自分の体型にはまあまあ満足しているのですが、最近、下腹部が出てきました。
腹筋運動により、上腹部はわりと締まっているため、よけい目立ちます。
仰向きに寝転がって足を上げる運動が下腹にきくというので、やっていますが、効果は今ひとつ。
有酸素運動をしても、下腹の脂肪だけ減らす、というのは無理ですよね。
どちらかというと、やせ型なので、下腹の脂肪だけとりたいんです。
こんなことはやっぱり無理なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こん**は



正直いって無理です
体脂肪は体温によって液体になってますので、暖めても揉んでも叩いても無理です(液体ですので揉み出せば一時的には散りますが1時間程度で戻ります)
>仰向きに寝転がって足を上げる運動が下腹にきくというので、やっていますが、効果は今ひとつ。
これも効果はありません、もちろん凄いスピードで数千回毎日やっていれば別ですが、これでは腰を痛めます

脂肪は腹部から付き始め最後に脂肪が落ちる所です、長期間かかって当然ですので、気長に有酸素運動を続けてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>脂肪は腹部から付き始め最後に脂肪が落ちる所です
これって、悲しいですね。やっぱ、無理ですか…。

お礼日時:2001/10/10 23:34

サロメチールは筋肉痛の時に塗る薬です。


塗るとポカポカと暖かく、というか熱くなってきます。塗ったところに汗をかくとさらに熱くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。副作用とかはないんでしょうかね。
ちょっとやってみようかな。

お礼日時:2001/10/10 23:36

サロメチールを塗って運動すると、その部分の脂肪が早く燃焼するとか、雑誌で読んだことがあります。


実際私はおなかにサロメチールを塗って走ったのですが、塗ったおなかが熱くなり、なんか脂肪を燃焼しているなって「気が」しました。(笑)
めんどくさくてそれ以来やっていませんので、実際効果があるかどうかはわかりません。
でも単純に考えて、脂肪って温度の高いところから溶けていくじゃないですか。
柔らかくなった脂肪は体がエネルギーとして使いやすいと思うので、効果はあるんじゃないかな?と思ってはいます。

ちなみにサロメチールは薬局で売っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
客観的にみると、何かギャグみたいな話ですね(笑)。
あ、ごめんなさいね。真剣なご回答ですよね。
塗るとメンソールみたいにスーッとするのでしょうか?
本来、サロメチールってどういうときに使うものなんでしょう?
などなど、さらなる疑問がわいてきますが、ほかにもそれを使った人の話を聞いてみたいところです。

お礼日時:2001/10/07 21:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q下腹を引き締めたいのですが

下腹を引き締めたいのですが、よい方法はありますか?

Aベストアンサー

こんばんは

普段呼吸する時
下腹を意識してください
グッと力を入れて息を吐ききります

姿勢をよくしてやってみてくださいね

Q下腹の脂肪の減らし方教えてください!

おへそ辺りから下のお腹についた脂肪に困っています。
ダイエットすると体重も減るし、他の部分は細くなったり引き締まった感じはするのに、下腹だけは全然変わりません。

線のきれいなジーンズも下腹のせいでカッコ悪くてはけないし、スカートはいてもお腹がでているとシルエットが悪いので、なんとか引き締まったお腹にしたいんです!

ダイエットは、食事に気を使ったり、ジムでエアロビとかマシンをしています。
下腹の脂肪を取るには、他の部分より時間がかかるのでしょうか?
効果的な方法をアドバイスください。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。
以前、某テレビ局の夕方の番組で、これから説明します腹筋で30代から60代の4人の方達が2週間体験した結果をやってたんですが、4人ともかなりの好結果が得られたんです。
私も、ダメ元で頑張ってトライしてみました。私の場合は2週間では期待するほどの結果は出ませんでしたが、何となく1ヶ月間朝晩続けてましたら、徐々に結果が現れ、何と2ヶ月過ぎた今、嬉しいことにぽっこりお腹がへこみ、ジーンズのサイズが3サイズも小さくなりました。
主人もこの私の結果にビックリして、真似して今やってます。
でも私の場合、この他にも毎日45分間のウォーキングもしましたが・・・

まず、足を伸ばして腰の横に両手を付いて床に座ります。
両足を45度くらいに上げ、(自然に身体が45くらいに傾きますよね。)お腹のほうに両足を引く。両腕は床に付けたまま曲げる。
次は、両足を突き出すように伸ばし、両腕は伸ばす。この時、下腹部に力を入れてやるといいです。この運動を12回づつ一日2セットやります。夜は夕食の前がいいそうです。
最初は、お腹の筋肉が少々痛くなり辛いかも知れませんが、(でも、効くー!って感じです。)頑張って是非やってみて下さい。
信じてやればそれなりの結果が出ると思います。

こんにちは。
以前、某テレビ局の夕方の番組で、これから説明します腹筋で30代から60代の4人の方達が2週間体験した結果をやってたんですが、4人ともかなりの好結果が得られたんです。
私も、ダメ元で頑張ってトライしてみました。私の場合は2週間では期待するほどの結果は出ませんでしたが、何となく1ヶ月間朝晩続けてましたら、徐々に結果が現れ、何と2ヶ月過ぎた今、嬉しいことにぽっこりお腹がへこみ、ジーンズのサイズが3サイズも小さくなりました。
主人もこの私の結果にビックリして、真似して今や...続きを読む

Q下腹を引き締める方法

僕のお腹腹筋は多少割れてるんですが、下腹が少しでてるのが気になります。

そこで、下腹(へそから下)を引き締めるもしくはへこませれるような筋トレ方法みたいなのありますか?

あと、今毎日腹筋背筋鍛えてるんですが、少しお腹が出たまま鍛えるとお腹が出たまま筋肉がついたりしないでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

一番気になる下腹の出っ張りを手で触って下さい。

そして触ったまま、もうこれ以上へこみません、というくらい腹をへこませます。
息を忘れないで下さい。
かなり下腹に力が入ったことが手から伝わってくると思います。

で、そのまま腹筋をする。

下腹は最後まで一瞬たりとも気を抜かない。下腹で床を押し付けるくらいの気持ちでやりましょう。
回数にはこだわらず、とにかく腹を引っ込めることにのみ集中をする。

続けることで(3カ月以上)確実に下腹はへこんできます。
頑張って下さい。

Q健康診断の中性脂肪は運動不足?

健康診断の中性脂肪は運動不足?
先日生活習慣病の健康診断をいたしました。
結果は中性脂肪の数値が高いだけでした。他は良好です。
これは運動不足をいうことでしょうか?
少々中年太りによる肥満ですが・・・

Aベストアンサー

こんにちは☆
中性脂肪は、食事による影響が大きいそうです。
ですので、検査をするには12時間以上の絶食後に、採決などを行うことが良しとされています。
(空腹時ですね)
もちろん、肥満やアルコールも影響するので、運動はするに越したことはないでしょう!(^-^)v

あとは、あまりない例ですが原発性高脂血症(体質的なもの)、や他の病気が原因で二次的に増える場合もあるそうです。

運動は、生きていくうえではやはり必要な行動なんだと思います☆
いつもより一駅多く歩くだけでも全然違うと思いますよ。

参考URL:http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/aruchusei/sibou1.htm

Q下腹部を引き締めたいんですがどうすればいいですか?

下腹部を引き締めたいんですがどうすればいいですか?
一日に15回を3セット腹筋トレーニングしてるんですが、お腹の下腹部がすごくでてるんですよw
それで毎日学校のプールを休んでいます(お腹が気になるから)
なのでこの条件を満たしている回答を教えてください^^
      ・家でこっそりできる
      ・何も買わないでできるです。
あと一応僕は14歳男子です身長171体重57kgで運動はなにもやっていません。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は女ですが、分かります。その気持ち。

「クランチ」という筋トレがいいと思われます
腹直筋と腹斜筋、ふとももの内側を鍛えることができます。
効果は
・お腹回りの脂肪が燃焼する ・長時間立っていても辛くなくなる
などがあります

やり方
・仰向けで両手を地面に着けて膝を立てる。(お腹を凹ませるイメージで骨盤を地面に押し付ける。手のひらが下向き)

・両膝が離れないように意識しつつ『頭と肩』を浮かせ、おへそ辺りのお腹の中心に力をいれる(首だけが上がらないようにする。肘は曲げるが、地面に押し付けないように力を抜いておく)

このふたつを『ゆっくり』(大体起きるのに3秒。戻るのに3秒)行うことで先の効果を得られます
目安としては10回ぐらいがよろしいかと。楽になってきたら回数を増やしたり、連続して行うのもいいです。



個人差はありますが、大体一週間くらいで効果を実感できると思います。

他の運動と並行して行うともっといいですね。
それでは、頑張ってください!

Q内臓脂肪を減らすには朝の有酸素運動が効果的ですか?

腹の脂肪(内臓脂肪)がなかなか落ちません。

内臓脂肪を落とすには有酸素運動を朝やるといいと聞いたことがあります。

なんでも、狩猟の時代は男は内臓脂肪のエネルギーを使って狩りに出かけていたからということですが、そんなこともあるのかなぁ~と半信半疑です。

朝というか、運動するために効果的な時間というのはあるものでしょうか?

Aベストアンサー

低強度の有酸素運動を食前か食後という点については、大した意味がない事をごく最近も触れました。食前・食間に行うのが良いというのなら、その理由としっかりした最新の情報源を示してほしいものです。恐らく「おじいちゃんの遺言です」といった類の話ではないでしょうか!

腹部皮下脂肪は頑固な脂肪と云われますが、“血管のネットワーク密度が低く”、“血管分布度合いが内臓脂肪に比べて門脈より離れている”ので、脂肪の動員(分解→脂肪酸として血中に放出)が難しいことが理由として一般的に挙げられています。御如才なきこととは思いますが、だからと云って内臓脂肪を減らすことは簡単と考えるのは妥当ではないでしょう。

内臓脂肪を減らすには、カーディオとレジスタンスエクササイズが大切なことは言うまでもありませんが、クランチやシットアップの腹筋運動は、腹部深部の腸間膜の内臓脂肪を取り除くには不十分です。カーディオでは、少なくとも1時間程度の高強度のランニング/サイクリングやインターバルトレーニングをeach day (not every days)する必要があると云われています。国際的な科学ジャーナル"International Journal of Sport Nutrition and Exercise Metabolism“によれば、低中程度のエクササイズ量では内臓脂肪を減少させる有意な効果は無いとのことです。

低強度の有酸素運動を食前か食後という点については、大した意味がない事をごく最近も触れました。食前・食間に行うのが良いというのなら、その理由としっかりした最新の情報源を示してほしいものです。恐らく「おじいちゃんの遺言です」といった類の話ではないでしょうか!

腹部皮下脂肪は頑固な脂肪と云われますが、“血管のネットワーク密度が低く”、“血管分布度合いが内臓脂肪に比べて門脈より離れている”ので、脂肪の動員(分解→脂肪酸として血中に放出)が難しいことが理由として一般的に挙げられています。...続きを読む

Q足上げ腹筋(足を揃えて伸ばしゆっくり上下させる)をしているのですが、引き締めたい下腹よりも腰に力が入

足上げ腹筋(足を揃えて伸ばしゆっくり上下させる)をしているのですが、引き締めたい下腹よりも腰に力が入っているような気がします…

体は痩せていますがもともと腹筋(筋肉)自体ほとんどないのではじめは仕方ないのかな?
とも思うのですが、このまま続けていて効果があるのか、腰の負担になっていないか気になります。

Aベストアンサー

「脚を持ち上げる事」に意識が行き過ぎているのではないかと推測します。

一般的なクランチは腹直筋上部、レッグレイズ(脚上げ腹筋)は下部を狙います。
同じ「腹直筋狙い」ではありますが考え方に大きな違いがあります。

クランチの場合は、骨盤後傾固定させて、みぞおちの真裏あたりの背骨を支点に上半身を丸める動き。

一方、レッグレイズの場合は、できるだけ股関節は動かさずに、腹直筋下部を使って「骨盤を後傾~前傾」させる動き。(骨盤を転がすイメージ)

「脚上げ腹筋」と言う呼び方から、初心者の方はどうしても脚を上げ下げする意識が高くなるようですが、
実はそれは間違いで「腹直筋下部を使って骨盤~足先までを一つのパーツとして持ち上げるイメージ」とでも言いましょうか。

筋トレ全般に言える事ですが、「ウェイト(この場合は骨盤~脚)を持ち上げる」事ばかりイメージするのは間違いで、
「ターゲットの筋肉を動かしたら結果的にウェイトが持ち上がる」と言う意識を持つのが正解です。

クランチに例えると、上半身を起こす事ばかり意識するのではなく、腹直筋上部を収縮させたら結果的に上半身が持ち上がった・・・と言うのが正解です。
これはクランチだけに言える事ではなく、筋トレ全般、全ての部位に言える事です。

「脚を持ち上げる事」に意識が行き過ぎているのではないかと推測します。

一般的なクランチは腹直筋上部、レッグレイズ(脚上げ腹筋)は下部を狙います。
同じ「腹直筋狙い」ではありますが考え方に大きな違いがあります。

クランチの場合は、骨盤後傾固定させて、みぞおちの真裏あたりの背骨を支点に上半身を丸める動き。

一方、レッグレイズの場合は、できるだけ股関節は動かさずに、腹直筋下部を使って「骨盤を後傾~前傾」させる動き。(骨盤を転がすイメージ)

「脚上げ腹筋」と言う呼び方から、初心者の...続きを読む

Qアミノ酸とカフェインはどちらの方が脂肪燃焼効果ありますか?もちろん有酸素運動の前に取る場合です!

DHCの方に有酸素運動の前に飲むとよりいい脂肪燃焼系サプリについて聞きました。

わたしは25歳なので、コエンザイムQ10やカルチニン、αリポ酸は十分作られてる、必要ないと言われました。

20代の有酸素運動前に飲む、脂肪燃焼にいいのは、アミノ酸ということでした。

そこで、質問なんですが、コーヒーなどに含まれるカフェインも、運動の20~30前に飲むといいとよく聞きますが、アミノ酸とカフェインはどちらの方が脂肪燃焼効果が高いのでしょうか?

Aベストアンサー

一応、カフェインです。

カフェインは、脂肪を分解する酵素であるリパーゼを活性化させる働きがあり、脂肪酸を血中に放出させることで、脂肪が活動エネルギーとして使用されるようになります。

簡単に言うと、運動時のエネルギーとして脂肪が使われやすくする働きがあるわけです。

これに対して、アミノ酸の脂肪燃焼効果については、研究の歴史が浅いこともあり、まだはっきりしたことはわかっていません。

ただ、運動における疲労軽減やパフォーマンスアップの効果などは認められており、上手に使えば、運動を長く続けることができるため、結果としてより脂肪が燃えることになるという理屈は成り立ちます。

摂取量の目安としては、カフェインならブラックコーヒー2~3杯、アミノ酸ならBCAAなどを表示されている規定量だけ飲むと効果が出やすいとされます。

とはいえ、むやみに摂っても胃腸を痛めたり、余計なお金を使うだけです。
別段なにかサプリメントを使わなくても適度な運動と食事をしていれば効果はちゃんと出ますから、「あってもいい」くらいに考え、あくまでサポート的なものと考えてください。

なお、1時間以上の運動をするなら、これとは別に運動に必要なエネルギーとして、バナナや果汁100%ジュースから糖質を補給しておくことも必要です。

筋肉内に十分な糖質がないと糖質→脂肪というメインエネルギーの切り替えがうまくいかないので、ある程度の量をこなしているなら、むしろこちらの方に注意を払ったほうがいいでしょう。

一応、カフェインです。

カフェインは、脂肪を分解する酵素であるリパーゼを活性化させる働きがあり、脂肪酸を血中に放出させることで、脂肪が活動エネルギーとして使用されるようになります。

簡単に言うと、運動時のエネルギーとして脂肪が使われやすくする働きがあるわけです。

これに対して、アミノ酸の脂肪燃焼効果については、研究の歴史が浅いこともあり、まだはっきりしたことはわかっていません。

ただ、運動における疲労軽減やパフォーマンスアップの効果などは認められており、上手に使え...続きを読む

Q下腹部を引き締めるには?

上半身に比べると下半身がとてもガッチリしています。
ダイエットをしても上半身ばかりが痩せ、下半身は一向に痩せません。
なかでも、下腹部はみっともないほど「ポッコリ」出てるんです。(小学生の頃からです)いろいろ試しました。BMダイエット・骨盤矯正・大腰筋を鍛える等々・・・。
でも、悲しいかなどれもこれも効果が全く無いんです。
便秘体質だったという事もあったので、便秘を治す努力もしました。
それでも・・・下腹はへっこみません。
こんな下腹部を引っ込める方法をどなたかご存知ありませんか?

Aベストアンサー

これなんか、ずばりそのものだと思います。
医学的にもちゃんと説明がつくので、いいと思います。

参考URL:http://www003.upp.so-net.ne.jp/gonbe/gonbe/gonbe.html#daietto

Q乳化剤をとると脂肪を溶かし体脂肪が減りやすくなると思いますが、その時脂

乳化剤をとると脂肪を溶かし体脂肪が減りやすくなると思いますが、その時脂肪を直接エネルギーとして使うと思いますが、糖をエネルギーとして使う時と比べると力が出にくいとか、バテるのが早いという違いは明らかにあるものですか?  

それとも乳化剤をとったくらいでは脂肪が溶けている事も分からないくらいのものですか? 

最近体重が増えたるみが少し気になるので乳化剤(食用)をとろうか検討中です。
トレーニングは毎日しています。  よろしくお願いします。

Aベストアンサー

乳化剤を経口摂取しても体脂肪には全く関係ありません。
また、細胞膜は脂肪成分であるため、大量に摂取すると
消化管に障害を与える可能性があります。
また、静脈注射などでもpHをかなり大きくする可能性が
あり、最悪では命の危険があります。

脂肪を減らすためには血液中の中性脂肪の量を減らして、
脂肪が分解されるようにしなければなりません。
中性脂肪が多いと付着する量の方が多くなり、少ないと
溶けて出る方が多くなります。

糖と脂肪では糖の方がエネルギーになりやすいですが、糖が
減ってくるとタンパク質や脂肪も代謝に使われます。
このとき、タンパク質はアンモニアを、脂肪はケトン体を
生成します。これらは高濃度になると有害なので、ダイエットは
注意しながらする必要があります。


人気Q&Aランキング