パンゲアとか大陸移動説を
アルフレッド・ウェゲナーが『昔』発表したじゃないですか

パンゲアって元々は大陸が全部ひっついてて
動いて、離れていってこの地球の大陸の形が出来上がったってことですよね。
てことは、逆に動いて、離れ続けて
またパンゲアに近い状態になるんじゃないでしょうか?
どうなんでしょう
補足・回答・参考URL
などお待ちしています

A 回答 (4件)

現在の学説では『可能性あり』です。


パンゲア超大陸は何も最初の超大陸というわけではありません。
地質学によるとそのまた昔にはゴンドワナ超大陸(パンゲアが分裂して出来たゴンドワナ大陸とは別物)が存在したというのが定説ですし、そのまた昔にも超大陸は存在したらしい(但しあまり残っていない古い地層を調べるのではっきりとは断言できない)です。ですから今後再び超大陸が出現することもあるのでしょう。但し、超大陸が出現する間隔は何億年とあります。パンゲアが分裂したのは約6,500万年前と言われてますから、今度の出現の時には人間自体がいるかどうか・・・
ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅れてすいません<(_ _)>
可能性有りのご意見ありがとうございます。
人間がいるか判らないと聞いて 恐ろしく遠い話に思えました。
詳しい説明ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/19 11:38

おはようございます。



 花崗岩質(花崗岩と似たような化学組成だと言うくらいの意味)の大陸性地殻は、密度が小さく、一般に海溝での沈み込みにおいて、沈み込むことができず、いわゆる付加体として相手側のプレートの外側にくっついていくのでは。大山脈ができるのもこのような理由だったと思います。

 一方、玄武岩質の海洋性地殻は、密度が大きく、沈み込むことができます。冷えたプレートが高温のアセノスフェアの中を沈み込んでいくので、コールドプリュームの形成に寄与します。

 大陸の地殻というのは、重い海の地殻の上に浮かんだ「あぶく」のようなものです。

 プリュームテクトニクスは、私が大学を卒業してから発展してきた説で、仕事が忙しいことを言い訳にして、体系的なフォローをしていないので、この部分だけは、自信「なし」ということで。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅れてすいません<(_ _)>
詳しい説明ありがとうございます。
いろいろな知識が増えました^^★
回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/19 11:37

えーっと、推測なんですが…



一部はもしかして海溝に飲み込まれたりしませんか?

タモリだったら「んなぁわきゃ~ない!」っていうかも…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅れてすいません<(_ _)>
飲み込まれるですか!?。考えてもいませんでした。
でもそれも有りそうですね。
タモリですか(笑)どうでしょうねぇ~。。(笑
回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/19 11:35

こんばんは。



 あり、だと思います。

 私が昔読んだ本では、パンゲアができる前に、やがて分裂する今の大西洋のあたりに太古の大陸が集合していって、造山運動が起こり、それが現在の北アメリカのアパラチア山脈やヨーロッパのカレドニア山脈を作ったのではないか、と書いてありました。

 現在は、ごく簡単にいえば、太平洋がどんどん狭くなるセンスで大陸が移動しているわけで、数億年後には、太平洋が無くなる形で、また超大陸が出現するでしょう。大陸の下では、地球内部からの熱がたまりやすいので、やがてはいわゆる「マントル対流」の様相が変化し、そしてその超大陸も分裂を開始して、今度は大変広くなった大西洋を狭くするセンスで各大陸が移動していくのだとか。

 このように、ふたつの巨大な海が閉じたり開いたりを繰り返すのが地球の歴史ではないかという考えを、「古大西洋」の存在を指摘したウィルソンの名をとって、ウィルソンサイクルと呼ぶのだそうです。

 私が大学を卒業してかなり日も経っているので、現役の学生さんや研究者の方から、最新の学説で補足していただきたいです。

それでは。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅れてすいません<(_ _)>
やはり有りかもしれないのですね。
詳しい説明ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/19 11:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパンゲア大陸本当に1つだけ?

パンゲア大陸本当に1つだけ?
現在の6大陸のプレートテクトニクスを遡ると、2.5億年前の「パンゲア」という1つの大陸に戻ると習いましたが、本当にその時の大陸は1つだけだったのでしょうか。そして周囲は広い海で覆われていたということでしょうか。

今でさえ、大陸は複数個あります。
それがたった1つだけとはにわかに信じがたいのです。

複数個大陸が存在したという証拠がないから、パンゲアという大陸が1つということでしょうか。
色々教えてください。

Aベストアンサー

パンゲア大陸説を支持したら、ムー大陸、アトランティス大陸、ついでにレムリア大陸、全部否定ですね。
各大陸を信じている人に聞いてみたいな。

Qパンゲア大陸から現在、未来はどうやって分かれる?

小学校1年生の息子からの質問です。宿題ではありません。
太古の地球のパンゲア大陸が個々の大陸に分かれたのは地球の中のプレートが移動する時、最初に小さな川ができてそこが分かれ目じゃないか、と言います。

また息子は今のナイル川とか大きな川が広がって、未来にまた大陸が分かれると言います。どうなんでしょう?

それともうひとつ、恐竜の時代に一日は約23時間だったそうですが、何年前(期?)から24時間になったのでしょう?

さっぱり解りません。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「プレートの境目」と「川の流れ」は全く別物です。
川の流れは水源から海へ流れ出る際に低い位置を流れ、その流れが大地を削り、大河へと変貌していきます。
一方プレートは、地球全体で見ると十数枚あるそうですが、その源は地球内部のマントルです。
地表に押し出される流れと、地球内部へ落ち込む流れがあり、その流れはマントルの対流運動と重なります。
それが境目あるいはプレートがぶつかる部分になります。
プレートの動きにより大地が割れ大海と繋がった場合には、当然海水が流れ込むことになり、一見川のようにも見えるでしょうが、それは川ではなく谷もしくは断崖という表現の方が相応しいでしょう。
形成過程が全く異なることを、先ずはうまく説明してあげて下さい。

また、遥か昔に一日が今よりも短かったというのは色々な研究で実証されています。
9億年ほど前には一日が18時間、5億年ほど前には一日が21時間だったそうです。
一日が約24時間になったのは、1億年ほど前のことです。
非常にゆっくりとしたペースで地球の自転は遅くなっていることが分かります。
ちなみに人間の体内時計は、なぜか25時間だそうです。

「プレートの境目」と「川の流れ」は全く別物です。
川の流れは水源から海へ流れ出る際に低い位置を流れ、その流れが大地を削り、大河へと変貌していきます。
一方プレートは、地球全体で見ると十数枚あるそうですが、その源は地球内部のマントルです。
地表に押し出される流れと、地球内部へ落ち込む流れがあり、その流れはマントルの対流運動と重なります。
それが境目あるいはプレートがぶつかる部分になります。
プレートの動きにより大地が割れ大海と繋がった場合には、当然海水が流れ込むことになり、...続きを読む

Q「パンゲアの娘 KUNIE」って、どうですか?

ゆうきまさみ「パンゲアの娘 KUNIE」って、面白いですか?

ゆうきまさみの作品は「究極超人あ~る」の頃から全てもれなく買って読んでいますが、「パンゲアの~」は、表紙がいきなり女の子で、今までのゆうき作品とはちょっと違う感じがして、購入に二の足を踏んでいます。

「パンゲアの~」を読んだ方で、特にこれまでのゆうき作品も読んでいる方、これまでのゆうき作品との比較で、「パンゲアの~」のおすすめ度などをアドバイスしていただければ幸いです。

なお、もし皆さんの評価が良ければ買って読もうと思っていますので、大変勝手ながらネタばれはほどほどにお願いします。

Aベストアンサー

どうも、UDUKI4です。
まず「パンゲアの娘 KUNIE」ですが、これの主人公は小学生の男の子です。

あくまで、タイトルにでてくるKUNIEは、サブの主人公でしかないので。
・・・多分・・・。
ストーリーは、最初の方だけ、彼のおじいさんが、数10年ぶりに南の島で見つかってその孫娘が小学生の男の子に嫁に来た所から(※第1話の中間あたりの話・・・。)色々な騒動がある・・・。
と言う話。

でこれは、良くあることですがきちんと最終回(正確に言えば作者が考えていたもの?(私の創造)の最終回)まで行っていない気がします・・・。
これはゆうきまさみ作品にはわりとある方で、女性の方が主人公の扱いになっている、例えば、また復活するそうですが、「鉄腕バーディー」なんかもそうです。

最初の作品から行けば、なんとなく分かりますが、最初は別にどっちの主人公でも良いのではなかろうか?と思います。(男でも女でもと言う意味です。)
私は彼の作品との付き合いは、彼が「月刊OUT」(約20以上前からです・・・。もっと古いかな?)でアニパロを書いていた頃からの読者ですが、確かに男性の主人公の方が多かった。
と感じますが、何せこれはSFしてますから、しかも今までとは別のアプローチがあります(当たり前か・・・)から、まだまだ、漫画家としては成長途中であると私は思います。
でないと困る・・・、私は漫画家は永遠に成長途中である方が面白いし、魂もあると思っていますから、つまりチャレンジを忘れた漫画家に素晴らしい物を描く事が出来ないと思います。
つまり永遠のチャレンジャーであって欲しいと思っています。

まあ、なかにはチャレンジすることを忘れてただ同じ物ばっかりを書いている普通の人になってしまった奴もいますけど・・・。

と、
と、
と。

そういえば、貴方は「究極超人あ~る」の頃から読み始めたといいましたよね。
ならば、まずは最初の第一巻だけでも買って見た方が良いのではないのでしょうか。
この話は作者のオマージュが多々ありまして、私も思わずノスタルジーに浸ってしまいました・・・、いい意味で小学生が時代に左右されない形で描いてあります。
あまり詳しく書くといけないので・・・、ねたバレになりますので・・・。

で、私のお勧め度なんですが、

SF度65点(私の好きな言葉で、少し(S)不思議(F)(by藤子不二雄F)てな感じでしょうか・・・。)

ストーリー度50点(どうも途中で終わっている感じがしてならないから・・・)

満足度50点(上にある通り途中で終わっているように感じてならないから。)

期待度90点(新境地が有るから・・・これは作者の談によるとフィジー諸島に行ったときに思いついたようです。こんなところでのんびり出来たら良いな・・・。という・・・、にしては、かなりSF色が強いのですけど・・・。まあ、今までの作品と比べても遜色ない作品と言えます。しかし、いちよう打ち切りとは言え、あんな最終回で締めくくるものでしょうか?、私はあきれましたと言うか、感動しました。こんな落ちもってくる人ってこの人しかいないよって・・・・。(誉め言葉ですぜ、旦那!)最高に面白い。と言うか新鮮です。いい意味で嬉しくも有ります。)
と言うことでしょうか。

よく分からなかったですね。

最後に私が彼の作品のなかで良いと思うものを
※ここに上げる作品は全て絶版ですから・・・

「アッセンブルインサート」みのり書房発行・・・怪力の女の子が地球防衛の為に歌手になると言うもの・・・よく分からんストーリーだな?

「ヤマトタケルの冒険」みのり書房発行・・・今までのヤマトタケルの話と比べると断然面白い、原作無し、しかし、18禁的(裸で抱き合っている程度ですけど色っぽい・・・)な話があるのでちょっちヤバメ・・・単行本化のときに書き加えが有ってかなり良くなったと言う意見と、面白くなくなったと言う意見のまぷたつに分かれてしまったあたり、私的には一押しの作品。

あと、今も絶賛発売中かどうかは分かりませんが、「究極超人あ~る」ですね。

どうですか、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、これでためしに買う気になれば、幸いです。
でも、彼のアニパロ作品群は良いと思いますが、どっか再販してくれないものでしょうか・・・。
もう、古本屋でも見かけないもので・・・・。

では、
失礼します。

どうも、UDUKI4です。
まず「パンゲアの娘 KUNIE」ですが、これの主人公は小学生の男の子です。

あくまで、タイトルにでてくるKUNIEは、サブの主人公でしかないので。
・・・多分・・・。
ストーリーは、最初の方だけ、彼のおじいさんが、数10年ぶりに南の島で見つかってその孫娘が小学生の男の子に嫁に来た所から(※第1話の中間あたりの話・・・。)色々な騒動がある・・・。
と言う話。

でこれは、良くあることですがきちんと最終回(正確に言えば作者が考えていたもの?(私の創造)の最終回)まで...続きを読む

Qグランドキャニオン国立公園って峡谷じゃないですか。 どうして公園何ですか? 滑り台でもあるんですか?

グランドキャニオン国立公園って峡谷じゃないですか。
どうして公園何ですか?
滑り台でもあるんですか?

Aベストアンサー

家の自宅近くの小さな児童用遊戯器具のある公園だけが、公園じゃないです。大規模で、大自然の絶景があるところが国立公園です。

グランドキャニオンって、巨大な面積の平地で、そこの小川が削っていったの山の中にある渓谷とも違っています。そこの展望台近くのホテル・レストランには、児童用の滑り台もブランコあります。

Qパンゲア、ゴンドワナ大陸の地図はどうやって復元してるのか

パンゲア、ゴンドワナ大陸の地図はどうやって復元してるのか

大陸移動説の説明で、パンゲアやゴンドワナ大陸の地図が
もっともらしい感じで描かれてますが、これはどうやって
復元してるのでしょうか?
詳しい方法を教えてください。

Aベストアンサー

それぞれの大陸に分布するさまざまな時代に噴出した溶岩などに記録されている古地磁気方位から、地磁気極に対する位置を決めます。時代ごとに位置を決めていくと、それぞれの大陸の地磁気極に対する動きがわかる、というわけです。もちろんその他の岩石の分布、化石分布、気候変動記録なども考慮して、復元されます。
プレートテクトニクスの成立史としては、こちらの古地磁気による大陸移動の再発見のほうが先で、その後海洋底拡大の発見、それらを組み合わせてプレートの移動モデルの成立となります。

Q西岸大陸気候とはなんですか ?

こんにちは、西岸大陸気候とは何ですか?たしか、中学地理で西岸海洋性気候は習った事ありますが西岸大陸気候は習ってないです。又東岸大陸紀事は何ですか?どんな事でも結構です。何か手がかりになることがあったらお願いします。

Aベストアンサー

大陸の西岸は暖流がぶつかっています
高緯度でも温暖な気候、

東岸は大陸からの気流が流入するので低緯度でも寒冷

日本とイギリスの気候を比較してみれば違いがよく分かります
このことを言っているのではないでしょうか

Q今離れている大陸もパンゲアの様にくっついて、また一つの大きな大陸になりますか?

今離れている大陸もパンゲアの様にくっついて、また一つの大きな大陸になりますか?

Aベストアンサー

かつて大陸が一体だったのは、現在も海洋プレートを形成している
中央海嶺が、一本だったからです。
それは、地球ができた当時の均質な状態から、マントル対流の
間に重い成分が分離して核が形成され、マントル対流の範囲の
厚みが狭くなり、対流セルが分離しつつあるからです。
海洋プレートには、それが中央海嶺で形成された当時の古地磁気が
テープレコーダーのように残されており(南北極が定期的に転換
するから)、海洋底がどのように形成されてきたかが、詳細に
分かっています。

マントル対流は、自転による遠心力が働かず重力の強い南北極で
沈降し、赤道付近で湧出(=中央海嶺)していました。
大陸は、海洋プレート上に噴出した軽い成分のカサブタが、沈降点
に寄せ集まったものなので、当初は南北極に大陸がありました。
しかし、赤道付近で形成される海洋プレートが、南北極の「点に
収束する」というのは、地球が冷えて海洋プレートが厚くなるに
つれて難しくなり、「線から生まれて、線に沈降する」=2つの
U字型の組み合わさった野球のボールの(皮の)ようになり、
赤道の大半から湧出する中央海嶺と、南北極をつなぐ大陸になり
ました。

しかし、マントル対流を続けているうちに重い成分が分離して、
中心の核が大きくなってマントル対流の厚みがせばまり、「赤道で
湧出して南北極まで行く間に冷えて、沈降する力を押さえられなく
なって、赤道をとりまいていた湧出点=中央海嶺から、太平洋と
大西洋の中央海嶺がのびると同時に、赤道の中央海嶺は南下して
南氷洋の中央海嶺になり、大陸プレートは分割されたのです。
それ以前の「北半球の海洋プレートが南(赤道)から北上して
いた」当時の痕跡が、日本列島の中央構造線です(赤道付近の
サンゴ礁が石灰岩のカルスト地形として分布している)。
つまり、もう一体化する事はなく、分離していくばかりです
(インド洋では今も南氷洋の中央海嶺から分裂の枝が伸び続けている)

かつて大陸が一体だったのは、現在も海洋プレートを形成している
中央海嶺が、一本だったからです。
それは、地球ができた当時の均質な状態から、マントル対流の
間に重い成分が分離して核が形成され、マントル対流の範囲の
厚みが狭くなり、対流セルが分離しつつあるからです。
海洋プレートには、それが中央海嶺で形成された当時の古地磁気が
テープレコーダーのように残されており(南北極が定期的に転換
するから)、海洋底がどのように形成されてきたかが、詳細に
分かっています。

マントル対流は、自転に...続きを読む

Q超大陸について

超大陸といえばバンゲアが有名ですが、
それ以前にも何回も超大陸ができては離れできては離れを
繰り返していた、というのは本当でしょうか?

本当だとしたらいままで何回ぐらい超大陸はできてるん
でしょう?

Aベストアンサー

こんばんは。

>というのは本当でしょうか?
そんなことを見たヤツは誰もいないので、
本当かどうか、本当は分からないのではないでしょうか。

何億年も前のことは、地質学的な証拠もだいぶ失われているでしょうし、
さらに時代が遡れば遡るほど、その傾向は強くなっていくでしょうし。

でも、「そのような有力な説が唱えられていること」は、本当です。
適当な検索エンジンで「ウィルソンサイクル」を検索してみて下さい。

もともとは、「プレートテクトニクスの時代」に唱えられた説ですが、
いま流行の「プリュームテクトニクス」でもいろいろ補強・強化されている
ようですね。私が大学時代、このようなことを少しばかり勉強したのは
もう何十年も前のことで、もともと劣等生であったし、その後のフォローも
ロクにしていないので、現在の「プリュームテクトニクス」には
とんと詳しくありません。すみません。

検索エンジンで検索したURLの一つ(下のURL)によれば、

>  現在、4回の超大陸が出現したことがわかっている。
> 19億年前:ヌーナ
> 10億年前:ロディニア
> 5.5億年前:コンドワナ
> 2.4億年前:パンゲア

だそうです。ホンマに「わかってる。」とまで書いて良いのかなぁ~
という気もしますが、現役の学生さんや研究者の方にとっては、
もはや常識のことなのでしょうか。そのような方の情報が私もぜひ欲しいです。
19億年前の前はどうだったかも知りたいですね。

では。

参考URL:http://su10.sgu.ac.jp/~koide/hensenshi/lec12.html

こんばんは。

>というのは本当でしょうか?
そんなことを見たヤツは誰もいないので、
本当かどうか、本当は分からないのではないでしょうか。

何億年も前のことは、地質学的な証拠もだいぶ失われているでしょうし、
さらに時代が遡れば遡るほど、その傾向は強くなっていくでしょうし。

でも、「そのような有力な説が唱えられていること」は、本当です。
適当な検索エンジンで「ウィルソンサイクル」を検索してみて下さい。

もともとは、「プレートテクトニクスの時代」に唱えられた説ですが、
...続きを読む

Qパンゲアなどの超大陸が形成されたのは偶然ですか?

ゴンドワナ、パンゲアなどの超大陸がかつて存在しました。
これはプレートの移動による単なる偶然の産物なのでしょうか?
それとも必然的な現象なのでしょうか?
また、今後大陸はどう移動してゆくのでしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プレートテクトニクスというのは、そもそも地球の比較的表層部分の議論であって、地球物理学的にはプルームテクトニクスというものがプレート運動の根源とされています。
プレートテクトニクスは、海嶺でプレートが生まれて、海溝で沈んでいくという連続的な運動ですが、プルームテクトニクスは、地球深部の核付近に及ぶ、全マントルの不連続的な運動です。

ゴンドワナ、パンゲアというは、ごく一般に知られた名前ですが、地球の歴史の中では少なくとも10数個の超大陸が形成されたと見るのが定説です。ですから、『偶然』というよりは、地球の歴史の中の一片に過ぎないと言ってよいでしょう。

現段階でアジア大陸縁辺部は複数の海溝に囲まれており、大陸内縁に向かって潜り込んだプレートは、大陸下のある一定深度に貯留されます。
その貯留されたプレートの屑が、ある規模になると、まとめてドスンとマントルの深部まで落ちていくのです(スーパーコールドプルーム)。
ドスンといっても、地質時代的な速度ですから、落ち込んでいく過程で、大陸中央部は凹み(大盆地が形成)、周辺からは他の大陸やら、プレートやらが加速度的に引き寄せられます。
インド大陸がアジア大陸に引き寄せられてヒマラヤ山脈が形成されたわけですが、その移動の根源には、こうしたダイナミックな現象があると考えられています。

一方で、それだけ大きい物体が地球内部に落ちていくのだから、どこかで上昇流も発生するはずです。現在の地球では、アフリカ大陸付近や、大西洋や太平洋のど真ん中あたりにそうした上昇帯があるのではないかとされています(スーパーホットプルーム)。
そうした場所では逆に、大陸の拡散や海底火山などが多く見られます。

プレートテクトニクスというのは、そもそも地球の比較的表層部分の議論であって、地球物理学的にはプルームテクトニクスというものがプレート運動の根源とされています。
プレートテクトニクスは、海嶺でプレートが生まれて、海溝で沈んでいくという連続的な運動ですが、プルームテクトニクスは、地球深部の核付近に及ぶ、全マントルの不連続的な運動です。

ゴンドワナ、パンゲアというは、ごく一般に知られた名前ですが、地球の歴史の中では少なくとも10数個の超大陸が形成されたと見るのが定説です。ですか...続きを読む

Q大陸について

私が小学校で習った五大陸は。ユーラシア、アフリカ、南アメリカ、北アメリカ、南極でした。しかし、最近オセアニアも大陸だという話もあるようです。

あと、ユーラシアではなく、ユーロとアジアは別だいいう考え方もあるそうでそうなると七大陸になってしまいますがどうなんでしょう?

ちなみに南アメリカと北アメリカの境目ってどこなんですかねー?

よろしくお願いしまーす。

Aベストアンサー

ちょっと誤解があるようですが、通常「5大陸」に、南極大陸は入りませんね。(基本的に人が住んでいないので。ちなみに、南極は、どこの国にも属さないという条約だったかがあります。)

ま、一般的には、「ユーラシア、アフリカ、北アメリカ、南アメリカ、オーストラリア」の5つを指すと考えて良いでしょう。
 また、ユーラシアを分けて、南北アメリカを一つに、つまり「アジア、ヨーロッパ、アフリカ、(南北)アメリカ、オーストラリア」という考えもあります。

 オリンピックの5輪は、5つの地域を指すと言われてますが、どこを指すかはあまりはっきりしていないようです。(アジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、オーストラリア、とも聞きますが。)

ちなみに、オセアニアは、オーストラリアを中心とし、ニュージーランドや、ニューギニアなどを含んだエリアの名前で、大陸の名ではありません。大陸名では、「オーストラリア大陸」ですね。

(小学生の頃、社会の授業で、地図帳を使った地名当てをやったことがあり、「オセアニア」と言ったら、皆なかなか探し出せなかったことを思い出しました。ちなみに、その名前は、ページの左上に「題」として載っていたのでした。)

 また、6大陸という言い方は、むしろユーラシアと、南北アメリカの両方を別個に扱うときのもので、南極を入れるというものではないと思います。

ちょっと誤解があるようですが、通常「5大陸」に、南極大陸は入りませんね。(基本的に人が住んでいないので。ちなみに、南極は、どこの国にも属さないという条約だったかがあります。)

ま、一般的には、「ユーラシア、アフリカ、北アメリカ、南アメリカ、オーストラリア」の5つを指すと考えて良いでしょう。
 また、ユーラシアを分けて、南北アメリカを一つに、つまり「アジア、ヨーロッパ、アフリカ、(南北)アメリカ、オーストラリア」という考えもあります。

 オリンピックの5輪は、5つの地域...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報