江戸時代の津和野街道は広島県廿日市市~津和野というのは知っていますが、どんなルートを通ったかわかりません。どなたか地図の載っているサイトをご存じないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1.当時の地図は岩倉、栗栖から西行するのは一本道です。

途中で松ヶ峠を通り、生山峠に行きます。生山峠に行く途中に北行する中道、針山方面に行く道がありますので、明かに別の道です。ただ、スパ羅漢から、中道を通る登山道は当時の街道に中道集会所1.5KM南で合流すると思います。
2.現在、大原から宇佐までは県道59号線が走っていますが、大原小学校500M西までは重なりますが、そのまま、西行し(現在道無し)、高根小学校400M南ぐらいに出ます。それから佐古集落を通り、真西に向かい星坂集落に入り、西行、北行して、現蔵木局付近の田野原集落に入り、16号線と合流します。県道120号線とは、現星坂地内で合流しますので、山口県部分は通りません。また、当然のことですが、現16号の宇佐、向峠、初見、田野原は通りません。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん丁寧にお教え下さりありがとうございました。感謝いたします。

お礼日時:2001/10/07 18:00

街道が存在した明治期の地図と現在の道路地図とを対比しますと、廿日市市と佐伯町までは県道30号、国道186号にぶつかりますが、そのまま西行し、羅漢山のすぐ北の生山峠、大原、宇佐、星坂、田野原、そのまま、県道16号線で六日市で国道187号線で北行し、柿の木村で県道3号、福川で226号、折橋、笹山を通り、津和野の町に入ります。

かなり詳しい地図なのでわからなければ、補足します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいアドバイスありがとうございました。現在の地図上で線を引いてみましたが、2カ所不明なところがありますので時間が許せば更に教えてくだされば幸いです。1.佐伯町から国道186に合流したところを西行とのことですが道がないようです。186に合流してしばらく進むと道の駅スパ羅漢の先で羅漢山への登山道(中道集落経由)がありますがそれは違いますか?2.宇佐から星坂は国道434を通るのでしょうか?434の星坂から県道120へ向かうにはヘアピン状にかなり迂回するようです。地図にはみられませんがショートカットする脇道のようなものがあったのでしょうか? それにしても大きな地図でみると津和野~廿日市間はほぼ直線で西国道で江戸に向かうには最短となっていますね。昔の人はたいしたものだと感心しました。

お礼日時:2001/10/07 11:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご指摘のURL拝見しました。もっと詳しく知りたいのですが、早速回答していただきありがとうございました。

お礼日時:2001/10/07 11:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビジネスホテルでのえっちについて

だれかビジネスホテルに詳しい方がいましたらご教授ください!

今年のクリスマスは彼女さんとビジネスホテルにて2泊過ごす予定なのですが、ビジネスホテルの壁は薄いってよく聞きます><

ホテルのランク?によっては全く問題ないと友人から教えられたのですが、ビジネスホテルに関して素人なので少し不安です。

宿泊予定のホテルはチェーンのホテルで、ビジネスホテルとしたらそれなりに高い料金のホテルだと思うのですが・・・

やはりビジネスホテルでの夜伽(笑)は控えた方が無難でしょうか?

くわしい方アドバイスよろしくお願いいたします><

Aベストアンサー

 ビジネスホテルだとやはり壁は薄いので、セックスの時の
声は聞こえてしまう可能性が高いです。
 でも、だからといって控えるなんてできますか?

カップルで宿泊する人もたくさんいますし、
デリヘル譲を呼ぶ客もいますので、
最低限もマナーを守ればいいんじゃないでしょうか?

(1)出来る限り喘ぎ声を押し殺すこと
(2)夜中は避ける
(3)あまり長い時間しない
(4)汚さない(体液やローション)
 
 あとベットがかなりきしむ場合があります。その音はかなり
響きますので 腰を振るたびにギイギイなるようだと、
控えたほうがいいですね。
 その場合は、ベットは使わず立ちバックなどがオススメです。
 

Q江戸時代の日本地図・世界地図について

江戸時代の初期~中期ごろに描かれた日本地図、または、世界地図に描かれた日本を探しています。(日本列島の図ということ)
ご存知の方、教えてください!

Aベストアンサー

http://www.hir-net.com/link/map/oldmap.html
http://www.gsi.go.jp/MAP/KOTIZU/kotizu-0.html

古地図リンク集をどうぞ。

Q上海のビジネスホテルについて教えてください。

先日テレビ番組で上海にはビジネスホテルがあると紹介しとりました。

モーテル168と如家というビジネスホテルらしいですが・・

このホテルをはじめ上海や北京のビジネスホテルそれも
便利な場所にあるビジネスホテルを教えてください。

Aベストアンサー

モーテル168も如家も格安ビジネスホテルのチェーンです。休憩の料金体系もあるということで、ビジネス滞在以外の用途もあるということです。

莫泰168 http://www.motel168.com/
如家酒店 http://www.homeinns.com/

このほか比較的有名なビジネスホテルチェーンとして思いつくのは以下のようなところです。

速8酒店(Super8) huttp://www.super8.com.cn/
锦江之星 http://www.jinjianginns.com/
星程酒店 www.xingcheng.com/
富驿酒店 http://www.fxhotels.com/

私が愛用しているのは
上海: 金辰大酒店 http://www.jinchenhotel.com/ (淮海中路 地下鉄 陜西南路駅近く)
北京: 星程星月亮馬酒店 http://www.xingcheng.com/OnLine/ShowHotelInfo.aspx?hotel=64675 (地下鉄駅は遠いがバス停前、近くにローカルなデパート)
で、いずれも三星級です。金辰大酒店には日本語を話すマネージャがいました。

上海も北京も広いので、一般的に便利な場所というのは地下鉄駅に近いという程度のことですが。

モーテル168も如家も格安ビジネスホテルのチェーンです。休憩の料金体系もあるということで、ビジネス滞在以外の用途もあるということです。

莫泰168 http://www.motel168.com/
如家酒店 http://www.homeinns.com/

このほか比較的有名なビジネスホテルチェーンとして思いつくのは以下のようなところです。

速8酒店(Super8) huttp://www.super8.com.cn/
锦江之星 http://www.jinjianginns.com/
星程酒店 www.xingcheng.com/
富驿酒店 http://www.fxhotels.com/

私が愛用しているのは
上海: 金辰大酒店 http://...続きを読む

Q江戸時代の主要街道の道幅。

江戸時代の主要街道の道幅。
当然テレビの時代劇では参考にはなりません。

「箱根八里は馬でも越すが、越すに・・・」
たとえばこの箱根越えに使っていた道の幅や様子。富士山の〇〇合目の登山道のようだとか、
たとえば一般的な街道の幅は、軽自動車が1台通れるくらいだとか・・・。
いやいや、現代の感覚では説明がし難いので、このような形容が近いとか。

地元の山道を歩いていると、江戸の時代の参勤交代に使用された道だとか、早馬が走る道だとか、どんな感じでどれくらいの道幅だったんだろうとよく考えます。
今の山道はほとんど車の轍があり、ほとんどが車基準となっているので想像し辛いです。

十数キロ離れた山道を歩いていると、まったく「文明の音」のしない場所を見つけたもので、徳川時代の感覚に浸りたくなってしまい質問させていただきました。

教えていただいた道を探してみて、自分なりの江戸時代を感じてみようと思います。

Aベストアンサー

http://www.hodomatsu.net/matsu/main/matunamiki_rekisi.html

http://www.geocities.co.jp/Milano/1765/m2/1-1-1.html

というのがありました。

江戸時代は各藩が東海道にありました関係で道路幅は特段決まってなかったようです。

一番時代的に近いのが織田信長の道路整備でこれは道路幅がしっかり決まっていました。

織田信長の諸政策が江戸幕府にもほとんどそのまま使えるものは採用されている事を考えると、主要道路は道幅三間から三間二尺と規定していますので3Mくらいと考えられます。
また道路の両側に側溝を通し、道路を山なりに舗装する事で雨対策などもちゃんとしていたそうです。

並木道はちなみに奈良時代からすでにあり、平安京は柳と槐(えんじゅ)の並木道であったとされています。
江戸時代は火事が非常に多くあったため、火事で町が被害を受けるたびに道幅が広くなりましたので実際には街中では道路が広く取られていただろうと考えられます。

Qビジネスホテルの食事について

朝夕2食付のホテルって普通のビジネスホテルではないんですか?
ビジネスホテル内に一応レストランはあるようですが。

Aベストアンサー

ビジネスホテルやシティホテルでは、一切食事が付かないのが一般的です。朝食付きのホテルでも朝食はオプション扱いのケースも少なくありません。最近、簡単な朝食を付けるビジネスホテルが増えていますが、たいていは、文字通り軽食で、朝食とは呼びがたいことも少なくありません。

レストランなどないビジネスホテルもけっこうあります。ビジネスホテルでは、ホテル内にレストランがあっても、夕食はそこで食べない人の方が多いと思いますよ。

Q江戸時代の「江戸」以外

最近では江戸時代について書かれた本が多数出ていますが、
大多数が「文化が熟した頃の江戸」の話で、他所の話はあまり書かれていません。
そして内容も「江戸礼賛」のようなかんじのものがほとんどです。
もちろんそれはそれで構わないのですが。
例えばイザベラバードの旅行記には、明治に入ってもなお東京を離れたら、
不潔、不衛生のオンパレードのような様子が醒めた視点で書かれています。
江戸時代の地方に関して、できれば江戸と対比するようなかんじで、
詳しく解説された本がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

江戸時代の人自身が表した書物で、現在でも入手しやすく有名なものとしては、雪国新潟の暮らしを描いた鈴木牧之の『北越雪譜』、東北・北海道(蝦夷地)に住む人々の暮らしを描いた菅江真澄の『菅江真澄遊覧記』があります。それぞれ岩波文庫と東洋文庫に収録されています。

Qアメリカにビジネスホテルはありますか

アメリカにビジネスホテルはありますか

アメリカには、日本のビジネスホテルに相当するホテルがありますか。

Aベストアンサー

回答3に反論する形になりますが結論は「あります」。

アメリカのホテルは
(1)豪華に滞在するホテル
(2)リゾートホテル
(3)ビズネスパーソンのためのホテル (ビズネスホテル)
(4)車で移動する旅行者のためのホテル (モーテル)
(5)退職者が利用するホテル (アパートメントホテル)
に分かれます。

ビズネスマンは主に(3)に泊まるといって良いでしょう。もちろん有名会社のエクゼキュティブは豪華ホテル(日本で云えば帝国ホテル、ホテルオークラなど)に泊まるかも知れません。

アメリカで(3)に該当する代表的なホテルは
Marriott 系
Court Yard
Fairfield Inn
Spring Hill Suites
Extended America

Hilton系
Double Tree
Embassy Suites
Hilton Garden Inn
Hampton Inn
などです。

これらのホテルは先に回答した方のビジネスホテルの定義にほぼ相当します。

またマリオット系にResidence Innというホテルチェーンがありますが内容はアパート並みなので長期出張や転勤などで家族とテンポラリーに住むのにとても便利です。

なお私は40年近くアメリカで会社を経営しています。

回答3に反論する形になりますが結論は「あります」。

アメリカのホテルは
(1)豪華に滞在するホテル
(2)リゾートホテル
(3)ビズネスパーソンのためのホテル (ビズネスホテル)
(4)車で移動する旅行者のためのホテル (モーテル)
(5)退職者が利用するホテル (アパートメントホテル)
に分かれます。

ビズネスマンは主に(3)に泊まるといって良いでしょう。もちろん有名会社のエクゼキュティブは豪華ホテル(日本で云えば帝国ホテル、ホテルオークラなど)に泊まるかも知れません。

アメ...続きを読む

Q江戸時代以前の江戸

江戸時代以前の江戸とはどのような所だったのでしょうか?

歴史に殆ど登場しないので、太田道灌が江戸城を築城したことくらいしか知りません。

徳川家康は当時無名だった江戸をなぜ選んだのでしょうか?

Aベストアンサー

 もともと江戸は、寂しい漁村に過ぎず、江戸という地名も「入江の門戸」の村を意味していました。

 鎌倉時代に江戸氏がこの地と関わりを持ちましたが、とくに長禄元年(1457)に上杉氏の家宰太田道灌が江戸城を築いてから城下町が出来ました。

 その江戸城は、戦国時代には小田原の北条氏の一支城となり、遠山氏が上代を務めて支配していました。

 家康が天正18年(1590)に江戸に入府した頃は、「町屋なども、かや葺きの家百ばかりもあるかなし」で、「城も形ばかりに、城のようにこれもなく」というありさまだったということです。 

 なお、徳川家康が江戸を選んだのではなく、豊臣秀吉から領地替えを命じられ、苦渋の思いをしながら江戸に入府したのです。

Qお勧めのビジネスホテル

今、ビジネスホテルは、シティーホテルと同じかそれ以上の値段のホテルもありますが、ビジネスホテルの中で、値段の割りに、清潔・朝食(無料又は有料)・サービスが納得のホテルはどこの系列か教えて下さい。又、首都圏・近畿・名古屋でお勧めのビジネスホテルを教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

コストパフォーマンスという点では、東横インですね。絶対金額が安めですから、部屋が狭く、サービスも質素ですが、キャンペーンなどでなくても安いあの宿泊代はお得だと思います。

大都市圏には少ないですが、ルートインもお得だと思います。東横インよりもやや高めで、その分朝食(公式サイトからの予約のみサービス)の質や部屋の広さなどサービスがよいです。

APAは悪くはないですが、部屋は値段なりの広さで、お得感を出すためか、なぜか部屋の広さのわりに立派な椅子を置きたがるので、椅子が大きすぎてかえって使い勝手が悪い事も少なくありません。

コンフォートホテルも泊まった軒数は少ないですが、けっこうコストパフォーマンスがよい印象があります。ルートインと似たような印象を持ってます。

Q江戸時代の上方と江戸文化の違い

上方が「いかに生きるか」
江戸が「いかに楽しむか」
だと思っていますが、あっているでしょうか?

Aベストアンサー

江戸時代の江戸と上方の文化の違いについての見解が示されておりますが、この見解はあまりにも短絡的ではないかと思います。

徳川家康が江戸の地を踏むまで、江戸は単なる片田舎だったのです。
したがって全ての中心は「上方」(上という字が使われていることに注目)にありました。京都に行くことが「上る(のぼる)」であり、江戸に行くことは」下る(くだる)」だったのです。

したがって、上方の文化が単に「いかに生きるか」だけではなく「楽しむこと、生活に潤いを持たせること、情緒を豊かにすること」など、本来の文化に求められるものは全て有していたと思います。

しかし、江戸幕府成立後、江戸の地には新しい文化をつくりあげようとする機運が急激に高まってきたのです。とはいえ、その初期の時代は、いまだ京都を中心とした上方文化の影響を強く受けていました。

ところが、政治の中心地、人口の増加の顕著な江戸には、次第に独自な江戸文化が完成して行きます。これに対し、上方は伝統的な文化が存続し、江戸時代の中期以後は両文化が併存するとも考えられます。 江戸時代も後半になりますと、江戸の文化の隆盛に比べ、上方の文化の影がやや薄くなる感もあります。だが、上方文化は消失することはありません。

江戸時代なかば、近松門左衛門や井原西鶴などが登場し、元禄文化が花開くけれど、その発信地は上方だった。いや文学だけではない。諸事全般、新興都市の江戸は、千年の都を背にした上方の文化に頭が上がらなかった。 

江戸時代も後半になりますと、江戸の文化の隆盛に比べ、上方の文化の影がやや薄くなる感もあります。だが、上方文化は消失することはありません。

時代も下ると文化の中心は江戸へとシフトしていきます。
 宝暦、天明の時代ともなれば、いやもう上方なにするものぞ、の気運バリバリ。超人気作家、山東京伝により「金の鯱(江戸城の天守閣の意味)にらんで、水道の水(玉川水道)で産湯を使い、吉原本多(イケメン風髪形)に髷を結い、本町通りの角屋敷を売ってでも吉原でお大尽遊び」なんて感じの江戸っ子像オリジナル版が登場したのもこの時期だったのです。

このように文化の勢い、新鮮さなどにおいては江戸文化のほうに軍配が上がるかもしれませんが、伝統、質等の面では上方も引けは取らなかったと思います。

「いかに生きるか」は上方も江戸も、というより江戸の方が大変だった時代です。みんな大変な時代にあって、いかに楽しむかを大事にしていたのではないでしょうか。

江戸時代の江戸と上方の文化の違いについての見解が示されておりますが、この見解はあまりにも短絡的ではないかと思います。

徳川家康が江戸の地を踏むまで、江戸は単なる片田舎だったのです。
したがって全ての中心は「上方」(上という字が使われていることに注目)にありました。京都に行くことが「上る(のぼる)」であり、江戸に行くことは」下る(くだる)」だったのです。

したがって、上方の文化が単に「いかに生きるか」だけではなく「楽しむこと、生活に潤いを持たせること、情緒を豊かにするこ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報