電気コンロ(IHクッキングヒーター)を購入しようと思っていたのですが、知人から、IHクッキングヒーターからは強力な電磁波が発生していて人体に有害だと教えられました。本当の事を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 今晩は。

大分経ってからの回答ですが…。

 胎児や子供などは良くも悪くも影響を受けやすいので、大人よりも更に注意が必要だと思います。健康問題に関しては疑わしいものは極力避け、予防策を採られることをお勧めします。「電磁波汚染」(天笠啓祐著、日本実業出版社)によれば、IHヒーターは家電の中でも強い電磁波が出る製品だそうです。また、電磁調理器が作る変動電磁場は、人体にも入って誘導電流を作り出し、体内に熱を生じさせるそうです。かなり距離をとっても強く被曝するみたいですね。

 体温が1度違うだけで、人は具合が悪くなったりしますし、男女の産み分けにも関係してきます。また、電磁波の影響については熱や感電などの作用の他に「非熱作用」という、免疫力を下げたり、ガンや白血病、色々な病気の原因物質となったり、促進作用をもたらしたりする働きがあると言われています。電磁波だらけの世の中ですが、なるべく使わなくていいものは使わないようにする、コンセントを抜く・電源を切るなどの姿勢が大事だと思います。

 IHヒーターに限りませんが、電磁波問題を扱った本は大きい本屋さんに行くとけっこう置いてあります。
 
    • good
    • 0

白血病、出なければいいですね。


でも出てしまったらいやですね。
日本では、「疑わしきは放置」です。
白黒分からないので規制は必要ない。
白黒分かるのは、犠牲者が出てから。
私の家族は犠牲者になりたくありません。

「電磁波の小児白血病への影響」↓

参考URL:http://www.marrow.or.jp/tokyo/report/no126/02.html
    • good
    • 0

で、電磁波についての話です。


某電力会社で「電磁波の人体に対する影響」について
少々囓ったのですが、各電力会社は電中研(電力中央
研究所)という場所などで、電磁波が生体に対してどの
ような影響を及ぼすかを研究していますが、これは相当
難しい問題です。

と言いますのも、専門的に云うと「統計学」を基礎として
進めざるを得ないためです。
「蛇足だなぁ~」等と感じられるかもしれませんが、これ
は非常に大きなポイントなので、理解いただきたいので
すが、統計っていうのは「AとBは異なる」って仮説を
証明するのは可能なんですが、「AとBは一緒」という
仮説を立証することは(ほぼ)不可能なんですね。

で、これを電磁波の問題に置き換えますと、
 1.電磁波を浴びせる前後で生体に影響(すなわち
   差異)が出ているという証明は可能
 2.電磁波を浴びせる前後で生体に影響(すなわち
   差異)が出ていないという証明は(現実的に)
   不可能
なんですよ。

つまり、ご質問の「電磁波が人体に有害か否かの本当の
ところを教えてください」に対しての答えは、「現時点
で有害な影響は見られていない。 でも、これは無害
ということでは無く、現時点の科学では有害か無害かが
判別不可能」って事です。


ここからは蛇足
恐ろしいように聞こえるかもしれませんが、こういう物
は世の中に沢山あります。
食品添加剤でも何でも、安全性の基準は「現時点の科学的
証明で有害性が認められなければ or有害か無害は不明な
程の影響で有ればOK」が基礎にあると思うんですね。

実際、モニターの電磁波の方が、皆さんより少し専門的な
事をやっていた私には不安です。
でも、その不安を補って余りある利便さ故に使って行く
ってことも自分にとっては利口な選択ですから、結局
先の発言の通り「不安なら使わない、でも使ってみたら
便利だよ~」が賢い選び方なんでしょう。
    • good
    • 0

誰かを貶める意図などは全く無いという事を前提に書か


せていただきますが、これは「どこで聞こうと真実の
答えは現状ではでない」問題です。
(理由は後述)

ただ、これだけでは何の解決にもなりませんから、付ける
付けないの選択についてアドバイスを。

1.IHは非常に便利
  排熱量・ガスが少なく換気が少ない(省エネ他)  
  また、油汚れが少ない。
2.専用の鍋が必要
  そこの厚いタイプが必要ですから、従前の鍋は
  使えなくなる例が多いです。
3.時たま、音が気になる方も居られるかも。
  IHは排気ファン等がついているタイプがあります
  ので、従来とは一種異なる騒音を出します。
  時たま、これが気になる方も居られます。

で、鍋の買い換えと音の問題、それと電磁波に対する
不安が気にならないなら、これは明らかに「買って損が
ない逸品」です。

なお、電磁波の問題は長くなりますから別発言で。 
    • good
    • 0

>大量に浴びるとやはり何らかの影響があるのでしょうか?



強い電磁波を大量に浴びると、白血病などになるという説もありますが、家庭用の電化製品の電磁波は弱い種類です。

それに、電磁調理器も、もう発売されてから20年くらいは経っていて、それで障害が出たという報告も無いようです。
    • good
    • 0

IHクッキングヒーターからは電磁波が出ますが、現時点では国内外で規定されている基準(電気用品取締法、IEC規格等)には対応しています。



家電製品からでる電磁波は、周波数が低く、エネルギーも小さいものです。
IH調理器などの家電製品を通常の居住環境で、通常の使用状態で毎日使用しても、電気学会や米国の科学アカデミーなどの権威ある機関が発表してるように、電磁波の人体に関する安全性は問題ないと考えられています。

心臓のペースメーカーを使っている場合は、余り近づかない方が良いようですが、これも、今までに事故の例はないようです。

下記の家電製品と電磁波を参照してください。
http://www.jema-net.or.jp/Japanese/news/q&a.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。事故の例も科学的根拠も今のところないのですね。ただ電磁波に基準があるということは、大量に浴びるとやはり何らかの影響があるのでしょうか?

お礼日時:2001/10/07 18:16

IH発売後10数年、数百万台以上使われていますが、何らかの影響を受けたとの報告はありません。

とはメーカーのカタログにはうたってあります。
携帯電話にしてもIHにしても人体に与える影響の有無については、まだ科学的に結論ずけられていないのが現状でしょう。
一応メーカーの言い分として一般人の磁界強度のガイドラインを72.8A/m(0.95G)と決められており、IHの場合30A/m(0.4G)以下と微弱であるとしています。
ただ相手が磁力線ですから、キャッシュカードや自動改札用定期券.カセットテープなどは記憶が消えることがあるでしょう。
私はメーカーの者ではありません。現状では何ら問題ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。今のところ問題ないとのことですが、メーカー(販売する側)のガイドラインというのは完全に信用しても良いのでしょうか?調理は毎日のことですので慎重に検討します。

お礼日時:2001/10/07 18:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNa+は有害?

Na+は細胞にとって重要であるとともに、細胞内に多量にあると有害であると言う話を授業で習いました。

なぜ細胞内にNa+があると有害なのですか?

Na+/H+アンチポーターによって細胞内に入ってきた余分なNa+を排出するそうですが、何故有害だから排出されるのかが分かりません。

いくら有害だといってもある程度細胞内にもNa+はありますよね?

蓄積されると有害になるのですか?

よく分からないので教えてください。

Aベストアンサー

>Na+/H+アンチポーターによって細胞内に入ってきた余分なNa+を排出するそうですが、何故有害だから排出されるのかが分かりません。

「有害だから排出されている」というわけではないと思います。
細胞の正常な機能として、細胞内のNa+イオンを細胞外液へと排出しています。
これは、細胞内外のイオン濃度を厳密に一定に保とうとしているためです。

体内全体のNa+イオン濃度(主に塩分によるもの)が増加すると、
腎臓の水分調節機能により、体内の水分を多く保持しようとするらしいです。
その結果、体内の水分量が増加し、高血圧が引き起こされるようです。
そういった意味で、過剰な摂取が有害ということだろうと思います。

他の方のおっしゃる通り、Na+自体は人体に「必要不可欠なもの」です。
ただ、それが過剰になると、「有害なもの」になる、ということでしょう。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E8%A1%80%E5%9C%A7

Q高温で焼却した灰は有害か?

通常800℃以上で、木や紙を焼却すると、煙にダイオキシンがなくなるといわれてますが、残った灰もダイオキシンがないと考えられますか?
というのは、法律に適合した焼却炉を購入して、ゴミを焼却し、残った灰を、埋め立て地に捨てたいのです。
それとも、管理型の最終処分場にもって行かねばならないのでしょうか?これだと、コストが莫大になります。
よろしく、お願いします。

Aベストアンサー

皆さんがお答えのとおり、高温で処理した場合にはダイオキシンは発生しないはずですので、埋立地に捨てることは可能でしょう(不法投棄は駄目ですが)。実際、高温処理はダイオキシンに汚染されたもの(灰や土壌など)の浄化方法の一つとして挙げることができるくらいですから。

なおダイオキシンは、炭素、酸素、塩素、水素からなる化合物ですので、焼却するものにそれらが入っていれば、理論的には発生の可能性があります。分かりやすくいえば、紙と塩を同時に燃やせば合成される可能性があると言えます(ちょっと極端ですが)。また、一旦1000℃位で焼却したとしても、冷却方法が不適切なために300~400℃で滞留すると再合成される可能性が極めて高くなります。法律に適合した焼却炉ということであれば、冷却方法まで考えられたものだと思いますが、念のため確認される方が良いでしょう。

また、焼却灰中の重金属の問題を忘れないで下さい。濃度的には重金属の方がダイオキシンよりも厳しいはずです。最近では、ダイオキシンさえクリアーすれば良いとの風潮があり、それはそれで問題ですから。

いずれも最終的には管理自治体に確認すべきでしょう。

皆さんがお答えのとおり、高温で処理した場合にはダイオキシンは発生しないはずですので、埋立地に捨てることは可能でしょう(不法投棄は駄目ですが)。実際、高温処理はダイオキシンに汚染されたもの(灰や土壌など)の浄化方法の一つとして挙げることができるくらいですから。

なおダイオキシンは、炭素、酸素、塩素、水素からなる化合物ですので、焼却するものにそれらが入っていれば、理論的には発生の可能性があります。分かりやすくいえば、紙と塩を同時に燃やせば合成される可能性があると言えます(ち...続きを読む

Q【ガソリンの人体への有害性について質問です】ガソリンの気化は体に有害ですか?

【ガソリンの人体への有害性について質問です】ガソリンの気化は体に有害ですか?

Aベストアンサー

敢えて、他のQ&Aサイトから転用
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411641699

 有害ではない、わけがないですか!(^^)


※小さな子供(赤ん坊でもいい)を、ガソリンが気化したところへ、連れていけますか?^^

Q送電線の電磁波の季節変動

こんにちは
現在送電線近くの土地購入を検討しています。
送電線からは地上距離で40m程度、実際の送電線の高さを考慮
すると約45~50m離れています。送電線は77kV のもののようです。
電磁波が小児に影響あたえるといった話を聞き、電力会社の方に
測定してもらったところ 0.0~0.1mG でした。予想外に小さかっ
たです。(実際には地磁気があるので0ではないことは認識して
います)
ところで測ったのが2月なのですが、実際の電力ピークは夏場に
なるとおもいます。磁界強度は電流値に比例すると思いますが
夏場はだいたい冬場の何倍ぐらいかご存知の方いましたら教えて
ください。ネットで電力供給(W数)変動みると1.3~1.5倍と
思える資料はみつけたのですがそんなものでしょうか?
(電力も電流に比例するので磁界強度は2倍までも行かない?)

Aベストアンサー

季節変動による電力需要の変化は、次のサイト(電気事業連合会のホームページ)に記述があり、グラフが示されていました。電力会社10社の合計値です。
このデータから2月と7月の変動率は182/140×100%=130%(2001年度)、174/150×100%=116%(2004年度)となりました。

http://www.fepc.or.jp/thumbnail/zumen/1-23.html

また、電力P=電圧V×電流Iですので、電流I=電力P/電圧V、電圧Vを一定とすれば、電流Iは電力Pに比例します。また磁界の強さは電流Iに比例しますので、電磁界(=磁界/距離)は電力Pに比例すると考えて良いと思います。

電磁界の強さの解説は、次のサイト(東電のホームページ)記述がありました。参考にして下さい。このデータからすれば、殆ど影響がないと考えて良いと思います。
http://www.tepco.co.jp/eco/report/data/10-j.html

また、送電線からの距離による電磁界の強さは、次のURLに掲示されていました。これからすれば、80m~100m以上離れていれば、何も無い状態と殆ど同じ程度と考えて良いのでは無いでしょうか?

http://www.tepco.co.jp/ps-engineering/denjikai/den071-j.html#kiso03

余計なことですが、4年位前に、土地を探すためインターネットで検索したところ、手頃な価格で比較的広い土地が抽出されましたので、実際の現場を見学に出掛けましたら、送電用鉄塔が近傍にあったためと、バス通りからこの土地に行くまでの道路が狭い点もあり断念しました。現在は送電線および鉄塔から約1.5km程度離れたところを購入し、家を建て住んでいます。

鉄塔の近くに長年住んでいる方も大勢いて問題ないと思いますが、送電線・鉄塔からの電磁界の強さが気になるのなら、別の土地を検討されることをお勧めします。
風邪をひいたら"電磁界?"、テストの成績が悪いと"電磁界?"となりかねません。鉄板で家ごとシールドするわけにもいきませんので、これから購入されるのであれば、少しでも離れた土地(80~100m以上)をお求めになる方が、鉄塔が気にならず良いと思います。

季節変動による電力需要の変化は、次のサイト(電気事業連合会のホームページ)に記述があり、グラフが示されていました。電力会社10社の合計値です。
このデータから2月と7月の変動率は182/140×100%=130%(2001年度)、174/150×100%=116%(2004年度)となりました。

http://www.fepc.or.jp/thumbnail/zumen/1-23.html

また、電力P=電圧V×電流Iですので、電流I=電力P/電圧V、電圧Vを一定とすれば、電流Iは電力Pに比例します。また磁界の強さは電流Iに比例しますので、電磁界(=磁界/距離)は電力Pに比例すると...続きを読む

Q有害サイトと判定される禁止語句一覧はありませんか?

ホームページを、作製したところ一部のフィルタリングソフトに、有害サイトとして判定されてしまいました。
多分、本文中に有害と判定される禁止語句が含まれているのではないかと思い見直したのですが分かりませんでした。
知らずに、有害と判定されるような記述をしていないか心配です。

一度チェックをしてみたいので、有害と判定される禁止語句の一覧が見れるサイトは無いのでしょうか?

Aベストアンサー

見かけないですね。
また、有害サイトの明確な基準がない以上、たとえそのような一覧があったとしても、無意味だと思います。あるサイトでは有害と判断している語句が、あるサイトではそうでなかったりする可能性があるからです。

Q電磁調理器の電磁波について

以前、携帯電話の電磁波についての質問が有りましたが、最近安全といってCMやTVで盛んに出てくる電磁調理器(IHクキングヒーター)の安全性について教えてください。私が耳にしたのは、携帯電話の何百倍の電磁波が発生しているという事でした。もしそうなら毎日使うし、長くつかいますよね。私の知り合いは、実際に電磁調理器を購入してからお料理をはじめるとTVの映りが悪くなるらしいのですが、ひょっとしてこれも電磁波の影響なのでしょうか、子供達にも心配です。どなたか詳しい方、いらっしゃいましたらおしえて下さい。

Aベストアンサー

 電磁調理器の原理は、周波数25kHzくらいの電磁波により生じた磁力線によって
上に置かれた鉄鍋の底に"うず電流"が生じます。その電流と鉄の電気抵抗とで
電気ストーブのように電流が熱に変わり、鍋の底板が熱くなるのです。

 電磁波問題では、電磁波の周波数が問題となります。電子レンジや携帯電話のように高周波数(数GHz、1 GHz= 1,000 MHz = 1,000,000 KHz)だと、電磁波の強さ(W:ワットで表されます)によっては脳や眼の中の毛細血管の中の血液の温度が高くなることがあるのですが、電磁調理器は非常に周波数が低いため、そのようなことは起こりません。
 ということで、一応、電子レンジのように箱で囲わなくても大丈夫と言うことになっています。ただし、新しい技術については、人が何十年もそれにさらされて大丈夫というような試験はなされていません。フロンガスのように、ある日突然、実は危険だったと言うこともありますので、新しいものはリスクがあると割り切ってご使用下さい。かなり高い確率で大丈夫だと思います。(^-^)

参考URL:http://www.hokuriku-bt.mpt.go.jp/seminar/q2-4.htm

 電磁調理器の原理は、周波数25kHzくらいの電磁波により生じた磁力線によって
上に置かれた鉄鍋の底に"うず電流"が生じます。その電流と鉄の電気抵抗とで
電気ストーブのように電流が熱に変わり、鍋の底板が熱くなるのです。

 電磁波問題では、電磁波の周波数が問題となります。電子レンジや携帯電話のように高周波数(数GHz、1 GHz= 1,000 MHz = 1,000,000 KHz)だと、電磁波の強さ(W:ワットで表されます)によっては脳や眼の中の毛細血管の中の血液の温度が高くなることがあるのですが、電磁調理器...続きを読む

Q危険性又は有害性等の調査等に関係する指針

現在、労働安全衛生マネジメントシステムの構築をしております。
その際、危険性又は有害性等の調査等に関係する指針を参照し、
リスクアセスメント実施基準を作成しております。
そこで危険性又は有害性等の調査等に関係する指針の別添3「危険性又は有害性の分類」において、危険性及び有害性が大まかに定義されていますが、具体的な基準が定められていません。JIS等参考になるものがあれば教えてください。ちなみにJIS B9702を確認しましたが、定義されていませんでした。

Aベストアンサー

調べてみましたが、具体的な基準は法律にはないですね。

とういことで、やはりGHS国連文書になると思います。
http://www.env.go.jp/chemi/ghs/kariyaku2.html
物理化学的危険性や健康に対する有害性、環境に対する有害性を見てください。

Qアパートから電線。電磁波は・・・

今度引っ越すアパートの壁から電線が出ています。これは普通ですか?電磁波が気になるのですが・・・
また、よく高圧電線の真下に住むと電磁波の影響があるといいますが、高圧電線というのは普通の電線と見た目が違うのでしょうか?それとも見分けはつかず、電力会社に聞いてみないとわからないのでしょうか?
どなたか詳しい方回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>壁から電線が出ている状態というのは他の電気の引き方と比べ電磁波の影響を受けやすいということはないですか?

・というか,それが最も一般的な方法だと思います。
 つまり,電柱から建物内へ電線を引込むのに,送電線に一番近い外壁に器具を取り付け,そこに電線を繋ぐお家が多いと思いますよ。

・家屋の美観を気にする方は,屋外にポールを立てて引き込む施工方法を選ばれる方もおられますが。↓こんな感じです。
http://www.yondenko.co.jp/setsubi/haiden05.htm

Q湿度70%以上が人体に有害なワケ

ある本の屋内気候の説明で
『湿度30%以下や70%以上では人体に
有害である』と書かれていました。
30%以下が有害というのは理解できるのですが
70%以上が有害という理由がよくわかりません。
おわかりのかたお教えください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

下記ページをご覧になると分かるとおり(ウサギの飼育についてのページですが、不快指数と温度・湿度の関係式は人間についてのものです)、湿度が100%であっても温度がそれなりに低ければ快適な環境になります。
http://www.sunfield.ne.jp/~kuni-t/newpage7.htm

人体に有害なのは#2の方がおっしゃるように、ダニの発生が増えるからです。下記ページのように主なダニは70%以上で発生します。また75%以上になるとカビも発生するようになります。その辺りを捉えて「人体に有害」と言ったのだと思いますよ。
http://www.homepro.co.jp/og/html/special/vol12/tsuyu03.html

参考URL:http://www.sunfield.ne.jp/~kuni-t/newpage7.htm,http://www.homepro.co.jp/og/html/special/vol12/tsuyu03.html

Q工場跡地の有害物質調査

ある電子機器製造業が撤退して,工場跡地が宅地分譲地として売り出されています.これを買いたいなと検討しています.

一方,別のある工場の跡地からは,ボーリング調査の結果,基準量のうん10倍ものある有害物質が検出されたという報道もありました.

一般に工場跡地を,再利用する場合の地質調査などは義務付けられているのでしょうか?前述の分譲地がクリーンなのかどうか知りたいのです.

Aベストアンサー

土壌汚染対策法が、今年、2月15日に施行されましたが、原則として、
汚染対象物質(種類は多いです)を使用していた工場・作業場で、2月15日以降廃止した場合に、調査の義務があります。
また、汚染が発見された場合には、汚染原因者又は所有者に処理の義務があります。

逆に言えば、2月15日以前に廃止した工場には、調査の義務付けはありません。
とは言え、実際に分譲・販売する事業者には、物件の説明責任があり、もし、汚染が発見された場合は、汚染原因者が処理をしなければならなくなります。
また、工場であっても、汚染対象物資tが使われていない事が証明できる場合は、調査の義務はありませんが、一定規模以上であれば調査を行います。

土壌汚染対策法の事務は、基本的に県で行っています。
その他にも、都道府県・市町村で独自に条例を作って規制をしているところもあります。
まず、役所に確認して見ると良いでしょう。

参考URL:http://www.env.go.jp/water/dojo/law.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報