宇宙は元々小さな点であったのが、ビッグバンによってどんどん膨張しつづけていると言われていますよね。

であれば、

・最初の点はどうやって出来たのか?
・最初の点の外側は何があったのか?
・ビッグバンのきっかけは?
・今の宇宙の外側は何があるのか?
・膨張しつづけている速度はどれくらいか?


こういうことって、科学的にどう考えられているんでしょうかねぇ。
NHKスペシャルを見ていて、ふと疑問に思ったのですが。
諸説あるんでしょうけど、「こんな話を聞いたことがある」程度で良いので、ぜひ教えていただけませんか?

こういうことを考えていると、わくわくしませんか?
しないって? はい、そうですか・・・(^_^#)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

僕は専門家ではないので、聞いたり本を読んだりした中で信憑性がありそうでワクワクする事を話しますね。


実際今のところ宇宙の構造は「何もわかっていない」のがホントのところですね。主にNHKでやっているのは「こういう理論が主流」というものをまとめていると思います。

>最初の点はどこから出来たのか?
・・・宇宙の種子ということになりますが「真空のゆらぎ」から現れたということになっています。ちょっと想像しがたいものです(笑)

>最初の点の外側には何があったのか?
・・・これは宇宙以前は?ということにもなりますが、謎のままです。
説としては「時間はなかった」というのがあります。

>ビッグバンのきっかけは?
・・・インフレーション理論が主流です。陽子の10億分の1の大きさの宇宙の種子(一般人では想像できませんよね)が1秒の一兆分の1の一兆分の1の百万分の1の間に1兆倍の10兆倍に突然膨れたそうです。ここでおもしろいのは「ビッグバンはなかったのでは?」と考えさせられる事があるんです。ビッグバン理論では宇宙年齢が大体わかっているんです(約150億歳だったかな?)が天文学ではそれよりももっと年齢の古い天体が見つかっているんです。これは最後のご質問の膨張速度は?につながるんですが、
古い天体に説明づけるために膨張速度が何らかの理由で急に速くなったとかいろいろこじつけをしているようです。のでビッグバン理論は主流ではあるんですがまだまだ説明できないことがあるので「わからない」が適当です。

>今の宇宙の外側は何がある?
・・・これは謎です。一般常識で考えると何か物を造るには空間が必要ですよね。宇宙を造るのにそれなりの空間があるとすれば、その空間をつくる空間がまた必要になるしそのまた空間を・・・と永遠に続いてしまいます。
今では宇宙の構造を解くカギはブラックホールにあると考えられています。
ブラックホールの中心がどうなってるのかは謎です。密度・重力・空間の歪みが無限に大きくなって全く物理が通用しない時空(特異点)と考えられてます。ここでおもしろい仮説を考えてる人がいるんですが、こうです。

ブラックホールの中心ではビッグクランチ(ビッグバンの反対)が起こっている。それが特異点(まぁ無限大になるということなんでしょうね)までいくと今度は時間も空間も反転して再びビッグバンが始まる。
わかりやすく言うと僕達の宇宙にはたくさんのブラックホールがあるんですが、それらを全部包む巨大ブラックホールが僕達の宇宙と考えるんですね。
ということは現在はビッグバンからビッグクランチの最中ということです。
・・・ということは僕達の宇宙にあるたくさんのブラックホールでも同じ事が起こっているわけです。ビッグクランチからビッグバンへとね。
それならば僕達のブラックホールの外側でも同じ事が起こっていると考えてもおかしくないんです。現に僕達の宇宙にはたくさんのブラックホール現象があるわけですから。のでこの世界はビッグバン→ブラックホール→ビッグクランチ→ビッグバンというサイクルがそこらじゅうに起きてる空間ということになるわけです。

というお話です。ただ僕が本で読んだり人に聞いたりしたのは、結構前のことですし最先端はどうなってるかはわかりません。他にもたくさん仮説はあるだろうしどれが正しいかもそれはわかりません。「無」から何かを誕生させるのは理論上可能であるという話なんかも聞いた事があります。定かではないですが。基本的には全て「謎である」が今は適当ですね。でもなんかワクワクしますね。決してありえない話ではないとされてますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最初の点は「神が・・・」なんていうことしか想像できませんでした。惑星が自転を始めたきっかけを「神の最初の一撃」と言ったのと同じ様にです。
ビッグバンのインフレーションについては、わたしのような凡人には理解不可能のようです(^^;

大変面白かったのはブラックホールとビッグクランチの仮説ですね。ブラックホールの裏側ではビッグクランチが起きていて、それが繋がっている。そうなるとメビウスの輪のように、裏が表で表が裏、裏も表もない無限の(ような)世界が成り立ちそうな、辻褄が合いそうな気がします。

いずれにせよ、そういうことを想像するとワクワクしますよね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/07 18:31

ビックバンが始まる前や宇宙の外っていうのは時間がないので、そのことを考えること自体意味がない、と誰かが言っていました。


説明はちょっとしにくいし確信もないんですが、よく考えると納得します。
科学的でも何でもないけど。
時間がないってすごいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

結局、何もないんだから、時間なんてあるわけがないっていうことなんでしょうか。何も存在しないんだから、宇宙の外という概念すらないっていうことだと理解しましたが、そんな感じでしょうか。

お礼日時:2001/10/07 22:05

最初の点はどうやって出来たのか?



「無」の中から生まれたとされます。
まあ、何もないところから何かが生まれない限り何かができることはないですからね。

最初の点の外側は何があったのか?

何もなかったと言うのが回答です。

ビッグバンのきっかけは?

インフレーション(金融などの経済学のそれとはことなります)という急激な膨張が原因です。簡単に言えば、物質が生まれ、それが急激に膨張、直径数センチで超高温になって爆発。その熱は現在も宇宙全体に絶対温度で3Kの温度で存在します。(-270℃)

今の宇宙の外側は何があるのか?

別の宇宙があるか、それとも何もないかどちらかとされます。

膨張しつづけている速度はどれくらいか?

分かりません。現在分かっているのは、150億光年先の天体より先の光が見えないこと、150億光年先より先は光より高速に遠ざかっていると考えられています。
しかも、150億光年先が終わりではなく、そこからからさらに150億光年先に宇宙の地平線があると言われています。はっきり言えば、膨張速度はどの程度かまださだかではないですし、宇宙の限りが何億光年先かも分かっていません。

これが、一般論です。

やはり、こういう質問が良いですね。
秋の夜長?に想像しながら夜空を見るのも良いかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昔は、科学で説明できないことを「神のしたもうこと」として、とりあえず棚上げしていたのですが、わたしは宇宙誕生のことを考えるたびに、「やっぱり神はいるのか」と思ってしまいます。
「何もない」ということが、わたしのような凡人には理解できないのです。「何もない」のだから「何もない」としか言えず、「何もない」のだから説明も出来ないということなのでしょうか。「無」から何かが生まれると言うことは理論上可能だと言うことを聞いたこともありましたが、そういう話を聞くにつけ、天文学者たちの脳の中をのぞいてみたい衝動に駆られます。いったい何でそんな奇抜で、常識にとらわれない発想ができるのだろうと。彼らの説を聞いてもまったく理解できず、とりあえずは「すげーなー」と思うだけです(^^;

ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/07 18:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビッグバンで互いに遠ざかる 銀河同士が なぜ 衝突するのですか。宇宙の起源のビッグバンは1つですか

ビッグバンで互いに遠ざかる 銀河同士が なぜ 衝突するのですか。宇宙の起源のビッグバンは1つですか

Aベストアンサー

分かりません。

みんな想像で話してるだけです。データから割り出して・・なんて偉そうに言ってますが、見ても居ないのに何が分かるかです。

じゃ無かろうかのあてずっぽうなんです。

で、原子がありますよね、原子と原子がぶつかり新しい原子が出来たのは分かりますよね。

でも、その素となった原子は何時、何処で、どんな風にして出来たんでしょうね。

さらに不思議は光です。屁理屈こいて説明する人が居ますが見てたのかしら????????????

Q宇宙のビッグバンについて。何も無いところでビッグバンが起きたなら、どうやって起きたんですか?何も

宇宙のビッグバンについて。
何も無いところでビッグバンが起きたなら、どうやって起きたんですか?
何も無いのに起こるんですか?
何も無いって言われてもどんなのか想像もできないし、物質とか空気とかそういうのがないならビッグバンできないと思いました

Aベストアンサー

アインシュタインは、「空間の重力ポテンシャルエネルギーの符号は負であり、それは物質(正エネルギー)の分布に比例するから、全宇宙のエネルギーの総和は常に0である」と指摘した。
つまり、存在と空間が同時に生じる場合は、先入的なエネルギーは不要である。

全ての存在は、量子的な不確定性に基づいており、無限に詰め込むと存在確率の山が平らになって、無と等しくなる。
この「絶対無=不確定性無限」において、その無限の闇に認識体の仮定断面(潜在的認識可能性)の運動(時系列化=プランク定数hの収束=物体収縮=宇宙膨張)を想定すれば、相対的に無の風は光になり、認識体はその光(感受表面(潜在的認識可能性)での量子相互作用パターン)の向うに、自己の補完(相補的不確定性)としての宇宙を認識するのだ。
自我仮説(記憶=時間の流れ=過去=超光速)と空間仮説(予測=空間の広がり=未来=光速下)の相補分化。

相対性理論の四次元時空の方程式において、時・空軸は虚数関係にあり、空間軸と時間軸の等距離点で相殺され、“ゼロの面(界面原点)”が生じる。
それが「ライトコーン」、すなわち光量子子の形成する面であり、光速以下の領域(未来)と超光速の領域(過去)を分ける界面原点なのだ。
そこにおいて、存在の階層現象性において超弦(量子定常波=光速)に還元される時、存在の依存する時空的広がり=非光速性は、物事を階層現象表面的に(=いい加減に)捉える事で二次的に派生している幻想だと言える。
(不確定性原理において、存在を確定化しようとすると無限不確定に発散する=いい加減に捉える事で有限な値(存在性)が可能になる事に通じる)

即ち、「何か有るんじゃないの?」という疑問(自我仮説)の相補として生じた時空仮説に対して、「本当はないんだけどね」という無の射影として、量子=存在は生じていると言える。
無いとは分からない事が有なのだ。

アインシュタインは、「空間の重力ポテンシャルエネルギーの符号は負であり、それは物質(正エネルギー)の分布に比例するから、全宇宙のエネルギーの総和は常に0である」と指摘した。
つまり、存在と空間が同時に生じる場合は、先入的なエネルギーは不要である。

全ての存在は、量子的な不確定性に基づいており、無限に詰め込むと存在確率の山が平らになって、無と等しくなる。
この「絶対無=不確定性無限」において、その無限の闇に認識体の仮定断面(潜在的認識可能性)の運動(時系列化=プランク定数hの収...続きを読む

Qビッグ・バン以前の宇宙は?

 宇宙は何百億年前だか何千億年前だか何万億年前にビッグ・バンによって始まったという話を聞いたことがあるのですが、それではビッグ・バンが始まる前は空間も時間もなかったということなのですか?
 だとしたら、なぜ突然ビッグ・バンが起きたのですか?

Aベストアンサー

時空間は、物質のある世界にだけ存在します。
ですので、ビッグ・バン以前は「空間も時間もなかった」ということになります。

でも、これは本当に「無」であるのかは、私たち人間が通常での認知外のことになりますので、証明は出来ないのです。

もし、私たち人間が、通常での認知外のことを認知出来る様になったとしたら、話はまた違って来るのだと思います。
たとえば、私たちの済む宇宙の外にも、私たちが「宇宙」と認識しているのと同様な時空間があり、それぞれが一つの球体の様に認知出来るかも知れません。
そうした宇宙が複数、いや、無数に存在しているならば、私たちが様々な「生命」の誕生や死を見るがごとく、宇宙空間が誕生しては死を迎える様にも見えたりするのでしょうね。

こうした視点では、ビッグ・バンは、「一つの宇宙の誕生」であり、それは、私たちが生命の誕生を見るのと同じ様に「自然なこと」なのかも知れません。

Qビッグバンの際、この宇宙意外にも幾つも宇宙が生まれてパラレルワールドと呼ばれ地球型惑星の存在は当たり

ビッグバンの際、この宇宙意外にも幾つも宇宙が生まれてパラレルワールドと呼ばれ地球型惑星の存在は当たり前と聞きましたが、ビッグバンは一回きりなのでしょうか。big bangの前はinflationと聞いてますが、ご存知の方御教授頂きたい。

Aベストアンサー

単なる仮説にすぎない。

Q宇宙の始まりとビッグバンについて

ビッグバン理論では「この宇宙はある特異点から始まった」というようなことを何かの本で読んだ記憶があるのですが、それによると「ビッグバン以前は無の状態であった」というようなことも書かれていました。この「無」の状態というのがよくわかりません。ビッグバンが起きたということは、それが起きた何らかの空間があるわけで、無の状態と言っても、たとえば地球と金星の間の宇宙空間のようなところをイメージすればいいということでしょうか?同じ本だったと思いますが、ビッグバンの何億分の一だか何百億分の一だかの後の大きさがビー玉くらいの大きさだというような表現であったと思います。すると、たとえば私の目の前で突然ビッグバンが起こるというようなことがあるのでしょうか?目の前は大げさでも、この宇宙空間のどこかで、それこそ地球から百億光年彼方でビッグバンが起こるというようなこともあるのでしょうか。バカらしい質問かもしれませんが、どうもスッキリしません。読んだのは20年以上前なので記憶違いかもしれませんし、その後の研究で違ってきているのかもしれませんが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

  ご参考になれば
 論理的宇宙の公理群は お互いに独立かつ矛盾がなければ 論理系の公理として採用できる。その公理をもとに論理系宇宙は演繹構成される。
 一方 科学としての宇宙は観測により存在確認される。観測されない現象については複数の観測から演繹的に存在確認される か、演繹できない場合は存在確認できない。この科学宇宙は論理宇宙の一つである。
 現在検証されつつあるとされる ビッグバンに始まる科学宇宙は 
   (1)膨張し続ける宇宙か 
   (2)膨張、収縮、ビッグバンを繰り返す無限サイクル宇宙なのか
   (2)´有限サイクル宇宙なのか
   (3)やがて膨張はなくなり安定宇宙になるのか 
   (4) (1)~(3)までの複数宇宙
いずれかになるという仮説を示している状態と思います。これらの科学宇宙は観測技術の向上にともない 少しずつは 明確になって来ていると思われます。
しかし、私には 物理法則は確率論的解釈しかできないにしても 因果律に従っていることのように思われます。ビッグバンを境界にして無から有を生じる という現象は 因果律に従わないもので あり得ないと思われます。物質がエネルギーに変ろうが 重力子が何かに変ろうが 無から有は生じないと思うのです。したがって 科学宇宙は有から有に変わっていく無限サイクル宇宙か、因果律に従う複数の宇宙 が正解のような気がします。
  この話と平行して論理的宇宙の構築は 数学の展開ではあるが 多様な系が期待できそうです。

  ご参考になれば
 論理的宇宙の公理群は お互いに独立かつ矛盾がなければ 論理系の公理として採用できる。その公理をもとに論理系宇宙は演繹構成される。
 一方 科学としての宇宙は観測により存在確認される。観測されない現象については複数の観測から演繹的に存在確認される か、演繹できない場合は存在確認できない。この科学宇宙は論理宇宙の一つである。
 現在検証されつつあるとされる ビッグバンに始まる科学宇宙は 
   (1)膨張し続ける宇宙か 
   (2)膨張、収縮、ビッグバンを繰り返す...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報