医療費控除について質問です。
確定申告する際に医療費から差し引くものとして高額医療費、医療保険金等がありますが、実際の医療費より高額医療費+医療保険金の方が高くなることはあるのでしょうか?
例えば7日間入院で費用が9万円、高額医療費還付が6万円、医療保険金が7万円の場合などです。

また、この場合医療費控除の明細にはどのように記述すればいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

高額療養費(正確には、高額「医療費」ではなく、こういう表現のようです)については、一定基準金額を超えた部分に関して健保が出してくれるので、「実際の医療費より高くなる」ことはありません。



ただ、保険の給付金は、これとは関係なく、健保適用の医療行為に対して該当する給付が出ます。
高額療養費の給付に関係ないだけでなく、支払った医療費の金額とも関係がなく、独自の基準(契約内容)により給付金額が決まっています。

ですから、実際に支払った金額より、高額療養費の還付額+保険の給付額が高くなることは、あり得る話ではあります。

医療費控除の場合ですが、実は「実際に支払った医療費の合計」から「補填される金額の合計」を差し引くのではなく、1件ごとに「実際に支払った金額から、補填される金額を差引く」という計算をして、その小計を合計します。
(#2さんが書かれているのは、実際に支払った金額や、補填金額を合計してからなので、ちょっと違うような)

もし「骨折のため入院した」場合に、「支払った入院費」より「高額療養費の還付額+保険の給付金」が高く、黒字(^^;になった場合。
「支払った医療費の合計」から「補填される金額の合計」を引くということは、黒字になった分は、他にかかった医療費も減額することになってしまいますよね。
その必要は無いんです。
この例ですと、「骨折のため入院」での出費は0円だったということになります。あくまでも、出費(支払った金額)だけを問題にするので、上回った金額分は考えません。

で、質問者さんが一番知りたいのは、そういう場合、明細にどう書けばいいのか?ですよね。
税務署などでもらえる、中に領収書を入れる封筒の表面に、明細を書く欄がありますが、これっていかにも「支払った金額の合計」から「補填金額の合計」を差引くように感じられますよね。
私の場合、明細は自作の表を添付しています。税務署からもらった封筒の明細欄には「別紙参照」と書いています。
で、自作の表には、1件ごとに支払い金額・交通費・補填金額・支払い金額-補填金額の記入欄を設け、最後は「支払い金額-補填金額」の合計を出しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パソコンの調子が悪く、お礼が遅れまして申し訳ありませんでした。
具体例もつけて頂けたので、大変分かり易かったです。ありがとうございます。
自分も自作の表を作成してみようと思います。
また何かありましたら、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2005/07/13 11:24

 


実際に支払った医療費よりもその医療費から差し引く「保険金などで補てんされる金額」(生命保険等で支給される入院給付金や健康保険等で支給される療養費・家族療養費・出産育児一時金等)の方が多くなることはあります。

その場合の「医療費の明細書」の保険金などで補てんされる金額欄への記載方法は、支払った医療費が限度となります。(例えば支払った医療費が10万円、保険金等で補てんされる金額が15万円のような場合、「支払った医療費」欄は10万円、「左のうち保険金などで補てんされる金額」欄は10万円と記載します。マイナス5万円とはなりません)


それから、支払った医療費が複数の病気等のような場合、例えば、Aという病気治療に10万円、Bという病気治療に15万円を支払ったような場合、Aという病気に対して15万円の保険金等を受け取ったような場合、10万円-15万円=マイナス5万円となりますが、この「マイナス5万円」はBの病気治療に支払った15万円からは差し引く必要はありませんので。(http://www.nta.go.jp/category/tutatu/shitsugi/sy …
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パソコンの調子が悪く、お礼が遅れまして申し訳ありませんでした。
有意義な情報をありがとうございました。参考に
させて頂きます。
また何かありましたら、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2005/07/13 11:21

>実際の医療費より高額医療費+医療保険金の方が高くなることはあるのでしょうか?



十分に考えられます
入院日額一万円で仮定してますが
入院日額3万円、4万円という人もいます。
日額4万円なら7日入院で28万円になってしまいます

A病院 ○月○日~○月○日-90000円
B病院 ○月○日~○月○日-60000円
C病院 ○月○日~○月○日-40000円
D病院 ○月○日~○月○日-50000円
A病院交通費---------4000円
B病院交通費---------9000円
C病院交通費---------7000円
D病院交通費--------10000円
合計-----------270000円

高額医療費還付-------60000円
医療保険金---------70000円
補填額合計--------130000円

差引-----------140000円

140000円-100000円=40000円

医療費控除額  40000円

こうなります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この例ですと支払額の方が多いので差し引いた額が
控除額として計上できるということですよね。

例をつけて頂いてありがとうございました。
大変分かりやすかったです。

また何かありましたら、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2005/06/24 18:36

支払った医療費の金額<保険などで補填された金額



ご質問の状況は、上記のようなときのことでしょうか?

これでは医療費控除の対象にはならない、と言うことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>支払った医療費の金額<保険などで補填された金額
この状況のことを言っていました。
この場合は単に医療費控除の対象外になるだけという
ことですよね。

多く補填された場合は何か特殊な書き方があるのか
と思っていました。
ありがとうございました。

また何かありましたら、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2005/06/24 18:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自立支援法における一割負担の金額について

大阪のデイサービスのスタッフです。4月より利用料の一割を利用者さんに負担していただくことになりました。丙地の金額はでていますが、私達は乙地になるので、1.018をかけなければなりません。大阪府から資料をもらいましたが、小数点以下四捨五入やら切り捨てやらとてもややこしく、正しいかどうか自信がありません。乙地の金額がずばりでているサイトはありませんか?ご指導をお願いいたします。

Aベストアンサー

ヘルパー事業所の者なのでデイのことはよくわからないんですけど、こんなカンジでどうでしょう?

http://web.pref.hyogo.jp/shougai/jiritu.html

Q高額医療費と医療費控除

今年、入院したのですが、高額医療費と医療費控除は両方申告した方が良いのでしょうか?医療費控除の申告のみでは損するのでしょうか?
ちなみに、一ヶ月で支払った額は、医療費自己負担額が15万円で、その他、差額ベッド・交通費を含めると19万円です。

Aベストアンサー

出来るなら両方した方がいいと思いますよ。

医療費控除は年に10万以上医療費を負担している方が
納付した税金を幾らか還付してもらえるものです。
(確定申告後に)
この場合
 1年間に払った医療費-保険金等(高額療養費請求で
 支払ってもらえた金額も含む)=10万円以上
になることが条件ですので、あえて「出来るなら」という
書き方にさせて頂きました。

私が以前入院した時は医療費控除も対象になりましたので
両方申告をしましたよ。

参考URL:http://www.mykomon.jp/kakutei_iryohi/,http://insurance.yahoo.co.jp/report/0502_01_2.html

Q障害者デイサービスの一割負担について

低所得者の食事補助の420円の一割の42円を負担していただくことは明記されていますが、送迎加算540円と、入浴加算400円もそれぞれ負担していただくのでしょうか?基本的なことで申し訳ありません。ご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

加算等も全て1割を負担いただきます。
下記のサイトに詳しい資料がございますので参考になさってください。

参考URL:http://www.pref.osaka.jp/shogaifukushi/shienpi/seikyuu_yousiki.htm

Q高額な医療費・医療制度について質問です。

初めまして。先日、尿管結石で入院中のことですが、人工透析や腎臓移植で入院されてた方々と知り合いになり、高額な入院費について保険が効く効かないや会社が全額負担してくれるから貸付にしたなど、様々な医療費問題について話しました。
ただ、無料で治療はできないのはわかりますが、出来るだけ治療費を抑えたいのは患者としての心情・本音だと思います。多少、経済的負担が軽くて済むとわかってれば「ベットの空きがないから退院してほしい」という病院側のプレッシャーに対し1個人が対応できるとも思います。
今後、経済的負担を軽くする為、自分の身を守る為に、医療費や医療制度を勉強したいのですが、どこから入ればいいのかわかりません。切り口があれば教えて頂けないでしょうか?社会保険労務士の勉強などすれば保険や医療費、医療制度の知識がつくのでしょうか?
御回答、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

医療について、一般の方が、損をしない給付あるいは有利な給付を受けることを目的として学習するのに、社会保険労務士の勉強をするのはあまりお勧めいたしません。

理由は、社会保険労務士の書籍では、試験に出るところイコール重要ということを前提としています。一般的にどうでもいいようなことが重要だったりすることが珍しくないのです。

一般の人向けの、医療制度について書かれた書籍がよいのではないかと思います。
ただ、年金ほど多数の出版物があるわけではないので、手頃な良書があるかどうかがわかりません。

医療、医療制度、社会保険、健康保険などをキーワードにネットで書籍を探してみる、
図書館で探してみる、
大きな本屋さんで探してみる。
などの方法で探してみてはいかがでしょうか。

尚、インターネットで学習することは、やめておいた方がいいと思います。
理由は、ネットの情報は玉石混淆です。出版物と違って、誤ったことを何のチェックもうけずに掲載していることも有り得るからです。
それと、体系だてて学習するには適しません。
ネットの利用に関しては、釈迦に説法かもしれませんね。

もし、なかなかいい書籍は見つからない、という場合には、社会保険労務士の書籍でも学習は可能ですが、その場合には、普通は知らなくていいようなことは取捨選択して読んでください。
社会保険労務士の学習でいいところもあるにはあるんです。
健康保険と労災の関係
健康保険と年金の関係
などについても知識が得られます。

ちなみに、当方は社会保険労務士の学習により知識を得ました。

最後に、質問にあります、人工透析について
人工透析が必要な慢性腎不全患者の場合は、「費用が著しく高額な一定の治療として厚生労働大臣が定める治療」に該当し、
ひと月1万円を越える部分は高額療養費として健康保険から支給されます。国民健康保険も同じです。
同様の疾病に、後天性免疫不全症候群(HIV)があります。

医療について、一般の方が、損をしない給付あるいは有利な給付を受けることを目的として学習するのに、社会保険労務士の勉強をするのはあまりお勧めいたしません。

理由は、社会保険労務士の書籍では、試験に出るところイコール重要ということを前提としています。一般的にどうでもいいようなことが重要だったりすることが珍しくないのです。

一般の人向けの、医療制度について書かれた書籍がよいのではないかと思います。
ただ、年金ほど多数の出版物があるわけではないので、手頃な良書があるかどうかが...続きを読む

Q65歳以上70歳未満の医療費窓口負担

こんにちは。65歳以上74歳未満の方を前期高齢者と呼ぶそうですが、
これらの年齢の方々のうち、65歳以上70歳未満の方々の医療費窓口負担はどれぐれいでしょうか?

たしか2002年から70歳以上が一割負担、それ以下は三割負担
だったと思います。現在、後期高齢者制度のもと、75歳上が
1割、70歳以上74歳未満の方は2010年3月まで一割負担と聞きました。

65歳から70歳未満の方は3割ですか?どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

65歳以上70歳未満の方の窓口負担は3割です。

70歳以上になると保険証とは別に高齢受給者証というのが渡され、負担割合はそこに書かれています。
現役並みの収入がある方は3割負担、それ以外の方は1割負担(2010年4月以降は2割になる予定)です。

Q死亡してしまった者の、高額医療費と、介護保険利用料助成の支給申請書

昨年中に高齢の両親を亡くしました。
今、いろいろと書類の整理などをしていましたら、それぞれの
「老人保健 高額医療費支給申請書」
「介護保険利用料助成支給申請書」
なるものが、何通か出てきました。

この書類が発行されたのは、もちろん本人が亡くなる前です。

何も申請しないまま、月日が経ち本人が亡くなってしまった現在、この支給申請は無効なのでしょうか?

金額的にはたいした額ではないのですが、
この書類を廃棄してよいかどうか、迷っています。

Aベストアンサー

高額医療ですが、市区町村役場が窓口と思われます、確か過去二年分請求可能だったと記憶してます、本人死亡の場合でも同様だったと記憶してますが(遺族が請求できる)、手続き費用も必要ないですし、一度電話で確認してはどうでしょうか?、介護保険も同様の手続きになるのではないでしょうか?

Q元教員の医療費について

93歳の義母は元中学校教員です。
現在、認知症がひどく施設にお世話になっています。
先日体調をくずし近くの病院に1ヶ月ほど入院していました。

そこで思い出したのですが、10年くらい前義母が骨折して入院した時に
教職員の組合か何かから医療費の補助が出るからお金の心配はいらないと
言っていたのです。

一割負担でも数万円の医療費がかかっているのでそういう制度があれば
助かります。

しかし本人が認知症になってしまい義母と同居していた姉も他界しているので
誰にも聞く人がいないのです。

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

教員です。

>10年くらい前義母が骨折して入院した時に教職員の組合か何かから医療費の補助が出るからお金の心配はいらないと言っていたのです。

ならば「公立学校教員」で「医療保険」の「終身タイプ」に加入されていたのでしょう。

または「直営病院」を利用されたのかと。

http://www.kouritu.go.jp/shisetsu/hospital/kumiaiin_and_hifuyosha/yuuguu/index.html

基本的には「組合員証」か「共済保険証書」がなければ、何もできませんよ。まず、それを探すことでしょう。
ただし、「組合員証」があって「直営病院」でも「初老期痴呆や脳卒中などの老化に伴う病気により介護保険が適用となったとき」は、「優遇」はありません。

http://www.kouritu.go.jp/about/contact/index.html

詳しいことは上記サイトで。

Q高額医療費について。

現在入院中です。20日間程の入院で医療費がどのくらいになるのかはわかりませんが私は無収入なので規定の7万いくら以上という条件より下回る金額だったとしても高額医療費の請求は出来るものでしょうか。その場合いくら位の医療費が対象になってくるのでしょうか。退院後に年金減額や障害厚生年金などの手続きをするつもりなのですが先に行っていた方が請求時には有効になるのでしょうか。どなたか詳しい方がいましたら簡単にご説明、アドバイス頂ければと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

あなたが低所得者という前提で話します。
健康保険の「高額療養費」は低所得者の場合自己負担額が35,400円を越えたとき対象となります。
病院の領収書のうち保険診療分のみが対象です。

例えば1ヶ月の入院の費用の領収書の金額のうち保険診療分が60,000円だったとします。
自己負担限度額の35,400円を超えていますから対象となります。

(自己負担額)60,000円-(自己負担限度額)35,400円=(高額療養費)24,600円
この場合は24,600円が高額療養費となります。


余談ではありますが・・・
「高額療養費貸付制度」というものがあります。
これは、高額療養費を申請している間支給されるまでには2~3ヶ月かかりますので、医療費は高額なため当座の支払いに困る場合に利用できる貸付制度です。
国保などは市町村ごとに多少違いはありますが、高額療養費として支給される額の8割程度を貸付け、支給される高額療養費で清算するしくみです。
詳しいことは、あなたの保険者(市町村役場、社会保険事務所など)にご確認ください。

参考URL:http://www.kokuho.or.jp/kokuho/kougaku/

あなたが低所得者という前提で話します。
健康保険の「高額療養費」は低所得者の場合自己負担額が35,400円を越えたとき対象となります。
病院の領収書のうち保険診療分のみが対象です。

例えば1ヶ月の入院の費用の領収書の金額のうち保険診療分が60,000円だったとします。
自己負担限度額の35,400円を超えていますから対象となります。

(自己負担額)60,000円-(自己負担限度額)35,400円=(高額療養費)24,600円
この場合は24,600円が高額療養費となります。


余談ではありますが・・・
「高額...続きを読む

Q医療費控除について

医療費控除について質問です。
確定申告する際に医療費から差し引くものとして高額医療費、医療保険金等がありますが、実際の医療費より高額医療費+医療保険金の方が高くなることはあるのでしょうか?
例えば7日間入院で費用が9万円、高額医療費還付が6万円、医療保険金が7万円の場合などです。

また、この場合医療費控除の明細にはどのように記述すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

高額療養費(正確には、高額「医療費」ではなく、こういう表現のようです)については、一定基準金額を超えた部分に関して健保が出してくれるので、「実際の医療費より高くなる」ことはありません。

ただ、保険の給付金は、これとは関係なく、健保適用の医療行為に対して該当する給付が出ます。
高額療養費の給付に関係ないだけでなく、支払った医療費の金額とも関係がなく、独自の基準(契約内容)により給付金額が決まっています。

ですから、実際に支払った金額より、高額療養費の還付額+保険の給付額が高くなることは、あり得る話ではあります。

医療費控除の場合ですが、実は「実際に支払った医療費の合計」から「補填される金額の合計」を差し引くのではなく、1件ごとに「実際に支払った金額から、補填される金額を差引く」という計算をして、その小計を合計します。
(#2さんが書かれているのは、実際に支払った金額や、補填金額を合計してからなので、ちょっと違うような)

もし「骨折のため入院した」場合に、「支払った入院費」より「高額療養費の還付額+保険の給付金」が高く、黒字(^^;になった場合。
「支払った医療費の合計」から「補填される金額の合計」を引くということは、黒字になった分は、他にかかった医療費も減額することになってしまいますよね。
その必要は無いんです。
この例ですと、「骨折のため入院」での出費は0円だったということになります。あくまでも、出費(支払った金額)だけを問題にするので、上回った金額分は考えません。

で、質問者さんが一番知りたいのは、そういう場合、明細にどう書けばいいのか?ですよね。
税務署などでもらえる、中に領収書を入れる封筒の表面に、明細を書く欄がありますが、これっていかにも「支払った金額の合計」から「補填金額の合計」を差引くように感じられますよね。
私の場合、明細は自作の表を添付しています。税務署からもらった封筒の明細欄には「別紙参照」と書いています。
で、自作の表には、1件ごとに支払い金額・交通費・補填金額・支払い金額-補填金額の記入欄を設け、最後は「支払い金額-補填金額」の合計を出しています。

高額療養費(正確には、高額「医療費」ではなく、こういう表現のようです)については、一定基準金額を超えた部分に関して健保が出してくれるので、「実際の医療費より高くなる」ことはありません。

ただ、保険の給付金は、これとは関係なく、健保適用の医療行為に対して該当する給付が出ます。
高額療養費の給付に関係ないだけでなく、支払った医療費の金額とも関係がなく、独自の基準(契約内容)により給付金額が決まっています。

ですから、実際に支払った金額より、高額療養費の還付額+保険の給付額...続きを読む

Q高額医療費の通院分について

病院、診療所ごとに計算 同月内に複数の病院・診療所を利用した場合は、それぞれ別に計算します。また、総合病院の場合、各診療科ごとに別に計算します。
とありますが、総合病院で何科に掛かって良いか分からず、原因不明で総合内科と皮膚科を行ったり来たりして、それぞれでは21000円行かず、入院の83000円だけしか受け付けてもらえませんでした。戻って来るのが2千円ほどなのですが、仕方ないのでしょうか?全部ではらったのは112000円です。同じ科じゃないとダメと言われても納得できません。

Aベストアンサー

入院と外来は別で計算して、総合病院の外来診療は診療科ごとに計算します。
診療科ごとに暦月で21,000円以上のものに限り、合算することができます。

あちこちの診療科をたらい回しにされたら、大変なことになりますが、法令で定められているということで保険者側は認めてくれません。

残念ながらどうしようもないのが現状ですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報