人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

三国志で諸葛孔明から呉の将来を託された
姜維という武将についてなのですが、
呉の皇帝劉禅が魏の侵略を受けてあっさり
降伏した時、漢中の前線で奮闘していた
姜維は剣を折って悔し泣きしたそうですが、
呉滅亡後、姜維はどうなったのでしょうか?
教えてください。

A 回答 (7件)

まず、姜維は蜀の人物です。


かれは蜀滅亡後その復活を願い策を用います。
大国である魏の鍾会が野心を持つのを見抜き利用するのです。
彼を味方につければ蜀を奪取し再興できると考えたようです。
しかし露見し、魏の兵士に鍾会とともに殺害されます。

以下は私の考察です。
三国志演義では劉備、関羽などが懸命につくった蜀を、簡単に明け渡した後主(正史では蜀は正当な帝国ではないので主はこうよばれます。劉備の次ってことで)劉禅と対比して国を必死に守ろうとした義臣として描かれています。
しかし、私はこうも考えます。
たしかに、最後まで信念を貫こうとした姜維はすばらしいとおもいます。
しかし、当時蜀の情勢を考えるとどうでしょう?
政治はまるで後漢の再現であるかのように宦官(男根を切り取った、後宮に使える人)にほしいままにされ敵国である魏の国力は蜀のゆうに5倍はあったといわれます。兵法に照らせばけして戦ってはいけない差です。しかし姜維は幾度となく魏への遠征を繰り返して、国力の衰退を招きます。
天才と呼ばれ、若くして才能を見出された姜維には民の貧困が見えていなかったのかもしれません。
滅亡後も反乱を起こすあたり、むしろ意地のようにも感じます。
魏に近くまで攻め込まれ、格好悪くとも穏便に降伏した劉禅のほうにむしろいさぎよい好感がもてます(ちなみに彼は演義では暗君扱いですが、正史ではまったくそのようには描かれていません)。
無念であっても民のために降伏するそのような選択肢も彼にはあってよかったのではないかと思います。

参考URL:http://www.baobab.or.jp/~matumoto/sangokushi/syo …

この回答への補足

>宦官にほしいままにされ
黄皓という人ですね。蜀が滅んだ後、蜀を傾けた
罪を問われて処刑されましたね。

>滅亡後も反乱を起こすあたり、むしろ意地のようにも感じます。
蜀へ侵攻して蜀を滅ぼした艾・鍾会の仲の悪さを
利用して鍾会をそそのかして、艾を殺したのは
褒められた行為ではありませんね。
蜀に忠誠を誓うあまり、どんな手を使ってでもの
蜀の復活へ暴走してしまったというダークな
面には良い感情がもてませんね。

姜維の反乱が失敗した後、蜀の地方はどうなっていった
のでしょうか?

補足日時:2005/06/24 19:32
    • good
    • 2
この回答へのお礼

文中の「呉」はイージーミスでした、「蜀」が正しいですね。

お礼日時:2005/06/24 19:31

鍾会の乱に加担して一族ともに切られました(泣)



やはり孔明一代ベンチャー国家はきつかったようですね。
やはり法正、伊籍、馬良等と(蜀科などの法整備をおこなった)国家開拓の士が早世したのが痛かったかもしれません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

蜀は国家開拓の士が早世したのが痛かったですね、これは呉も同じ事が言えますね。
魏の方は優秀な人材が豊富だったので、誰かが死んでも国家運営の穴埋めが十分できたという所が三国志の風雲を決めたと言えそうですね。

お礼日時:2005/06/28 10:28

前回の補足ですが


姜維と劉禅には信頼関係がなく、宦官の讒言を信じていたので
姜維は粛清を恐れて成都に寄り付かないほどだったので
姜維には劉禅を復位させる気はなかったと思います。
劉禅の息子の劉諶は有能で義侠心があったので
降伏のときに憤死していなければ、彼などを新たに
かついで蜀帝に即位させたかったところでしょう。

皇太子の劉センは鍾会の乱のときに一緒に殺されているので
可能なら蜀帝にする予定だったのかもしれません。
ただし鍾会は魏の郭太后の密詔をでっちあげて
魏の将軍たちを味方にしようとしていたので
論理的は矛盾しますから、どのみち現実性の薄い
計画だったようです。

さて
劉禅のその後については三國志正史を記した陳寿が
面白いエピソードを書き残しています。

劉禅は降伏後、洛陽に送られ、安楽県公に封ぜられ
領地は1万戸、絹1万匹、奴婢100人が与えられ
何不自由なく暮らしていました。

劉禅は魏の晋王である司馬昭と宴席で同席する機会が
あって「蜀が恋しいか」と問われますが、劉禅は「毎
日楽しく暮らしているので、蜀が恋しいとは思わない」
と答えました。この言葉には一同驚愕し、
あるものは涙しました。
蜀以来の家臣である郤正は余りに情けないと思い
「次、同じことを聞かれたなら、蜀が恋しいとお答え
下さい」と諌めます。それでまた司馬昭から同じこ
とを聞かれた劉禅は「恋しい」と返答しますが、
郤正の入れ知恵だろう見抜かれ「おっしゃる通りです」
と答えてしまいます。これに家臣たちはさらに落胆しますが
司馬昭はむしろ安心し、彼の身に危害を加えることをしませんでした。

劉禅はその7年後に洛陽で亡くなります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

姜維と劉禅は仲が悪かったのですね。姜維は嫌いな劉禅をほったらかしにして、彼の息子の誰かを探して皇帝にさせようとしていたんですね。

面白いエピソードにあるように劉禅は愚か者と後世の人々に烙印を押されましたが、違う評価をする人も出ていますね。話は変わりますが加賀藩100万石の大大名だった前田利常は優秀な人物でしたが、江戸幕府の前ではバカな人物を演出していたようです、大大名で監視が厳しい事や領土や家臣を守るためにあえてそのフリで警戒心を緩める手にでたようです。
劉禅が隠棲生活を送った時代は宰相の司馬一族が勢力を拡大する一方皇帝の曹一族は衰えてきていたので、
その政治抗争の狭間で自分が巻き込まれる事を恐れたのでは無いかと思います。司馬昭の前で愚か者のふりをしたのも処世術の一つだったのかもしれませんね。

お礼日時:2005/06/28 10:43

こんばんわ。



>その時劉禅は
>どこで隠棲生活を送っていたのでしょうか?

劉禅は蜀から魏に送られ、貴族として晋代まで生き延びています。ですから洛陽でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。

そうなんですか、皇帝の曹氏や宰相の司馬氏の監視の元で隠棲生活だったのですね。

お礼日時:2005/06/28 10:24

#2さんへ補足です。

(でも自信はないんですが)彼は剣閣あたりに埋葬されたということをちらっと聞いたのですが、それも文化大革命の折りに掘り返されてしまったらしく、今では骨も残っていないとか。
天水の方に遺品(焼けた靴)を祀った小さな廟があるらしいことも何かの本で読んだ記憶があります。彼は元々魏の人間で、蜀に投降するとき家族を魏に置いてきていて、そのときの家族の子孫が今なお続いているということもその本に載っていました。図書館で何気なく手にとって見た本なので、タイトルは失念してしまいましたが・・・。

私は10年前から姜維の大ファンだったので、彼に対する考察は色々な本で見てきました。始めは蜀をけなげに守り抜いた武将として人気も高く評価もされていたのですが、研究が進むと、#3さんのような批判派も増えてきて、功績よりも罪の方が多いと言われることが多くなりました。

確かに意地だけで戦争しようとしたことは評価されることではないですが、彼にかけられた期待の大きさが、彼をそうさせてしまったのではないかと私は思うのです。敵地から投降してきた一武将に、国を預けるなど普通は考えられないことです。麒麟児と謳われた彼にはそのことがよくわかっていたのではないですか?だからこそ何が何でもという気持ちになった。

曹操がそういう懐の広い人材登用術を展開させていって魏を作り上げていったわけですが、曹操のときとは違って、優秀な人材が少なくなってしまった蜀では、彼の存在はかなり浮いていたと思います。もっと優秀な人材があったなら、蜀はもうちょっと長生きできたかもしれませんね。

孔明亡き後、蒋エン→費偉と国政を担ってきていましたが、いずれも孔明に匹敵するほどの能力はありませんでした。しかも、中原回復に燃える姜維との仲も悪く、おまけに君主は無能で宦官にいいように扱われている。これじゃ、衰退して滅亡するのも無理はないかな・・・と。

姜維も、一武将としてなら有能だったと思います。241年(だったと思う)鉄籠山の戦いでは、郭淮をアクロバットな技で討ち取ったわけだし。ただ、国を動かすだけの手腕は、残念なことになかった、ということですね。

評価されることではないのかもしれないけれど、国が滅びて進退窮まった時にあれだけの離れ業を思いつく思考があったことはすごいな~と思うのですが(もちろん武将としてね)。

長くなったうえに参考にならなかったとは思いますが、いちファンの戯れ言聞いていただきありがとうございました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そうですね。孔明死後は蜀に政治や軍事でも優秀な人材が居ないというか数が少なかったですね。これが魏と蜀の差、というより建国者の曹操と劉備の差なんだろうと思います。曹操は敵将でも能力のある人物はどんどん吸収させていましたから武将や軍師の数は多かったのに対して、劉備は自分の人望で人が集まるという自然体が災いしてしまったのかもと思っています。劉備側は軍師や名将が後継者を育成するまえに次々死んでいくという不運もあったと思います。
姜維は優秀な武将だったけど、バランス感覚がなかった(時勢を読みきれなかった)という感じですね。

お礼日時:2005/06/28 10:22

”蜀”の皇帝劉禅は、魏の将軍鄧艾の侵略で


降伏したのです。
そのとき姜維は剣閣で魏の将軍鍾会が率いる主力と
立ち向かっていましたが止むを得ず投降し
その野心家の鍾会をそそのかして鄧艾を殺させ
成都で魏に反旗を翻させますが、
魏の他の将軍は同調せず、胡烈らの軍が暴動を起こして
このとき鍾会も姜維も捕らわれて殺されます。
これは264年のことなので魏の最後の前年で
翌年、司馬昭が事実上の皇帝となり、
さらに司馬炎が正式な禅譲をうけて晋の初代皇帝となります。
呉の滅亡はさらに280年のことです。

だから回答としては呉の滅亡のずっと前に姜維は
死んでいるので、やっぱり骨になっていたでしょうね。
どこの埋葬されているかまでは知りませんが。

この回答への補足

蜀の復活を諦めきれない姜維は、蜀に侵攻した
将軍をそそのかしてその兵力を頂こうと
考えていたわけですね。元皇帝の劉禅を呼び戻
そうとも考えていたようですが、その時劉禅は
どこで隠棲生活を送っていたのでしょうか?

補足日時:2005/06/24 19:27
    • good
    • 1
この回答へのお礼

文中の「呉」はイージーミスでした、「蜀」が正しいですね。

お礼日時:2005/06/24 19:26

質問文中の、「呉」は「蜀」の誤りかと。



こちらが参考になるかと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%9C%E7%B6%AD

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%9C%E7%B6%AD
    • good
    • 0
この回答へのお礼

文中の「呉」はイージーミスでした、「蜀」が正しいですね。

ちょっと寝ぼけていた(投稿時間を見れば分かります)事と、劉禅の名前を調べていたらうっかり間違えてしまったようでした。ご指摘すみませんでした。

お礼日時:2005/06/24 19:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三国志・魏に降った蜀呉の武将の最高位・真実の徐庶の姿

蜀、呉から魏に降った人物の中で、
最も高い位にまでのぼりつめたのは、誰でしょうか。
それはなんという位で、どの程度の役職でしょうか。


徐庶が好きなのです。
徐庶は魏に降ったあと、右中郎将・御史中丞までのぼったと聞きました。
この位は、なかなか高い、もしくはあまり高くないという両方の意見を聞きます。
史実の徐庶は、実は演義で描かれるほどには能力の高い人物ではなかったのかなと思ったり、
いやいや、蜀から降ったわりには、すごい位にまでのぼったじゃないかと思ったり、
曹操のために献策しないと言ったのは、本当なのかな、うそなのかなと、思ったり……

蜀呉から魏に降った他の人物のその後の位と、徐庶の位を比べることで、
徐庶の真実の姿に迫りたくて……
よろしくお願いいたします。

他に、史実の徐庶に関することなら、どんな情報でも大歓迎です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 単純に魏に降った、だと「黄権」(車騎将軍・儀同三司)ではないでしょうか?
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E6%A8%A9

 車騎将軍
  蜀だと張飛が就任。上には大将軍と驃騎将軍のみ

 儀同三司
  従一品の文官が帯びる散官で、特に職掌はなかったけれども、三公(太尉・司徒・司空)に準じる扱いを受ける役職です。

 まあ、彼は「三国名臣序賛」で蜀の四名臣に挙げられるくらいですし…。
 他に諸葛亮・ホウ統(鳳雛と呼ばれ、諸葛亮と並び称される名軍師)・蒋エン(諸葛亮の後継者)
 
 呉から魏へ降った将で、特に昇進した例はちょっと思いつかないのですが、蜀から呉へ下った将(関羽が呉に討たれた時)では「潘濬」が一番ではないでしょうか?(顧雍の次に、陸遜をさしおいて丞相に推挙されていた。長生きさえしていれば確実に丞相に…。)
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%98%E6%BF%AC

 ただ、徐庶と比較するには、ちょっと不向きかもしれません…。
 両者とも奮戦、捕縛後も自国への忠誠心を堅持していた事を、相手国の君主(曹丕・孫権)に認められ驚嘆させています。
 (特に黄権に対して、劉備は「黄権が私を裏切ったのではない。私が黄権を裏切ったのだ」とまで言っていますし)

 理由は兎も角、徐庶は自分の意思で劉備を見捨ててしまったので、魏では君主を見捨てた裏切り者の汚名を背負ってしまっているので…。
 (この時代は、家族の為に義を損なうのは褒められた行為では…。演義では徐庶の母は、息子が劉備を見捨てた事に怒り、自殺していますし…。)

 特に魏の曹丕は、家臣が君主を裏切る行為を毛嫌いしていますので…。
 (旗揚げの頃からの功臣の于禁が呉に捕縛され、命乞いした事に怒り、曹操の陵墓にわざわざ、その様を描かせ、戻ってきた于禁を憤死させています。)

 ただ、御史中丞という弾劾を司る役職に昇進した事は、彼の公明正大で精力的な仕事振りが魏においてさえ認められていた証拠ではないでしょうか?

 そして、そこまで昇進した割に正史にその業績が残されていない事が、魏における彼の置かれていた立場の辛さを示していると思います。

 単純に魏に降った、だと「黄権」(車騎将軍・儀同三司)ではないでしょうか?
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E6%A8%A9

 車騎将軍
  蜀だと張飛が就任。上には大将軍と驃騎将軍のみ

 儀同三司
  従一品の文官が帯びる散官で、特に職掌はなかったけれども、三公(太尉・司徒・司空)に準じる扱いを受ける役職です。

 まあ、彼は「三国名臣序賛」で蜀の四名臣に挙げられるくらいですし…。
 他に諸葛亮・ホウ統(鳳雛と呼ばれ、諸葛亮と並び称される名軍師)・蒋エン(諸葛亮の後継者...続きを読む

Q三国志の劉備軍はなぜ強かったのか?

過去にも似たような質問があったかもしれませんが、質問よろしくお願いします。

小説「三国志演義」が好きで、子供の頃から何度も読み返しています。

原作の羅漢中という人物は、中国の明の時代の人物で、三国志の時代から1000年以上経っているにもかかわらず、まるで現場を見てきたかのように、人物の会話まで詳細に描いていますよね。

時代をへだてた作品なので、かなり脚色は多いだろうな、と大人になるにつれて思うようになったのですが、それでも激動の時代を描いた作品として、やはり謎な部分が多いです。

僕がよく疑問に思うのは、作品の主人公になっている、「劉備」という人物に関する謎です。

劉備は20歳を過ぎるまで貧しい農村で育ち、母一人、子一人の家庭でむしろやわらじを編みながら、細々と暮らしていた、と小説の中では描かれています。

なぜそのような人物が、突如として戦場にたち、人並み以上の功績を挙げることができたのでしょう?

おそらく、義兄弟とされている、「関羽」「張飛」の働きが大きかった(というか、ほとんどその二人が功績を挙げていたのでしょうが…)、その「関羽」や「張飛」にしても、かなり素性が知れないですよね。

戦国時代に戦上手として知られた武将というのは、曹操しかり、信長しかり、幼い頃からかなりの英才教育を受け、それでいて多くの部下を従えながら、野山を駆け巡る、といったやんちゃをしていた人物が多いようです。

あるいは、孫子(孫武)や諸葛亮のように、書物を多く読み、自然観察を楽しみ、静かな暮らしをしながら時期を待つ、といったタイプもいますが、このタイプは軍師として活躍することが多いようです。

少しわき道にそれましたが、要するに僕の言いたいことはこうです。

曹操がもっとも恐れていた、この劉備(+関羽&張飛)という人物は、かなり非凡な才能を持っていたのではないでしょうか?

そうでなければ、常にわずかな兵力で、大きな兵力を持っている相手と互角、もしくはそれ以上の戦いをしてきた、ということの説明がつきませんよね。

諸葛亮や司馬懿、曹操もすごいと思いますが、僕は最近では、この劉備という人物もまた、かなり明晰な頭脳を持っていたのでは、と思うようになっています。

人間的な魅力ばかりが注目される劉備ですが、皆さんはどう思われますか?

過去にも似たような質問があったかもしれませんが、質問よろしくお願いします。

小説「三国志演義」が好きで、子供の頃から何度も読み返しています。

原作の羅漢中という人物は、中国の明の時代の人物で、三国志の時代から1000年以上経っているにもかかわらず、まるで現場を見てきたかのように、人物の会話まで詳細に描いていますよね。

時代をへだてた作品なので、かなり脚色は多いだろうな、と大人になるにつれて思うようになったのですが、それでも激動の時代を描いた作品として、やはり謎な部分が多い...続きを読む

Aベストアンサー

他の方の回答もありますが、劉備の治めた蜀を漢の正統後継国として
みなしている面がありますので強い印象を残している面が大きいと思います。

それとやはりいくつもの場面で発揮される度量の大きさが劉備にはありますよね。
国の乱れから立ち上がる義勇軍の時代や公孫さんや陶謙への援軍といい
相手がどんなに兄弟でもそれに立ち向かう勇気と
呂布に国を乗っ取られても受け入れる度量とか一番の魅力かなと思います。

そういった諸国への対応が徐々に劉備の名声と信頼を高め、
袁紹や劉表が殺さずにかくまった要因だと思うんですよね。

私自身は、劉備本人に武勇や戦術的才能が多くあったとは思っていません。
しかし、徐々に高めた名声と義理堅さが人を惹きつけ、
曹操を含めた敵諸国が想像以上に強大化していく劉備に恐れを抱いたんだと思います。

Q三國志のその後について書かれている本

自分が全巻通して三國志を読んだのは横山光輝氏の書いたコミックです。
後、三國志人物事典(名前あやふや)や反三國志などを読みました。
そこで、私は書籍の三國志が歴史のどのあたりまで書かれているのか知りません。
ただ、自分が知っているのは魏が蜀を制覇した時点までです。
でも、最近のゲームではそれ以降の物語に登場する英雄たちが沢山登場します。
そこで、蜀が滅亡してから晋の時代に至るまでの歴史が書かれている本を探しています。
ご存知の方がいましたら、教えて頂けると大変助かります。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

先ず「三国志」と云いますが、これは正史の名前で、小説の名前に使うのは日本だけのことです。正史の訳はちくま文庫に「正史三国志」として入っていますが、紀伝体と云う書き方で書いてあるので、一般の人には大変読み難いです。なお、正史と云うのは歴史的に正しいと云う意味ではなく、後に朝廷が正式に認めた歴史書と云う意味です。朝廷に都合の悪い処はぼかしたり書かなかったりしている処もあります。(筆頭は「史記」になります。最後は「明史」、全部で24種類あるので二十四史とも云います)
小説の方はむこうでは、「三国演義」とか「三国志演義」とか云います。
故・横山光輝先生の「三国志」は、日本人作家の吉川英治の小説と「三国演義」の訳書を元に描かれていますが、劉禅が配流されている処で終わっています。「三国演義」ではその後、晋が三国を統一する迄が書かれています。「演義」は今風に云うと小説とでも云える言葉ですが、正史とは違う脚色や正史にない部分を想像や伝説で補っています。従ってこれが史実とは思わないで下さい。又、吉川英治氏は当時出版されていた久保天隋訳「演義三国志」を元に自分の小説に書き直して行ったので演義とは違った独自の部分も多いですし、史実とは離れた部分も多いです。
重複しますが、吉川英治の小説をお読みになるか(講談社から文庫本で出ています)、「三国志演義」の訳書をお読みになるのが良いかと思います。「三国志演義」の訳書は、徳間文庫から出ているものかちくま文庫から出ているものが良いでしょう。むこうの古い挿絵が入っているのがちくま文庫版です。岩波文庫からも出ているのですが、書簡を候文につくるのと挿絵が江戸時代の日本人の画なので薦められません。

それ以外には絶版となったと思いますが、中央公論社から「中国連環画」として出ていたものがあります。日本の画物語と漫画との中間的な感じのものです。公共図書館の蔵書にあるのを見た記憶があります。

なお、その後の三国と云う感じで「後三国志」と云う本も出ています。(寺尾訳)記者はその題名以上の事は知りません。

御参考にならば幸甚です。

先ず「三国志」と云いますが、これは正史の名前で、小説の名前に使うのは日本だけのことです。正史の訳はちくま文庫に「正史三国志」として入っていますが、紀伝体と云う書き方で書いてあるので、一般の人には大変読み難いです。なお、正史と云うのは歴史的に正しいと云う意味ではなく、後に朝廷が正式に認めた歴史書と云う意味です。朝廷に都合の悪い処はぼかしたり書かなかったりしている処もあります。(筆頭は「史記」になります。最後は「明史」、全部で24種類あるので二十四史とも云います)
小説の方はむ...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q台湾は中国なの?

 率直に聞きますが、台湾は中国なんですか。 国際的に台湾は中国であると認めているんでしょうか。 ていうかそもそも台湾て国なんですか?国じゃないんですか? 台湾が中国なら、なんで台湾生まれの人は中国出身ではなくて台湾出身というのですか?
 
 非常にばかな質問かも知れませんが、誰に聞いてもあいまいな答えしか返ってこないのでよくわかりません。 はっきりとした答えをききたいです。 台湾の人は台湾を中国の一部だとは思ってないとか、ききますが実際はどうなんですか。 ていうか逆? 中国が認めてないの? 誰か分かりやすく説明してほしいです。 
 
 ちなみにこの疑問が生まれたのは、F4という台湾のアイドルグループが流行っていることを「華流」というのをきいたからです。 華は中華人民共和国の華ですよね? 

Aベストアンサー

他の方も言っておられますが、日本政府の立場を一言で言えば「台湾は中国の一部」となっています。これは日本だけではなく、中国と正式な国交を持っている全ての国がそうだったかと思います。逆に、中国と国交を持っていない国が台湾を独立国として認めています(世界中で二十~三十くらい)

ですが、実質的に現在の台湾は独立国のようなものです。独自の政体・軍隊・法体系をもっており、中国とは対立しています。また、2020年のオリンピック開催国に立候補もする話があるようです。

> 台湾の人は台湾を中国の一部だとは思ってないとか、ききますが実際はどうなんですか。

これは微妙な問題です。台湾人もこの問題に関しては一枚岩ではないからです。

現在の台湾の政権は「対中国・親日・親米」ですが、野党の中には「親中国・反日・反米」をスローガンとしている者もおり、またその意見も台湾の人たちの一定の支持を得ています。

極端な人たちの中には、すぐにでも中国と統一すべき、という意見もあります。
しかし、逆に「いや、中国は他国だ。戦争をしてでも我々は独立国家となるべきだ」という意見もあります。
まあ、こういう多様な意見が出る事自体、台湾は一党独裁・言論弾圧の中国とは一線を画した民主主義国家と言えます。

中国にとって、台湾は魅力的な土地ですから是が非でも欲しがります。ここが手に入れば、台湾島を軍事基地化して日本・米国・東南アジア諸国にかなりの圧力を加えられますから。

だから、日本は台湾が中国の一部とは認めていますが、米国との会談などで中国への台湾への圧力を問題視したりしています。米国もこれに同調しています。

本気で軍事力を行使された場合、日米両国は台湾側に付く可能性も否定できないなど、この地域は本当に紛争地帯の様相を呈しています。

他の方も言っておられますが、日本政府の立場を一言で言えば「台湾は中国の一部」となっています。これは日本だけではなく、中国と正式な国交を持っている全ての国がそうだったかと思います。逆に、中国と国交を持っていない国が台湾を独立国として認めています(世界中で二十~三十くらい)

ですが、実質的に現在の台湾は独立国のようなものです。独自の政体・軍隊・法体系をもっており、中国とは対立しています。また、2020年のオリンピック開催国に立候補もする話があるようです。

> 台湾の人は台湾を中...続きを読む

Q木造と鉄骨(軽量鉄骨)音が響くのは?

現在はRCマンションに住んでいますが、ワンルームのためなのか、
壁が薄いのか分かりませんが、隣の音がわりとよく響きます。

ワンルームが手狭なので、更新に合わせて引っ越しも考えていますが、
今住んでいるのが初めての一人暮らしでして、アドバイスを頂きたく
質問しました。

当方女性で、現在は、8畳ワンルームマンション。
電気一口コンロ、調理スペースなしの
激セマキッチン。冷蔵庫は8畳の部屋内に入っています。
ユニットバス、オートロック付きの最上階です。

私としては、キッチンと部屋にきちんと間仕切りがある物件。
(暖房効果や、音の問題)そのため1Kが良くて、
冷蔵庫がキッチン内に置けて、広さもそこそこある物件が希望です。
とにかくキッチンが狭いのと、冷蔵庫が部屋に入ってこない(うるさいので)
物件が良いのですが…。

静かに暮らしたいので、音がキーポイントです。

ある程度の広さを求めると、木造か鉄骨のアパートになりそうです。
最上階にするとして、木造と鉄骨、実際住むとどちらが音が響きますか?
それともそこまで変わりないのでしょうか。
イメージとしては、鉄骨は地震に強いけど、どうも音は響くという印象があります。

また、アパートだとどうしてもオートロックなしになります。
セキュリティは諦めようかと思っています。
実際帰宅時はいつも仕事が遅く深夜になるのであまり関係ないのかなぁと…。
(うっとおしい勧誘やセールスは深夜だと関係ないですし…。)

オートロックはやはりあった方が良いのでしょうか。
あった方が良いにこしたことないのですが、オートロックや
風呂トイレ別というのは、諦めポイントですかね…。

いろいろ質問してしまいましたが、アドバイス頂けるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

現在はRCマンションに住んでいますが、ワンルームのためなのか、
壁が薄いのか分かりませんが、隣の音がわりとよく響きます。

ワンルームが手狭なので、更新に合わせて引っ越しも考えていますが、
今住んでいるのが初めての一人暮らしでして、アドバイスを頂きたく
質問しました。

当方女性で、現在は、8畳ワンルームマンション。
電気一口コンロ、調理スペースなしの
激セマキッチン。冷蔵庫は8畳の部屋内に入っています。
ユニットバス、オートロック付きの最上階です。

私としては、キッチンと部屋にきちん...続きを読む

Aベストアンサー

 木造は音も振動も響きます。
 軽量鉄骨は音はあまり聞こえませんが、振動はあります。

 現在MASTの物件(軽量鉄骨)に住んでますが、非常に住みやすいです。
 家賃は若干高めだと思いますが、軽量鉄骨ならMASTはオススメです。

Q土地付き2000万で新築!?

現在結婚して2年目の女性です。
子どもはいませんが、将来的に2人授かれたらなと考えています。
主人は32歳、私は27歳です。

現在は賃貸に住んでいるのですが、
最近になり新築一戸建てを考えるようになりました。
そこで今、大手(?)ハウスメーカーや無名(?)ハウスメーカー、
不動産屋などに行って話を聞いているところです。
まだ、聞いて回った数が少ないので、どこにしようかは決めていませんが、
有力候補としてはタマホームです。
ただ、予算が2000万の為(今の家賃を超えたくない。固定資産税の分を
省くと月々5万程度(ボーナス2回払い10万ずつ))
建てることが可能なのか不安です。

この辺りだと、土地代が安くても700万くらいはするそうで・・・
全く違う場所なら500万で広い土地があるそうなんですが、
生活が不便(スーパーや学校などが遠い)みたいです。
もし700万の土地だとしたら、残り1300万で建てないといけないので、
注文住宅は無謀ですよね!?

貯金0=頭金等0と考えて、2000万だけで建てるのは難しいでしょうか?

主人側の親戚に建築士がいるので、建築士と建てる家も考えたのですが、
ネットで色々調べていると、建築士と建てる家も良し悪しだとか・・・

最初は建売住宅で考えていたのですが、建売はアフターフォローや点検等が無い、
また長期優良住宅ではないので(?)修繕費にかなりお金がかかるとか・・・!?
そういう話をハウスメーカーで聞いて、やはりハウスメーカーで注文住宅を建てたほうが
いいのかなと思うようになりました。

先日タマホームでファイナンシャルプランというのをしました。
その結果がまだ出ていないのですが、その結果によっても変わってきそうですが、
相手は少しでも高く売る(契約させる)ことが仕事なので、2000万と予算を伝えていても
2500万くらいにはしてきそうで怖いです。
事実、ファイナンシャルプランのときに、借り入れ金額を2500万で作成されました。

注文住宅で建てるといっても、特にこだわりも無いのですが、
4LDKで2階建て30坪くらい(坪単位が良く分かりません)で、
1階にリビングプラス1室、2階に子ども部屋2室、夫婦の寝室1室
1階と2階にトイレ、1階に水周り
くらいが希望でしょうか!?
たぶん、注文住宅となると、色々請ってしまいそうですが、
予算が予算なので、最低限で考えています。
ただ、タマホームは2階にトイレをつける場合、オプションだとか・・・


言いたいことがまとまっていませんが、
・諸費用込みで2000万(固定資産税は除く)で注文住宅を建てるのは無謀か?
・2000万の予算なら、建売、注文住宅、建築士と建てるなどどれがお勧めか?
が知りたいです。

家については全く無知の為、よろしくお願いします。

現在結婚して2年目の女性です。
子どもはいませんが、将来的に2人授かれたらなと考えています。
主人は32歳、私は27歳です。

現在は賃貸に住んでいるのですが、
最近になり新築一戸建てを考えるようになりました。
そこで今、大手(?)ハウスメーカーや無名(?)ハウスメーカー、
不動産屋などに行って話を聞いているところです。
まだ、聞いて回った数が少ないので、どこにしようかは決めていませんが、
有力候補としてはタマホームです。
ただ、予算が2000万の為(今の家賃を超えたくない。固定資産税の分を
...続きを読む

Aベストアンサー

1300万で建てるということは希望より小さい家を覚悟した方がいいかと思います。
無謀かどうかはわかりません。人それぞれです。
月々5万円、ボーナス10万円でしたら、30~35年程度のローンでしょうか。

あとは今後の努力次第でしょう。
とりあえず32歳で預貯金0円というのは厳しいですね。
子供が増えたら益々支出が増えていきます。
家計を見直し、切り詰めるところは切り詰めましょう。


人気Q&Aランキング