うちの近所の公園に、今度自治会が
自治会館なるものを建てようと
かなり強引に推し進めているのですが。
一昨年にも同じ話が出た時には
『1人でも住人の反対があれば建てません』という
約束の下にお流れになってたんですが
なんでも、『公園法が改正になった』とかで
市会議員とつるんで個人攻撃をしたりしながら
『あなた以外は皆賛成なさってる』などと
汚い手を使ってホント、かなり強引なんです。
そこでお伺いしたいのは
1 公園(自然公園や国立公園じゃないですよ)の
使用(何かを建てるとか)の権限って
どこが持ってるのか。
2 地方によってその公園法とやらは違うのか。
3 建築法との兼ね合いで××い平方メートルくらいの
大きさの公園には○○くらいの大きさまでの
建物しか建てられない、とかそういう規定はないのか。
4 一昨年の『1人でも反対があれば・・・』という
約束さえ反古にされそうなんですが、そういうことを
含めて何とか策はないものでしょうか。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Zinedineさんの云う「公園」が、どのうような性質の公園か、その公園が、どの法律の適用を受ける公園かによって千差万別です。

個人の所有者が地域の人たちに無償で使用させている場所かも知れませんし、分譲会社が国土法に基づいてした公園かも知れません。どの法律の適用を受ける公園であっても、建物の種類や用途、大きさの制限など細かなことは、都道府県に、更には、市町村に委任し、それらの地域で都道府県条例や市町村条例で定められています。従って、Zinedineさんの回答は正確には無理だと思われます。
なお、一般的に、このような案件は、その地域の話し合いできまっているようです。まして、自治会館は、その地域で利用するものですから、明らかな法律違反がない限り大多数の者に従うべきものと考えられます。だからこそ、法律は(国は)細かなことを条例に(都道府県条例や市町村条例)委託しているのです。
    • good
    • 0

 都市公園については「都市公園法」で規制されています。

現在、都市公園には公園施設として建物を建てること以外に、臨時的な建物でしたら、6条で管理者の許可があれば可能ですが期間等制限があります。
1.一般には自治体です。
2.この法律を受けてね各自治体に管理条例があり、個々の公園は、その条例に従がうことになります。
3.4条で2%以内となっていますが、震災時の仮設住宅のように、臨時的なものとかには適用されません。
4.公園法の趣旨に合致しない建物や、集会所に恒久的な施設があれば、法、政令(施行令)、条例の該当個所を見て、不服申立てを行ってください(24条)。
施行令
http://www.houko.com/00/02/S31/290.HTM

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S31/079.HTM
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公園での自治会集会場建設を阻止できますか

私たちの住む20区画にある約120坪ほどの都市公園の半分に、私たちが属する総数170軒の自治会から、本年度集会場建設計画を突然提示されました。事前に全く相談もありませんでした。こんな事が許されるのでしょうか。無論私たちは懸命に反対しています。

Aベストアンサー

No.8の回答者です。
 120坪の都市公園に30坪の建物。平屋建てと考えれば建蔽率は25%。
 都市公園法では、都市公園の建蔽率は原則2%。特例で10%。
 建蔽率25%は、明らかに都市公園法違反です。
 都市公園の区域から外せば可能ですが、都市公園法では原則として面積を減らすことが認められていません。都市計画道路の計画線にかかっているとか、公共性が認められなければ都市公園の面積を減らすことができなんですけどね。

Q口約束での贈与、口約束での借金帳消し

5年前に、叔父から叔父名義のカードと通帳を預かり、230万円が入っていました。

「この中から事業資金200万を貸してやるよ。残りの30万円は準備金としてやる(贈与)」と言われ、事業を始めました。

途中で負債が出て、相談した際に、「わかった。50万円は免責してやる。次は負債を出すなよ」と言われました。

数日前に清算し、通帳とカードを返却しに行ったのですが、「80万円が足りない」と言い出しました。


当初30万円は準備金として贈与してくれると言ったこと、50万円の負債を帳消しにすると言ったことに関していきなり「そんなことは言っていない。残り80万円を返せ」と言い出しました。

寝耳に水で呆然としています。


5年前から借用者や念書などは一切ありません。

一度も返済の督促を言われたこともありませんでした。


口頭とはいえ、30万円の贈与と50万円の負債の帳消しの約束は間違いなく存在しました。その場で書面やボイスレコーダーを取っておかなかったことは後悔してはいます。

急に話を変えた叔父に怒りを覚えましたが、もう法的に処理しようと思います。


約束を信じてやってきたわけですし、80万円ものお金を改めて払うことはできません。

書面をとらなかったのは私に手落ちがあるのでしょうか?


こういう場合は叔父が主張したら払う義務が生じますか?

5年前に、叔父から叔父名義のカードと通帳を預かり、230万円が入っていました。

「この中から事業資金200万を貸してやるよ。残りの30万円は準備金としてやる(贈与)」と言われ、事業を始めました。

途中で負債が出て、相談した際に、「わかった。50万円は免責してやる。次は負債を出すなよ」と言われました。

数日前に清算し、通帳とカードを返却しに行ったのですが、「80万円が足りない」と言い出しました。


当初30万円は準備金として贈与してくれると言ったこと、50万円の負債を帳消しにすると言ったこと...続きを読む

Aベストアンサー

もう法的に処理しようと思います
とありますが、あなたから行動を起こすだけ費用の無駄ということになります。

そもそも、
事業資金200万を貸してやるよ
と言われ、
わかった。50万円は免責してやる
とさらに言っているわけですから、借金は、150万ということとなります。
これについては、「数日前に清算」とありますから、もはやあなたに債務は残っていないこととなります。


そして、
30万円は準備金としてやる
と言っているわけですから、これについてはあなたのご主張のとおり贈与ということとなります。

そして、
こういう場合は叔父が主張したら払う義務が生じますか
とのご質問ですが、上記のとおり借金は完済しているわけですから債務は残っていないわけです。



どのような法律関係にせよ、権利発生の事実を主張する者にその事実の立証責任があるわけです。そして、その権利の消滅、阻止する事実があるのならば、これらの事実を主張する者に立証する責任があるわけです。

もし、80万円の金額について叔父が法的手段に出たとしても、債権を有していることの証明責任は叔父にあるわけです。

しかし、ご質問の内容の事実経過でしたら、叔父には、何らこの金額の債権を立証できる証拠がないこととなります。


ですから、
叔父があなたに対し、80万円の支払いを主張したとしても無視し相手にしなければよいわけです。
同金額のうち、50万円は、返済を免除されたものであり、30万円については贈与されたものだからです。

もう法的に処理しようと思います
とありますが、あなたから行動を起こすだけ費用の無駄ということになります。

そもそも、
事業資金200万を貸してやるよ
と言われ、
わかった。50万円は免責してやる
とさらに言っているわけですから、借金は、150万ということとなります。
これについては、「数日前に清算」とありますから、もはやあなたに債務は残っていないこととなります。


そして、
30万円は準備金としてやる
と言っているわけですから、これについてはあなたのご主張のとおり贈与ということとなります...続きを読む

Q自治会 マンション単位での自治会加入について

お世話になります。当方、100世帯未満のマンション居住者です。
当該マンションが建設された当初から、マンション自体の自治会の立ち上げはなく、所属する町の自治会にマンションごと加入したようです(マンション規則に記載あり)

ところが町の自治会の役員は、ほぼ10年に渡り一部住民(古くからの一戸建住民方)が牛耳り、当マンションの住民や子ども会加入の親子に対して、おなじ町民としての扱いをしてくれません。
普段のあいさつはおろか、祭りの費用分担や住民単位の集まりの際など、こちらの意見などスルーで話を決めていってしまいます。毎年きっちり1世帯の漏れもなく自治会費を納めているのに…
古い住民方の敬老会や老人福祉会など、老人方対象の集まりが多いのに、当マンションはご老人がいても参加できない雰囲気です。

自治会費としては、マンションの管理費に含まれる自治会費分をまとめて、年1回自治会に納めているのですが、その額が年間30万円近くにもなり、バカになりません。
にもかかわらず、全自治会員のための災害時の備蓄品・水などは当然のごとく一部役員の管理の下にあり(同じ町だがマンションから自治会館までは距離がある)、いざ震災となった時にマンション住民が100世帯分を必死で取りに行ったとしても、おそらく充分な数を渡すとは到底思えません。
長年役員をする人が大家をしているアパート住民らに、自治会費も払ってないのに水や食料がいくことは目に見えています。当方より後に建ったマンションは当初から自治会に加入せずに来ている建物もあります。

マンション自体の自治会になれば、同じ会費で水や食料の他にも簡易トイレなどを用意できる可能性もあると思いますが…。

当方マンションも世帯数があり、大変ではあるがマンション自治会を立ち上げようという意見も出ますが、アンケート方式で意見を募ってもマンション理事以外の意見があまり出てこず、ただ何の意識もせず町の自治会に入り、何の恩恵も受けず漫然と支払っているのみです。
自治会の総会に出席することもなく、自治会が金を受け取り配布協力している自治体広報紙などは、戸別ポストに入れた当日夜に、読まずに玄関塵入れに捨てていく世帯が過半です。

マンション理事は誰もが輪番で引き受ける決まりですが、マンション住民にも当事者・自治意識を持ってもらう方法、あるいは町の自治会に対しても集めた意見を通し、災害時の備蓄品はマンション内にその世帯分を確保できる等の話を持ちかけて行くいい方法はないものかと考えています。
ご経験者の方お知恵のある方ご意見をお願いしたいです。

お世話になります。当方、100世帯未満のマンション居住者です。
当該マンションが建設された当初から、マンション自体の自治会の立ち上げはなく、所属する町の自治会にマンションごと加入したようです(マンション規則に記載あり)

ところが町の自治会の役員は、ほぼ10年に渡り一部住民(古くからの一戸建住民方)が牛耳り、当マンションの住民や子ども会加入の親子に対して、おなじ町民としての扱いをしてくれません。
普段のあいさつはおろか、祭りの費用分担や住民単位の集まりの際など、こちらの意見な...続きを読む

Aベストアンサー

 私もマンションに住んでいますが,うちのマンションで自治会を立ち上げました。
 うちはマンションがある町の自治会(町内会)に入れて貰えませんでした。マンションの全戸が地元町内会に加入すると,地元町内会の過半数を占めてしまって,マンション住民に町内会を牛耳られてしまうことを恐れ,マンション建設時に「マンション住民の方々で別個の自治会を作ってください。」を約束がなされました。
 なので,マンション独自の自治会を立ち上げる発起人に私も名を連ね,独自の自治会を設立しました。
 地元町内会の役員の方や,既にマンション独自の自治会のある所の役員さんなどと話をし,学区の自治連合会に話を通すなど手間は掛かりましたが,うちのマンションは,地元の学区から移ってきた人が多くいて(私もその1人ですが),役員さん方と顔見知りでしたので,トラブルもなく独自の自治会を立ち上げることができました。

 私が以前住んでいたところの町内会でも,マンション住民だけの自治会を作ることを条件に高層マンション建設に同意した経過があります。

 マンション住民が過半数を占めれば,役員人事も自治会費の使い方もマンション住民の思うがままですからね。マンション住民全員が団結しなくても,マンション住民を取りまとめる人が2,3人もいれば足りることです。

 誰かが行動を起こせば,事態は変わると思います。

 私もマンションに住んでいますが,うちのマンションで自治会を立ち上げました。
 うちはマンションがある町の自治会(町内会)に入れて貰えませんでした。マンションの全戸が地元町内会に加入すると,地元町内会の過半数を占めてしまって,マンション住民に町内会を牛耳られてしまうことを恐れ,マンション建設時に「マンション住民の方々で別個の自治会を作ってください。」を約束がなされました。
 なので,マンション独自の自治会を立ち上げる発起人に私も名を連ね,独自の自治会を設立しました。
 地元町...続きを読む

Q飲みの席で転職の約束。口頭の約束はどこまで有効?

飲みの席で、仕事で関係を持ったある会社から、
「あなたが欲しいから
 是非うちの会社にきて(転職)ください」
と言われたとします。

その場の雰囲気を壊してはいけないと思い
「はぁ、じゃぁお願いします」と握手したとします。

書面ではなくても口頭でも契約は成り立つと聞きます。
この場合、契約として成り立ってると言えるのでしょうか?
成り立つとすれば、
こちらはどこまでの義務・責任を負うものでしょうか?
(例:相手が本気なら必ず転職しなければならないetc.)

相手の会社から「やっぱ止めた」「飲みの席だからね」
などと言われて後から断られる可能性はあるわけですし、
証人はその場にいた人が証人になるはずでしょうが、
書面で交わした約束ではありません。

(1)飲みの席で交わされた約束
(2)本人にはその意思がなかったが、
 その場の雰囲気で約束してしまった
(3)口頭による約束
(4)証人はその飲みに居合わせた5人程度
(5)相手の会社の人は採用権は直接持ってないが、
 それなりの発言力を持っている

普通に考えると真に受けるような話ではありませんが、
「歴史は夜創られる」といわれているように
全く無視出来るケースでもありませんよね。

それではよろしくお願いします。

飲みの席で、仕事で関係を持ったある会社から、
「あなたが欲しいから
 是非うちの会社にきて(転職)ください」
と言われたとします。

その場の雰囲気を壊してはいけないと思い
「はぁ、じゃぁお願いします」と握手したとします。

書面ではなくても口頭でも契約は成り立つと聞きます。
この場合、契約として成り立ってると言えるのでしょうか?
成り立つとすれば、
こちらはどこまでの義務・責任を負うものでしょうか?
(例:相手が本気なら必ず転職しなければならないetc.)

相手の会社から...続きを読む

Aベストアンサー

確かに契約は口頭で成立します。(=諾成契約)
しかし実際には口頭だけでは「言った・言わない」で問題になるので、きちんとした契約は書面等にする事が常識的でしょう。
就職のオファーやヘッドハンティングといった事柄では書面に起こす事はあまりないようですが。
こういった関係の話は、酒の席ならば冗談である事がほとんどなので、あまり気にしなくても良いのでは。
後日改めて「あの話は本気だ」とでも言われたらきちんと対処すれば良いのではないでしょうか。

法律的には。
本件は『心裡留保』(民93条)の問題かと思います。
心裡留保とは、ウソや冗談のように真意ではない事を意思表示する事です。
本件で言えば、転職するつもりがないのに転職しますと約束をした、という事です。

心裡留保では、通常、相手方がウソを言っているとは思わないので、保護するために有効としています。(=転職する約束は有効)
しかし、意思表示を受けた相手が冗談だと分かっていたり、普通なら気付くところを気付かなかったりした場合は、特に保護の必要もないので無効とされています。

相手の人が本気だった場合、「(4)証人はその飲みに居合わせた5人程度」が傍から見て本気の約束だと思うくらいの雰囲気ならば、この約束は有効となるでしょう。

と言っても、酒の席の話が有効だからと言って本当に転職しなければならないという事はないでしょう。


参考になれば良いのですが。
長文失礼しました。

確かに契約は口頭で成立します。(=諾成契約)
しかし実際には口頭だけでは「言った・言わない」で問題になるので、きちんとした契約は書面等にする事が常識的でしょう。
就職のオファーやヘッドハンティングといった事柄では書面に起こす事はあまりないようですが。
こういった関係の話は、酒の席ならば冗談である事がほとんどなので、あまり気にしなくても良いのでは。
後日改めて「あの話は本気だ」とでも言われたらきちんと対処すれば良いのではないでしょうか。

法律的には。
本件は『心裡留保』(...続きを読む

Qある自治体を訴えるため、以前被告である自治体に勝った弁護士に

ある自治体を訴えるため、以前被告である自治体に勝った弁護士に
依頼しようと思っています。

その弁護士を探す方法はありますか?

自治体に勝ったことは知っているのですが
担当の弁護士が分からず困っております。

Aベストアンサー

事件名を言って、弁護士会なり日弁連に仕事を依頼したいので照会して欲しいとお願いすれば、おそらく連絡先を教えてもらえるでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報