お墓の事ですが、気になりますのでお聞きしたいのですが
一度分家した人は本家のお墓に入る事はできないのでしょうか?分家した人には子供が居ないので、今後困ると思うのですが、それと本家に違う人が入ったらこれから先そこの家は栄えないと聞いたのですが、本当でしょうか?
解答をお待ちしています。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

分家した先に子供がいなくては、訪れる方も次第になくなり墓の存続自体もあやしくなり将来的には無縁仏になるでしょう。



それを哀れみ本家の横にお墓を作るケースもあるし、ご本家の考え次第であって、昔風の家族制度を踏襲するような考え方には

拘泥しない方がよいかと思います。。。特に家が栄えないとか云う迷信めいた中傷的な妄言を吐く迷信がかった人間は、

少子化の進む現状から云っても迷惑至極、現代では徹底的に排除すべきです。。。これは、口から出任せではなく実際に

我が家には子供がいないので、syomisaさんの考えている最悪の状態かも知れませんが、私は現世を好きなように生きれば

それでよいと思っていて寺には永代供養と預けてますが、100年後に誰かに墓参りなど期待しても何の気休めになるのか逆に

私にはよく判りません...とりあえず楽しく日々が過ごせればと思っています!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございました。
本家の横がいいのでしょうが、スペースがないので無理なのです。
本家が栄えない、本当はこんな事いってられませんよね。
やはり迷信ですかね。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/07 12:50

ぼくは中年のせいか、お墓には伝統を守るべきだという考え方を持っています。

いまは「家」の制度が崩れてきているので、せめてお墓だけは最後の砦で、伝統を守らないと、日本の社会が無秩序になってしまうと思うからです。

分家に子供がいなかったら親戚からでも良いから養子を取るか、永大供養にすべきでしょう。隣同士に作るというのも良案だと思います。

ただ、「本家に違う人が入ったらこれから先そこの家は栄えない」というのは、始めて聞きました。あるお坊さんは、「人は死んだら、現世のしがらみは一切なくなる」と言ってましたがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

朝早くからありがとうございます。
お墓の事も地方で違うのでしょうか?
うちの親、親戚はしきりに栄えなくなると、言うものですから、あれから本家の方と話しがついたみたいで、入れてもらえるみたいです。良きアドバイス感謝しています。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/08 07:09

最近、近所のお宅の二軒で、お葬式がありましたが、


そのどちらも亡くなった方が都会に出て暮らしていた方で、
子供が居なくてお墓も無い為に、遺体を実家で引き取って
こちらで火葬とお葬式をした例がありました。

ですから、分家した人が本家のお墓に入れないという事は無いと思います。
それにその家が栄えないというのは、迷信でしょうね。
ただ本家に迷惑がかかる事にはなるでしょう。
本家がその事を快く引き受けてくれるのなら、いいと思いますが、
その事で、今後トラブルとかが発生しそうならば、やはりお墓は
別にした方が良いと思います。
でも子供が居ないとの事ですから、今後誰もそのお墓を管理する人が
居ない訳ですよね。
そうなるともし折角お墓を作っても、荒れてしまう事になると思うので、
下の方も言われているように、お寺に相談して永代供養をお願いしてみては
どうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございました。
家が田舎なもので周りの親戚がうるさく困っています。
やはり迷信ですね。永代供養の方も話してみます。
色々アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/10/07 13:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分家の物が本家のお墓に入るのは無理ですか?

現在父は入院中で意識もほとんどありません。
家族(母・姉(既婚)・私(未婚))で今後のことについて話合いをしました。母は父方の宗派と違う宗教を熱心にやっている為、父方の宗派での葬儀はしたくないと言っています。
またお金がないから葬儀も母の宗派のお寺の近くでやりたいとのこと、
当然お墓も立てずに、共同墓地にお願いすると言ってます。
お墓を立てない理由は後続者がいないということ。また管理にお金が
かかるということでした。
私と姉は、父方の宗派で葬儀を行い、お墓は出来れば本家と一緒にお願いできたらいいなと考えております。
父と母の宗派が違う為、話が思うように進みません。どうしたらいいのか悩んでます。何かいい方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

お父さまのご病気でご心痛のことと思います。
お父さまの意思確認ができないのであれば、ご家族で相談して葬儀の形式を決められるしかないと思います。
その時に、「お家の宗旨」と「個人の信仰」の間にはズレが生じる事もある、という事に注意する必要があります。
すでに「イエ」という制度は法的には存在しませんが、冠婚葬祭の習慣はいぜんとしてイエを基本に考えるのが一般的です。
「イエ」というと、家長がすべての決定権をもって独裁的にふるまうというようなイメージがありますが、実際の冠婚葬祭では、それ以上に、家族、親族が納得して共に事に当たるという重要な意味合いがあります。つまり、お母さまが仮に○○宗の熱心な信者であったとしても、その他の家族、親族の理解が得られなければ、それをイエの宗旨とする事はできないという事です。
ご質問を読ませて頂く限り、お母さまの信仰は、個人的なものでご家族はそれに関係されていないように理解しました。お父さまご本人もまた、お母さまの信仰されている宗派の信者ではないというであれば、お母さまだけのご意向で、葬儀の宗旨を決められる事には少し無理があるように思われます。
このような問題は、親子だけで話をしていると、どうどうめぐりになって結論を得にくいものです。magochinさんのご希望として、お墓はご本家のお墓に一緒に、とお考えであるのなら、その事も含めて、ご本家の方に相談されて話し合いに加わって頂いてはいかがでしょうか。

蛇足ながら、お墓を建てる費用は別として、いわゆる「共同墓地」でも管理の経済的な負担はあるのが一般的です。後継者がいなくなり、管理の費用を負担する方がいなくなった時点で無縁仏になるのは、お家ごとのお墓でも共同墓地でも変わりがありません。

曹洞宗の僧侶です。

お父さまのご病気でご心痛のことと思います。
お父さまの意思確認ができないのであれば、ご家族で相談して葬儀の形式を決められるしかないと思います。
その時に、「お家の宗旨」と「個人の信仰」の間にはズレが生じる事もある、という事に注意する必要があります。
すでに「イエ」という制度は法的には存在しませんが、冠婚葬祭の習慣はいぜんとしてイエを基本に考えるのが一般的です。
「イエ」というと、家長がすべての決定権をもって独裁的にふるまうというようなイメージがありま...続きを読む

Q分家が本家の墓を継承できるか

 私は長男で家の墓の継承者ですが、娘が遠くへ嫁ぎ、将来的に墓の継承は無理です。弟が分家していますが、墓をまだ持たずにいて、将来的にも経済的に持てる状況にありません。弟には息子が居て将来墓の継承を託せると思います。私の死後、我が家の墓を弟が継承し、かつ、弟もその墓にはいることは、許されることでしょうか。

Aベストアンサー

遺族の合意があれば大丈夫ですよ。長男が墓を引き継ぐというのは習慣上だけで、遺産相続のときの協議の対象になり得ます。この場合、お墓や仏壇、神棚は相続税がかかりません。

Q本家と分家のお墓

宗派は浄土宗です。
夫が亡くなり、夫の希望で公園墓地にお墓を建てました。
その2年前に義父が亡くなったのですが、本家のお墓の継承者がいない為、以前より義父がお墓を見ていた為、義父は本家のお墓へ入りました。
夫は本家のお墓は嫌だと言い、義父は本家のお墓に入りたいと言っておりましたので、その通りにしたものの、父親と息子が違うお墓に入っているのはあまり良くないのではないかと義母と話をしています。
そこで、
(1)義父を夫のお墓へ一緒に入ってもらい、本家のお墓は永代供養をしてもらう。
(2)本家のお墓にある遺骨を全て夫のお墓へ移す。
どちらかにしようと思っているのですが、知識がないため迷っています。
どなたか、ご助言を頂けましたら幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

なるほど・・・

状況を詳しく理解していないので、ゴク簡単に述べさせていただきます。

はっきりさせておきますが、決まりは何もありません。一番肝心なことはご遺族の皆さんがどうしたいか、どうしてあげたいかを最優先にするということです。

亡夫さまは、なぜ本家の墓を嫌がったのでしょう。察するところ、本家のみんなと一緒の墓に入ることが嫌だったのではないでしょうか。
だとすると、本家のお墓にある遺骨を全て亡夫さまのお墓へ移すのは、亡夫さまを本家の墓に埋葬するのと同じことではないでしょうか。
また、公園墓地の場合、埋葬できる血縁範囲はかなり限られますので、本家の墓にある遺骨全てを改葬するのは現実的に不可能かと思われます。
さらにまた、本家の墓が寺院墓地(菩提寺)で、永代供養を受けてもらえるのならば

(1)義父さまを公園墓地に改葬し、本家の墓は永代供養する。

を、オススメします。

しかしながら、亡夫さまは菩提寺そのものを嫌っていたのかもしれません。ならば、公園墓地でみんな一緒もいいでしょう。
また、永代供養も一様ではなく、お寺さんによっては認めなかったり、無縁墓に合葬して既存の墓は更地にして変換することを永代供養といったり、そのまま墓を使用できたとしても30年とか50年の期限を付けられる場合が多くなってきましたので、永代供養について確認しておかなければなりません。

祭祀の承継については本件と無関係と思われますが、かなり難しい問題をはらんでおり、義父さまが使用権者であったかどうかも疑問がありますし、現在、貴家ご遺族の誰かが承継者であるどうかもかなり疑わしい状況です。墓を見ていたり(管理)、法事の施主になるだけでは承継者以外の者でもできます。法律的には現在承継者なしと考えてよいでしょう。もちろん、無縁ではありませんが、確認しておく必要があります。
(当方、民法の定める“祭祀の承継”については弁護士よりも詳しいです)

離檀料については憲法の保障する信教の自由を妨げるので負担する必要はありません。

余談ですが、亡夫さまが本家の墓を嫌ったのならば、義父さまを改葬した後、本家の墓は無縁にしてもかまわないかもしれません。亡夫さまはそのつもりだったような気がしてなりません。

合 掌

なるほど・・・

状況を詳しく理解していないので、ゴク簡単に述べさせていただきます。

はっきりさせておきますが、決まりは何もありません。一番肝心なことはご遺族の皆さんがどうしたいか、どうしてあげたいかを最優先にするということです。

亡夫さまは、なぜ本家の墓を嫌がったのでしょう。察するところ、本家のみんなと一緒の墓に入ることが嫌だったのではないでしょうか。
だとすると、本家のお墓にある遺骨を全て亡夫さまのお墓へ移すのは、亡夫さまを本家の墓に埋葬するのと同じことではないで...続きを読む

Q分家の墓

私の両親のお墓(私の墓)について悩んでおります。
両親ともまだまだ健在で早すぎる話なので、きちんとした話し合いをする前の状況ですが、いつ何が起こるか分からないので質問させていただきます。
簡単に今我が家の状況を整理すると次のとおりです。
1.父親は男5人兄弟の三男。
2.父親の兄弟で結婚しているのは、長男(伯父)、父のみで、孫の男は私と妹。妹は嫁にいきました。
3.私の祖父は他界、祖母は健在で伯父夫婦と同居中。
4.私は独身。
5.両親は九州、本家は関東、私も東京

ポイントは孫の代が私一人であり、名前を途絶えさせたくないと考えているところです。
かなり先の話ですが、私一人(もしくは夫婦)で、先祖のお墓を守るかもと考えていました。
しかし、父は分家になるため本家のお墓には入れないと父より聞きました。
そこで、遠方の両親の老後のことも考え、私としてどのようにしたらよいか悩んでいます。
母は、
(1)父母(分家)のお墓を建立。私も父母の墓に。本家は永代供養。
と言っています。どこに作るのかという問題が発生します。
しかし、私としては
(2)父母も本家の墓に入り、私も本家に。
が分かりやすいのではないないかと考えています。
また、
(3)一度父母の墓を建立、のちのち本家と合わせる。
ということも可能なのでしょうか。

物理的な距離の問題でも悩んでいるため、常識的に可能な選択肢をいくつか頂きたく、アドバイスを宜しくお願いいたします。

私の両親のお墓(私の墓)について悩んでおります。
両親ともまだまだ健在で早すぎる話なので、きちんとした話し合いをする前の状況ですが、いつ何が起こるか分からないので質問させていただきます。
簡単に今我が家の状況を整理すると次のとおりです。
1.父親は男5人兄弟の三男。
2.父親の兄弟で結婚しているのは、長男(伯父)、父のみで、孫の男は私と妹。妹は嫁にいきました。
3.私の祖父は他界、祖母は健在で伯父夫婦と同居中。
4.私は独身。
5.両親は九州、本家は関東、私も東京

ポイ...続きを読む

Aベストアンサー

 本家を永代供養にするというのは,私の住んでいる地域では耳にしない話ですね。分家がある以上,いずれかの分家が本家の祭祀を継ぐのが通例だと思います。
 
 本家を継いでおられる伯父様に子がないということであれば,伯父様は先祖代々の墓に入られるでしょうし,その墓は,伯父様の奥様が継承されるでしょう。そして伯父様の奥様が亡くなられた後,誰がその墓の面倒を見るかという問題が起きますよね。
 たいてい,このような場合,次男(又はその子)が祭祀を継承することになります。
 分家だから墓を新たに建立しなければならないというのは,一般的なことだと思いますが,そうすると,いずれ質問者の方は,先祖代々の墓と父母の墓の2つの墓の面倒を看なければならないことになります。ということは,負担が倍になるということです。
 
 どのような順番でお亡くなりになるかはわかりませんが,本家の伯父様・伯母様よりご両親のいずれかが先に亡くなった場合,本家がお世話になっているお寺さんに遺骨を預かって貰い,質問者の方が祭祀を継承された時に,先祖代々の墓にご両親の遺骨を納められれば宜しいかと存じます。

 本家を永代供養にするというのは,私の住んでいる地域では耳にしない話ですね。分家がある以上,いずれかの分家が本家の祭祀を継ぐのが通例だと思います。
 
 本家を継いでおられる伯父様に子がないということであれば,伯父様は先祖代々の墓に入られるでしょうし,その墓は,伯父様の奥様が継承されるでしょう。そして伯父様の奥様が亡くなられた後,誰がその墓の面倒を見るかという問題が起きますよね。
 たいてい,このような場合,次男(又はその子)が祭祀を継承することになります。
 分家だから...続きを読む

Q本家・分家など・・・

本家であるメリットはなんでしょうか??

考えられる範囲では
・資産家である場合が多い
・伝統に基づいており、地域に根ざしているので人脈が広い
・親族の間の潤滑油の役割をして、多少は指示を与えられる

デメリットとしては
・(その家次第ですが)世話など面倒を見るのが煩わしい

なぜこんなことを聞くかと言うと
うちの実家は分家でどちらかと言えば
(主観的には)かなり冷遇されてるほうなので、本家で育てばだいぶ境遇が違ったんだろうなってなんとなく感じているからです!
多少はコンプレックスかもしれないですね;

Aベストアンサー

本家とは一族の中心となる家筋です。
分家を従えているので基本的には資産家が多いですが、
以前は豪農だったが、戦後土地を手放して(農地解放など)、資産が減り、本家・分家の家筋だけが残ったと言う場合も有ります。

また、伝統は守らなければならない仕来りが多く、
足かせの場合も多々有ります、結婚するのにも家格や格式などを持ち出す場合があります。
地域に根ざしているかどうかは、その家の地域への接し方です。
場合によっては忌み嫌われることもありますし。

デメリットも状況しだいでは増えます。
本家の長男、長女ですと、就職や結婚も好き勝手にできないことがあります。

嫁や婿などは面倒な仕来りに縛られたり、家格が違うと相手側が感じれば見下されます(そう言うことされた友人を知っています)。

本家・分家と考えるところでは、本家から近い、遠いなどで順位がついたりします、また、ご先祖様で本家に従わず、好き勝手なことをした人がいるなら鼻つまみになりその子孫は後々まで冷遇されたりします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報