斉藤茂吉の歌集について、以下の短歌が掲載されている歌集の題名と、ページ数をしりたいので、よろしく御願いいたします。
「うつせみは 願いを持てばあわれなりけり 田沢の湖に伝説ひとつ」

A 回答 (1件)

ちくま書房の「現代日本文学大系38 斉藤茂吉」によると、この歌は、茂吉の第16歌集である「白き山」(昭和24.4.岩波書店より発行)の昭和21年6月18日の「田沢湖」に掲載されていました。


参考にしてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q俳句の意味

伊藤園のお茶のパッケージに俳句が載っているのを見て、意味がわからないものがありました。

「待春(たいしゅん)の真四角でない豆腐」

という俳句です。
北海道の66歳女性が投稿したもののようです。
豆腐は「とうふ」とは読みませんよね?
どう読むのかと、この俳句の意味を回答お願いします。

Aベストアンサー

俳句の妙味を味わうには、二章一句、ニ物衝撃を理解するといいでしょう。

★二章一句で二物を衝撃させる句
1つの句の中で、2つの別々のイメージをぶつけ、その微妙な(つかず離れずといいます)関係を味わうというのがあります。2つのイメージが相乗効果を発揮し、絶妙な味わいが生まれたりします。

花の雲鐘は上野か浅草か (松尾芭蕉)
桜が咲く時期の曇り空。これが1つの章。鐘の音が聞こえる。これがもう1つの章。その鐘は上野か浅草か。ボーンという金の響きと、花の雲のどんよりとした感じが、えも言えぬ世界を描き出しています。

菜の花や月は東に日は西に (与謝野蕪村)
菜の花が咲いている。これが1章。そして空の光景。これが2章。菜の花という地上の眼前の景。そして、月が東、太陽が西(ということは夕日)。広大な空の景。それがぶつかり合って、衝突していますね。

これと同じように、
待春(たいしゅん)のーーー1つの章
真四角でない豆腐ーーー別の章
この2章が衝突している、しかも呼応しているーー
これでわかりますか? 春を待つ気分ーーそれとみずみずしい、しかも角のないような(丸いとまでは言っていませんが)豆腐ーーこの2つが衝突していますね。

以上、補足説明でした。

俳句の妙味を味わうには、二章一句、ニ物衝撃を理解するといいでしょう。

★二章一句で二物を衝撃させる句
1つの句の中で、2つの別々のイメージをぶつけ、その微妙な(つかず離れずといいます)関係を味わうというのがあります。2つのイメージが相乗効果を発揮し、絶妙な味わいが生まれたりします。

花の雲鐘は上野か浅草か (松尾芭蕉)
桜が咲く時期の曇り空。これが1つの章。鐘の音が聞こえる。これがもう1つの章。その鐘は上野か浅草か。ボーンという金の響きと、花の雲のどんよりとした感じが、えも言...続きを読む

Q斉藤茂吉の短歌「のど赤き 玄鳥ふたつ」について

ちょっと分からないところがあります。

どうしてここのツバメの喉は赤いですか。
丹頂鶴と似ていて、頸の羽毛は赤いですか。それども、ツバメは口を大きく開いて、赤い喉が見えるのですか。
もし後者になったら、ツバメは餌を待っている雛鳥ですか。それども、ただ叫んでいて、まるで詩人の母の死ために泣いているようですか。

詩人はどうしてのど赤きのツバメを書いたのでしょうかな。

Aベストアンサー

http://tubamenoseitai.com/

を見て下さい。ツバメの喉はひな鳥でなくても赤いのですよ。赤は命の色。だからこの歌は感動的なのでしょうか。


墨染めの取り乱したる畦道に彼岸花咲き君死にたまうなり

Q俳句、短歌の季語について

俳句、短歌の新人賞に応募しようと思うのですが、作品中に季語が使われていない句もいくつか、含まれているのですが、その場合はどうなるのでしょうか。
俳句、短歌には必ず季語を入れねばならないのでしょうか。
また、季語を手っ取り早く調べる方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

塾の国語の教師をしております。

新人賞に募集しようとしている方にチャチャを入れるのは気が引けるのですが……。

季語についてですが、
季語を原則入れなければならないのは「俳句」だけだということをご存知ですか?
短歌には季語は入れなければならないという原則はありません。
もちろん入っていたら×ということもないですけれど。

つまり、同じ「恋」を詠むにしても、
俳句だと季語との兼ね合いを考えて内容を考えなければなりませんが(恋の始まり=「芽吹く」「山笑う」など)、
短歌では季語との兼ね合いを考えなくても良いということです。ぶっちゃけキチンと体裁が整っていれば、今の気持ちを素直に詠んでもOKということになります。

現在かなりの「短歌入門」「俳句入門」などの本が売られていますので、
「歳時記」も持っていないのであれば、
一緒に購入されてみてはいかがでしょうか?

Q斉藤茂吉の短歌について

いま、学校の課題学習で、斉藤茂吉の
「かがやける ひとすぢの道 遥けくて
 かうかうと風は 吹きゆきにけり」
の歌について調べています。
そこで、この短歌の意味の解釈を日本近代文学大系
、現代日本文学大系の2つの本で調べたのですが、
どうしても意味がわかりません。
どなたか意味を知っていたら、教えていただけないでしょうか。宜しくお願いします。
あと、「かがやける ひとすぢの道 遥けくて
 かうかうと風は 吹きゆきにけり」の歌は、
どの歌集に掲載されているのでしょうか?
また、茂吉が何歳の時に書いた詩なのでしょうか?
重ねて、知っている方は、教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 
別のページで調べると、以下のように、「あらたま」は第二歌集で、大正10年(1922)年刊行になるようです。誕生年が1882年ですから、単純には、40歳か、それ以前の作品ということになります。

>斎藤茂吉 (一八八二~一九五三)
>山形生まれ。医師。明治38年頃に作歌を始め、……大正2年(1913)、歌集『赤光』……、10年に第二歌集『あらたま』を発表。

なお、「かうかう」というのは、「皎々」か「皓々」で、皎々だとは思いますが、これは別に古語ではなく、現在でも使います。「皎々と月の光が照る」などです。古典仮名遣いで記されているので古語という訳ではないのです。

>http://www.manabi.pref.fukui.jp/yoka/03/01/06/3-1-6-1.html
 

Qプレバト俳句の夏井先生

プレバト俳句の夏井先生の添削にはいつも感心しますが夏井先生の実力は俳句界でどの位置なんでしょうか?
悪趣味な質問ですみません。

Aベストアンサー

俳句のはの字も 知らない凡人のわたくし ですが、
思うに トップ・クラスではないでしょうか。

Q斉藤茂吉の短歌の意味が、わからず困っています

斉藤茂吉の短歌、『赤光』より死にたまふ母の“灯あかき都をいでてゆく姿かりそめ旅とひと見るらんか”の意味は、母のところへ向かう自分は、他人にはかりそめの旅だと思われていると感じ、それに対し、悲しみとせつなさを覚える。と言うことで、よろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

この場合、他人からどう見えるか問題にするのはおかしいでしょう。

これはもちろん「かりそめの旅ではないこと」を表現した句ですが、
「灯あかき都をいでてゆく姿」と映像を示すことで
「映像と、映像に顕れない事情と、二者の(顕れないという)関係」
の三者を示しています。心情と外観のギャップを示すことで
その状況の哀しさを盛り上げて伝えているのです。
たとえば映画で冒頭に平凡な通勤シーンがあり、
次に事件が起こり、ぬきさしならない状況のまま翌日
冒頭と同類の映像が示されれば、
ギャップによる劇的効果が生まれます。

Q22歳 ♀です。 女性とのお友達の作り方がわからなくなりました。 わたしは小学生の頃から運動神経が

22歳 ♀です。
女性とのお友達の作り方がわからなくなりました。

わたしは小学生の頃から運動神経がよかったり、アウトドアだったりゲームやアニメも好きだったので、男の子と遊ぶ割合が多かったです。

中学生の頃は男子と遊びつつ、女の子の仲良しメンバーで楽しく遊んでました。
ですがこの中学生時代で転機が来ます。
当時バレーボール部でしたが、同じ部活の子を中心に仲間はずれというイジメにあってしまいました。
運動部なので学年の中でイケてる女子が集まるグループに所属しており、そのイケてる女子たちに仲間はずれにされ、わたしはそれから今まで仲間だった女の子全員と縁を切り、一人でスタートしました。
それからアニメが好きな女の子たちや、原宿系文化が好きな女の子たちに受け入れてもらい、仲良くなり、無事に中学を卒業しました。

ですがイケてる(気が強い)女子たちに仲間はずれにされたことで、わたしはイケてる女子が苦手になってしまいました。
というより怖いのです。

高校はわたしの性格から、工業高校に行くことにし、男子3:女子1の割合のクラスになりました。
おかげで男子に囲まれていたので割と気楽に過ごせました。
ですが中学のトラウマがあり、イケてる女子と仲良くできず、クラスの女子、半数以上から嫌われていました。(女子と上手いことやらずに放置して男子とばかり仲良くしていたから。)
一人親友ができたのでその子と常に一緒にいて、女子の派閥から独立していたので、女子に嫌われつつも平和に過ごせました。

ですが結果的に言うと、高校生の頃に女子のマウンティングや派閥から独立していたため、社会に出たあと、女性との関わり方が全くわからなくなってしまったのです。

そしてキャピキャピすることが苦手で、女性なら当たり前にやっているSNS(Facebookやインスタグラム)もやっておらず、やる意味も理解できず、女性との協調性が全くないのです。

こういう性格なもので、社会人になってからは女性のお友達がまともに出来たことがありません。
そしてできる気配がないのです。

中学のトラウマである嫌われるのが怖いという思いと、みんなの当たり前(SNS)が理解できないという点で、お友達が作れません。

こういう私でもお友達って作れるのでしょうか。

嫌われるのが怖い というトラウマは治そうと努力してきましたが、なかなか克服できていません。わたしにとって大きな問題です。(素の自分を出すのが怖く、自動的に猫をかぶってしまいます。)

SNSをやっていないと今どきの同世代の女性とは意見や生き方が合いません。
これも大きな問題だと思います。

この2つを治したり改善したりするのは、簡単にはいきません。。


結局なにが聞きたいかと言いますと、通常お友達ができる流れや、作り方、あとわたしみたいなSNSをやってない方で周りの女性とうまく付き合えてるかを知りたいです。


よければご意見ください。
よろしくお願いします。


ちなみに高校卒業してからは自動車会社に就職したので、同じく男性に囲まれて気楽にやっていました。ですがたまに関わる女性などと上手くコミュニケーションがとれませんでした。

現在は会社を辞めて、結婚するために彼と同棲し花嫁修業をしてます。

今後、子供が産まれたりしたら子供のためにもママ友と上手くやっていかなければいけないと思っているので、不安なのです。

こんな残念なわたしですが、アドバイスありましたらよろしくお願いします。m(_ _)m

22歳 ♀です。
女性とのお友達の作り方がわからなくなりました。

わたしは小学生の頃から運動神経がよかったり、アウトドアだったりゲームやアニメも好きだったので、男の子と遊ぶ割合が多かったです。

中学生の頃は男子と遊びつつ、女の子の仲良しメンバーで楽しく遊んでました。
ですがこの中学生時代で転機が来ます。
当時バレーボール部でしたが、同じ部活の子を中心に仲間はずれというイジメにあってしまいました。
運動部なので学年の中でイケてる女子が集まるグループに所属しており、そのイケてる女子た...続きを読む

Aベストアンサー

くろりんぽん様、おはようございます

いきなり結論から入りますが、今後の方針として
①ママ友など、女性の付き合いを上手にしたい
②自分は女性との付き合いは上手でないと割り切り、最低限にしぼる。
という2通りがあると思います。

私は、どっちもあると思うのですよ。
どちらにしても、目的は、「生きにくさを改善して生きやすくすること」です。
目的は同じで手段が違うだけ。

そして、①は自分を変えていくという考え方。自分を変えることで行きやすくする。
②は、自分は変えないが、日常を工夫することで生きやすくする方法。
ただ、②の場合、ママ友とかとはあまり付き合わない、ってことで、それでいいの?
という疑問がわきますが。非常識と思われないか?とかですね。
職場で孤立して、孤立はいいとして、周りから変人と思われないか?とか。

なので、くろりんぽん様は①しかない、と考えられていると思いますが。
私は②をお勧めしますよ。

自分は女性とのコミュニケーションは苦手なんだから、と割り切る。
付き合いは必要最小限、場合によっては必要でもあえてしない。
当然、そういうことだと、別のどこかに生きにくさは出てきます。
ママ友がいないから情報が入ってこないとかね。
仕事でもなにか支障がでるかもしれない。(今はしてないからいいとして、将来復職したら)

でも、そういうのって、わかっていればカバーできることでしょう。
案外、困らないもの。
強いて言えば、世間の目、常識、自己嫌悪ですよね。
世間から変人に見れられているんじゃなかとか、自分は常識がないのではないかとか。
不通の人ができることすらできないんじゃないかとか。
そういう精神面は問題ありますけどね。
実質的なことではママ友なんてなくても困らないはずですよ。

というわけで。私は割り切って、②を選ぶ方がいいって思います。
そもそも、くろりんぽん様SNSもしたくないって言ってるわけで。
トラウマは自分でどうすることもできないから仕方ないとして、
やろうと思えばできるSNSもやる気ないってことであれば、これはもう、結論は決まってますよ。
①は無理。
やる気のないことを無理やりやってもうまくいかないです。

②に徹して、あとは困りそうな部分は別の工夫でカバー。
世間の目は気にしない。人と違っても自己嫌悪しない。
それで万事オッケー・・・とまではいかないですが、案外大丈夫なものです。

くろりんぽん様、おはようございます

いきなり結論から入りますが、今後の方針として
①ママ友など、女性の付き合いを上手にしたい
②自分は女性との付き合いは上手でないと割り切り、最低限にしぼる。
という2通りがあると思います。

私は、どっちもあると思うのですよ。
どちらにしても、目的は、「生きにくさを改善して生きやすくすること」です。
目的は同じで手段が違うだけ。

そして、①は自分を変えていくという考え方。自分を変えることで行きやすくする。
②は、自分は変えないが、日常を工夫することで生...続きを読む

Q斉藤茂吉の短歌「のど赤き 玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり」について

学校の授業で斉藤茂吉の短歌「のど赤き 玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり」について調べています。この短歌の詳しい解説、または詳しい解説が載っているページを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここ↓はどうでしょうか?

 http://www13.plala.or.jp/hosonag/jukentanka2.htm

参考URL:http://www13.plala.or.jp/hosonag/jukentanka2.htm

Q伊藤園松崎詳しい方

伊藤園松崎に行きますが、夕食は充実していますか?良くなければ、他の伊藤園グループでやっている夕食なしで、宿泊代から1000円引きで宿泊可能ですか?

Aベストアンサー

「伊藤園」ではなく、「伊東園」ですね。

他の伊東園グループに宿泊した感想と、テレビ番組でここのホテル経営の特集をみた限りでの判断ですけど。

「充実」の度合いですが、お子様やしっかりいただくと言う点では、充実です。

特に美味しいものをいただきたい、食事が楽しみの旅行でしたら、イマイチです。
業務用の冷凍食材などを大量に使用している・・・という感じです。
料金なりの内容です。

このグループで、素泊まりプランがあるというのは、知りませんでした。
全室、バイキングや飲み放題付というのが特徴ですから。

Q「斉藤茂吉」の短歌について教えてください

あかあかと一本の道とほりたりたまきはる我が命なりけり

この短歌の意味が知りたいです。どなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

どのあたりが理解しにくいのでしょう。
「たまきはる」の言葉にひっかかりを感じるのでしょうか。
「たまきはる」は辞書で調べると「魂きはる」という枕詞で、このばあい「命」にかかっていきます。
ですからこの枕詞をいったん度外しして読んでいけば、わかりやすくなりませんか。
「あかあかと一本の道」イコール「我が命」であるということになりますね。
この「あかかと」は情熱、苦悩、生命力であっても、後に書きますゴッホの太陽であっても
最初にこの短歌を読んだときの印象でいいのではないかと思います。
というのも読んでいくうちに「あかあか」が「一本の道」と「我が命」のどちらも形容しているように
思えるからです。直接的には「一本の道」に、間接的には「我が命」へと。

このように、分解して読んでいくと、学校の授業のようでなにか味気ない。
もともと短歌の前身である和歌は前節の五七五で事象を(風景など)を詠み、後節の七七で
心象を詠んでいるものが多いです。(のちに前節の五七五が独立して俳諧、俳句へとなっていく訳ですが)
この短歌のばあい前節の「あかあかと一本の道とおりたり」の部分をひとつの風景として考え、
この風景を眺めてるうちに、自分の人生(命)と似通っている、あるいは、こうした人生(命)でありたいとの
願望も秘めて、後節で「たまきはる我が命なりけり」と心の内側を詠んだと考えてはどうでしょうか。

あとは付けたしですが、
最近読んだ、木田 元著「猿飛佐助からハイデガーへ」のなかでこの短歌が偶然紹介されていました。
芥川龍之介が連作評論「僻見」のなかでこの短歌を評論していて、著者がこれを読んで斎藤茂吉に
はまってしまったと書いてあるのですが、ちょっとそこの部分だけ紹介しますと、

ーーーー

斎藤茂吉を教えてもらったのも、芥川の連作評論「僻見」からである。
その冒頭の一編『斎藤茂吉」で芥川は、

あかあかと一本の道とほりたりたまきはる我が命なりけり

かがやけるひとすぢの道遥けくてかうかうと風は吹きゆきにけり

野のなかにかがやきて一本の道は見ゆここに命をおとしかねつも

という連作を引いた上で、こんなふうに言う。

「ゴッホの太陽は幾たびか日本の画家のカンヴァスを照らした。しかし「一本道」の連作ほど、
沈痛なる風景を照らしたことは必ずしも度たびは無かったであろう。」

ーーーー         「猿飛佐助からハイデガーへ」木田 元著 岩波書店


連作の、他の二つの歌を見比べてみても、やはり作者の
同じような生活への心意気が感じられるのではないでしょうか。
参考になれば幸いです。

どのあたりが理解しにくいのでしょう。
「たまきはる」の言葉にひっかかりを感じるのでしょうか。
「たまきはる」は辞書で調べると「魂きはる」という枕詞で、このばあい「命」にかかっていきます。
ですからこの枕詞をいったん度外しして読んでいけば、わかりやすくなりませんか。
「あかあかと一本の道」イコール「我が命」であるということになりますね。
この「あかかと」は情熱、苦悩、生命力であっても、後に書きますゴッホの太陽であっても
最初にこの短歌を読んだときの印象でいいのではないかと思...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報