糖分析でHPLCを使用する際の試料として、糖を1~6量体までをしようしたのですが、その何量体というのが何かわかりません。お分かりになる方、ご指導お願いします。また、部分脱アセチル化キチンのリゾチームによる加水分解についても、お分かりになる範囲でよろしいので、お願いします。

A 回答 (3件)

rei00さんの回答がありますので、オリゴ糖に関してはわかると思います。



「部分脱アセチル化キチン」ではありませんが、「N-アセチルキトオリゴ糖」に関して以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「生化学工業:N-アセチルキトオリゴ糖ミクスチャー」
最近は知りませんが、数年前は資料カタログがあり、構造式も記載されていました。問い合わせては如何でしょうか?
http://www.seikagaku-hit.com/cgi-bin/search/deta …
(キトオリゴ糖ミクスチャー)
http://www.seikagaku-hit.com/cgi-bin/search/deta …
(キトサンオリゴ糖ミクスチャー)

ご参考まで。

参考URL:http://www.seikagaku-hit.com/cgi-bin/search/deta …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。なかなか質問の内容が分からなかったと思いますが、適当な答えを頂き、助かりました。

お礼日時:2001/10/09 12:53

 回答というより蛇足です。


 オリゴ糖の「オリゴ」は、「オリゴマー」より由来しています。ポリマー(高分子)という言葉をご存知だと思いますが、これはモノマー(単量体)が、何百個とつながったものです。これに対し「オリゴマー」というのは、モノマーが、数個程度結合した物を指します。この観点からいくと、単糖または1量体を「オリゴ糖」と呼ぶのはおかしいと思います。
 以上、蛇足でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速返事いただいて、ありがとうございます。確かに質問自体がおかしいと思いました。1量体は、単糖の事だから「オリゴ糖の1量体」と聞くのは変ですね。的確なご指摘、勉強になりました。

お礼日時:2001/10/09 12:33

> その何量体というのが何かわかりません



 まづ,オリゴ糖が何かはおわかりでしょうか。単糖(1量体)が何個かつながったものです。このつながっている単糖の数が○個の場合,そのオリゴ糖を○量体と言います。


> 部分脱アセチル化キチンのリゾチームによる加水分解
> についても、

 「キチン」はN-アセチルグルコサミンがβ-1,4 結合でつながった多糖で,節足動物,軟体動物,外肛動物,菌類の主要な構造多糖です。

 「リゾチ-ム」はN-アセチルムラミン酸やN-アセチルグルコサミンのβ-1,4 結合を加水分解する酵素です。

 お書きの場合は,グルコサミンの1~6量体の混合物を得るために,部分脱アセチル化した後,脱アセチル化されていないN-アセチルグルコサミン間のβ-1,4 結合をリゾチ-ムで加水分解したと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早くから回答いただきまして、ありがとうございます。キチンは、節足動物の構造多糖というのは知っていたのですが、軟体動物、外肛動物、菌類にも使われていたのは、知りませんでした。

お礼日時:2001/10/09 13:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイソイアネートの2量体、3量体

ジイソイアネートもしくはモノイソシアネートで2量体や3量体と呼ばれているものがありますか?イソシアネート基どうしが反応して結合しますか?

Aベストアンサー

イソシアネートは、一般には、アダクト型またはビュウレット型にして、2量体以上にして使われています。目的は単量体だとある程度蒸気圧を持ち揮発するため、吸い込む危険があるからです。分子量を上げて蒸気圧を低くする。

構造は、
http://www.dic.co.jp/rd/tech/rep0305/index.html
のScheme 1を見て下さい。

Q2糖などにおけるα体やD体 存在する?

単糖、例えばグルコースやフルクトースなどでは
α体、β体
D体、L体が存在するため
α-D-グルコースなどのような名前になりますよね


一方、2糖や多糖なのですが
マルトース、スクロース、ラクトースなどには
名前にα、β、D、Lがつきませんよね?
これはなぜですか?
これらの糖にはα体、β体、D体、L体が存在しないのでしょうか?

Aベストアンサー

ちょろっと 2-Carb を見てみましたが, マルトースには α/β を付けることができます. 例えば, 2-Carb では
β-maltose = α-D-Glucopyranosyl-(1→4)-β-D-glucopyranose = α-D-Glcp-(1→4)-β-D-Glcp
という例があります. もちろん α-maltose はどちらのグルコースも α になってます (ご丁寧に「β-D-maltose ではない」とも書いてある).

一方スクロースでは
sucrose = β-D-Fructofuranosyl α-D-glucopyranoside = β-D-Fruf-(2⇔1)-α-D-Glcp
(本当は「2⇔1」の矢印の横棒は 1本) となります. スクロースでは Glc, Fru とも還元性の部分で結合するので, この部分の α/β は自動で決まってしまいます.

なので,
・慣用名に D-/L- は付けない
・α/β はフリーな還元端に応じて (必要なら) 付ける
という認識でいいんじゃないでしょうか.

参考URL:http://www.chem.qmul.ac.uk/iupac/2carb/

ちょろっと 2-Carb を見てみましたが, マルトースには α/β を付けることができます. 例えば, 2-Carb では
β-maltose = α-D-Glucopyranosyl-(1→4)-β-D-glucopyranose = α-D-Glcp-(1→4)-β-D-Glcp
という例があります. もちろん α-maltose はどちらのグルコースも α になってます (ご丁寧に「β-D-maltose ではない」とも書いてある).

一方スクロースでは
sucrose = β-D-Fructofuranosyl α-D-glucopyranoside = β-D-Fruf-(2⇔1)-α-D-Glcp
(本当は「2⇔1」の矢印の横棒は 1本) となります. スクロースでは Glc, Fru とも...続きを読む

QHPLCによる糖の定量について

HPLCで中性糖を分離定量したいと思ってます。
現在、検出器は示差屈折検出計があるので、それを使いたいのですが、その場合、カラムはどのような種類が一番あっているのでしょうか?また、HPLCで測定するに際し、何か特別なサンプルの前処理が必要なのでしょうか?
 何かご存知の方がいればよろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

カラムのメーカーのHPでいろいろ紹介されていますので、参考にしてみてはいかがですか?
思い浮かんだところでShodexのURLをのせておきます。

参考URL:http://www.sdk.co.jp/shodex/japanese/preface.htm

QHPLCによるクロロフィル含有量分析

HPLCによるクロロフィル含有量分析
今度、藻類のクロロフィルの含有量を調べる実験を計画しています。
文献検索をして、アセトンで抽出して分光光度計で測定する方法を見ました。
HPLCでクロロフィル量を測定することは可能でしょうか??

Aベストアンサー

クロロフィルといっても,一種類って訳じゃないし,HPLC 使えるんならそれにこしたことはないでしょう.
いろんな方法が文献で見つかると思うけど,たとえばシリカ順相カラムに溶離液はヘキサンに若干メタノールを加えた系で,アイソクラティックに,クロロフィル類の相互分離と,他の共存する色素等からの分離がきれいにできている文献があります.
いずれにしても抽出が必要ですが,破砕処理と,そのあとの有機溶媒による抽出のときに変性がおこりやすいので注意が必要.いろんな試料で熱メタノール抽出とかはよく使われているようですが,変性という点では論外らしい.葉っぱとかは,無水リン酸水素ナトリウムといっしょに冷クロロホルムですりつぶしながら抽出するといいという話を聞いたことがあります.冷ってのも,冷凍庫でがんがんに冷やしておくんだそうで.藻類だと凍結乾燥品ですか?あるいはそのままでも単にメタノールとかアセトンとかで抽出できるのかもしれませんが.

その他参考
http://sunlight.k.u-tokyo.ac.jp/proto/chlorophyll.html

クロロフィルといっても,一種類って訳じゃないし,HPLC 使えるんならそれにこしたことはないでしょう.
いろんな方法が文献で見つかると思うけど,たとえばシリカ順相カラムに溶離液はヘキサンに若干メタノールを加えた系で,アイソクラティックに,クロロフィル類の相互分離と,他の共存する色素等からの分離がきれいにできている文献があります.
いずれにしても抽出が必要ですが,破砕処理と,そのあとの有機溶媒による抽出のときに変性がおこりやすいので注意が必要.いろんな試料で熱メタノール抽出とかは...続きを読む

Q蛍光分光光度計の最小試料量について・・・。

分光蛍光光度計の最小試料量について質問です。
私が使っているものは、日本分光のFP6200です。
その仕様に、「最少試料量0.6mL 10mm角型セル使用時」と書いてあったのですが、標準の10mm四面透過の石英セルで、1mlの溶液を用いて測定しようとしたところ、測定できなかったので、仕方なく、3mlに希釈して測定しました…。
説明書なども読んだのですが、どうもよく分かりません。
最少試料量というのは、この場合「0.6mlの溶液があれば、測定可能である」ということではないのでしょうか?
それとも、標準のセルではなく、少量で測定するためのセルがある、または、10mmセルを用いた少量試料のための測定方法があったりするのでしょうか?

分かりにくくて申し訳ありません。
どなたか、分かりましたら教えてください。

Aベストアンサー

No.1回答者です。

>お手数ですが、もしよろしければ、上記サイズのセルで、少量で測定可能なセルを販売されている会社やカタログなどご存知でしたら教えていただけると助かります。

GLサイエンス
http://www.gls.co.jp/product/catalog/16/index.html
の969-1から971-3までをご覧下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報