SN1反応は、以下の基質RXのイオン化と中間体カルボかチンの求核種Nu-の2段階反応として表されますが、1、(RX⇔R+ +X- )速度定数:右K1、左K-1 :
2、(R+ + Nu- →RNu ) 速度定数:K2
そのときの反応速度は
速度= K1K2{RX}{Nu-} / ( K-1{X-} + K2{Nu-})
 

で、表されますが、この式でK2{Nu-}の示す意味を教えてください。
(普通は、{X-} は十分ちいさいので、分母の第1項が無視でき、一次反応となり、
  速度= K1{RX} で表されますよね。

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

質問の内容だけではあなたがどこまで理解しているのか、どの程度のレベルの回答が求められているのか解りません(何処が解らないかを正確に説明するのはしばしば困難な場合がありますね)。

詳しい説明は学部生対象の有機化学や物理化学の教科書に載っていると思いますのでそちらを参照にしてください。

以下、簡単の為に電荷表記を省きます。Xを遊離基、Nuを求核剤とします。
RX ⇔ R + X   (1)
R + Nu → RNu   (2)

式1の正方向の速度定数をk1、逆方向の速度定数をk-1とし、式2の速度定数をk2としましょう。

RNu の生成速度は
Rate(RNu)= k2[R][Nu]  (3)

と書くことが出来ます。さらに中間体 R 濃度が常に小さく、その濃度変化を無視できる(=0)と仮定すると
d[R]/dt= k1[RX] - k-1[R][X] - k2[R][Nu] = 0  (4)

式4から[R]= k1[RX]/{k-1[X] + k2[Nu]}、これを式3に代入して

Rate(RNu)= k2k1[RX][Nu]/{k-1[X] + k2[Nu]}    (5)

分母分子をそれぞれk2[Nu]で除して

Rate(RNu)= k1[RX]/{k-1[X]/k2[Nu] + 1}    (6)

式6において、反応始終 k-1[X]/k2[Nu]が1よりも遥かに小さい値であれば、これを0に置き換えてもRate(RNu)はほとんど影響を受けませんね。すなわち Rate(RNu)= k1[RX]/{0 + 1} = k1[RX] となるのです。

さて、ここで悩んでおられるものと思います。問題とすべきなのはk2[Nu]そのものよりも《k-1[X]とk2[Nu]の相対比》なのですが解るでしょうか?

いろいろな説明があると思いますが今回は以下のように説明します。この系はまず最初にRXからXが遊離してRが発生します。次にRに対して求核攻撃が起きます。このときRとNuが反応して生成物RNuを与える反応と遊離基Xと再結合して原料RXが生じる反応が競争して起こります。これらの反応速度は以下のようにかけます。

Rate(R&Nu)= k2[Nu][R]    (7)
Rate(R&X) = k-1[X][R]    (8)

そして二つの式で表した値の比こそが《k-1[X]とk2[Nu]の相対比》なのです。

すなわち式7で示した速度が式8の値よりも遥かに大きい場合に限り、Rate(RNu)= k1[RX] となるのです。逆に反応途中でk-1[X]/k2[Nu]が無視できないほどに大きくなった場合には Rate(RNu)= k1[RX] とはならないわけです。

以上のことが教科書にはもっと解りやすく書いてあると思いますよ。教科書の種類によって説明のレベルや量がまちまちですのでなるべく多くの本を参照すべきだと思います。他にも様々な説明の仕方があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事有難うございます。返信が大変遅くなり申し訳ございませんでした。いろいろ教科書調べやはり、この議論で説明されているもの多かったです。
有難うございました。

お礼日時:2001/11/05 00:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二次反応の反応速度定数kについて

大学の課題として、水酸化ナトリウム中の酢酸エチルの
加水分解反応において、各時間における酢酸エチルの減少、
酢酸エチルと水酸化ナトリウムの初濃度が分かっている(与えられている)時に反応速度定数kと半減期を求める問題をやっているのですが、自分なりに精一杯調べた結果、半減期については
kと初濃度の積の逆数であると思われることがわかったのですが反応速度定数の求め方が分かりません。理解するのに時間がかかるのでご迷惑おかけすると思うのですが教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

各時間における酢酸エチル濃度(分解率)がわかっているようですので、例えば、片対数グラフのY軸(対数軸)に、(1-f)[1から分解率を引いた数値:例えば分解率が30%であれば1-f=0.7]をプロットし、X軸には時間[h]をプロットします。そうすると逐次反応の場合はそのプロットが直線に近くなると思います。そこで、ある時間(t)での(1-f)の値を用いて、k=-ln(1-f)/tを求めれば、反応速度定数k[1/h]が求まると思います。
例えば、上記グラフが直線にある場合で、3時間後の分解率が70%であれば、k=-ln0.3/3=0.401[1/h]ということになります。

QKI+AgNO3→AgI(黄)↓+K(+)+NO3(-)やNa2SO4+BaCl2→BaSO4(白)↓+2Na(+)+2Cl(-)は正しい?

高校化学についての質問です。

KI(ヨウ化カリウム)にAgNO3(硝酸銀)水溶液を注いだらその水溶液にはAgl分子とK(+)、NO3(-)が存在するのでしょうか?
つまり、
KI+AgNO3→AgI(黄)↓+K(+)+NO3(-)
となると言っていいのでしょうか?

また、Na2SO4(硫酸ナトリウム)にBaCl2(塩化アンモニウム)水溶液を注ぐとその水溶液にはBaSO4分子とNa(+)、Cl(-)が存在するのでしょうか?
つまり、
Na2SO4+BaCl2→BaSO4(白)↓+2Na(+)+2Cl(-)
となると言っていいのでしょうか?

Aベストアンサー

考え方は合っていますが、反応式は以下のように表現されます。

KI+AgNO3→AgI+KNO3

Na2SO3+BaCl2→BaSO4+2NaCl

なお、BaCl2は塩化アンモニウムではありません。

塩化アンモニウムは NH4Cl
BaCl2は塩化バリウム です。

Q{H+} と {OH-} の求め方

よく分からないので問題を例に教えてください。

CH3COOH水溶液のモル濃度をm,電離度をαとする。

      CH3COOH → H+ + CH3COO-
電離前    m       0        0
電離後    m(1-α)    mα      mα

{H+}{mol/l}=1*m*α・・・・・・・(1)
電離後はどうして価数とモル濃度を掛けているのでしょうか。また、なぜ(1)の式が成り立つのでしょうか。これ以外にもこの式全体を分かりやすく教えてください。
公式として丸暗記はしたくありません。

Aベストアンサー

>私が一番知りたいのは「なぜm*αとなるか」です。途中の式変形などがあれば書いていただけると嬉しいです。
 繰り返しになりますが、それが『電離度』という量の定義なのですよ(^_^;) 酢酸の1分子が電離すると水素イオンと酢酸イオンとがそれぞれ1分子できますね。そこで酢酸のうちのmという割合だけが電離すると、電離する酢酸の量はmαモルになりますね。そうすると酢酸イオンも水素イオンもmαモルだけ生成されることになりますよね。・・・これでもダメでしょうか?(^_^;)

Q速度反応定数と反応次数

いま大学一年なんですが、化学で、同濃度(1.0M)の酢酸メチルと水酸化ナトリウムを用いて25℃でケン化を行い、その時の酢酸メチルの濃度を定量する問題で、あらかじめ時間とその時間の時の酢酸メチルの濃度がわかっているのですが、この情報からどうやって速度定数と反応次数を求めるのかよくわかりません。
教えてください、おねがいします。

Aベストアンサー

反応は:
CH3-C=O-O-CH3 + NaOH → CH3-C=O-O- Na+ + CH3OH
になります。実際には可逆反応ですので、最終的には平衡濃度に達します。このときの反応速度定数をkとすると、時間変化は、一番初期には:
d[NaOH]/dt=-k[CH3-C=O-O-CH3]*[NaOH]...(1)
となります。
酢酸メチルと水酸化ナトリウムの初濃度が等しいので、
[CH3-C=O-O-CH3]=[NaOH]
となり、これを仮にxとすると、
dx/dt=-kx^2
となります。
ですのでこの微分方程式を解いて、xの時間変化を求めればkが求まります。なお積分時に積分定数が出て来ますが、t=0でx=x0 (初濃度)の境界条件を入れれば完成です。
なお、初めに述べましたように、本来は平衡反応ですので、初期しかこの仮定は成り立ちません。

Q速度定数kにおける2次反応の手順について

v=-d[A]/dt=k[A]^2をAの2次とし、この形の2次反応の速度定数kの求め方を調べよ。(実験のように図と文章で説明)

とありますが、自分で考えても全く進まず、実験の手順が載ってないか調べたのですが見つけられず困っている状況です。

Aベストアンサー

まずは積分して濃度の時間変化の式にしてみる.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報