C言語について質問があります。
平成13年春の基本情報処理技術者試験に出ていた問題なのですが,
このプログラムの流れが分かりません。

void DrawCurve(int sx, int sy, int x1, int y1, int x2, int y2, int ex, int ey, int len){
int p1x, p1y, p2x, p2y, p3x, p3y;
int p4x, p4y, p5x, p5y, p6x, p6y;

/** 途中省略 **/

DrawCurve(sx, sy, p1x, p1y, p4x, p4y, p6x, p6y, len);
/* ↑を(1)と名付けさせて頂きます */
DrawCurve(p6x, p6y, p5x, p5y, p3x, p3y, ex, ey, len);
/* ↑を(2)と名付けさせて頂きます */
return ;
}

(1)の処理に入ったらDrawCurve関数の先頭に行くと思うのですが,
そうすると(2)の処理とreturnは絶対行われない気がするのです。

それとも(1)の後(2)の処理に行くのでしょうか?
再帰を間違って解釈してるのだと思います。
ご存知の方どうか教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>/** 途中省略 **/



のどこかに条件判定文か何かで return してないでしょうか?本当にこのままだとしたらスタックがオーバーフローするので一瞬のうちにプログラムがコケるはずです。

>(1)の処理に入ったらDrawCurve関数の先頭に行くと思うのですが,

分かっていらっしゃったとしたら、お節介かも知れませんが、これは先頭に戻るわけではありません。スタック上に新たな変数エリアや関数戻りアドレスなどが確保され関数が実行されます。だから同じ int p1x という名前の変数でも再入の回数分の複数の実体が存在することになります。

>それとも(1)の後(2)の処理に行くのでしょうか?
>再帰を間違って解釈してるのだと思います。

/** 途中省略 **/ 部分に return がない限り(2)には行かないと思います。

この回答への補足

SpiralGalaxyさんご返事どうもありがとうございます。

>のどこかに条件判定文か何かで return してないでしょうか?
全くその通りで,SpiralGalaxyさんのご指摘どおり省略部にはreturn;がありました。

>分かっていらっしゃったとしたら、お節介かも知れませんが、これは先頭に戻るわけではありません。
お節介だなんてとんでもないです。残念ながらその様に思ってました(^^;

>スタック上に新たな変数エリアや関数戻りアドレスなどが確保され関数が実行されます。
>だから同じ int p1x という名前の変数でも再入の回数分の複数の実体が存在することになります。
なるほど,関数は呼び出されるとスタックに確保されると聞いた事があります。
ここで言われているのは入れ子の関数は全て違う関数として呼び出されるという事ですよね?
つまり入れ子の中の奥の関数がスタックの一番上に来るので一番最初にreturnを返すという事だと思います。

あっ,もしかしてこのプログラムと言うのは
まず(1)が再帰を繰り返し(1)-(1)-(1)-(1)-(1)・・・(1)と入れ子が続いて,いつしか

if (真){
return ;
}

となり一番奥の入れ子(1)からreturnを返していき,最後に一番手前の(1)のreturnを返し終わった後
(2)に入り再帰を繰り返し(2)-(2)-(2)-(2)-(2)・・・(2)と入れ子が続いて,いつしか

if (真){
return ;
}

となり一番奥の入れ子(2)からreturnを返していき,最後に一番手前の(2)のreturnを返し終わった後
DrawCurve関数のreturnを返してDrawCurve関数が終わるという事でしょうか?
あ~っもしかしてymmasayanさんが説明してくださった事はこういう事だったのでしょうか?

補足日時:2001/10/06 18:22
    • good
    • 0

>なるほど,関数は呼び出されるとスタックに確保されると聞いた事があります。


>ここで言われているのは入れ子の関数は全て違う関数として呼び出されるという事ですよね?

「全て違う関数として呼び出される」というのは、正しいといってもよいのではないかと思います。

ただ関数そのものの実行コードは1ヶ所にしかありません。再入を繰り返すと関数自体がたくさんできるわけではなくて、その処理場所がたくさんできることになります(=自動変数の保存場所、関数の戻りアドレス保存場所など)。関数の実行コードは現在のスタック位置(=スタックポインタ)を基準に処理しますから、たくさんある処理場所を間違えることはありません。

>あっ,もしかしてこのプログラムと言うのは

終了条件が1回でも成立したあとは、必ず DrawCurve は return するということであれば、そのようになるのではないかと思います。

>あ~っもしかしてymmasayanさんが説明してくださった事はこういう事だったのでしょうか?

どうやら、そのようですね(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お蔭様で謎が解けました^^
ついでに今まで分からなかったクイックソートの動作原理(ソートの順序)も
理解する事ができました。(感動しました!素晴らしいです^^)
スタックで関数の呼び出しがされるという事が分かった事が
一番大きいと思います。
本当にありがとうございました。またご指導よろしくお願いします^^

お礼日時:2001/10/08 04:34

今、その問題が手元にありませんので、的確な答えは出来ませんが。



> 再帰を間違って解釈してるのだと思います。

そうではなくて、解釈が不足しているだけだと思います。再帰の場合、無限ループに陥るように見えますが、途中で必ず脱出できるようにしてあります。
おそらく[/** 途中省略 **/]の部分に脱出条件が書いてあると思います。

再帰は次のような、横に展開した絵を書くとわかりやすいです。
Dと省略しています。前、後はDの中のD2つをどけた前半部、後半部のつもり。

メイン-D前-D(1)前-D(1)前-D(1)脱出
                   D(2)前-D(1)脱出
                         D(2)脱出
                   D(2)後
             D(1)後
             D(2)前-D(1)脱出
                   D(2)脱出
             D(2)後
       D(1)後
       D(2)前-D(1)脱出
             D(2)脱出
       D(2)後
    D後
メイン

脱出と言うところで、次々と撤退が起こっていく様子がつかめると思います。
うまく揃いませんので整頓してから見てください。 
                    

この回答への補足

ymmasayanさん早速のご返事どうもありがとうございます。

>おそらく[/** 途中省略 **/]の部分に脱出条件が書いてあると思います。
全くその通りで/** 途中省略 **/の中にreturnが入ってます。
私が勝手に関係ないと思い込んでしまったため途中で省略してしまいました。

下のが/** 途中省略 **/の部分を付け足したものです。

void DrawCurve(int sx, int sy, int x1, int y1, int x2, int y2, int ex, int ey, int len){
int p1x, p1y, p2x, p2y, p3x, p3y;
int p4x, p4y, p5x, p5y, p6x, p6y;

if ( CmpLine( sx, sy, x1, y1, len ) &&
CmpLine( x1, y1, x2, y2, len ) &&
CmpLine( x2, y2, ex, ey, len ) ) {
MoveTo( sx, sy );
LineTo( x1, y1 );
LineTo( x2, y2 );
LineTo( ex, ey );
return ;
}

p1x = (sx + x1) / 2; p1y = (sy + y1) / 2;
p2x = (x1 + x2) / 2; p2y = (y1 + y2) / 2;
p3x = (x2 + ex) / 2; p3y = (y2 + ey) / 2;
p4x = (p1x + p2x) / 2; p4y = (p1y + p2y) / 2;
p5x = (p2x + p3x) / 2; p5y = (p2y + p3y) / 2;
p6x = (p4x + p5x) / 2; p6y = (p4y + p5y) / 2;

DrawCurve(sx, sy, p1x, p1y, p4x, p4y, p6x, p6y, len);
/* ↑を(1)と名付けさせて頂きます */
DrawCurve(p6x, p6y, p5x, p5y, p3x, p3y, ex, ey, len);
/* ↑を(2)と名付けさせて頂きます */
return ;
}

>Dと省略しています。
すみません。何をDと省略したのかが分からなかったです。
もう一度ご指導いただけないでしょうか。よろしくお願いします。

補足日時:2001/10/06 17:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お蔭様で無事疑問点が解決する事ができました。^^
今後もご指導よろしくお願いします。

お礼日時:2001/10/08 04:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q{x = x>y ? x:y; return x;}

#include <iostream>
using namespace std;

inline int max(int x, int y){x = x>y ? x:y; return x;}

int main()
{
int num1, num2, ans;

cout << "2つの整数を入力して。\n";
cin >> num1 >> num2;

ans = max(num1, num2);

cout << "最大値は" << ans << "です。\n";

return 0;
}
の{x = x>y ? x:y; return x;}の部分の意味が解りません。

Aベストアンサー

inline int max(int x, int y){x = x>y ? x:y; return x;}
これを普通に関数で書くと

int max(int x, int y)
{
x = x>y ? x:y;
return x;
}

です。

x = 部分は右辺の結果が代入されます。これはわかりますよね。
x>y?x:y;
と書くと?より左にある条件式を判定し、その結果が真である場合は:で区切られた左側の値を、偽である場合は右の値を帰します。
x>yが真であればxを、偽であればyを返します。
それが、左辺値xに代入され、関数の戻り値として帰ります。

従って、2つの値をこの関数に入れると、大きいほうの値が帰ることになります。

Qint select(int n, fd_set *readfds, fd_set *writefds, fd_set *exceptfds, struct timeval *timeout)について

見当違いな質問かもしれませんがお願いします。

複数のソケットを監視する際にselectを使う場合のことですが、
selectの動作と戻り値について疑問があります。

http://www.linux.or.jp/JM/html/LDP_man-pages/man2/select.2.html
ここを参照すると、selectの戻り値は
「更新された 3 つのディスクリプタ集合に含まれているディスクリプタの数 (つまり、 readfds, writefds, exceptfds 中の 1 になっているビットの総数) を返す。」
とあります。
私の中でselectは登録してあるFDのうち、一つでも動きがあれば即座にselectを抜けるもの、という認識です。
この認識だとreadfds,writefdsが引数として与えられているとしても、
どちらかのfd_setのうち、一つでも動きがあればselect文は
抜けてしまうことになります。とすると、戻り値として
「readfds, writefds, exceptfds 中の 1 になっているビットの総数」
は常に1ということになってしまいます。しかし、総数というからには
複数同時に1になることもあるはずです。

私の認識が間違っているとは思うのですが、どう間違っているのかわかりません。
select文の動きについて詳しく教えていただけないでしょうか。
または良いページがあれば教えてください。

見当違いな質問かもしれませんがお願いします。

複数のソケットを監視する際にselectを使う場合のことですが、
selectの動作と戻り値について疑問があります。

http://www.linux.or.jp/JM/html/LDP_man-pages/man2/select.2.html
ここを参照すると、selectの戻り値は
「更新された 3 つのディスクリプタ集合に含まれているディスクリプタの数 (つまり、 readfds, writefds, exceptfds 中の 1 になっているビットの総数) を返す。」
とあります。
私の中でselectは登録してあるFDのうち、一つでも動きが...続きを読む

Aベストアンサー

>私の中でselectは登録してあるFDのうち、一つでも動きがあれば即座にselectを抜けるもの、という認識です。
この認識はあっています。
しかし、selectを呼び出す以前にOKになっているFDがあれば、それらは全てビットがONになります。

話しを簡単にする為に、受信のみのソケットを3つ作成したとします。
これらの3つのソケットに向けて相手が電文を送ったとします。
その状態でまだ、こちらはselectを呼び出さずにいます。しばらくしてから、selectを呼び出すと、selectは即座にリターンし、3つのビットが一度にONになっているはずです。
一方、相手が、一切電文を送ってない状態で、selectを呼び出した場合は、何れかのビットがONになればリターンするので、そのときは、貴方が想像しているように
ビットの総数は1になる可能性が高いです。
従って、相手が電文を送る前にselectを呼び出すか、送った後にselectを呼び出すかは、その時のタイミングにより異なります。従って、ビット数の総和が常に1であるとは、考えない方が無難です。(1つのソケットしか使用しない場合は別ですが・・・)

>私の中でselectは登録してあるFDのうち、一つでも動きがあれば即座にselectを抜けるもの、という認識です。
この認識はあっています。
しかし、selectを呼び出す以前にOKになっているFDがあれば、それらは全てビットがONになります。

話しを簡単にする為に、受信のみのソケットを3つ作成したとします。
これらの3つのソケットに向けて相手が電文を送ったとします。
その状態でまだ、こちらはselectを呼び出さずにいます。しばらくしてから、selectを呼び出すと、selectは即座にリターンし、3つのビ...続きを読む

Qvoid (*signal(int signum, void (*handler)(int)))(int);

の解釈を教えてください
最後の「(int)」については詳しくお願いします

Aベストアンサー

signalが

(1)1つ目の引数の型:int
(2)2つ目の引数の型:引数がintで戻り値がvoidである関数へのポインタ
(3)戻り値の型:引数がintで戻り値がvoidである関数へのポインタ(2と同じ)

を満たす関数である事を宣言しています。最後の(int)はsignalの戻り値の
関数ポインタがint型の引数を持つ事を示しています。

「引数がintで戻り値がvoidである関数へのポインタ」の型をHANDLERと表すと

HANDLER signal(int signum, HANDLER handler);

となります。

Qfor(s=p; *p; p++)の*p(ポインタ)の意味

for(s=p; *p; p++)の*p(ポインタ)の意味
C言語初心者です。
今ポインタを勉強しているのですが、
for文で上記のようなものが出てきて、意味が分からず困っています。
*pで*p != NULL と同じような意味になるみたいなのですが…。
どうしてそのような意味になるのでしょうか?

ちなみにsとpはポインタで、
sには配列(入力した文字列)の先頭アドレスが入っています。
pは文字列を指していて○○○○○NULL ←になるから上記のような条件で
回るんだろうなぁとはなんとなく考えているのですが。

Aベストアンサー

念のため:
ヌルポインタは「ビットパターンとして」0 じゃないかもしれませんが, ソースプログラムにおいて「ポインタが要求される場面」で「0」とあれば, それは「ヌルポインタ」です.
もうちょっと厳密に書くと「整定数 0」はヌルポインタに変換される.

QC言語で f1(x,y)-f2(x,y) の式は

C言語で f1(x,y)-f2(x,y) の式ってどうなるか教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

こーなるんじゃないかな?
机上だけでコンパイルしているわけではないので
ミスがあるかも。m(_"_)m
#XとYが動的に変化するグラフを求めたい訳ではないですよね?

#include <stdio.h>

int f1(int x,int y)
{
int z;
//目的の計算式

z=0

return z;
}
int f2(int x,int y)
{
int z;
//目的の計算式

z=0

return z;
}
main ()
{
int X,Y,Z;

X=0; // 好きな数字
Y=0; // 好きな数字


Z=f1(X,Y)-f2(X,Y);

printf("f1(X,Y)-f2(X,Y)=%d\n",Z)
}


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報