人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

6月12日にハウスメーカーの勧めで土地を見に行きました。ちょっとイイナと思い、ハウスメーカーの勧めるまま仮契約ということで預かり金を10万円納めました。その後一週間の間に融資がとおるかどうかの審査をしてもらったり、大体の間取りの案を持ってきてもらったりしました。
 そして、両親に相談したところ反対されたし、自分達もやはりまだ家を買うのは金銭的に無理ということで、断りの電話をしました。すると20日に会社に来るように言われ、主人が一人で会社に行くともう一度考え直すよう説得され、もうその気はないことを伝えたのですが、奥さんにもう一度今日の話をしてみてください。ということで終わりました。その後何も連絡もありません。
 このまま連絡が来るのを待っていたほうがいいのでしょうか?また、26日の仮契約から2週間たつ日を待って、まだ連絡がなければこちらか連絡しようとは思っているのですが、クーリングオフなどの期日も2週間とかいろいろあると思うので、それでは遅くなってしまうと心配なので、こちらに質問させていただきました。
 まず、預かり金というのは全額返金してもらえるものなのでしょうか?それには期日などあるのでしょうか?
 私たち家族には10万円もかなりの大金でこのまま連絡がなく、返してもらえないのでは・・・と思うと心配でたまりません。どうかアドバイス宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

不動産屋です、間違いなく返してもらえます。

連絡を待つのでなく、あなたから連絡して購入しない旨を伝え早く、返金するよういいなさい。それでもごちゃごちゃ言われたら、所在地の県庁に行きますと言いなさい。それでも返してもらえなければ、それは預かり金ではなく、売買契約の手付金です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいただいた中でもよい答えだったのでとても心強いです。ありがとうございました。私たちの場合、預かり金のときにそのお金についての説明は一切ありませんでした。でも、営業の方から一週間のうちにご両親と相談してくださいという、言い方をされたのですが、それで私たちのほうでも預かり金という名前なら、もし契約しない場合は返してもらえるものだとばかり思い込んでしまっていたので、聞くこともしませんでした。今日ハウスメーカーの担当の方に電話してみます。とても参考になるアドバイスをありがとうございました。

お礼日時:2005/06/24 15:05

仲介会社から金銭授受の時 重要事項説明をしてもらいましたか?


領収書は預かり金になってますか?

重要事項説明されてなく、領収書が預かり金であれば 全額返金していただけます。

重要事項説明をしてもらいなおかつ、領収書が手付金の場合あきらめないといけないかもわかりません。

重要事項説明が無くて、領収書が手付金の場合は、不動産会社から返金してもらえるとおもいます。(重要事項説明違反のためそこを突けば返金されると思います。)

だだ。。。売主(一般個人)と直接取引場合はこの限りではありません(宅地建物取引業に抵触しないため重要事項説明は関係なし)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。私たちの場合は、領収書が預かり金となっておりますし、重要事項などの説明も一切ございませんでした。ですので、安心いたしました。自信なしというアドバイスでしたが、とても参考になり、私の気持ちも安心できてよかったです。本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/06/24 20:28

■いずれにせよ、ご自身の家を建てるには人生経験の点で修行が必要かもしれません。

「返してもらえないのでは‥」ではなくて「返してもらえません。」

■まず、仮契約金10万円ですが、これは何のためにお支払いになったかおわかりですか?「この土地を買いますから、他の人が買わないようにしてください。契約を部分的に進めますから。」ということなのです。「仮契約」の「仮」は「白紙からやり直せる」という意味の「仮」ではありません。「本契約の段取りを部分的に進めてください」という契約なのです。

■ですから、買主側の都合で契約破棄ですので、10万円は戻ってきません。通常の仮契約書には、預かり金は返還しない旨が記載されていますが、確認してください。

■ですから、迷っていたり、家族の意見が一致していない場合などには、仮契約はするものではないのです。「手付金」というものでも同じです。

「こっちの都合で契約を破棄した場合は手付金はあげるから、他の人が手を付けないようにしてちょーよ。」というのが手付金です。

■手付金や仮契約金が契約破棄で返してもらえるものなら、なんでそんなお金をわざわざ払う必要があるのでしょう?

■ハウスメーカーに「返してもらえないのですか?」と聞いてもよいですが、おそらく担当者は「こいつはバカか!?」と心では思いつつ、丁寧な言葉で「ダメです」と断ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても丁寧に細かい説明をありがとうございました。本当にまだ家がほしいなと思っていただけでまだまだ経験が不足しており、勉強になりました。戻ってこないということでとても残念です。でもまだ諦めがつかないのでこいつはバカか!?と思われること承知で一応連絡してみることにします。ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/24 15:00

まず、、クーリングオフは家の販売契約には全く関係ありません。


預かり金を渡した時に説明があったと思うのですが、
通常融資が降りなかったや、家が壊れていたなどハウスメーカー側の理由で契約が不成立になったときには全額返還されます。
逆に親に反対されたや転勤になったなどお客さんの都合による解約の場合は1円も返還されません。
これはあくまで通常ですので預かり金を渡す時にどういう契約で渡したかによります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。私たちの場合、預かり金のときにそのお金についての説明は一切ありませんでした。でも、営業の方から一週間のうちにご両親と相談してくださいという、言い方をされたのですが、それで私たちのほうでも預かり金という名前なら、もし契約しない場合は返してもらえるものだとばかり思い込んでしまっていたので、聞くこともしませんでした。私たちのミスですね。勉強になりました。でも、まだ、諦めることができないので一応急いでハウスメーカーに問い合わせてみることにします。貴重なお時間見ず知らずの私たちにアドバイス本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/06/24 14:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイワハウスはどうですか?

建築条件付きですが、いい土地があったので大和ハウスで家を建てようと考えています。
教gooを見ただけでも賛否両論ですが、最近大和ハウスで新築された方の意見、感想を聞かせて下さい。
一口にダイワハウスで建てたと言っても、実際の施工業者によりけりのようにも思えます。
決定的な経験談、意見等がある方居ませんか?

Aベストアンサー

質問されてから、ちょっと時間がたっていますが・・・。

ダイワハウスのような大手HMは、部材だけ供給して、あとは施工工務店まかせというご意見がよくありますが、そんなことはないです。工程ごとにきちんと検査し、完成まで責任をもってやってくれると思います。工務店も、一定の技術水準にあるところしか使っていないですから、工務店によって当たり外れがあるということも基本的にはありません。
全く逆の回答を書かれている方もおられますが、業界内にいる人にとっては、至極当たり前のことです。

ダイワハウスについてですが、プレハブメーカーとしてはもっとも古くからあるメーカーの一つで、業界では売上高ではNo.1です。メーカーとしては選んで間違いではないと思います。

うまくいくかはむしろ、営業・設計・施工の担当者がいかに優秀かにかかっています。

また、「建築条件付の土地が気に入った」という客はメーカーにとっては、いわゆるカモです(悪くいえば)。分譲宅地ですと、配置・プランなどで大きく迷うほどの余地はなく、土地に法律的瑕疵があるわけでもないですから、営業担当にとっては「早く契約して、早く打ち合わせして、早く着工して、今期の決算に間に合わせよう」となりがちです。いきおい、拙速な契約とプラン決定を求められがちです。

No.1の方も書かれていますが、今春の新卒営業に当たるなどの場合もあります。新人のほうが一生懸命やってくれるからいい、とか思う人もいるかもしれませんが、知識経験提案力の豊富な担当の方がよいですね。

質問されてから、ちょっと時間がたっていますが・・・。

ダイワハウスのような大手HMは、部材だけ供給して、あとは施工工務店まかせというご意見がよくありますが、そんなことはないです。工程ごとにきちんと検査し、完成まで責任をもってやってくれると思います。工務店も、一定の技術水準にあるところしか使っていないですから、工務店によって当たり外れがあるということも基本的にはありません。
全く逆の回答を書かれている方もおられますが、業界内にいる人にとっては、至極当たり前のことです。

ダイワ...続きを読む

Qダイワハウスの相場は?

結婚4年目、
夫婦共働きで子×1
(行くx2は2人目も)
新築のためにダイワハウスの支店に話を聞きに行きました。
土地代抜きで、支店は、
「相場3千万円弱から」
と言いました。
身近な人達は、土地代抜きで
「2千万あればいい家が建てられる。」
と言っています。

ダイワハウスで、敷地70建坪40で土地代抜き2千万の家ってどんなでしょう。
私達夫婦は、外観が標準的で強度に問題が無ければ、内装に大してこだわりはなく、安く済ませたいと考えています。

ご意見をお待ちしています。

Aベストアンサー

ダイワに限らず、セキスイもミサワも坪70万は下らない。ヘーベルや住友林業などは価格帯が100万ぐらいです。ダイワはセキスイやミサワと競争すると価格で負けるので、宅地開発による優良土地で客を取り込もうとしているのです。だから、土地は良いものであったと思います。
前にも回答したように、土地が気に入ればそれが一番なのです。建物に多少の違いがあっても、ハウスメーカーの建物はどれも一流です。経済的な余裕があれば、後悔するようなものではありません。

建物の原価について、以前に別の質問で回答したことがありました。
近所に住んでいる若い大工が建てた家のことです。
住友林業以上の仕様で延床面積約40坪の家が1100万円で建てたと言っていました。ただし、これは特殊条件で設計は自分で、職人工賃はすべて友達工賃(彼らの手取り単価)でしてもらったそうです。材料費も仕入れ原価。自分の大工工賃の100から200を足しても1300。坪33。私もこの大工に見積りをさせるとさすがに33にはならないが、それでも40は切れる。
建物価格には地盤改良工事と下水・ガス工事は含まれていません。200程度でしょうか。それらを入れると1500が原価です。

身近な人が言っている2000は妥当な価格です。

ダイワに限らず、セキスイもミサワも坪70万は下らない。ヘーベルや住友林業などは価格帯が100万ぐらいです。ダイワはセキスイやミサワと競争すると価格で負けるので、宅地開発による優良土地で客を取り込もうとしているのです。だから、土地は良いものであったと思います。
前にも回答したように、土地が気に入ればそれが一番なのです。建物に多少の違いがあっても、ハウスメーカーの建物はどれも一流です。経済的な余裕があれば、後悔するようなものではありません。

建物の原価について、以前に別の質問で回答...続きを読む

Q住宅メーカーで申込みして、申込金を納めた後、どうもすっきりしないので

住宅メーカーで申込みして、申込金を納めた後、どうもすっきりしないので
キャンセルした場合、違約金ってどの程度かかるものでしょうか。

Aベストアンサー

ハウスメーカーによりますからね。
申込金だと契約前のことが多いのでプラン提示を受けてもその時点で見積もりが合わない等で契約を断れば全部返るところと実費清算でというところがありますよ。役所、現場調査などしたりするときに実費が発生します。。ということにもなるからです。
メーカーによるのできちんと聞いてみましょう。
本当は申し込みをするときに聞くべきでしたね。
契約時も解約の場合の話をすべきなんですよ。いいお話しの時に水を差すようで・・・なんて遠慮は不要です。契約は相方対等ですから気にせず内容を確認することをお勧めします。

Qダイワハウスの建売は買いでしょうか?

ダイワハウスの建売を購入しようか迷っています。
物件は間取りも気に入り、あとは値引き次第なのですが
色々なサイトを見ていると アフターがよくないようで・・・
xevoはメンテナンスも今までの半分だといわれましたが
営業トークでしょうか。
ダイワハウスにお住まいの方、もしくはお知り合いがいる方
よかった点 悪かった点 なんでもいいので教えてください!

営業担当も決算前で売ってしまいたいのか 物件を見てから
まだ2週間だというのに
(ダイワとのお付き合いは昨年夏からですが)
昨日本契約まで持ち込もうとしていました。
建売物件だと契約までこんなに短期間なのでしょうか。
余りにもトントンと話が進んでしまい、不安です。

経験者、専門知識をお持ちの方 助言ください。

Aベストアンサー

建売は商品売買ですから、見えない誰かが買ってしまうという競争があるものの車買う程度のスピードで販売されます。

ユーザーの「買いたい」と
資金目途さえ付けば即決という事です。
正直売ってしまえば家に対しては瑕疵保証などあっても、
家計のやりくりの失敗まではもちろん知らん振りですからね。
買うからにはそういうこともシュミレーションした上で物件を探すのが建売を検討している人の常識だと思います。

建売も2月が一番売りやすいのです。時期的には気のない人を待たずとも物件がよければ客は付くし、下手に待って3月過ぎればボーナス期の6月まで売り安い時期がのびて不良在庫になってしまいます。

まだ、不勉強なのに飛びついたのならやめた方がいいかもしれませんし、ある程度さがしていてこれはと思ったのなら買いかもしれませんが条件もわからずにここで判断は難しいです。

メンテ半分・・これは完全な営業トークです。
より耐久性がいいもの汚れにくい物を使っているという事でしょうが、家のメンテの巾はとても広いのです。いいもの使わなくてもメンテがあまりなくて済んでいる家などいくらでもありますし、他のメーカーでも同じような耐久性のものを使っている事も少なくありません。何を持って「半分」と言い切れるのかきいてみたいもんです。

注文住宅を建てる人よりも建売を買う人は、家は大してこだわらないという人が結構多いものです。そういう方は家に労力をかけるよりも他に労力をかけたい、、(例えば仕事や趣味)とするとメンテが楽というトークは非常に多くの心をつかむ的をえたトークなわけです。

このように不動産系の販売ではトークは話それこそ半分に聞きましょう。頼りになるのは、仕様書、図面、実物、重要事項説明書などです。決して丸呑みしないように。

建売は商品売買ですから、見えない誰かが買ってしまうという競争があるものの車買う程度のスピードで販売されます。

ユーザーの「買いたい」と
資金目途さえ付けば即決という事です。
正直売ってしまえば家に対しては瑕疵保証などあっても、
家計のやりくりの失敗まではもちろん知らん振りですからね。
買うからにはそういうこともシュミレーションした上で物件を探すのが建売を検討している人の常識だと思います。

建売も2月が一番売りやすいのです。時期的には気のない人を待たずとも物件がよければ...続きを読む

Qハウスメーカーに払った手付金は戻ってくるのでしょうか。

注文戸建てをHMと契約する際、手付金として事前に200万円ほど払いました。
自分としては、手付金は、オプション等最終的な確定金額から当然引かれるものと思っていたのですが、先日HMからもらった見積書を見る限り、手付金の分は考慮されていませんでした。
事前にHMに確認してから手付金を払うべきだったと後悔しています。
住宅業界では一般的に手付金は戻ってこないものなのでしょうか。

Aベストアンサー

うちのときは最終的な金額に含まれていましたよ。

払うときに聞いたところ何度もキャンセルなどされる場合があるので一応払ってもらって最後にお返ししますと言われました。

こちらの都合でキャンセルした場合は全額返ってきませんが万が一向こうの都合でキャンセルになってしまった場合全額返ってくると。

金額もこちらで決めれましたし。(あまりにも低い額では無理ですが)

うちも見積り書には入ってませんでした。
でも諸費用を支払うときに返してもらったというかその分差し引いての支払いでした。

一度確認してみてはどうでしょうか?

Qこれからの住宅は木造か鉄骨どっちが良いか

今年の春に90坪の土地を購入して5年後を目途に新築を計画しています。まだHMにしようか、地元の工務店にしようか決まっていませんが、まずは建物の工法から決めていきたいと思っています。今は建築技術も向上しているとは思いますが、これからの住宅は木造住宅が良いのか、鉄骨住宅あるいはコンクリート住宅が良いのかどれが良いと思いますか?

Aベストアンサー

何を重視されているかに依りますが、耐震性だけを考えても、地盤との兼ね合いで最適な構造は変わります。
緩い地盤に、重い建物を置くのは耐震上良くありません。
もとが軟弱地盤の場合は、柱状改良などの地盤改良をした場合でも、棒の上に重いモノが乗った状態で、
不同沈下には有効ですが、地震などの災害時の横揺れには危険です。
どの程度の地盤に建てるかによって、最適な構造も変わってきます。
一般に、RC だと改良前の地耐力が粘土質で5トン、砂質で8トン以上は欲しいでしょう。
軽量鉄骨だと粘土質で3トン、砂質で5トン以上、それ以下の地盤に建てるときは地盤改良をしても木造の方が無難です。

また RC は結露の問題があります。コンクリートは建てて数年は湿気を吐き出します。
それに、湿気を外部に全く逃がしません。計画換気をしっかり考えないと健康上も良くありません。
RC 構造では、壁内結露のことを考えると外断熱が良いと思います。
内断熱にすると、断熱材とコンクリートの間に結露でカビが生える原因になります。
ただ外断熱の場合は断熱材を厚くしずらいので冷寒地には向かないと思います。
とは言え、硬質ウレタンの50mm程度を施工すれば、IV地域以南では全く問題ないでしょう。

また RC と言えども寿命があります。
コンクリートの水セメント比と、鉄筋のかぶり厚で40-100年程度で駄目になります。
大抵は 21-24N/m2 で、かぶり厚4cm程度なので 50-60年程度でしょうか。
耐用年数的には、木造でもキチンと作れば(作ってないところも多いですが)、
この程度か、それ以上の耐用年数になりますので、極端に長いわけでもないです。
しかも、RC の場合は、耐用年数が過ぎた後は資材を再利用できないので、
長いスパンでは廃棄のことも考えないといけないでしょう。

軽量鉄骨は、木造と比べると、上物が重いだけではなく荷重が柱に集中する構造です。
また、多くの軽量鉄骨の構造(一部違いますが)では、
地震の際の命綱として、フレームにブレースを入れています。
地震が起きたらブレースが確実に歪むので、歪みを治さずに放っておくと、
気がつかずに地震に弱い構造になっている可能性もあります。
制震のダンパーを入れているところもありますが、機械構造の劣化や寿命を考えると、
家の根幹を機械構造に任せるのは個人的に好きではありません。
建てた瞬間ではなく、長期の安全性を考えると、単純で頑丈なモノが一番安心できます。
それを考えると、僕は鉄骨ならラーメン構造が好きです。

鉄骨の場合も充填断熱にすると、
断熱材を厚くしても鉄骨が熱橋になって断熱効率を落とします。
外断熱にした場合も、あまり厚い断熱材を使えないので、
どちらの場合も高断熱には向かないと思います。
とは言え、これも多少の光熱費を犠牲にして、全館床暖房などにすれば快適に過ごせると思います。
また、鉄骨は火災の時には、一気に溶けて崩れるので、火災に対しては木造よりも弱いです。
しかし、どんな構造でも火災の時は窓から火が入るから、構造の強弱はさほど重要でないかな。

次に木造ですが、3階建以上だと RC か軽量鉄骨の方が良いと思いますが、
2階建までならキチンと考えて設計すれば、そこそこ耐震性は高く作れます。
木造は比較的軽く、鉄骨と比べると柱の一部でなく、土台全体に荷重が分散するので、
ベタ基礎にし易く、比較的弱い地盤でも対応可能というのも利点です。

木造は大きく分けると、在来軸組と2×4があります。
どちらの場合も、断熱性能や、家の寿命などは、施工の丁寧さや、部材の使い方でピンキリです。
例えば、建材は湿気に強い弱い、シロアリに強い弱いなどの特徴があり、
適切でない部材を使っているメーカーは意外と多いです。
また、施工の精度で性能も変わります。

昔は在来軸組と2×4の一番の違いは、耐震性と言われていましたが、
最近では在来でも構造面材を使うところが増えてきて、
耐震性という意味では構造よりも、間取りや設計に依存するようになってきました。
最近の構造での在来軸組と2×4の一番の違いは、
2×4の方が職人の技術によって出来上がりが左右されづらいことだと思います。
(これはプレハブにも言えることですね。)
一方、在来は職人の腕に左右されやすい反面、
間取りや将来のリフォームなどの自由度が高いです。

このように、どのような工法でも、一長一短はあります。
建てる地域、土地の状態、何階建かによっても、良い構造は変わってきます。
どんな場合でも、この構造が良いと言えるような構造は無いと思います。
また、同じ工法に分類される構造でも、建材、施工方法で全く性能は変わります。
更に、家は車などの工業製品と違って、一件たりとも同じ建て方ではありません。
いろいろな条件を考えて、最適と思える工法、工務店、メーカーなどを探して、
納得いく家を建てて下さい。

何を重視されているかに依りますが、耐震性だけを考えても、地盤との兼ね合いで最適な構造は変わります。
緩い地盤に、重い建物を置くのは耐震上良くありません。
もとが軟弱地盤の場合は、柱状改良などの地盤改良をした場合でも、棒の上に重いモノが乗った状態で、
不同沈下には有効ですが、地震などの災害時の横揺れには危険です。
どの程度の地盤に建てるかによって、最適な構造も変わってきます。
一般に、RC だと改良前の地耐力が粘土質で5トン、砂質で8トン以上は欲しいでしょう。
軽量鉄骨だと粘土...続きを読む

Q本審査に落ちました

宜しくお願いします。

住宅ローンの事前審査を通り、
ほぼ間違いないので準備を始めてくださいと不動産屋に言われ、
引越しも決まっていたのですが・・
まさかの審査落ちでした。
落ちた原因ははっきり分からないのですが、
過去の通帳のお金の出し入れがネック・・らしいのです。

正直、理解不能です。
10年も昔からの通帳内容を言われても・・・
覚えているものも覚えてないものもあります。
審査落ちの理由によく「転職・新規借金」と聞きますが、
そんなことも全くありません。
もう他の銀行に行っても無理でしょうか?

現在の住居も出なくてはならないですし、
引越し業者も断らなければいけないし・・
本当に大打撃でした。

Aベストアンサー

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた書面を
全面的に正しいものと仮定しているのです。本審査は事前審査の
内容に間違いが無いことの確認作業が大半ですので、今回は通帳の提示などを求めたところ、提出できなかった、もしくは提出したところ
事前審査と相違があった、のいずれかの可能性が高いです。

よく見かけるケースとして、
自己資金の証明ができないことがあります。例えばローン2000万、
自己資金1000万で家を買う場合、1000万について自分のお金である
との証明(自分名義の通帳や証書で証明)が無いと、
「もしかしたらその1000万て他からの借金では?」という風に判断されることがあります。そうなると(1)に該当し、断られる可能性が出ます。
他に、以前に住宅購入など、大きな買い物をしていませんか?
そしてそのために銀行以外(親や親戚、知人、経営・勤務している
会社)から借入をしていませんか?
もしこれがあると、これも(1)に該当し、
「現在の借入残高」として申告した内容と違いが
出てくるため、断られる理由になりえます。

最後に、他行では無理かとのことですが、通る可能性は十分に
あります。包み隠さず相談してみると良いと思います。
(状況に不明な点が多いので、回答に対する自身は「参考」に止めます。)

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた...続きを読む

Q新築時の預り金の取扱い

地鎮祭を終え、これから着工というところです。
照明器具とカーテンは自分で手配するのでいりませんと言ったところ、「ではその分返金します」と言われ額が提示されました。
しかし、当初契約時には【預り金】とされていた照明器具30万とカーテン35万をそのまま返金とはならず、
値引き分の8%を差し引いた金額を提示されました。(会社の決まりらしいのですが)
契約時には「預り金なので使わなければ返します」と言っていたのに、どうにも納得できません。
預けたお金ならば割引などされるはずは無いのではないでしょうか?
私は預り金とはそのようなものだと解釈しており、考え違いであれば教えて頂きたいと思っています。

Aベストアンサー

>照明器具とカーテンは自分で手配するのでいりませんと言ったところ

通常、照明やカーテンを自ら手配する場合には、最初から見積りから外して契約します。あなたの場合には契約時点では見積りに入っていて、途中から施主支給に切り替える意向になったのでしょうか。

で、見積りに入れる場合、どの様な照明器具やカーテンをチョイスするかは契約後の詳細打ち合わせの中で決めますので、契約時点ではとりあえずそこそこのものをチョイスしても予算的にショートしない程度の「枠」で見積り計上します。それが30、35万円という概算の「枠」です。単なる「枠」ですから、お釣が出るかもしれないし追加が出るかもしれないものです。

そして、自分達で買うから不要となったならば、最終的に支払う残金から、不要になった「枠」の金額を引いた金額で決済すれば良いことです。
つまり、まだ最終見積り金額を全額支払っていない段階で「預り」などという概念があるわけがないのです。最後の支払いで調整すれば良いわけですから。

>預けたお金ならば割引などされるはずは無いのではないでしょうか?

これは見積り上で、照明カーテン代にも値引率が適用されているのかどうかを確認してください。「枠」としての予算に値引きを適用していたとしたら奇妙ではありますが、値引き後の数字を差し引くしかないでしょうね。これはその値引き適用時点で言うべきで、今になって言うことではないでしょう。
一方、照明カーテン代は値引率適用されていないなら、質問者が書かれている通りで65万円全額を減すべきです。

いずれにせよ「預り金」という表現は、誤解を招きますよね。
その点は説明が下手だったのだろうとは思います。

>照明器具とカーテンは自分で手配するのでいりませんと言ったところ

通常、照明やカーテンを自ら手配する場合には、最初から見積りから外して契約します。あなたの場合には契約時点では見積りに入っていて、途中から施主支給に切り替える意向になったのでしょうか。

で、見積りに入れる場合、どの様な照明器具やカーテンをチョイスするかは契約後の詳細打ち合わせの中で決めますので、契約時点ではとりあえずそこそこのものをチョイスしても予算的にショートしない程度の「枠」で見積り計上します。それが3...続きを読む

Q契約後の金額アップに関して

契約後の金額アップに関して

現在、家を建てようとハウスメーカー各社に見学・相談に行っています。

契約後に見積額よりも金額がアップするとよく聞きます。
1、それはなぜ起こるのでしょうか?
2、対策はありますか?
3、どの程度アップすると考えればいいのでしょうか?

各ハウスメーカーで違うとは思いますが、お詳しい方、アドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

住宅の建築請負では20%~25%の粗利をとらないと営業や本社部門は食っていけません。

初期の見積もりにはその程度の粗利(=営業利益)が見こんであるのですが、契約直前に競合企業との相見積もりで「出精値引き10%」などと契約することはよくあります。
10%の出精値引きでも粗利の50%を失ったことになりますので、ハウスメーカーの営業がこの失った分を少しでも取り返そうとするのが追加工事と仕様変更です。

例えば玄関ドアを上等なものに交換するとしましょうか。
元の玄関ドアが10万円で2万円の利益のところ、すでに10%の出精値引きが懸かっているので、上代9万円で1万円の利益しかありませんね。そこで上等なドアで20万円のものに交換するとすると、こちらには10%の出精値引きが懸かりませんので、20万円の上代で20%は4万円の粗利となりますよね。
そう、1万円の粗利から4万円の粗利に4倍増するのです。このようなグレードアップが有ってこそ、営業マンの給料や本社経費をまかなう事が出来るのです。

賢い施主は(美味しくない顧客ですが)最終見積もり時点ですべての仕様変更や追加を完了し、その見積もり総額に対して出精値引きを要求、契約後には一切の要求変更、要求追加をしないのです。
要求の変更・追加をしないばかりでなく、要求通りの施工をしているかどうか、専門の建築インスペクターを雇って逐一検査を実施する。そうすると素人目に解らない材料の変更などで利益を増やすこともできないし、手抜き工事が発覚すれば必ず補修工事をすることになるし、あまり儲けを復活することはできませんね。

いちばん賢い施主は、最終見積もり段階でさえもなにも追加要求をしない施主。
ハウスメーカーは商品企画段階で価格競争力を付けるために標準部分では利益を圧縮して単価設定しているが、オプション部分では最初から20%ではなく30%~40%の利益率設定をしている場合があるからです。
標準仕様だけで建築してもらい、建築後、実際に住みながら、またローン残高が減少を睨みながら、キッチンの交換、ジャグジー設置、照明器具のLED化、高級畳への交換、断熱サッシへの交換、太陽熱温水器の後付け、雨水利用水洗便所、それに床の張り替えなどで住宅の価値を上げてゆくものです。
その為には、100年の耐久性が求められる基礎・土台・柱・梁・屋根・壁などにしっかりとコストを掛け、10年前後と耐久性が短い設備関係にはあまりコストを掛けないホームメーカーを選ぶのが理想です。現実は耐久性が求められるところでコストダウンし、住宅設備機器にコストを掛けて見栄えを向上させるのが通常なので難しい側面がありますがね。

オプションでのアップグレードは程度問題です。
最初に軽自動車クラスを指定しておいて高級なカーオーディを付けてもしょうがないとの同じです。ある程度のグレードの標準仕様にして、オプションは最小限にするのがハウスメーカーで家を買うときのコツです。もし、標準仕様とは異なる機能、性能に興味が強く、譲れない場合は、初めから注文建築でその機能・性能を設計する方が無駄がありません。デパートで吊るしの背広を買って方々修正するぐらいなら、初めからオーダースーツにしたほうが満足度が高いでしょう?

住宅の建築請負では20%~25%の粗利をとらないと営業や本社部門は食っていけません。

初期の見積もりにはその程度の粗利(=営業利益)が見こんであるのですが、契約直前に競合企業との相見積もりで「出精値引き10%」などと契約することはよくあります。
10%の出精値引きでも粗利の50%を失ったことになりますので、ハウスメーカーの営業がこの失った分を少しでも取り返そうとするのが追加工事と仕様変更です。

例えば玄関ドアを上等なものに交換するとしましょうか。
元の玄関ドアが10万円で2万円の利益のと...続きを読む

Q予算2500万でどれくらいの家が建つの?

最近75坪の土地をゲットしました。(^^)さぁ家を建てようと思ってます。しかし自分は全くの素人です。
とにかくせっかく大きい土地なんでできるだけ大きい家を建てたいなと思ってます。何しろ予算は2500万で建坪どれくらいの家が建ちますか?(外講工事、登記、オプション100万くらい)を含む
大手ハウスメーカー希望です。値引きについてもお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化にするなら
なおさらです。

私の場合これから着工なのですが、他に予算を取っているのが
環境保全組合費、CATV関連、自治会費、Bフレッツ工事費用、団体生命、
引越し費用、退去費、植栽、ソファー、冷蔵庫、IHなべ、勉強机、物置、
ルータ、テレビ、生ゴミ処理機、原付、地鎮祭、挨拶周り、上棟式ご祝儀等

上はあくまでウチの場合ですが、標準で付いているもので満足する人は建売で
満足できる人が多いのですが、注文住宅から始める方は別途追加工事もぼちぼと
出ると思いますよ(^^);

実は、大手ハウスメーカーと工務店の他に「地場でがんばっている」or
「ちょっと県外に進出している」中堅会社も結構あります。
(ウチはこれでお勧め♪)

ここいら辺だと価格交渉の余地があります。
(大手は渋いですがカーテンくらいはつけてくれるかな?)
もちろん、なんの根拠もなく「まけてまけて」といっても成果は上がらない
だけでなく、大切な「信頼関係」までも傷つけてしまうかもしれません。

例えば、「完成見学会やってもいいですよ」とかでも、値引きを引き出しやすい
かと思います。(しかも双方お得)

どこまで2500万円に含めるか、吹き抜けとかどこまでこだわるかにも
よりますが、大手でも40坪くらいはいけそうな気がします。
sekisuiさんで引渡し坪70万になったかたも普通にいらっしゃるようですが・・・

ちなみに、私は大小8社から見積もりを頂いて検討したので「へとへと」に
なりましたが、がんばっただけのことはありました。

参考になれば幸いです。

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化...続きを読む


人気Q&Aランキング