2日ほど前のテレビニュースで、一般の小学生からMRSA菌が検出され、病院外で発見された最初の例であると報道されていましたが、新聞などには一切掲載されませんでした。事の真偽をご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

テレビ報道担当の記者の不勉強ではないでしょうか。


日本中片っ端から調べたら、国民の半数からMRSAが検出されたなんてことになるかもしれませんよ。
たとえば、新生児集中治療室ではMRSAがたくさんでているところと、ほとんど出ていないところがありますが、出ていないところは、調べていないから、なのです。
病院の門をくぐる人を全部調べると、かなりの人が持っているかもしれません。
もしも、MRSAを隔離しましょう、なんてことになったら、病院は機能しなくなるでしょう。健康な人を調べる必要も、治療する必要もまったくないと信じています。
    • good
    • 0

そのニュースに関しては知らないのですけど


真偽も何も…病院外でも調べりゃ出る人はいます。
んでもってかなり前からそういう状態のはずですから「最初の例」が今になって出るわけがないのです。
別に病院以外のところで「細菌の培養」の検査を出したら、結果としてはじめて証明されました・・・とかいうニュースなら意味違うかもしれませんので、私の書き込みは見当違いなのですけど

MRSAは【病院にしかいない菌】ではありません。

普通の人が普通に持っている=常在菌のブドウ球菌が
薬への耐性をもったものです。

確かに病院での発生率:感染率:発見率は高いですが

その小学生が今まで一度も病院にいったことがなく
医療関係者にも接したこともなく
病院に行ったことのある方に一度も接したことなく
今まで一度も抗生剤の内服&点滴をしたことなく

などのほかからもらうなど…可能性がないといえない限り

別に一般の小学生からMRSA菌が検出されたことは不思議でもなんでもありません。実際今まで一度も病院に行ったことのない小学生はいないでしょう。(生まれたり、新生児検診などもありますから)

その上持っていただけで、発病していないなら特にですね。
持っているだけなら調べればいるでしょうね。
発熱など何らかの症状が出ているのなら、その時点で体力的に弱る要因があったと考えればこれまた不思議ではありません。

MRSAが問題になるのは体力的に弱っていたりする方などです。
ですから病院では大きな問題になるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ニュースの中でMRSA菌を持っている割合が7%だったなどと言っていましたので、ゲッ!クラスに2、3人はいるじゃないかとか、既に持っている人が風邪なんかで免疫が落ちたりしたらどうなるんだろうとか、考えてしまったものですから。

お礼日時:2001/10/09 16:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセラチア菌検出の報道について

医療については全くのシロートです。

三重県伊賀市で、作り置きした点滴液によるものと思われる感染症で十何人もの方が被害に遭われました。1人は亡くなってます。

以前、東京かどこかで、似たような事例で「セラチア菌」によって何人も罹患されたとの報道があり、今回も複数の患者から「セラチア菌」が検出されたとニュースで言ってます。その菌によるものだろうと。

調べてみると、「セラチア菌」なんて どこにでもいる菌で、たいした毒素でもない・・・ただ、抵抗力の弱った人には かなりのダメージとなる・・・。
こんな具合です。

なので、今回、患者から「セラチア菌」が検出されるのなんて「アタリマエやろ!」って思ってしまうのです。
以前その菌によって事件起きたからといって、今回のアレも安易に その菌によるものと決め付けてることにスゴク疑問を感じます。

マスメディアも含めて、「知らないこと・もの=犯人直結」の感を禁じ得ません。
安直に、そのどこにでもいるという菌になすりつけてもイイものなのでしょうか?

ただ、私も一般人ですので、「セラチア菌」に対する認識は間違ってるかもしれません。

医療については全くのシロートです。

三重県伊賀市で、作り置きした点滴液によるものと思われる感染症で十何人もの方が被害に遭われました。1人は亡くなってます。

以前、東京かどこかで、似たような事例で「セラチア菌」によって何人も罹患されたとの報道があり、今回も複数の患者から「セラチア菌」が検出されたとニュースで言ってます。その菌によるものだろうと。

調べてみると、「セラチア菌」なんて どこにでもいる菌で、たいした毒素でもない・・・ただ、抵抗力の弱った人には かなりのダメー...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
「検出された」場所が問題になります。

ただ「患者さんから検出された」だけならば、おっしゃるようにアタリマエの話になります。
常在菌ですから。
ですが、本来、菌がいてはいけないところから検出されたのであれば、これは問題になります。
例えば、血液から検出されたのなら、セラチア菌が何らかの理由で血液に侵入して病気を引き起こした(菌血症、もしくは敗血症といいます)という事になり、菌が血液に侵入したルートを調べなければいけないくなります。
もちろん、腸や皮膚の傷から侵入するケースもあるので、この結果が出るまでは確定的なことはいえません。

検査内容までは報道されていませんが、恐らく、血液培養を行って血液中から菌を検出したのでしょう。

セラチア菌は、現在、血液に侵入して敗血症を起こした場合、抗生物質が聞かない「多剤耐性菌」というのが出現して医療分野で問題になっています。
その為、セラチアが血液から検出された場合は、抗生物質に対する耐性の検査まで行わなければなりません。

こういう状況でマークされてる菌なので、この菌を疑ってかかるのはごく自然な事ではないかと思われます。
もちろん、そればかりにとらわれて、例えば薬剤が変質していた可能性、製造ミスだった可能性などもきちんと調べないといけません。

こんにちは。
「検出された」場所が問題になります。

ただ「患者さんから検出された」だけならば、おっしゃるようにアタリマエの話になります。
常在菌ですから。
ですが、本来、菌がいてはいけないところから検出されたのであれば、これは問題になります。
例えば、血液から検出されたのなら、セラチア菌が何らかの理由で血液に侵入して病気を引き起こした(菌血症、もしくは敗血症といいます)という事になり、菌が血液に侵入したルートを調べなければいけないくなります。
もちろん、腸や皮膚の傷から...続きを読む

QMRSA院内感染

とても困っています。
17歳の息子は去年9月に心肺停止の状態で病院に運ばれ、命は取り留めましたが
低酸素性脳症となり現在も意識が戻っていません。しかし、初めは何の反応も
なかった息子が今は目で物を追い、呼ぶと目をそちらの方に向けようとし、
したがって耳は聞こえていて、水を飲んだりアイスクリームを食べ、病院のリハビリで座る練習をしています。私も主人も今はとにかく命が助かったことに感謝し、前を向いていこうと思っています。今後はリハビリ専門の病院に移りたいのですが問題はMRSAです。最初に運ばれた大学病院で感染したようですが、病院からは何も聞かされぬまま今の病院に転院してきました。ここで初めてMRSAについて説明を受けたのですが、私の息子の場合、高熱や体の緊張などで体力が落ちており、治療はしているがMRSAが消えるのは難しいといわれ、いわゆる老人病院といわれる病院以外MRSAの患者を受け入れてくれるリハビリ病院はないというのです。息子はまだ17歳です。意識回復のためにできるだけいいリハビリを受けさせてあげたいのです。日本国内どこにでも行く覚悟ですが、どなたかMRSAがあっても受け入れてくれ、積極的にリハビリを行ってくれる病院をご存知ないでしょうか?またその様な情報のあるサイトをご存知ないでしょうか?よろしくお願いします。


とても困っています。
17歳の息子は去年9月に心肺停止の状態で病院に運ばれ、命は取り留めましたが
低酸素性脳症となり現在も意識が戻っていません。しかし、初めは何の反応も
なかった息子が今は目で物を追い、呼ぶと目をそちらの方に向けようとし、
したがって耳は聞こえていて、水を飲んだりアイスクリームを食べ、病院のリハビリで座る練習をしています。私も主人も今はとにかく命が助かったことに感謝し、前を向いていこうと思っています。今後はリハビリ専門の病院に移りたいのですが問題はMRSAです。最...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。
私の身内は今、老人病院のようなところに入院中です。救急の病院から3ヶ月くらいして移りました。ほんとは在宅でみたかったのですが、家族内で意見が分かれて、結局転院しました。すでに気管切開をふさいだので口から物を食べさせたりはしていませんが、ほかはcosmos21さんの息子さんとおなじような状態で、最近呼びかけにいろんな反応がでてくるようになりました。これだけでもラッキーなんですよね。まわりには目を開けることすらない患者さんもたくさんいて、心が痛みます。

「できるだけのことはしてあげたい」という気持ち、私もおなじです。
電気刺激療法(http://www.yomiuri.co.jp/iryou/renai/19981125sr11.htm)のような実験的な治療法もありますよね。けど、低酸素の場合は、外傷や脳血管の病気の場合と違って脳のダメージが全体的に及んでいるので、こういう新しい治療法をやっても、ほとんど効果は期待できないそうです。それどころか、本人の体に負担をかけるだけだとまで言われました。なので、昨日は書かなかったのですが、一度問い合わせてみるのもいいかもしれません。

札幌麻生脳神経外科病院での取り組みや音楽運動療法も、できればその病院に入れてやれば一番よいのでしょうが、経済的なことなど現実的に難しい面も多いですよね。けどそもそもこういう病院でやっていることの大半は、その気になれば在宅でも家族がやってあげられることが多いそうですよ。「在宅=あきらめ・最終手段」というふうにとらえがちですが、在宅にしていろいろな刺激を与えてやることこそ、今本人の意識を呼び戻すためにしてあげられる現実的で最良のことではないかというのが私なりの結論です。もちろん地域や病状の違いや、ご家族の事情もあると思いますので、あくまでもうちの場合の結論ですが。

転院先探しは、現実を知るたびにがっかりしてしまって、ほんとうに疲れる作業だと思います。けれど、その作業をすることで、病気のことや医療のことを知り、自分たちもこの状況を受け入れることができたと思います。

希望を捨てずにおたがいがんばっていきましょうね!

#3です。
私の身内は今、老人病院のようなところに入院中です。救急の病院から3ヶ月くらいして移りました。ほんとは在宅でみたかったのですが、家族内で意見が分かれて、結局転院しました。すでに気管切開をふさいだので口から物を食べさせたりはしていませんが、ほかはcosmos21さんの息子さんとおなじような状態で、最近呼びかけにいろんな反応がでてくるようになりました。これだけでもラッキーなんですよね。まわりには目を開けることすらない患者さんもたくさんいて、心が痛みます。

「できるだけのこと...続きを読む

QMRSAについて

MRSAに感染していたら便は緑色便になるのでしょうか?
本を見たのですが載ってなくて…
よろしくお願いします

Aベストアンサー

MRSA感染では緑色の便にはなりません。


・MRSAに感染することによるもの
皮膚軟部組織感染症、膿痂疹、フルンケル、カルブンケル、蜂窩織炎などの種々の皮膚化膿症
血行性に伝播し、敗血症、骨髄炎、関節炎、髄膜炎、心内膜炎、臓器膿瘍など

・MRSAが産生する毒素による症状
食品中で本菌により産生するエンテロトキシンの作用で毒素性食中毒を起こす。下痢、腹痛、嘔吐などの胃腸症状。
胃腸炎、毒素性ショック症候群、皮膚剥奪症候群


・ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群 staphylococcal scalded skin syndrome(SSSS)
本菌の産生する表皮剥脱毒素により、皮膚の発赤、浮腫、表皮剥脱が起き、全身火傷様の状態となる。


いずれにしても症状を発症するとかなり重篤な状態になります。

便が緑色になるのは、新生児期、抗生剤内服時などでみられますが、人工栄養児でもよくみられますし、母乳栄養児でも時にみられます。
また、緑色の野菜をはじめ、色素を多く含んだ食物を採ることによって自然に便が緑色になることが多く、異常というわけではありません。
(液状などでは腸炎とかが考えられますがwww)

MRSAで緑色の便が出たという場合、
治療に使われた抗生剤によるものと考えられます。

MRSA感染では緑色の便にはなりません。


・MRSAに感染することによるもの
皮膚軟部組織感染症、膿痂疹、フルンケル、カルブンケル、蜂窩織炎などの種々の皮膚化膿症
血行性に伝播し、敗血症、骨髄炎、関節炎、髄膜炎、心内膜炎、臓器膿瘍など

・MRSAが産生する毒素による症状
食品中で本菌により産生するエンテロトキシンの作用で毒素性食中毒を起こす。下痢、腹痛、嘔吐などの胃腸症状。
胃腸炎、毒素性ショック症候群、皮膚剥奪症候群


・ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群 staphylococcal scalded s...続きを読む

QMRSAについて

父がこの夏に、誤嚥性の肺炎になり、2ヶ月前に遺漏を作りました。それから最近転院をしたのですが、痰から++(ツープラス)出たと言う事で、ロミカシンを点滴して今度バンコマイシンに変えると言うんです。バンコマイシンは、腎臓にダメージを残すと聞いていて、以前の先生は、タゴシットを使ってくれました。三ヶ月くらいは、こうした抗生剤を点滴しておらず転院して直ぐ抗生剤を点滴するのは、信じられず痰の培養検査の結果を見てからにしてくれと断りました。転院先の先生も体温の変化などを見ても保菌しているだけかもとも言っています。看護士長は気に入らないようで、困りました。肺炎に使った抗生剤とMRSAに使う抗生剤との関係、MRSAの怖さ、バンコマイシンの怖さ教えて下さい。私の判断は素人が生意気でしたでしょうか?

Aベストアンサー

先ずは…病院としっかり話し合いましょう。それから、以前の医者の言うことより、今の医者の言うことを信じないといけないのではないのでしょうか?

転院してすぐMRSAが出たというのは、前の病院は検査をせずでもMRSAを持っていたと考えるのが妥当でしょう。
バンコマイシンは腎臓に負担を与える薬ですが、それを医者が使うと言っているのなら、あなたのお父さんは使って問題ない状況だからです。強い薬であることは病院の方があなたよりも熟知していますから、定期的に採血して腎臓に影響が出てきたら止めてくれるでしょう。それに私もMRSAをやっつける第一手段の薬はバンコマイシンだと思います。

看護師長が嫌がるのは当然です。病院管理者として他の患者にMRSAを伝染させないように看護していくのは簡単ではなく、他の患者に院内感染してしまった場合の責任問題を考えてしまいますからね。

MRSAは普通に社会に出ている人も持っているといわれる菌です。ただ、この菌に効く薬は限定されており、またバンコマイシンのように使える人が限られているので(腎臓病患者には使えません)厄介です。常在菌のようなものですが、入院患者のような体力の落ちた人間がその時感染してしまうと命にかかわるかもしれません。実際これがきっかけで死亡した人もおり、それが院内感染である可能性が濃く病院は困るのです。

あなたのお父さんが転院した病院はおそらくMRSAがあるのなら転院は許可しない病院だったかもしれません。そういうところは少なくないです。だから、躍起になって消しにかかろうとしているのでしょう。

病院によってMRSAに対する考えは温度差があります。それは医療者は{保菌しているだけかもとも}とあなたの医者が言っているようにそれだけなら問題ではないからです。しかし院内感染させてそれが原因で他の患者が死亡するようなことになれば…大事です。もちろん。だから医療者の間にも敏感なところと、そうでもない所と温度差が出てしまいます。敏感なところは消しにかかるし、そういった患者の入院は許可しないでしょう。

というのが私の理解です。一看護師の意見ですが、先にも述べたように病院と話し合うこと、今の医者の指示に従うことが第一です。出来ないなら転院しかないでしょう。

先ずは…病院としっかり話し合いましょう。それから、以前の医者の言うことより、今の医者の言うことを信じないといけないのではないのでしょうか?

転院してすぐMRSAが出たというのは、前の病院は検査をせずでもMRSAを持っていたと考えるのが妥当でしょう。
バンコマイシンは腎臓に負担を与える薬ですが、それを医者が使うと言っているのなら、あなたのお父さんは使って問題ない状況だからです。強い薬であることは病院の方があなたよりも熟知していますから、定期的に採血して腎臓に影響が出てきたら止めてく...続きを読む

QMRSAって再発するんですか?

私の主人のことなんですが。
10年前(現在30歳)に交通事故に合い大腿部の複雑骨折をし入院しました。
なかなか傷は良くならず化膿し何度かの手術とかん流?治療などをしたそうです。
その間3年ほど入院しMRSAに感染していた時があったとのこと。

現在は事故の後遺症もなく2人の子供の父親として頑張って働いてくれてます。
主人の母は「MRSAが再発するといけないから絶対に無理をさせないでね」と「いつ再発するかもしれないからもしもの為にお金は貯めておいてね」と何度も言われてきました。

(-)になって退院しても風邪をひいたり体力が落ちたぐらいで再発するものなんでしょうか?
そもそも再発ってあるんでしょうか?
もし再発の危険があるとしたらどんな事に気をつけたら良いでしょうか?

アドバイス、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)ですね。

黄色ブドウ球菌 自体は、髪の毛や皮膚のしわなどに生存するようなどこにでもいる菌です。
MRSAはこの黄色ブドウ球菌の仲間で、性質は黄色ブドウ球菌と一緒ですが、耐性遺伝子を持っています。
そうなると抗生物質(菌を殺す薬)が効きにくくなっているのです。

そのため治療が思うように進まず、患者の抵抗力だけが頼りになる場合が多い。
重症化すると、敗血症、髄膜炎、心内膜炎、骨髄炎などに陥って死亡する事も少なくありません。

でも、重症化する方というのは、
・無菌室が必要になるくらい抵抗力が低下した場合
・大手術の後
・重症の熱傷(やけど)を負った場合
・血管内にカテーテルを長時間入れている場合
のように、体力が著しく低下いているため、菌と戦えない!という方ですね。

自宅療養しているのなら、上記が当てはまる人は少ないのではないでしょうか。


以前私の病院で実験的に、MRSAを職員全員を調べたことがあります。
人数・誰?などは公表しないということでしたが、それなりに保菌者がいました。
保菌者には一応お知らせをしたそうですが、本人はなんの自覚症状もないし…?うそ?という状態。

なので現在MRSAの検査をすれば検出される可能性はあります。
毎日検査したら、そのうち当たるでしょうね。
でもそれが重症化するかというと、
自宅療養ができる体力を持っているのですから、大丈夫なきがしますね。

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)ですね。

黄色ブドウ球菌 自体は、髪の毛や皮膚のしわなどに生存するようなどこにでもいる菌です。
MRSAはこの黄色ブドウ球菌の仲間で、性質は黄色ブドウ球菌と一緒ですが、耐性遺伝子を持っています。
そうなると抗生物質(菌を殺す薬)が効きにくくなっているのです。

そのため治療が思うように進まず、患者の抵抗力だけが頼りになる場合が多い。
重症化すると、敗血症、髄膜炎、心内膜炎、骨髄炎などに陥って死亡する事も少なくありません。

でも、重症化す...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報