風邪薬など、服用したら、その吸収率は3割程度と聞いたのですが、その吸収されなかった後の薬は、大腸ではなにも作用しないのでしょうか?たとえば、便秘の人は1週間程度もお腹にその薬を保有しているのです。毎日服用した薬が1週間分お腹に溜まってしまうと思うと、心配です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

非ステロイド抗炎症薬の副作用で多いのは胃腸障害です。

このため胃腸の弱い方に経口投与する際には、プロドラッグが選択されることがあります。これは、胃腸管では不活性で、胃腸管で吸収されてから活性型となるものです。なお、放射性医薬品の場合には、放射線を照射する作用が大きくなりますが、その程度は、日本原子力研究所等で提供している計算コードで評価できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。あまり薬に詳しくないので、追加質問ですが、食事では、吸収されなかったものが「便」という形で排泄されますよね。薬も100%吸収され、肝臓で代謝されていくとは考えづらいのですが、いかがなものでしょうか?
もし、よろしければ、見解を下さいませ。

お礼日時:2001/10/10 05:22

食品の吸収も薬と同じように化学物質の代謝と考えることが出来ます。

消化管吸収率は薬品によって異なります。例えば、同じジギタリス製剤であっても、ラニラピッドがほとんど吸収されるのに対してセジラニドの吸収率は半分以下です。また、消化管吸収率は個体差が一般には存在します。消化管通過速度と消化管吸収率の関係については勉強不足のため知りませんが、Medlineを検索されたらおそらくなんらかの情報を手に入れることが出来るでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に返事を頂き、ありがとうございます。
調べてみます。

お礼日時:2001/10/12 09:49

薬はいつまでも元の構造のままではありません。

便秘の人は一週間も・・・と言うのは考えすぎですよ。薬は服用するとまず酸に溶ける薬は胃液で溶けます。胃酸で溶けない薬は腸に移り、腸液で溶かされます。溶け出た成分は、消化管の粘膜から吸収され血液やリンパ液の中にはいり、その後、門脈を経て肝臓にまで運ばれます。肝臓からは下大静脈を経由して、心臓を経て体全身に運ばれます。この後、各組織に分布し、(大部分は)肝臓で代謝され、この後、腎臓から尿へ、また、肝臓から胆汁へ、そして腸から便中へ排泄されます。便秘であるからといって心配されなくとも大丈夫ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にお答えくださりありがとうございます。
恐縮ですが、ちょっと教えてください。
薬の吸収率です。全部吸収され、代謝されていくんでしょうか?この点について、コメント頂ければ幸いです。

お礼日時:2001/10/10 05:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q副鼻腔炎になったときに市販薬を服用したいのですが、副鼻腔炎用の薬は普通

副鼻腔炎になったときに市販薬を服用したいのですが、副鼻腔炎用の薬は普通の薬局やドラッグストアで購入することはできるのでしょうか?昨年末から風邪をひくとすぐ副鼻腔炎になって耳鼻科に行くことが多くなりました。仕事をしているのでなかなか病院に行くことができません。それで副鼻腔炎の症状が出たら自分で薬を買って飲みたいのですが、そういうものが売っているのかどうかがわかりません。もしわかればぜひアドバイスいただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

チクナインという市販薬があります。
効き目は抗生物質に比べると劣りますが、少しは役に立つかも。
小林製薬の製品です。

Q薬の服用

薬を服用するとき、1日3回の場合、朝と昼の飲む間隔が短いときがあるのですが、(休みの時に、朝おきるのが遅くて9時ごろ飲んで、昼は12時30分ごろ飲みます。)この場合3時間くらいしか間隔が空いてないので、普通はどのくらい時間を空けたほうがいいのですか?

Aベストアンサー

もし8時間置きの服用が必要なものであれば、その指定をしますので、3時間から4時間空いていれば問題ありません。朝9時、昼2時、夕6時の人もいます。それで夜、8時に就寝の人は頓服で寝る前に追加で別の薬を状況に応じ飲みます。

アスピリンやアセトアミノフェンはせいぜい効いても4時間程度で、多ければ1日に6回程度使用しないと効かないし、抗生剤で1日2回服用は朝と夕で短い人は8時間、長い人でも15時間から16時間後に服用しますが、まとめて服用すると作用時間が短くなるだけで、それほど問題ないと思います。

最近では1日1回、3日連続使用で1週間効果の期待できる抗菌剤も処方されることがあります。

短期の処方の薬は持続時間が短いと思っていてそう間違いではありません。

Q薬の服用期限について

ちょうど1年前に肌荒れ・ニキビ等に悩み皮膚科を受診し、内服薬をいただきました。
いただいたお薬は以下のものです。すべて錠剤です。

・ハイボン錠20mg(ビタミンB2を補給するお薬です。)
・ピドキサール錠20mg(ビタミンB6を補給するお薬です。)
・シナール錠200(ビタミンCとパントテン酸を補給するお薬です。シミの治療にも用います。)

皮膚科の先生からは90日分いただいたのですが、引越し等でごたごたしていたため30日分しか服用していませんでした。
しかし私の中ではいただいた薬をすべて飲み切ったと勘違いしており、その後は市販のビタミン剤を買って服用していました。
先日棚の中を整理していたら残った60日分の薬が出てきて、捨てるのももったいないと思いましたが、1年前の薬を服用しても問題ないものでしょうか?
保存状況としては棚の中にずっと入れていたので、直射日光にはあてておりません。

また、処方されたビタミン剤は病院で受診しなければいただけないのでしょうか。どこかで買うことはできませんか。

何卒よろしくお願いいたします。

ちょうど1年前に肌荒れ・ニキビ等に悩み皮膚科を受診し、内服薬をいただきました。
いただいたお薬は以下のものです。すべて錠剤です。

・ハイボン錠20mg(ビタミンB2を補給するお薬です。)
・ピドキサール錠20mg(ビタミンB6を補給するお薬です。)
・シナール錠200(ビタミンCとパントテン酸を補給するお薬です。シミの治療にも用います。)

皮膚科の先生からは90日分いただいたのですが、引越し等でごたごたしていたため30日分しか服用していませんでした。
しかし私の中ではいただいた薬をすべ...続きを読む

Aベストアンサー

処方された時点でその薬が期限切れ間近だったかもしれません。
シートに期限が書いてあるわけではありませんから
服用しても大丈夫かどうかは何ともいえません。
1年前に出された薬の期限を調べるために追跡調査をするというのもまず不可能ですし。
安全策をとるなら、捨てるべきでしょうね。

・・・まぁもっとも、期限切れていたとしても成分が分解される程度でしょうから
ビタミン剤であれば私だったら飲んじゃいますけどね。
この辺りは自己責任で。
※抗生物質など症状にあわせて出された薬はダメですよ、自己判断で飲んじゃ。

>処方されたビタミン剤は病院で受診しなければいただけないのでしょうか
今回出ているのと同じ薬は処方箋がなければダメです。
ただし、B2のみ、B6のみといった単剤ではなく、複合剤でしたらドラッグストア
でも購入可能です。
肌荒れやニキビを効能としてうたっているものであればほぼ入っているはずです(チョコラBBなど)。

Q薬の服用、食前、食間、食後について

  薬の服用の仕方は食前、食間、食後とありますが、どのような薬が食前で、どのような薬が食間、食後なのでしょうか? またそうする訳をお教え下さい。
  お医者さん、薬局に聞けばすぐ分かると思うのですが、最近あまり用事がないもので、こちらでお尋ね致します。

Aベストアンサー

薬の作用部位や吸収、胃腸への影響などを考え合わせて服用時間が決められています。

食前
食事をとる30分くらい前の空腹時。
食事の前には胃の中は空なので、薬はすぐに溶けて吸収され、効き目も速く現れます。漢方薬は食べ物と混ざり合うと効き目が弱くなるので、食前の服用が一般的です。最近、糖尿病の薬で、食前に飲まないとうまく効かない薬が出ました。食事をとると腹痛や下痢を起こす場合も、食前飲みます。
 
食間
食後2~3時間経過して、胃の中のものがほとんど消化された時間帯。
食事によって吸収に影響される薬は空腹時の服用が効果的です。
胃酸の分泌を抑えたり、胃酸が分泌され過ぎたときに中和する薬などが処方されます。薬を飲んだ直後は、何も食べないことが大切です。

食後
食後30分以内。
胃を荒らす成分の入った薬、解熱鎮痛薬やステロイド薬などは食後に服用するようになっています。
薬の成分が胃壁を直接刺激して胃を荒らさないようにするためです。
多くの薬は、この方法で服用します。

1日2食しか食べない場合は、食事の代わりに、ビスケットなど、軽いものを少量でも食べてから、食後30分に食後の薬を飲むと良いでしょう。

薬の作用部位や吸収、胃腸への影響などを考え合わせて服用時間が決められています。

食前
食事をとる30分くらい前の空腹時。
食事の前には胃の中は空なので、薬はすぐに溶けて吸収され、効き目も速く現れます。漢方薬は食べ物と混ざり合うと効き目が弱くなるので、食前の服用が一般的です。最近、糖尿病の薬で、食前に飲まないとうまく効かない薬が出ました。食事をとると腹痛や下痢を起こす場合も、食前飲みます。
 
食間
食後2~3時間経過して、胃の中のものがほとんど消化された時間帯。
食事に...続きを読む

QソフィアAという薬の服用にあたって

タバコは控えて…と言われたので絶対ではないかと思い吸っていました…。

調べたら血栓症になるとの事ですが、タバコを吸いながら服用して3日になります。


血栓症というのは吸っている最中に血が詰まるのですか??

それとも後々になって症状がでるのですか??

吸ってしまった今、どうしていいかわかりません。。。

どなたかご存知のかた、教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

 年齢と1日のたばこの本数はいかがですか?

 血栓症とは
血管内で血液が塊(かたまり)を作って、血管を塞(ふさ)ぎ、それより先に血液の流れが少なくなるか、なくなることによって、それから先の壊死(えし、組織が死亡し、機能がなくなる、例えば心筋梗塞や脳梗塞など)や炎症などがおこおります。

さらに血栓がはがれて別の血管へ流れていき血管を塞ぐことを血栓塞栓症(けっせんそくせんしょう)といいます。

 
 たばこの成分のニコチンにより血行が悪くなり血のかたまりができやすくなります。
血栓はタバコを吸って、1度にできてつまるようなものではありません。
血行が悪くなったところに最初、目に見えないほどの小さい塊ができてそれがだんだん大きくなっていき、ある日突然症状が出ます。

 詰まったのが足の血管であれば深部静脈瘤、目の血管であれば失明につながることも考えられます。
心臓なら心筋梗塞、脳ならば脳梗塞、肺に飛んでエコノミー症候群の原因になることもあります。


* ピルを服用していて次のようなことがあれば中止しましょう。
足のふくらはぎが痛いかむくむ
手足のしびれ
胸が痛い
など
* 他にも心配なときは担当医に良く相談しましょう


リンク切れになるとこまるので
参考URLより以下引用


1998年WHO(世界保健機関)の調査結果によると、
ピルと心筋梗塞:ピル服用中の高血圧症のある女性では、高血圧症のない女性と比較して少なくとも3倍のリスクがあり、大量喫煙者ではピル服用によりリスクの上昇が10倍に達する可能性がある。
ピルと脳梗塞:喫煙女性では非喫煙女性の1.5~2倍のリスクであるのに対し、ピル服用中の喫煙女性では2~3倍のリスクとなる。
ピルと脳出血:喫煙女性では非喫煙女性の2倍以下のリスクであるのに対し、ピル服用中の喫煙女性では約3倍のリスクとなる。

と報告されており、さらに、静脈系血栓症では加齢・肥満・最近の手術・血栓性素因が、動脈系血栓症では喫煙・高血圧・糖尿病・加齢が、それぞれ主な危険因子であると報告されました。そのため、ピルの服用には次のような規制が設けられています。≪WHO医学適用基準(2004年版)より≫
35 歳以上で1日15本以上の喫煙者:服用してはいけない
35 歳以上で1日15本未満の喫煙者:他に適当な方法がない場合を除き、通常は使用を推奨できない
35歳未満の喫煙者:一般に使用できる

日本産科婦人科学会のガイドラインも、この基準に準拠しています。


これらを総合的に考えると、喫煙しながらのピル服用は決して好ましいこととは言えません。あなたの年齢と喫煙本数が、ピルの服用を制限する範囲に含まれていないとしても…。また、医師に喫煙を隠していることも問題です。
あなたが抱えているリスクを医師が知らなかったために生じる不利益を被るのはあなた自身なのだから。将来起こるかもしれないリスク。まだ若いあなたはそのような問題は考えにくいかもしれません。しかし、起こりうるリスクを軽視しないでほしい。これは、薬剤師からのお願いです。

参考URL:http://www.okajima-pharmacy.co.jp/remedy/healthcare/health16.htm

 年齢と1日のたばこの本数はいかがですか?

 血栓症とは
血管内で血液が塊(かたまり)を作って、血管を塞(ふさ)ぎ、それより先に血液の流れが少なくなるか、なくなることによって、それから先の壊死(えし、組織が死亡し、機能がなくなる、例えば心筋梗塞や脳梗塞など)や炎症などがおこおります。

さらに血栓がはがれて別の血管へ流れていき血管を塞ぐことを血栓塞栓症(けっせんそくせんしょう)といいます。

 
 たばこの成分のニコチンにより血行が悪くなり血のかたまりができやすくなります。
血栓...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報