最近、小児科医の減少についての報道を度々耳にしますが、昔と比べてどの程度減少しているのか知りたいと思います。ここ10年くらいを比較したグラフなどが分かる方法を教えて下さい

A 回答 (1件)

>ここ10年くらいを比較したグラフなどが分かる方法を教えて下さい



ここ10年間のデータではありませんが、
平成8年からのデータなら「厚生労働省」のホームページで見ることが出来ます。


http://www.mhlw.go.jp/index.html

参考URL:http://www1.mhlw.go.jp/toukei/isc99_8/kekka1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速厚生労働省のホームページを見てみました。私が知りたかったことも書いてあり非常に役に立ちました。貴重な回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/07 10:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小児外科医は英語でなんというの??

エキサイトの和英で”小児外科医”と入れると『Infant surgeon』とでます。
しかし、これを逆に英和にかけると『幼い外科医』とでます。。(TT)
『pediatric surgery』だと『小児外科』と出るのですが、果たして”小児外科医”の事も同じ呼び方なのでしょうか?
医学用語系のサイトでも、基本中の基本すぎるのかなかなか載っていません。
どなたかご存知の方教えてください!
ちなみに一般的な、敬意を込めた呼び方を探しています。

Aベストアンサー

こんばんは

専門家でも何でもないのでアドバイス程度に
小児科の:pediatric+外科医:surgeon=小児外科医:pediatric surgeon

日本小児外科学会はJapanese Society of Pediatric Surgeonsです
http://www.jsps.gr.jp
英語バージョンのほうに
Pediatric Surgeons are specially trained physicians with・・・
というくだりがあります

参考までに

参考URL:http://www.jsps.gr.jp

Q出来れば小児科医に質問です。

小児科で良い意味で印象的だった母親はいますか?
どのような方ですか?

娘の主治医が人柄的にとても素敵な先生で毎回診察時には、うっとり見つめてしまいます…。
医師は初め、目をそらしていたのですが、最近はそらさないため、しばらく見つめ合う状態になったりしています。
娘が診察に行っているわけですが、診察室に入る時も出る時もこの主治医は母親である私の顔ばかり見ています。なぜ?

たくさんいる患者のうちの1人ですが、覚えて頂きたいなと思い質問に至ります。

Aベストアンサー

小児科ですから、お子様はまだ小さいんですよね?
であれば、診察時以外は保護者の顔を見るのは当然ではないかと。

つか、なにしに医者に行ってるんだか(呆)。

Q本当に小児科医が不足しているのですか?

ぶしつけな質問で、申し訳ありません。
小児科、産科不足をマスコミがあおっているようですが、どうしてそれらの科の医師は不足しているのでしょうか。

少子化が進んでいる現在、患者となる対象は明らかに減っていると思います。しかしながら小児科医は減らないと思います。確かに新卒の医師がいないと言う点はあるでしょうが、定年が無い以上少子化を上回るペースでは減らないと思います。
(厚生省のデータで小児科医の年間減少率が数%というのはみたことがありますが)
高齢化が進んでいるため高齢者を診る医師が不足しているというのなら、わかります。

現実問題としては、昔なら祖父や祖母のアドバイスがあり受診率が低かったものが、核家族化が進んだためすぐに不安になり受診するため受診率が急上昇したせいではないかと思われます。
また、共稼ぎが多いため日中は受診せず夜になってからの受診する患者も増えていると思います。
医師に交代制などありません、労働基準法も適応されません。昼間は外来診療をし、そのまま当直をこなし翌日も何事もなかったように外来診療をこなす。36時間連続勤務など普通です。

根本の原因は小児科医不足ではなく、両親との同居はわずらわしい等の自己中心的な(ちょっと言いすぎですが)近代日本が生んだ問題のような気がします。

ちょっと、いいすぎでしょうか?

ぶしつけな質問で、申し訳ありません。
小児科、産科不足をマスコミがあおっているようですが、どうしてそれらの科の医師は不足しているのでしょうか。

少子化が進んでいる現在、患者となる対象は明らかに減っていると思います。しかしながら小児科医は減らないと思います。確かに新卒の医師がいないと言う点はあるでしょうが、定年が無い以上少子化を上回るペースでは減らないと思います。
(厚生省のデータで小児科医の年間減少率が数%というのはみたことがありますが)
高齢化が進んでいるため高齢者を...続きを読む

Aベストアンサー

現場の立場から申し上げますね。
おっしゃるとおり,少子化で子供の数は減っています。それならば小児科医は少なくてよいのではないかと思われることは当然だと思います。
しかし,です。実際に来院されている患者さんは増えている傾向にあります。確かに,祖父や祖母のアドバイスがあり受診率が低かったものが、核家族化が進んだためすぐに不安になり受診するため受診率が急上昇したことは大きな原因の一つです。でもそれは決して,両親の同居がわずらわしい,の一言で片付けられる問題ではないでしょう。
かわいい我が子が少しでも異常を見せれば不安になるのは当然です。少子化が進もうとも,小児科医のニーズは上昇する一方なのです。
それに最近,新たな問題があります。それは,メディアです。最近は,病気を呷るような番組が多くあります。例えば万に一つも無いような,医者が一生涯かかっても1人出会うか出会わないかのような病気を,さぞ今すぐ我が子に襲うかのような文句で吹聴しているものが多くあり,それに影響され来院される方もたくさんいらっしゃいます。私たちが聞いて驚くような病名を口にされる方もいらっしゃいます。
これらに対応するには,今では小児科医は少なすぎるのです。
単に統計を比較すれば,小児科医の減少数は少子化のスピードよりも緩やかかもしれませんが,小児科医のニーズがそれを超える勢いで上がっています。

現場の立場から申し上げますね。
おっしゃるとおり,少子化で子供の数は減っています。それならば小児科医は少なくてよいのではないかと思われることは当然だと思います。
しかし,です。実際に来院されている患者さんは増えている傾向にあります。確かに,祖父や祖母のアドバイスがあり受診率が低かったものが、核家族化が進んだためすぐに不安になり受診するため受診率が急上昇したことは大きな原因の一つです。でもそれは決して,両親の同居がわずらわしい,の一言で片付けられる問題ではないでしょう。
か...続きを読む

Q小児精神科医になりたいのですが…

男性の医学生です。
子供が好きで、小児科にあこがれていましたが大学受験前に小児精神科という領域があることを知り、小児内科よりもそちらのほうが自分の興味と合っているのではないかと考えるようになりました。

学生の自分が今のうちにできることというのは何かあるでしょうか?将来に向けて知識を増やすとか、子供と多く接するなど(一応、学習塾講師や小児科訪問のボランティアをしています)、思いつきはしますが意味があるかどうか不安になります。臨床を経験された先生方で「学生の時これをやっていれば良かった」という事があれば教えて下さい。

また、まだ先の話ですが就職にあたって小児精神を専門的に扱っている病院に就職できる可能性は低いと考えています。それは努力云々以外の事情もあります。そこで、ローテート後は小児科か精神科で修行を積もうと考えているのですが、どちらが良いなどのアドバイスはありますでしょうか?小児精神科の世界は女性の方が合っているという話もちらほら聞くのでその辺りも不安なのですが、必要な心構えのようなものが他科と違うのかなと想像しています。「こういう気持ちをもって医者になれ」というアドバイスもお待ちしております。
長くなりましたが、よろしくお願いします。

男性の医学生です。
子供が好きで、小児科にあこがれていましたが大学受験前に小児精神科という領域があることを知り、小児内科よりもそちらのほうが自分の興味と合っているのではないかと考えるようになりました。

学生の自分が今のうちにできることというのは何かあるでしょうか?将来に向けて知識を増やすとか、子供と多く接するなど(一応、学習塾講師や小児科訪問のボランティアをしています)、思いつきはしますが意味があるかどうか不安になります。臨床を経験された先生方で「学生の時これをやってい...続きを読む

Aベストアンサー

小児科医療はもの凄く変わっています。年がバレますが、私が医学部を出たばかりの頃は、腎ネフローゼ治療で顔がムーンフェイスになった子どもが病棟にあふれ、夜間救急はたまに喘息または熱性けいれんが担ぎ込まれるという時代でした。今や、発達障害とか適応不能とか、精神の占める割合が高くなっているのは事実ですし、専門医も絶対的に不足しています。 ただ、こころのケアは専門医のみが担うのではなく、全ての小児科医が心得て欲しいと思います。その上で、スペシャリストになろうという意気込みは素晴らしいの一言ですが、医療と教育と福祉の接点のような仕事ですから、医者らしい分野とは相当違った仕事であることを覚悟された方が良いです。ハッキリいって、福祉の人たちはゆえなく医者に敵対的、患者のおかさんはワガママ、教員は非常識、職員は思想信条に相当偏りがある。こういうことを経験される可能性が、他科よりも多いです。無論、素晴らしい方が多く居られますからこう言うのは問題があることは承知していますが、大部分の同級生が進む分野とは相当肌合いが違うということはインフォームドコンセントが必要と思うのです。 従って、燃え尽きた時のセーフティネットを自ら張ってから参入されると良いでしょう。それには、まず良い一般小児科または精神科の臨床力を養うことです。専門研修の機会は、国立成育医療センターや精神神経センターには専門の診療部門がありますからコースがあるのでしょう。仮に疲れ果てても、キット良くなる子供の笑顔があると折れないで良い医者人生を歩めます。頑張れ!

小児科医療はもの凄く変わっています。年がバレますが、私が医学部を出たばかりの頃は、腎ネフローゼ治療で顔がムーンフェイスになった子どもが病棟にあふれ、夜間救急はたまに喘息または熱性けいれんが担ぎ込まれるという時代でした。今や、発達障害とか適応不能とか、精神の占める割合が高くなっているのは事実ですし、専門医も絶対的に不足しています。 ただ、こころのケアは専門医のみが担うのではなく、全ての小児科医が心得て欲しいと思います。その上で、スペシャリストになろうという意気込みは素晴らし...続きを読む

Q小児科(障害児専門)と精神小児科・児童精神科はちがいますか?

小児科(障害児専門)と精神小児科・児童精神科はちがいますか?

5歳になる発達障害児がいます。1歳半から障害児専門の小児科へかかり、原因不明の発達遅滞といわれていましたが、特別児童手当をうけるときに心理士からADHDかも知れないと言われたのでついでに書いてもらいました。そんな感じなのできちんとした診断名を受けたつもりはありません。

昨年、隣県に引っ越し、新しい障害児専門の小児科へかかっていますが、カウンセリングのみできちんとした検査や診断は受けておりません。小学校へ向けてきちんとした診断を受けようか相談するため予約を取っています。

ところが幼稚園の障害児担当の先生が、小児科の先生がADHDと診断できるのはおかしい(児童手当申請書のコピーを提出していました)。うちの県では小児精神科は1つしかない(園の先生はここで2年間通って勉強したそうです)。いま通っている小児科の先生でも診断できないのではないか。私は自閉症だと思う(なぜあなたこそ診断できる?)。

そんなことを言われて不安になりました。

小児科(障害者等専門の)と児童精神科?や小児精神科?の先生は専門分野は違うのでしょうか?
それともただ、病院や先生が専門科を名付けているだけなのでしょうか?
かかりつけの先生に直接聞くのも聞きにくいと思いますし、もし、専門外の先生ならば、きちんとした専門の先生に診断を受けたいと思います。

わかりずらい文章ですが、ご回答よろしくお願いいたします。

小児科(障害児専門)と精神小児科・児童精神科はちがいますか?

5歳になる発達障害児がいます。1歳半から障害児専門の小児科へかかり、原因不明の発達遅滞といわれていましたが、特別児童手当をうけるときに心理士からADHDかも知れないと言われたのでついでに書いてもらいました。そんな感じなのできちんとした診断名を受けたつもりはありません。

昨年、隣県に引っ越し、新しい障害児専門の小児科へかかっていますが、カウンセリングのみできちんとした検査や診断は受けておりません。小学校へ向けてき...続きを読む

Aベストアンサー

医師免許を持っている人なら誰でも”診断名”をつける事は出来ます。
でもその信憑性は別問題です。
だって例えば外科医から発達障害を診断されてもね・・・^^;?

なのでベストなのは児童精神科医でしょうが、障害児を見慣れている人ならばある程度わかると思うので的外れな診断ではないのでしょうが、はっきり言うと、障害児を見慣れたフツーの人(医者以外)が全体の雰囲気で見分ける程度の事だと思います。

対して児童精神科医の場合は検査をしたり発達障害に焦点を当てて行動観察をします。


少なくとも医師免許を持たない幼稚園の先生が”医師”の診断にケチをつける資格はありません。

ただ・・・日常長時間の接触をしている先生の勘を馬鹿に出来ないのも事実だと思います。

一度子供さんの様子を、自閉症状を意識して観察してみて、minikuma3さんの目から見て当てはまると感じる部分があれば専門の病院を受診されても良いかも知れませんね。

ちなみに小児科だろうが児童精神科だろうが免許が分かれている訳ではないので、
小児科の看板を掲げる病院にも発達障害に詳しい医師がいる事もあります。

医師免許を持っている人なら誰でも”診断名”をつける事は出来ます。
でもその信憑性は別問題です。
だって例えば外科医から発達障害を診断されてもね・・・^^;?

なのでベストなのは児童精神科医でしょうが、障害児を見慣れている人ならばある程度わかると思うので的外れな診断ではないのでしょうが、はっきり言うと、障害児を見慣れたフツーの人(医者以外)が全体の雰囲気で見分ける程度の事だと思います。

対して児童精神科医の場合は検査をしたり発達障害に焦点を当てて行動観察をします。


少なく...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報