申し立て人は 私が亡父から援助してもらった金額(私の子供の学費及び必要な生活費)を亡父の預金通帳から抜きだして、それを私の特別受益であると申し立てています。しかし父が亡くなってから相続人全員(4人)の立会いのうえ 父の金庫や机のひきだしを開けました時には通帳はありませんでした。
 また申し立て人は、預金通帳は亡父の契約していた税理士事務所の人から見せてもらったといっていましたが、確かめましたところ通帳を見せた事実は無いと言う返事でした。   
 申し立て人は何れかの方法で父の通帳を手に入れ 相手方(私)の特別受益の金額のみ裁判所に訴えているとしか考えようがありません。
申し立て人にも特別受益があったことは彼女自身がみとめています。(しかしどのくらいというのは明示していません) 
 
 そこでお尋ね申し上げます。
 申し立て人の私だけ特別受益があったという言い分が通るでしょうか。言い分通り私の遺産が減額された場合 私の側に証人がいれば訴訟詐欺(申立て人分の特別受益を過少申告している)として申し立て人を訴えることができるでしょうか。
 こういった場合どのように裁判を対処していけばよろしいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。          

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>亡父の預金通帳から抜きだして、それを私の特別受益であると申し立てています。



民事訴訟法上の請求の趣旨と原因が整然としませんが、一般的に訴えた側(原告)が証拠によって明らかにしない限り原告の敗訴となります。これを「立証責任は原告が負う」と云います。ですから、rira7が勝手に他人の通帳から引き出し消費した、と云うことを申立人(原告)で証明しなければrira7さんの勝訴となります。
しかし、文面全体から推測しますとrira7さんを含め相続人が相続財産分配の調停か家庭裁判所内での争うのようでもあります。そうであっても、それらの証拠は、主張している側で証拠を提出する必要があります。例えば、亡父の印鑑を偽造して銀行から引き下ろしたなどの証拠です。従って、rira7さんが「消費していない、とか、特別に受益がなかった」ことを証明する必要はありません。主張だけで結構です。
なお、訴訟詐欺と云うのは裁判所を欺罔することで、今回のようなことを訴訟詐欺とは云いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お礼が遅くなりまして申し訳ありませんでした。 
 大変参考になりました。有難うございました。

お礼日時:2002/01/14 15:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特別受益について

特別受益について

遺産分割協議で、以前に親から支払って貰った自宅建設資金を、他の相続者から特別受益になるといわれました、特別受益とは?なんのことで、なぜ法定相続遺産から差し引かれるのですか?、教えて下さい。

Aベストアンサー

条文のとおり、特別受益とは、要するに「生前、あるいは遺贈のかたちで既に財産を貰っている相続人は、相続財産を分けるときはそのぶん遠慮して下さい」という規定です。

>ちなみに、その証拠とは具体的にどのような物になるのでしょうか?

裁判で特別受益の有無を争うとして、
たとえば一番わかりやすい証拠は、
・親の通帳に「あなたの口座に振り込んだ」記載がある。
でしょう。

そこまではっきりした証拠がなくても、たとえば
・通帳から平成○年○月に多額の支出がある。
・平成○年○月の親の日記にあなたの自宅建設を支援する話が。
・当時のあなたの収入からみて、独力で自宅建設は不自然。
といった諸事情が積み重なれば、裁判官が「自宅建設資金を親が支払ったんだろうな」という結論に到達することはお解りいただけると思います。

「貰っていない。証拠を出せ」と強弁して争うことも確かに可能ではありますが、兄弟・親族間での遺産争いは後々まで禍根を残しますし、なにより、生前あなたを支援してくれた親御さんの気持ちも「なかったこと」にするのは、あまり気分のよいことではありませんよね。
遺産分割協議で「特別受益」などという聞いたこともない言葉が突然飛び出して、相続分を減らされると言われ、驚かれたこととは思いますが、この規定は上記のような趣旨ですので、御納得されたうえで遺産分割協議を進めていただければと思います。

条文のとおり、特別受益とは、要するに「生前、あるいは遺贈のかたちで既に財産を貰っている相続人は、相続財産を分けるときはそのぶん遠慮して下さい」という規定です。

>ちなみに、その証拠とは具体的にどのような物になるのでしょうか?

裁判で特別受益の有無を争うとして、
たとえば一番わかりやすい証拠は、
・親の通帳に「あなたの口座に振り込んだ」記載がある。
でしょう。

そこまではっきりした証拠がなくても、たとえば
・通帳から平成○年○月に多額の支出がある。
・平成○年○月の親の日記...続きを読む

Q相続: 特別受益について

よろしくお願いします。

例えば、祖父がまだ中年のころ2世帯住宅を建てたとします。祖父母は1階に、玄関が別の2階に叔父夫婦とその子供が住んでいます。祖父は叔父から家賃をもらっておらず、光熱費も祖父が全部まとめて払っています。家計はまったく別です。

30年以上もこういう状態で住んでいれば、叔父が節約できた家賃分のお金(もし別の場所に賃貸で住んでいたり自分で住居を購入してローンを払っていた場合)はかなりの金額になると思います。もし祖父が亡くなった場合の相続では、こういうお金は特別受益とみなされるのでしょうか?それとも住宅資金援助のような、実際のお金のやり取りがないとだめなんでしょうか。

どなたかご回答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

#1です。詳しい補足をありがとうございます。

祖父はご健在でしたか。失礼いたしました。それにしても 大変な背景になっているのですね。 ただ、質問者さんとしては大事の前の小事として あえて事を大きくせず、今のところは叔父の考えに追随するということなんですね。大変 明瞭利発で かつ従兄弟さんとの交流も大切にしたいという 気持ちが前向きな 優しい方とお見受けします。
遺言書が手続きを踏まれた有効なものであることが分かり 安心いたしました。
『遺言信託』とは 公証人役場と同等と考えてよろしいのでしょうか。であれば 遺言書の正本は遺言信託に保管され、祖父のお手元には副本があると思うのですが、叔父はこの副本を目にする機会があったのでしょうか。
祖父が最初に作成した遺言書の内容を なぜ叔父が知ったのかが疑問なのです。祖父がわざわざ伝えることはしないだろうし、たまたま今回、祖母の遺言書に介護うんぬんに触れていなかったことで、では祖父の遺言はどうなんだと言って、叔父が「教えろ」と迫った可能性がありますね。

>最近 弱った祖父を銀行に引きずって行き、遺言を書き換えさせ・・・・・・

これは 相続人欠格者に該当する行為です。民法 第891条 相続欠格事由 第4項に
『詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、これを取り消させ、又はこれを変更させた者は相続人となることができない。』

>「はんこを押すとき俺は別の部屋にいたから」と、あくまで祖父の意思だったぞ、というようなことを威張って言っていたそうです

叔父がわざわざお姉さんへ伝えてきたのは、自分でも『欠格行為』と分かっているのですね。そこには公証人もいたはずですから、その経緯を確認して録音してでも 証拠として残しておきましょう。何かの役にたつかもしれません。

>裁判沙汰になったらまず生前贈与、特別受益、介護の寄与分が考慮されてから分割となるようなのですが、遺言の内容はどうなるのでしょう?遺言がどれほどの力を持つのかいまいち分かりません。

叔父のような 利己的な人間は 得てして力関係には弱いです。自分より強いもの、権力のあるもの、年上のもの。裁判を起こしたらすぐ潰れると思います。質問者さんは 常に冷静に、理路整然としていれば良いです。遺言書の効力は 最強です。裁判所で 寄与分や特別受益が論争になるのは 遺言書がないからです。

**************************************

それと、質問者さんは 一旦この質問を閉じて、別途に違う形の質問をされた方がよろしいのではと思いますよ。こちらのカテは どんどん増えて、質問者さんが もっと多くの方の助言を得たいと思っても なかなか ここへたどりついてもらえないという苦労がありますので^^

#1です。詳しい補足をありがとうございます。

祖父はご健在でしたか。失礼いたしました。それにしても 大変な背景になっているのですね。 ただ、質問者さんとしては大事の前の小事として あえて事を大きくせず、今のところは叔父の考えに追随するということなんですね。大変 明瞭利発で かつ従兄弟さんとの交流も大切にしたいという 気持ちが前向きな 優しい方とお見受けします。
遺言書が手続きを踏まれた有効なものであることが分かり 安心いたしました。
『遺言信託』とは 公証人役場と同等と...続きを読む

Q特別受益に関して

祖父の遺産の件で揉めております。
父は大学を卒業しております。兄弟の中で卒業していないものがいて(次男)、そのぶんを「特別受益分としてほしい」といっています。しかし、祖父は大学に行かせなかったのではなく、本人が行きたいと希望しなかったか、学力が足りなかった為だと思われます。(他の兄弟も卒業しております。)それを、今、金銭として請求できるのでしょうか?結果的には兄弟で、卒業したもの、卒業しなかったものと親の負担は違うかと思いますが、親としては公平にしようとしていたのを拒否をし、(学力不足か?)ておいて、死後、金銭でというのは正直、理解できないのですが、ご存知の方、宜しく御願いいたします。

Aベストアンサー

大学など学費についての過去の判例では、受益を認めたケースと認めなかったケースがあるようです。

認めたケースとしては、2人兄弟双方が進学を望んでいたが、当時貧困のため長男のみが進学でき、次男は就職後自己の費用で夜間大学を卒業したといったケースがありました。
また認めなかったケースとして、3人の子供に公平に進学機会をあたえたが、3男だけが1浪後進学をあきらめて就職したというものでした。
今回のケースでも、兄弟全員に公平に進学の機会を与えていたかどうかがポイントになると思われます。
あなたの思われるとおり、公平な機会があったにもかかわらず自らそれを放棄した状況であれば、お父上達の進学費用が特別受益とはいえないでしょう。

Q特別受益分について

家を購入する際に、親から1500万円の贈与を受け、660万の控除額以外は贈与税を支払うことになると思うのですが、生前にこのような贈与を受けると、親の死後、特別受益分として遺産総額に加算され、持ち戻し分とされるのでしょうか?そうだとしますと、その際に、払った贈与税は相続の際には、どうなるのでしょうか?

分かりにくくて申し訳ありません。本を読んだり、サイトを探したのですが、あまり詳しく乗っていないので、お分かりになる方、どうか詳しくお教えください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

momo_panさんは少し混同されていると思いますが、この特別受益の持ち戻しと相続税額計算上のいわゆる生前贈与加算とは違います。
特別受益のもち戻しとは遺産を相続人で分割する際に生前に被相続人から贈与された財産を加味して遺産を分割しようとするときのものです。たとえば相続人が二人で、半分ずつ遺産1億円を分ける時に、片方の人が被相続人から生前に2000万円もらっていた場合に、これを加えて1億2000万円を半分にした6000万円をもう一人の人、4000万円を生前贈与を受けた人にわける、といった具合です。ただし、現金ならいいのですがその他の財産の場合は相続時点の現在価値に換算して持ち戻す(場合が多い)ので注意が必要です。いずれにせよ、これは遺産の分割方法の話なので相続人全員で話し合って持ち戻す、持ち戻さないを決めてやればいいことです。(遺言書に持ち戻しのことが書いてあればそれに従うのが普通だと思います。)
相続税の生前贈与加算とは相続開始の日前3年以内にその被相続人から贈与を受けた財産の価額を遺産総額に加算して相続税額を計算するというものです。したがって住宅取得資金の贈与を受けてから3年以内に相続開始があった場合は遺産総額に加算されて相続税がかかります。この場合、贈与税額控除が受けられます。(住宅取得資金について課された贈与税額が相続税額から控除されます)
それから、住宅取得資金の贈与の場合の基礎控除額は550万円だと思いますが・・・

momo_panさんは少し混同されていると思いますが、この特別受益の持ち戻しと相続税額計算上のいわゆる生前贈与加算とは違います。
特別受益のもち戻しとは遺産を相続人で分割する際に生前に被相続人から贈与された財産を加味して遺産を分割しようとするときのものです。たとえば相続人が二人で、半分ずつ遺産1億円を分ける時に、片方の人が被相続人から生前に2000万円もらっていた場合に、これを加えて1億2000万円を半分にした6000万円をもう一人の人、4000万円を生前贈与を受けた人にわける、...続きを読む

Q社宅居住は特別受益になりますか

宜しくお願い申し上げます。
父親の相続で、父親及び私を含め子供たちが株主の法人事務所ビル(地下1階地上4階)があり、4階部分が社宅(約25坪)となっております。税務上の社宅家賃はおよそ5万円で、実際に管理人としての状態であったので、契約設備管理等日常業務を全てこなしてましたので、、家賃・水道光熱費は無料でした。親・子供たち・私には家賃収入を給料として支払ってました。
他の相続人の主張ですと、他人に貸せば月30万になるので居住期間(約25年)から計算して、特別受益なので相続分は0であるとのことです。他の相続人は父親の自宅に居住してましたが、親の家に住んでいて何かと親の面倒見ていたので特別受益ではないとの主張です。
今回親の自宅を売りすんでいた子供たちで分け、私に父親の上記ビルから立ち退きを求められました。
住んでいただけで相続分無く、退去しなければいけないのでしょうか。ご見解・ご知識を頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

家賃(免除)や給料は法人とあなたとの契約ですから、相続とは関係
ありません。利益があったとしても法人との契約上の問題で被相続人
からの特別受益ではありません。

相続対象は法人の株式ですよね。
廃業(?)や財産処分ビルの処分も法人としての適切な手続きが必要です。

ですから、順序としては普通に相続人どうしで遺産分割協議をする。
分割した結果の株式によって、総会をおこない取締役選出をおこなう。
取締役会の議決で会社財産の処分その他を決議する。
(この時点で、処分が決議されればあなたは社宅を立ち退かなければ
 なりません。取締役の採決次第ですね。)
株式に応じて配当する。

です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報