“輩出”を広辞苑やgooの辞書から検索すると『人物などが次々に出る事』とあり、用法は『~が輩出する』となって自動詞として使われていますが、最近の新聞、TVなどでは【『~を』輩出した】のように判で押したように他動詞で使われる事しか記憶になく、とても違和感を覚えます。
 
別の辞書には自動詞も他動詞も併記されているものも知っていますが、新聞もTVも一般的な広辞苑を引用することが多々あるのに、どうしてこの言葉だけは広辞苑やgooの辞書の用法に拠らないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

レスポンスが遅くなって済みません。



>語源俗解は誤用とは違うのでしょうか。

「語源俗解」は「学問的・科学的根拠のない、誤った語源解釈」のことで、
「誤用」は「誤った使い方」ですので、
両者はイコールではないように思います。

「輩出」ですが、言葉というものは、一旦“勢い”を持ってしまうと、
たとえそれが誤用とわかったとしても、なかなか改まらないものですので、
新聞・放送関係がこれから自動詞用法に切り替えるというのは難しいように思います。
    • good
    • 0

全く自信ありませんが。



「輩出」が他動詞として使われることが多いことの理由の一つに、
現代日本語の傾向として、「人」より「物」を主語にする表現を好む、
ということがあるのではないでしょうか。
物を主語にした表現にすると、人の時のそれよりも、
なにか文学的で読み手を惹きつける表現になるという言語感覚を、現代日本人は持っているようです。
例えば、
「何が彼をそうさせたのか」「その作品は私に言いようのない感動を与えた」
上の2文を、
「彼は何によってそうなったのか」「私はその作品を読んで言いようもなく感動した」
と比べると、言わんとするところは何となくご納得いただけましょうか。

但し、ご質問の趣旨は、表現方法の問題ではなく、「輩出」という語自体の用法の問題ですから、
そればかりが要因とは言えず、やはりNo.1の方が仰る「排出」との混同による語源俗解と、
上記のような言語意識とが相俟って、専ら他動詞用法が主流になったのではないでしょうか。

(繰り返しますが、全く自信なし、です。)

この回答への補足

「何が彼をそうさせたのか」 などは What made him so that… 
のように英語表現から来ているような気もするのですが、
それはさて置き日本語の『助詞』は例えば、

「立派『な』桜の木」と書けば樹齢数百年の老木を想像し、
「立派『に』桜の木」と書けば、
木肌が既に充分桜と判別できる程になった苗木を想像するように、
『な』と『に』、母音にすれば僅かにa.とi.の違いだけでこれほど文意が変わってしまいます。
  
“輩出”の場合は他動詞での用法が誤用による慣習化だとして、
助詞が『を』でも『が』でも大筋で文意は変わらず、
一般人の誤用は看過の範疇としても広辞苑や
gooの辞書(三省堂)のみならず家電店の店頭に
置いてある電子辞書の全てが自動詞での用法を示しているにも拘らず
NHKを初め、民放各局、新聞、雑誌の悉くが、
仮にこれを誤用とするならば早急に改めるべき事と考えます。

誤用ではないとする場合には広辞苑や電子辞書の用法に拠らない理由など
是非、専門家のご意見をお聞かせ下さい。   

補足日時:2001/10/13 19:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shino911さん回答ありがとうございました。
語源俗解は誤用とは違うのでしょうか。
済みません。お礼なのに変な質問しちゃいました。

お礼日時:2001/10/13 20:05

 これは、おそらく、「(~を)排出する」という語との混同から来たのではないでしょうか。

「外に出す(外に出る)」というイメージも似ていますし……。

この回答への補足

はい、そうですね。私もそう思います。
しかし、公共性の高い新聞(読売)や、TVの殆どがこの状態ですから、どうなってしまったのだろうかと気になって仕方がないのです。

人物がその努力によって世に出るのですから、例えば『吉田松陰の松下村塾で学んだ伊藤博文などの偉人が(彼のその後の更なる努力によって)輩出した(世に出た)』とすれば素直に納得出来るのですが、マスコミ関係者はどう考えているのでしょうか。

補足日時:2001/10/06 22:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めての投稿でしたので要領を得られず、お礼の投稿が遅くなって大変失礼致しました。
遅れ馳せながらお礼申し上げます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/12 19:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文豪「が」輩出し/--が輩出--を輩出?

輩出するという言葉を今まで「--を輩出する」という表現のみが正しいと思っていました。
ですが、ある語学教科書を手に取ったときそこに、「多くの文豪が輩出し」と「--が輩出する」という例が出てきました。

辞書を調べたところ「--が輩出する」というのは正しい使い方らしいのですが、それでは「--を輩出する」というのは間違った使い方でしょうか?

Aベストアンサー

 
これは、国語辞典で調べると、「名詞」と「自動詞サ行」というのが出て来て、用例として、「文豪が輩出した」などが出てきます。

しかし、この言葉の用法として、わたし自身は、「文豪が輩出した」も「文豪を輩出した」も両方の例があることを知っています。もうかなり以前からそうです。

実際、Google で、「を輩出」で検索すると、21,000件ヒットします。最初の20件ほどの例だと、明らかに他動詞的に使っています。

他方、「が輩出」で検索すると、4,090件ヒットし、最初の20件ほどを見ると、自動詞の「輩出」です。

国語辞典がどう書いていても、これだけ実際に「を輩出」の用例がヒットし、「が輩出」の5倍も出てくるとなると、国語辞典の記載や用例提示が、不適切なのだということになります。

まだ、新しい表現で、一方は1万件ヒットに対し、他方の新しい言い方が、500件ヒットだと、500件ヒットの方が誤用だということもありえますが、「輩出」については、圧倒的に「を輩出」が多い以上、本来、「を輩出」が正しかったのではないかという疑問さえ出てきます。

実際の社会で使われている用法、用例を、辞書が反映していないのだと思えます。あるいは、用例として、「を輩出」と「が輩出」を採用している辞書もあるかも知れません。

言葉の「正しさ」というのは、文法的な正しさもありますが、その文法も、従来と違う用例が、多数を占めてくると、変化して行きます。「輩出」の場合は、「が輩出」も「を輩出」も、どちらも誤用でなく、妥当な使い方だったと思います。

辞書の記載が端的におかしいというか、不備があるというべきでしょう。
 

 
これは、国語辞典で調べると、「名詞」と「自動詞サ行」というのが出て来て、用例として、「文豪が輩出した」などが出てきます。

しかし、この言葉の用法として、わたし自身は、「文豪が輩出した」も「文豪を輩出した」も両方の例があることを知っています。もうかなり以前からそうです。

実際、Google で、「を輩出」で検索すると、21,000件ヒットします。最初の20件ほどの例だと、明らかに他動詞的に使っています。

他方、「が輩出」で検索すると、4,090件ヒットし、最初の20件ほど...続きを読む

Q英語の単語を覚える時 品詞は覚えるべきですか? 自動詞か他動詞も覚えるべきですか? 意味だけ覚え

英語の単語を覚える時
品詞は覚えるべきですか?

自動詞か他動詞も覚えるべきですか?

意味だけ覚えてもダメですか?

教えてください!!

全部覚えたほうがいいんですけど
そんな余裕がなくて

Aベストアンサー

#1様のおっしゃるとおりなのですが、

品詞は、普通は、言葉の意味とともに覚えますが、どちらかというと、語順や単語のチャンク(まとまり)の中で覚えるものだと思います。

単語帳によっては、コロケーションとか、ミニマム単語とか称していますが、私は、語順で覚えるようにしています。

しかし、気をつけなくてはならない品詞として、形容詞・副詞が同じものがありますね。例えば、hard なんていう単語は、こういうのは要注意です。なぜなら、hardly という副詞があるのに、意味がまったく違います。(これは、ご自身で、比較してみてください)

ある英語の大家の先生は、自動詞・他動詞の区別はしない、とおっしゃってます。
みなさんの多くは、その区別なく覚えていっているはずです。

例えば、raise, rise の違いなどは、どちらが自動詞で他動詞だというよりも、これもセンテンスの成り立ちによって記憶されるのではないでしょうか。文法用語で分類するのではなく、そういう言い方なのだと覚えてしまいます。そもそも、私には、発音がそれらしく感じているのですが……。

They had raised the white flag in surrender.
彼らは降伏の白旗を掲げた。
The balloon rose gently into the air.
風船がそっと空に舞い上がった。

しかし、自動詞・他動詞、両方があって、若干の意味の違いがある単語があったと思うのですが、それは、慣れていくしかないと思いますが、上記の言った意味は、こちらにも適用されます。

例:
I understand how you feel. あなたの気持ちは分かります。(他動詞)
You will understand sooner or later.  遅かれ早かれ分かるでしょう。(自動詞)

#1様のおっしゃるとおりなのですが、

品詞は、普通は、言葉の意味とともに覚えますが、どちらかというと、語順や単語のチャンク(まとまり)の中で覚えるものだと思います。

単語帳によっては、コロケーションとか、ミニマム単語とか称していますが、私は、語順で覚えるようにしています。

しかし、気をつけなくてはならない品詞として、形容詞・副詞が同じものがありますね。例えば、hard なんていう単語は、こういうのは要注意です。なぜなら、hardly という副詞があるのに、意味がまったく違います。(これ...続きを読む

Q「拠って立つ」の意味を教えて!

よく使われている「拠って立つ」ってどういう意味なのでしょうか?
「拠り所」のような感じもするのですが、重みが違うような気もします。
検索しても“用例”ばかりで、明確な意味が見当たりません。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「依って立つ」は「依って」+「立つ」で、最初の「よる」という動詞は、この場合、二つぐらいの意味があり、「あることを根拠とか理由とする」という意味と、「ある場所等を根拠地に立てこもる」などの意味です。
 
  「拠(よ/る・きょ)」という漢字は、「すがる・頼る・基づく」というような漢語としての意味があり、国語漢字としては、「拠り所・根拠・方法」などの意味があります。
 
  「依って立つ」というのは、文脈にもよりますが、「依る+立つ」で、「何かを根拠・依拠するものとして、自らを立てる」また「何かを根拠・依拠する理由として、自らを主張したり、世のなかで存在を明らかにする」というような意味です。何もない空中に、自分の根拠や基礎を置いて、立つ、即ち、自己主張したり、みずからの存在を主張するのでなく、しっかりした岩のような基礎や、人を説得するだけの論理や、政治力・経済力・軍事力など色々な意味の「確かな実力」の上に、自己の存在などを主張する、ということです。
 
  例えば、「三国時代、中国では、英雄劉備は、諸葛孔明を軍師・丞相とし、堅固な地である蜀に「依って立った」」、という風に使います。「蜀」という土地を根拠地に、三国の英雄の一人として、天下に自己の存在を主張したということです。その他にも、色々と使えます。
 
  「依って立つ」というのが、幾分、漢文の読み下し文に感じが似ているので、重々しい響きがあるのでしょう。
  

 
  「依って立つ」は「依って」+「立つ」で、最初の「よる」という動詞は、この場合、二つぐらいの意味があり、「あることを根拠とか理由とする」という意味と、「ある場所等を根拠地に立てこもる」などの意味です。
 
  「拠(よ/る・きょ)」という漢字は、「すがる・頼る・基づく」というような漢語としての意味があり、国語漢字としては、「拠り所・根拠・方法」などの意味があります。
 
  「依って立つ」というのは、文脈にもよりますが、「依る+立つ」で、「何かを根拠・依拠するものと...続きを読む

Q紙の辞書と電子辞書のメリットデメリットについて

子供に言葉を教える時に、親でも言葉の意味が曖昧な時があるし、子供に自分で辞書を引く癖も付けさせたい事から、家族で使う目的で辞書を買おうと思います。

その場合、近年は数冊の辞書が入った電子辞書がよく売っていますが、紙の辞書に対してどのようなデメリットがあるのでしょうか?

僕は英会話用に電子辞書を使っていますが、持ち運びが便利だから、いつでも簡単に引けるメリットがあると思いますが、やはり紙じゃないと覚えが悪いとかありますかね?

Aベストアンサー

こんばんは。

私は、中学生の頃、国語辞典や漢和辞典、古語辞典が好きでした。響きのいい言葉とか、きれいな漢字の単語を読むのが好きでした。
国語の授業の時間などには上の空で時々辞書を読んでばっかりで聞いていなかったこともありました(^^;)

デメリットとしては、そのページなどの単語に興味を持つ機会がないということ、類似の単語を知るチャンスがないということだと思います。あまり興味関心が高まらないということかな?あんまり興味を持たない子だったら電子辞書でもいいと思いますけれど。でも学校などには持っていけないかもしれないので、本の方の辞書を買う必要に迫られるかもしれませんね。

親が使う分には便利で手軽でいいと思いますが、私は自分の子どもには本の方を使わせると思います。
ひくのに慣れると、手間は全く感じなくなります。私はどちらかというと、電子辞書の方がおっくうに感じてしまうので…(^^;ゞ頻繁に使えばいいけど、いざ使おうとすると電池が無くなってるし…。

Q辞書持込可の試験、書き込みのある辞書

とある辞書持込可の試験を受けようと思っているのですが、私の持っている辞書には書き込みがしてあります。
横にチョコチョコと書いてあるレベルではなく、最初の白紙のページにギッシリと動詞の変換だとか、よく間違える単語の意味だとかが書き込んであります。
このような辞書は試験に持ち込んではいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

持ち込みはできません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報