人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

3ヶ月前に心療内科で血液検査をした時、TSHの値が9.38で少し高いと言われました。ちなみにT3というのが128でT4が5.9です。その病院は一時の不眠のために行った所で今は行ってませんが、値が気になっています。この値はどうなのでしょうか?もし検査してみた方がいいのであれば、何科に行くべきでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは



すでに調べていらっしゃるとは思いますが・・・

TSH(甲状腺刺激ホルモン)は脳下垂体から出て、甲状腺ホルモンを出す役割をするホルモンです。
検査試薬による違いは多少ありますが大体、0.5~5.0μU/mlが正常範囲かと思います

T3(トリヨードサイロニン)とT4(サイロキシン)はどちらもも甲状腺から出る甲状腺ホルモンで、これも検査試薬により若干異なりますが、大体正常値はそれぞれ80~180ng/dl, 5.0~12.5μg/dlくらいだと思います。

white1001さんの検査結果をこの基準値にあてはめると、T3、T4とも正常範囲でTSHがやや高めということになります。
ということは下垂体が少しがんばってTSHを出さないと甲状腺ホルモンの量が正常値を保てないのかもしれません。つまり、甲状腺自身のホルモンを作る作用が少し低下気味だという可能性があると思います(甲状腺機能低下症の傾向)。

今回出された数値ではT3、T4が正常値をとっていますので、急にどうこういうことはないと思いますが、徐々にもう少し値が下がってくる可能性もあるので、やっぱり一度、内科(内分泌内科/甲状腺外来)に行って再検査しておくほうがいいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。再度血液検査をしたのですが、やはり値が少し高かったので甲状腺専門の病院を紹介されました。

お礼日時:2005/06/25 23:19

T3,T4というのは甲状腺ホルモンの事です。


普通はF-T3,F-T4の方を測るのですが、、、。
甲状腺機能低下症ではT3.T4といった甲状腺ホルモンの値が下がって、逆にTSHの値は上がります。
甲状腺機能低下症で、TSHが10以上くらいだと治療をする場合が多いです。
そこまでは高くないので、様子を見るという事だと思います。
診て貰うなら、普通の内科か甲状腺専門外来、内分泌内科になると思います。
    • good
    • 0

TSH,T4,T3は甲状腺に関与するホルモンです。


甲状腺は首のところにあって、ホルモンを調節している臓器です。
正常値がいくらなのかわかりませんが、ストレスなどでホルモンバランスがくずれるようです。
甲状腺専門のクリニックもあったりしますが、総合病院で症状を話せば恐らく内分泌科でみてもらえるのではないでしょうか?

この回答への補足

基準値はTSHが0.54~4.54でT3が90~170、T4が6.3~12.4です。それと関係ないかもしれませんが、TTTと言う値が基準値4.0以下とありますが私は7.7と少し高いのも気になります。

補足日時:2005/06/22 11:42
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するQ&A

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホルモン値が正常値の橋本病について

ホルモン値が正常値の橋本病について

以前から体調が悪く、甲状腺機能低下症の症状といわれる症状がたくさん出ていたので
病院で検査をして、橋本病ということがわかりました。
T3、T4、TSHは正常値でサイログロブリン抗体のみが高かったのですが
ホルモン値が正常のため治療の必要はないと言われました。
症状も伝えましたが、経過観察のみで投薬はしないとのことです。

現在出ている症状は
肩こり(背中を含み全体的に強い筋肉痛のような症状)
寒がりになりました
運動してもなかなか汗が出てこない
髪がすごく抜けるようになりました
眉も薄くなってきました
耳鳴り(夜寝ようとすると特にひどくずっと音がしている)
めまい(たまにメニエールのような症状、最近は歩くとフラフラします)
体温が低い
筋力が低下
筋肉がつる(足や足の裏、首のすじが頻繁につります)
月経不順
極度の疲労(少し遠出をした翌日は疲れて動けず、1日中横になっています)
思考速度が落ちる、物忘れ(簡単な計算がすぐできなくなった、また覚えることができない)
いつも眠い(睡眠時間は十分にとっていますが、急に意識を失うような眠気が出る)
また、体重の増加もあります(1週間で5kgほど増えました)

特に辛いのは、肩こりと体重の増加です。
肩こりについては以前から普通の肩こりと思って治療や指導を受けて色々しましたが
(整形外科での投薬、週2、3日スポーツクラブで有酸素運動1時間、筋トレ1時間弱)
まったく改善されていません。
体重の増加については、体調が悪くなる前から8kgほど増えています。
また体脂肪の増加がひどく、28%→39%になりました。
1日の総摂取カロリーは1200cal以下(外食した時でも1500は超えないようにしています)

このように症状が出ていても、ホルモン値が正常ですと治療はしてもらえないのでしょうか。
同じ病気の方やご存知の方がおられましたら、お教え下さい。
大阪在住なのですが、治療や相談に乗って下さる病院をご存知でしたら
お教えいただけないでしょうか。
よろしくお願い致します。

ホルモン値が正常値の橋本病について

以前から体調が悪く、甲状腺機能低下症の症状といわれる症状がたくさん出ていたので
病院で検査をして、橋本病ということがわかりました。
T3、T4、TSHは正常値でサイログロブリン抗体のみが高かったのですが
ホルモン値が正常のため治療の必要はないと言われました。
症状も伝えましたが、経過観察のみで投薬はしないとのことです。

現在出ている症状は
肩こり(背中を含み全体的に強い筋肉痛のような症状)
寒がりになりました
運動してもなかなか汗が出てこない
髪がすご...続きを読む

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。

そこまで専門的に診断されているのなら
広角的に診てもらえる病院(医師)に変えるのも1つの方法かも知れませんね。
私は幸いにも掛り付けで取りあえず治る事が出来ましたが、
亢進症も時間はかかる方もいるようですから幸運だったんですね。

私も亢進症が酷くなり通勤も出来なくなり仕事を辞めました。
辞めた時は病名が分からず人との接触にイライラし、
精神的に参ってしまい根負けした感じです。
(御堂筋線で通っていたので人の多さイライラさには限界でした。笑)

私が亢進症が出る前の蕁麻疹からの付き合いのクリニックです。http://health.yahoo.co.jp/hospital/detail/599442/
メニエールなど他の病気で色んな医師を見て来ましたが、
医師らしくない先生で(自分でも言っている)人間らしい先生です。
殆どの医師は病気だけを見て人間を見ようとは余りしませんから。(←私の独断ですが)
私の顔見れば(最近行く事は少なくなったので)「クッキー作って来たか~?」と催促するお気楽な面白い先生です。(笑)
漢方もやってますし広角的に(多分ですよ…)診察してくれると思います。

橋本病が1番の原因かも知れませんが、
他の原因も絡んで今の症状なのかも知れません。
病気って5年前10年前の不摂生(体を労わらない)が今出て来てるんですよね、
のんびり体を休ませるのが1番な時かも知れませんね。
私もメニエールの時はもがきましたよ、どうにかして治せないものか!って。
死ぬ1歩手前まで追い詰められるほど辛かったですから。
でも結局は病気と仲良くするしかないんですよね、(辛い今こんな事言ってはいけないかも知れませんが)
自分の体ですから。
そう考えなおすと精神的に楽になり休んだせいもあってかメニエールもひとまず治まってる感じです。
余計な事を書きましたが要はのんびりする事も大事って事なんですよ、
がむしゃらに動いたってダメかも知れないし「日にち薬」って言葉もありますからね。
私は橋本病ではないですし今の症状の辛さは実感は湧きません、
でもどんな病気でも辛いのは痛いくらい分かります。
良い治療法良い病院が見つかる事良くなる事祈ってます。

お礼ありがとうございます。

そこまで専門的に診断されているのなら
広角的に診てもらえる病院(医師)に変えるのも1つの方法かも知れませんね。
私は幸いにも掛り付けで取りあえず治る事が出来ましたが、
亢進症も時間はかかる方もいるようですから幸運だったんですね。

私も亢進症が酷くなり通勤も出来なくなり仕事を辞めました。
辞めた時は病名が分からず人との接触にイライラし、
精神的に参ってしまい根負けした感じです。
(御堂筋線で通っていたので人の多さイライラさには限界でした。笑)

私が亢進症が...続きを読む

Q血液検査で甲状腺刺激ホルモンの数値が大きいとは?

今までの血液検査では測定しておらなかったのですが今回、歳も歳ですので
細かく検査してもらったら、甲状腺刺激ホルモンの数値が9.10とありました。
正常値は0.35~3.73程度らしいです。
担当の医者に「この数値は異常に高いのか、少し高い程度なのでしょうか?」
って聞いたら、いや~今までに一番高い人で1000の人もいたかな。
でも少し高いのでもう少し精密な検査が必要だと言われ、再採血されました。
担当医の説明によると、このホルモンの数値が高いと言うというのは、体の
元気を保つ成分が足りないから、脳はそれを検知して足りない分、
このホルモンを余分に出すようにしているので、この数値が大きいのは
決して良いと言うのではない。このまま放置すると、コレステロールがもっと
高くなって、血管が詰まったり、元気がなくなる症状になるおそれがあるとのこと。
世間でよく聞くバセドウ病とは真逆の橋本病?の恐れもあるとか。
私はもともとコレストールは若い時から高めで、現在も総コレステロールは290、
悪玉コレステロールは190と高いのは高いです。
原因はこのホルモンの分泌が多いからでしょうか?
どういった治療があるか、生活でどういう注意が必要か。
専門の先生の方にアドバイスをお願いします。

今までの血液検査では測定しておらなかったのですが今回、歳も歳ですので
細かく検査してもらったら、甲状腺刺激ホルモンの数値が9.10とありました。
正常値は0.35~3.73程度らしいです。
担当の医者に「この数値は異常に高いのか、少し高い程度なのでしょうか?」
って聞いたら、いや~今までに一番高い人で1000の人もいたかな。
でも少し高いのでもう少し精密な検査が必要だと言われ、再採血されました。
担当医の説明によると、このホルモンの数値が高いと言うというのは、体の
元気を保つ成分が足...続きを読む

Aベストアンサー

脳が甲状腺ホルモンが不足していると感じた時に、甲状腺刺激ホルモンを多く分泌して甲状腺にもっと甲状腺ホルモンをだせ!!と命令します。
よって、甲状腺刺激ホルモンは脳が甲状腺ホルモンが不足していると感じている時に多く分泌されます。
したがって、甲状腺刺激ホルモンの高値は通常は甲状腺ホルモンの低下を意味します。

甲状腺ホルモンが少ない病態を甲状腺機能低下症と呼び、コレステロールが多くなったり便秘になったりします。

ただ、甲状腺刺激ホルモンは高値だが、甲状腺ホルモンの値自体は正常範囲内という人は少なからずいます。
こういう人は潜在性甲状腺機能低下症と呼び、治療開始するかは微妙なものがあります。

質問者の甲状腺ホルモンの値がどうなのか記載がないので、判断のしようもないですが、担当医によく話を聞いて理解するようにしてください。

Q甲状腺機能低下症の主な原因はストレスですか?

甲状腺機能低下症(橋本病)が進行している人がいてます。親も同じ病気なので、遺伝ですが。
30代で病気になる人は多いのでしょうか?
ストレスが原因で、発病するのでしょうか?
詳しい方、教えていただけませんか。

Aベストアンサー

◎甲状腺という臓器からは、「甲状腺ホルモン」というホルモンが出ます。このホルモンの作用は、分かりやすく例えれば、「車のアクセルを踏み込むようなもの」と言えます。従って、甲状腺ホルモンが出ると、細胞ひとつひとつのエンジン(代謝経路)がフル回転して、酸素消費量、カロリーの消費量などがアップします。

◎ですから、甲状腺機能低下症というのは、アクセルが踏み込めないという状態になりますので、エネルギー消費が減速してしまい、熱が上がらない(低体温で寒がりになる)、頭が働かない(無気力になったり、記憶力が落ちる)、心臓ものんびり(脈が遅くなったり、代謝が滞って本来使われるべきガソリン(ムコ多糖類)が溜まってしまう)、消化管が動かない(便秘、お腹がはる)、エネルギーが使われないので体重が増加、などの症状が出てくることになります。

◎橋本病というのは、こういった甲状腺機能低下の起こっている原因が、慢性的に甲状腺に炎症がおこっている状態を言います。この病気は、20~50歳代に発症することが多く、男女比は1:20と圧倒的に女性に偏っています。yasai-saradaさんのご友人の方のように、家族性に起こることが知られており、何らかの遺伝的要因があると考えられています。

◎なぜ慢性的に甲状腺の炎症が起きてしまうのか、というと、甲状腺を敵と勘違いしたリンパ球が甲状腺に総攻撃をかけて暴れ回っている、と考えてください。これを医学的には「自己免疫性疾患」と言います。

◎自分を守るためにある免疫系統が故障して起こるのがこの病気の本体です。ですから、攻撃で壊されてしまった甲状腺ホルモンを補ってやることが治療の主体となります。

◎ストレスが原因となるか、ということですが、原因とはならない、とは言い切れませんが、原因になる、とも言えません。なぜ免疫系統が故障してしまうのか、よく分かっていない、ということです。ただ、先にも申しましたように、甲状腺機能低下症ではアクセルが踏み込めない=身体の馬力が落ちているということになりますので、周りの人がそのことを理解してあげないと、それが患者さんにとってのストレスになり、なかなかよくならない、ということはあり得るかと思います。


以上の説明で理解できますでしょうか?

◎甲状腺という臓器からは、「甲状腺ホルモン」というホルモンが出ます。このホルモンの作用は、分かりやすく例えれば、「車のアクセルを踏み込むようなもの」と言えます。従って、甲状腺ホルモンが出ると、細胞ひとつひとつのエンジン(代謝経路)がフル回転して、酸素消費量、カロリーの消費量などがアップします。

◎ですから、甲状腺機能低下症というのは、アクセルが踏み込めないという状態になりますので、エネルギー消費が減速してしまい、熱が上がらない(低体温で寒がりになる)、頭が働かない(無気力...続きを読む


人気Q&Aランキング