BS放送で良くオートバイレースをしていますが、カーブの時足を前方に出してかかと(たぶん鉄がついている)で走路面を探るようにしますが、それはなぜですか? またギャンブルのオートではひざに鉄をつけて左の股を開きやはり路面を探るようにしています。空気抵抗を得てカーブをし易くしているのか、マシンの傾斜度を見積もっているようにも思えるのですが。
ついでですが、オートの実況放送は語彙が乏しく繰り返しが多く音声を消して観戦していますが、詳しい方々には、違和感がないのですか?実況で一番優秀と思えるのは競輪ですが自分的には。オートのユニホームもなんかダサい気がします。選手はインタビューなどですごくかっこよく感じるのに。
さらについでに質問ですが、オートバイはエンジンを休めていると急に加速が出来るものなのですか? オートでは急に早くなり差してきたり、オートバイレース(ギャンブルと区別する呼び方は?)ではただ一人覚えた中野シンヤ(漢字を失念)選手をゴール直前で競輪みたいに刺した外人がいましたが、コーナーのイン空きで差すだけではないのですね。でも吃驚しました。
気の向いた問いだけでもお答え戴ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

中野真矢君はミニバイクレース時代、サーキットで一緒に遊んでいた子です(笑)


他のことに関しては素人ですのでお答えできませんが、、、
モーターサイクルの件のみアドバイスいたします。

モーターサイクルは実際はハンドルを切って曲がっています。低速では顕著に現れると思いますが高速になるにつけわかりづらくなりますが、それはそこに遠心力が加わって車体を傾けているからです。

車輪が四つあるクルマでしたら、コーナーリング時に外側のタイヤが踏ん張り、踏ん張りきれなくなると内側のタイヤが浮いたりしますね。二つしかないモーターサイクルはその遠心力に対抗する為に、自重の引力(上から下の方向)とスピードに対応した遠心力(内側から外側の方向)の二つにちょうど良い頃合いを見つけ、車体を傾けて曲がっています。
そこで問題になってくるのは、それを支えている接地面=タイヤです。倒せば倒すほど、コーナーリング時のスピードは高くできるのですが接地する力=グリップが遠心力に負けてしまいます(それでスリップダウン~転倒がおきます)。故にライダーは、できるだけタイヤには遠心力よりも引力による上方向の力をかけたいのです。

それに対抗する為にレーサーはいろいろと方法を考えてきました。

初めはリーンウィズと呼ばれる車体と身体を一緒に傾ける方法から、身体を車体の傾きよりも内側に入れ込むリーンイン。それを顕著にしバイクからぶら下がるようなコーナーリングするフォームを、いわゆる文字通りハングオンと呼びます。そうすることによって、車体をなるべく傾けず、重心だけを傾ける努力をするわけです。

で、本題の膝を出すことはリーンウィズ、リーンインにも出していたライダーは見られます。その意味は主にバンクさせている角度を測る事にあったようです(ちなみにツナギのひざに付いている物はバンクセンサーという名前です)。今でも人によっていろいろな意味が出てくると思いますが、それがほぼ正解だと思っています。私はバンク角を知ることによってコーナーリングスピードを知り、また急に倒し込み(傾ける)過ぎた場合は車体を起こすこともしました。

もうひとつ。差すこと(笑)ですが、、、
あれだけのスピードを出すレースは、空気抵抗は半端ではありません(よく風を感じたい、、等と言っている輩がいますが(笑)空気は壁、邪魔でしかありません)それを切り開いているモーターサイクルのエンジンはスピードを出す+空気抵抗に対抗して車体を進めています。
そこで、レース中に真後ろに付くということは、先頭の車体が空気抵抗の陰に隠れられ、エンジンの負担を減らすことができます。また高速で空気を切り開いている車体の真後ろには真空状態ができます。それには後ろに付くモーターサイクルが引っ張られる力も働き、そのエンジンの能力以上のスピードを出すことも可能になります。
やはり、可動部品を持ち高温にさらされている耐久部品を多く持つエンジンですので、レース後半でへばっているエンジンを後ろに付くことで温存し、最後に余裕のあるエンジンで抜き去る、なんて芸当もテクニックですよね。
また単純に引っ張られる力を利用して、ストレートエンドで真横に並び、同じく空気の切り裂く対流を前のモーターサイクルにぶつけることによって、なんなく前から(横に並ぶので付近から?)どかす事もあります。

他人より抜き出る為に、みんないろんな工夫をするわけです。なにより機械を使ったレースのなかで、人間の技量が70%をしめるモーターサイクルレースは人間くさくっていいですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解り易いご説明で楽しく理解できました。ありがとうございます。
空気抵抗は自転車ですが常に実感しております。バイクにマークすれば50k位の速さで走れます。ダンプカーなら70Kで3分間走を老いても出来るつもり。モータサイクルもやはり風圧との戦いですか。バイクの後ろで風圧を避ける自転車競技がありますが、バイクのライダーは直立していて敵と併走したとき上体をねじって敵の自転車選手に風を送り意地悪します。

お礼日時:2001/10/17 20:28

オートレースに関しては経験もなく詳細も知りませんが、コーナーリングの方法に関しては下記の通りだと思います。



モトクロスでも同様なのですが、コーナーリングの際は極力フロントタイヤに荷重をかけます。ブレーキング時には重心をリアに移し、コーナーリング時には重心をフロントに移します。
各々の動作の時に必要とされるタイヤに荷重を移すことによって安定した走りができるのです。
コーナー時には、リアタイヤの滑りは調整できますがフロントタイヤが滑ると即転倒です。ですから、しっかりとフロントタイヤを地面に押し付けているんです。

コーナーイン側の脚を大きく前に伸ばして、荷重をフロントに移している。
これが答えだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。仕事タイヤに加重を移すと言う御説明にえらく納得いたしました。
自転車で峠を下るとき、コーナーの際前輪を路面に押し付ける(ハンドルのインの握りを軸にしてアウトの握りを下に押し付ける)自分を発見して不思議に思って居りました。恐怖心から、誰教わるとも無く身についたテクニックだったとは。

お礼日時:2001/10/08 12:21

>カーブの時足を前方に



コーナーリングで足をインに出すのは、バランスをとるためだと思います。

コーナーで速いスピードで曲がるためにはマシンをインに倒すのですが、マシンよりも身体をインに入れることによって、より速いスピードでコーナーをクリアすることが可能になります。

ロードレース(クローズドサーキットでの2輪レース)の場合、これを「ハングオン」というのですが、膝を突き出すことで、マシンのバランスをコントロールしているものと思います。

一方、オートレースの方は、イン側(左足)を前方にポーンと投げ出すようにしますが、小回りのオーバルコースをマシンを大きく倒して走るので、ロードレースよりもマシンの倒しこみ量が大きくなるため、膝だけではバランスがとりにくくなっているため、足全体でバランスをとる必要があるのではないかと思います。
オフロードレースの場合、コーナーリング時には膝ではなく、オートレースと同様に足全体を前方に投げ出していますね。


>オートバイはエンジンを休めていると急に加速

これはいわゆる「スリップストリーム」というものではないでしょうか。前のマシンの背後にぴったりつくことで空気抵抗が軽減し、追い抜き加速が向上するというもので、4輪のレースでもおなじみのテクニックです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変良くわかりました。
自転車ですが、下りの連続カーブの際は自分もインにひざを突き出しますが、内側に抵抗があれば曲がりやすいとばかり思ってました。ボートでは無いのに。
スリップストリームですか。知識をいただいてTV観戦も奥深くなりますね。感謝いたします。

お礼日時:2001/10/08 12:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオートバイのウィンカーオートキャンセラーについて

一部の車両にはウィンカーのオートキャンセラーがあるようなんですが、具体的にどんな動作になるのかご存知の方教えてください。

#速度反応式とかあるみたいですが・・・

Aベストアンサー

ハーレーは随分前から電気式のスピードメータなのでオートキャンセラーが備わっています。
年式により細かい差異はありますが、自分の所有している年式では以下の動作をします。

1.走行中にウインカーを出す
2.その後減速する(~交差点を通過する、という想定)
3.再加速するとオートキャンセルする。

も一つ。
1.走行中にウインカーを出す
2.約160m走行後にオートキャンセルする。
これは高速道路の合流、分流時を想定しての物かと思います。

Qオートポリスにバイクレースの観戦に行こうと思っています。オートポリスは

オートポリスにバイクレースの観戦に行こうと思っています。オートポリスは大きなコースですが、観戦するにはどこの場所がお勧めですか?ホームストレートとコーナー、どちらが臨場感があるでしょうか?

Aベストアンサー

個人的には
1.ホームストレート
2.第2ヘアピン
3.第1コーナー新入

だと思います。

Q足回り交換のついでにブッシュを交換したいのですが(トヨタ セラ)

お世話になります。
トヨタのセラという車に乗っていますが、もうすぐ16万キロになります。9万キロくらいの時にサスとショックを交換したのですが、ヘタって車高がさがったので交換することにしました。
そのついでにブッシュを交換するとかなり乗り心地がよくなると聞いたのですが、具体的にどれを交換すればよいのかよくわからず、知恵を貸していただきたく思います。
(当方、車のメカにあまり詳しくありません)

修理書をみているとブッシュと名がついているのは
フロントスタビライザーブシュ
リヤサスペンションアームブシュ
の2つのようです。
でもどうやらブッシュというのはゴムなパーツの総称のような気もします。それ以外にあちこちにクッション等ありますし、ロワアームにもあるらしいというのもどこかのHPで読みました。
(ロワアームは昔ぶつけたときに一度交換しています)

なんというパーツを交換するべきなのか、おしえていただけないでしょうか。また、たくさんある場合は優先順位も教えていただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「足回り」のアーム類に使われている「ブッシュ」は「マウント・ラバー」などと名称が違う場合も有りますし、アームに「取り付けられたカタチ」で、という事も有り「単品での販売」が無い事も有ります。例外としてブッシュのみ交換と言うのは「TRD」などから発売された「レース用硬質ラバー」を使用したものです。一般にはお勧めしません(EP#用などの流用も出来ますけどね)ブッシュ打ち換えでしたら「純正アーム」より値段が高くなったりしますよ。

販売設定が無ければ「F・ロアアーム」ごと、取替えです。調べられたとおり「スタビのブッシュ」(コレが一番安い、串ダンゴ)も交換しますが、車高が下がったのは「バネがへタった」のではなく、「Fアッパーサポート」コイツが突き上がってると思いますよ。ストラットの一番上、ボディーに4本で留まってるヤツ・・・ジャッキで上げていくと、変形していたのがよく分かりますから!

一気に交換が一番良いのですが「前回り」だけでも、かなりフィールは良くなります!お勧めとしては・・・
アッパーサポートRL、ロアアームRL、スタビ・ブッシュ全部とホルダー、モンローあたりでも良いから「カートリッジ・ショックアブソーバ」ですね。 付けてなかったら「タワーバー」もイイですョ
ココまでやると「コーナリング」がかなり改善されて面白くなりますし、高速では「落ち着き」を取り戻せます。当然、リヤのショックにも手を入れたい「気分」になります。FFは「前サスペンション」が命!リヤは安定の為欠かせない。です

PS ドア・ダンパーがヘタってくると勝手に「ドアが下がる」ので、よく頭を打つ!トラップなガルウイングだった・・・

「足回り」のアーム類に使われている「ブッシュ」は「マウント・ラバー」などと名称が違う場合も有りますし、アームに「取り付けられたカタチ」で、という事も有り「単品での販売」が無い事も有ります。例外としてブッシュのみ交換と言うのは「TRD」などから発売された「レース用硬質ラバー」を使用したものです。一般にはお勧めしません(EP#用などの流用も出来ますけどね)ブッシュ打ち換えでしたら「純正アーム」より値段が高くなったりしますよ。

販売設定が無ければ「F・ロアアーム」ごと、取替え...続きを読む

Qオートバイの販売数

大型バイクはハーレーの一人勝ちと良く聞きますが
車種毎の売上げ数がわかるHPをしりませんか?

Aベストアンサー

国内メーカーが一般向けには公表しないので、個人サイトの古いデータ(2006年)しかありませんが、車種別にわかります。
http://sasori-inoshishi.cocolog-nifty.com/bike/2007/01/10-d2c5.html

国立国会図書館に行けば閲覧できる統計資料があるはずですが、webサイトとなると見当たりません。

ハーレー公表のグラフもありますが、車種別ではなく、またなぜか751cc以上(2007年)です。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20090515/1026204/

昔はバイク雑誌によく出ていたんですけど、最近は読まないので掲載されているかはわかりません。

QBMWオートバイ

BMWオートバイのエンジンは、なぜ水平対抗なのか?

Aベストアンサー

バイク歴約30年の爺ライダーです。

 BMWオートバイのエンジンは、Rシリーズの水平対向2気筒以外にも、縦型直列4気筒や、単気筒モデルも有ります。また、バイクでの水平対向エンジン採用車は、他にホンダのゴールドウイング等にもみられます。

 ただし、2気筒のボクサータイプ(正面から見て、2つのピストン位置がクランクシャフトから常に等距離の対象位置にある)は、BMWのみに見られるのものです。

 これは、カウンターバランサーなど全く必要とせずに理論上一次振動が0である点と、他の回答者様も仰っている通り、空冷エンジンの場合、単気筒並に冷却性能に優れていることや、重量のかさばるシリンダーヘッドが比較的低位置にあるために、低重心化が可能で安定性に優れている点等が最大のメリットとなります。これらは、長距離ツーリングを目的としたバイクには非常に有利な点です。

 反面デメリットとしては、フットレスト直前にシリンダーが存在するために、足元が熱くなりやすいことやバンク角が稼ぎにくいこと、フットレスト位置の自由度が制限されてしまうこと、転倒時にシリンダーヘッドを破損して走行不能になってしまう可能性がある点などがあります。

 現代においては、他メーカーには無いBMWの個性的な乗り味のあるエンジンを搭載したバイクと考えていただければよろしいかと思います。

バイク歴約30年の爺ライダーです。

 BMWオートバイのエンジンは、Rシリーズの水平対向2気筒以外にも、縦型直列4気筒や、単気筒モデルも有ります。また、バイクでの水平対向エンジン採用車は、他にホンダのゴールドウイング等にもみられます。

 ただし、2気筒のボクサータイプ(正面から見て、2つのピストン位置がクランクシャフトから常に等距離の対象位置にある)は、BMWのみに見られるのものです。

 これは、カウンターバランサーなど全く必要とせずに理論上一次振動が0である点と、他の回答者様も...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報