B1の配偶者も相続人です。

 相続放棄といっていますが,実際には,特別受益証明書というものを使ってする不動産の単独名義での相続登記手続をすることをいっているように思います。

 言葉どおりの相続放棄は,自分が相続人になったことを知ってから3か月以内に,家庭裁判所に対する申述という手続でするものです。この手続には,自分が相続人であることを証するため,被相続人と相続人の戸籍謄本を添付する必要がありますが,印鑑証明はいらないものです。

 質問の趣旨からすると,被相続人の死亡からある程度の期間が経っている...続きを読む


人気Q&Aランキング