『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

紫宸殿さんのファンです。
5年ぐらい離れていましたが、先日オークションで見つけてまた熱が上がりました。
今はあまりグランゾート関連発行していないようですね。
15の夏シリーズのガリレオガリレイ6、ガリレオガリレイ1~4の総集編までは購入していたんですが、それ以降、グランゾート関連の本が発行されていたら、教えて頂けないでしょうか?
お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

紫宸殿さん、私も大好きです。


お二人は、水害にあわれたり体調を崩されたりで最近はイラストのお仕事を中心にされているようです。
GZ本の最新作は2月に発行された「15 SUMMERS(再録本)」になるようです。
夏コミ参加予定らしいのですが、新刊情報などはまだアップされていません。

今、手元にないのではっきりとはわからないのですが、ガリガリ6の前後に「Saint-Exupery」が出ていて、それ以降は某魔法学校本やご自宅の猫の本やイラスト集などを出された記憶があります。

夏にはお二人の元気な姿が見れ、運良く新刊が出るといいなとひそかに期待してます♪
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですか・・・。なんとなくそんな気がしていたんですが・・・。ちなみに「15SUMMERS」はガリガリ1~4の再録本ですか?それなら持っているんですが・・・。
夏コミには参加できませんが、私もChioringサンと同様お二人の復活を祈りつつ、これからの情報を皿の目のようにして探したいと思います。(^^)
ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/24 16:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJANEのNULLALIVEは結局どうなったのでしょうか?

去年倒産してしまったビブロスから出版されていた、橘水樹さんと櫻林子さんのJANEシリーズは結局どうなってしまったのでしょうか?

NULLALIVEのコミックスは2巻まで持っているのですが、雑誌の方は季刊でいつでるのかがあまりにも判らなさ過ぎて(笑)、何回か買いそこねているうちにいつの間にか連載が休載されていたようで、そのままそのうち出版社が倒産してしまいました・・・
ネット上でも、NULLALIVEの連載自体は終わったとも、それも未完だとも、両方の話があって一体どちらが本当なのかさっぱりわからない状態です。(そもそもJANEが話題のメインではない掲示板などのカキコミなので、さーっと話が流れていってしまったようでしたし・・・)

作者様の公式サイトも数年ぶりに行ってみたら、JANE関連のデータが全部消えてる(涙)状態です・・・。残っているのはいわゆる自主制作の非公式ミッション某の情報のみで。サイト全体も、昔見ていた頃の記憶(あやふやですが)と比較して随分寂しくなってるような…

周りにあまりBL友がいないなりにちょこちょこ調べた限りでは、橘さん&櫻さんの仕事場が数年前の愛知県の豪雨の被害にあったらしいとか、櫻さんが体調を崩されてしまったらしいとか、色々おぼろげな噂は聞くのですが、本当のところはどうなのでしょうか?

また、ビブロスの出版物は株式会社アニメイトである程度権利を引き取って新会社を作っているようですが、JANEもいつかここから連載を再開するのでしょうか?

どんな情報でも結構ですので、皆様よろしく教えてください。

去年倒産してしまったビブロスから出版されていた、橘水樹さんと櫻林子さんのJANEシリーズは結局どうなってしまったのでしょうか?

NULLALIVEのコミックスは2巻まで持っているのですが、雑誌の方は季刊でいつでるのかがあまりにも判らなさ過ぎて(笑)、何回か買いそこねているうちにいつの間にか連載が休載されていたようで、そのままそのうち出版社が倒産してしまいました・・・
ネット上でも、NULLALIVEの連載自体は終わったとも、それも未完だとも、両方の話があって一体どちらが本当なのかさっぱりわから...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.sticca.net/nucleus/
ここに載っている言葉(1月1日)からみて、何かしら計画があるのでは??

Q紫宸殿のグランゾート本について

だいぶ以前に発行された本ですが、「C.DARWIN」というマンガの中で使われていた詩の出典が判らないので、ご存知の方が見えたら教えてください。

どこかの詩人が書いたものか、作者本人が作ったものかも不明で、もう長年いろいろな詩集を調べたりして探しているのですが、判らずじまいで、とても気になっています。

詩の内容は、以下のとおりです。

以前君と出会えない悲劇の中で君を知らない幸福な僕がいた。
今君と出会った幸福の中で君を知っている僕の悲劇を噛み締める。
九十九億九千九百九十九の偶然と百億分の一の必然が重なり合い僕らは出会う。それは運命・・・・

Aベストアンサー

こんにちは。紫宸殿、懐かしいです!

あまり参考にはならないと思いますが、
当時の紫宸殿さんは、『陣内大蔵』や『ZABADAK』の歌がお好きなようでしたので
もしかしたら、そのアーティストの歌詞を引用していたかもしれません。
ただ、どちらのアーティストもそれほどメジャーではありませんし、
今は活動していらっしゃらないようですので、ネットで歌詞を検索するのは大変かも…
陣内大蔵さんの歌詞は、『いと小さき君のために』という歌が、やはり本の中で引用されていた覚えがあります。


人気Q&Aランキング