最新閲覧日:

私は 何か国語か かじっているので、外国語の知識は少しはあるのですが、英語とドイツ語は同じゲルマン語系なのに、語彙や文法において 著しい相違が見られます。それに比べると、フランス語、イタリア語、スペイン語は かなりの近似性が感じられます。英語はドイツ語よりも オランダ語に近く、オランダ語よりも フリジア語に近いと知りました。そこで フリジア語とは どんな言語なんでしょうか?
ドイツ語やオランダ語に比べて どういうところが 英語に似ているのでしょうか?文法的には ドイツ語よりも英語に近いのでしょうか? それと、語彙の面では やはり ラテン系が少なく、ゲルマン系が多いのでしょうか? ご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

オランダ語と英語が近いのはゲルマン語派の中でも両方とも「低地ドイツ語」に属するからです。

対する、いわゆるドイツ語は「高地ドイツ語」に属します。

さて、フリジア語に関しては、次のページに概説が載っています;

参考URL:http://www.alc.co.jp/mlng/wlng/frisian.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>オランダ語と英語が近いのはゲルマン語派の中でも両方とも「低地ドイツ語」に属するからです。
確かに、しかし、オランダは英語よりもドイツ語に近い感じがします。大昔は
オランダ語と英語は かなり似ていたんでしょうけど、英語は ノルマン人の制服によってフランス語の影響を非常に強く受けたため 大昔の英語から ものすごい変化を蒙ったんですよね。英語の語彙の半分はフランス語や フランス語経由のラテン語らしいですね。
ちなみに 同じゲルマン語系のアイスランド語は 何百年の間 殆ど変化していないらしいですね。

お礼日時:2001/10/09 00:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報