親父が困っているので質問します。
最近よく不動産屋がきて、親父の土地でカラオケ店やりたいのだが・・・
と口説かれているようです。今は田んぼですが、周囲の土地はここ数年で
田んぼからお店に変わっています。
親父もいつまで体が続くかわからないし後継者はいないしいいところなら
貸してもいいとは思っているようですが、カラオケってその内流行らなく
なるのでは???と不安のようです。俺に質問されても無責任なこと言え
ないし、いずれは俺の土地になるところなので俺も不安になってしまいま
した。結構おしゃれなカラオケ店だそうですが、皆さんカラオケって永遠
に不滅な商売でしょうか?大事な土地がかかっているのでぜひアドバイス
お待ちしています。

A 回答 (4件)

貴方やお父さんが経営するのでなくて、カラオケ屋をやりたい業者に土地を貸すのなら考え方はあると思います。



撤去しやすいコンテナーを置く形式で、コンテナー置き場として貸す...つまりいつで無明渡請求できる形の契約とします。

考え方としては、二段駐車場の機械を置かせるように、コンテナーを置いただけ!!、契約も駐車場のように10年契約とし、

地代更新は3年毎など、よく専門家に相談されては如何でしょう。。。

●相続税のためには、土地はいつでも更地にできる状態の賃貸契約にしないと、あとで面倒な事になります。
  絶対に不動産に該当する建物を建ててはいけません!!
   ______________________

その意味でカラオケは、「永遠に不滅」では困るのです。
また絶対に、自分の資金は使わない方がよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ゲエー。不動産屋のはなしでは、コンテナとかではなくて二階建ての
防音設備がしっかりした。とっても綺麗な建物だそうです。
この話断った方がいいかな・・・。
とにかく、俺も親父もあせっているわけでは全くありませんが、いずれ
この土地は、貸すことになる土地だと共通に思っています。
この話がある以上、特に知り合いはいないのですが専門家にも聞いて
みます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/07 20:04

私は都内に勤務していますが、ハッキリ言っちゃいますと、都内で仕事帰りに「歌いに行く」とは、イコール「飲みに行く」です。


ohattoさんの土地で開業する場合は、恐らく郊外型のクルマで来る事を想定した店になるのでしょうが、クルマで来るにしても、飲まないで歌だけ歌う人など考えられません(飲酒運転ですな!)。
なので、「カラオケ店を開くという事は、アルコールを飲ませる店を開く事」という心構えが必要なのではないでしょうか???
個室なので高校生も誰に遠慮することなく、酒を飲んでタバコも吸いまくるでしょうし、決して風紀的には良くはならないと思います。
流行続けるか云々よりも、風紀的に考えてそれなりの覚悟が必要だと思いますよ・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ドキ!・・・風紀的にどうなるかわからない。それなりの覚悟???
カラオケってそんなに良くないところなのですか?知らなかった。
もしかして、あのガラ悪いカラオケ店は、○○さんちが土地貸して
いるそうだ。お陰で風紀が乱れて困るよ・・・などと陰口たたかれ
たりするのだろうか。不動産屋の話では、すごく健全だと言ってい
ましたが、それって嘘?・・・。友人や知人にも意見聞いてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/07 19:54

どんな客層が期待できそうですか?


それにもよるのですが。

以前、カラオケ店をかなり利用していた10代(高校生)の子たちは、携帯電話の料金捻出のため、あまり使用しなくなったようです。

それから、乗り換え駅で、よくカラオケ店の人が割引券を道ゆく人に手渡そうとするのを見かけますが、手に取る人はほとんどいません。

もし、わたしがohattoさんと同じ立場であれば、勧めることはしないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~~~ん・・・
後継者(私のこと)は、いないし回りはどんどんお店になるし・・・
まあ、実際にカラオケ店として土地を提供するかどうかわかりませんが
私自信も、いずれこの土地は何らかのお店に貸すことになるだろうと
思っていました。カラオケではなく違う店舗を、ということも頭に置いて
おきます。もしカラオケ店なら、つぶしの効く建物を要求したいし
他の話にも耳を傾けて見たいと思います。いずれにしても契約は、急がず
親父だけに判断させないで、俺も色んな人に相談して納得してからと
思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/07 19:43

利用している客の立場、ということで回答します。


>カラオケって永遠に不滅な商売でしょうか?

そんなことはないと思います。まだ商売としては歴史の浅い産業です。
年齢のせいもあるかもしれませんが(30代半ばです)、今、あまりカラオケ店に行こうとは思いません。私の思うカラオケ店の欠点や、課題を挙げます。

・音質が悪い
・金額が高い
・一人練習用部屋、録音ルーム、などの普及、標準化を望む(ミニスタジオですな)
・カラオケショップ付近の風紀・雰囲気が悪いことが多い

はっきりいって、ドリンク・フードサービスなどは、2の次、3の次でしょう。また、音漏れもあまりうれしくありません。

これらの課題を解決するようなカラオケ店があるとすれば、相当お金がかかることでしょう。また、それ以外の設備費も高く、今日、経済効果の高い産業とは必ずしもいえないように思います。

しかし、同じ建物を使っていろんな業者が使いたいと言ってくるかもしれません。その土地の特徴を考え、信頼できる方に聞くのが一番だと思うのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々とアドバイスありがとうございます。
永遠に不滅って保証はありませんよね。
親父は、気持ちの半分はこの機会だから貸してもいいかなと
思っているようなので、カラオケが駄目になっても借り手が
来そうな建物にするよう注文を付けるよう話してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/07 19:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ