AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

自動車のタイヤやホイールの販売・交換作業を中心としたお店を開きたいのですが、困っていることがあります。

(1)仕入れ先の開拓方法について
 定価がほとんどありませんが、通常、卸価格表の何%くらいで仕入れられるのでしょうか?
また、それはメーカーから直接仕入れることが出来るのでしょうか?

(2)乗用車~トラックまで扱いたいのですが、法人の場合、新規業者に仕事を回して頂ける事は可能なものなのでしょうか?また、その時のポイントはどんなことでしょうか?

タイヤ・ホイール業界に精通している方、どんなことでも良いのでアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんばんは!質問を拝見して気になったものですからアドバイスまで。



仕入れ先は各県に必ず○○タイヤ○○販売と呼ばれるメーカーの子会社がありますので
其方での交渉となります。
各地に営業所がありますのでイエローページで確認できると思いますよ。

但し基本的に店舗を構えタイヤ交換の機材を揃えてる事、最近では法人のみとの取引で個人では難しいと思います。※通信販売を考えてるのであれば完全に拒否されます。
もちろん法人だからといって直ぐには取引開始にはならない事もありますし契約においては個人の保証も求められると思います。
場合によっては保証金を求められる事もあるかも知れません。これは販売会社の判断に
よるところです。

仕入れ価格に関しては通常の卸価格を一覧にしたA表と呼ばれる仕切り表が存在します。当然一般の方は目にすることはありません。
このA表と呼ばれる価格に対して100%なのか90%なのかもっと安くなるのかは販売店の形態や販売量により大きく変わります。月間100本未満のガソリンスタンド程度ではA表のままが卸価格となってる場合が多いかも知れません。
店頭での販売価格はこのA表に対して×1.1だったり×1.05だったり×1.15だったりします。従って同一地域の小売店をご覧になると判りますが、同一商品の価格は殆ど同じ価格だとおもいますよ。
因みに大型量販店のABやYHですとそのA表が店頭での販売価格となってる事さえあります(地域によっても違いますし郡部ほど高額になる傾向があります)

残念ながら新規の参入者ですとA表からの取引開始かもしれませんので、タイヤ自体では利益が出せないかも知れません。工賃で稼ぐという考え方が良いでしょうね。
大資本の会社を経営されてれば話は別かもしれませんが...

次に取引先(運送業や建設業のトラックを所有している法人)の開拓では、簡単に取引開始になる会社は要注意です。
この業界の支払いは手形が多く3ヶ月や場合には6ヶ月手形なんてのもありますので、その間のタイヤ販売会社への支払いは、運転資金として貴方の手元にないといけませんし、最悪はその間に取引先が倒産と言う事も考えられます。
簡単に取引が始まる≒同業者が手を引いたと考えた方が良いかも知れませんよ。ですから長期に渡っての地道な開拓が必要となるわけです。

この業界はNo.1の方がおっしゃってるようにオーバーショップ状態で、タイヤ○等の専門店もほとんどが赤字経営なのです。勝ち残っているように見える大型量販店でさえ赤字店舗が多数あります(ではどうやって維持してるのかはココでは言及できませんが)ので同じ事をやると必ず失敗します。

しかし開業コストを抑えターゲットを絞る事で勝ち抜く方法があります。
私は一昨年までタイヤに関わるビジネスをしてましたので成功のノウハウ(産廃タイヤさえお金に換える方法等)があるのですが、ここでは公けすぎて申し上げる事が出来ないのが残念です。

現在はどの業界も厳しい時代です。隣の芝が青く見えたりするものですが、始めるのでしたら身を粉にする覚悟でどうぞ前向きに。
応援いたしますよ。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

>この業界はNo.1の方がおっしゃってるようにオーバーショップ状態で、タイヤ○等の専門店もほとんどが赤字経営なのです。勝ち残っているように見える大型量販店でさえ赤字店舗が多数あります。

やはりそうですか。いろいろなお店を見て回るのですが、平日はどこもガラガラ(特にこの時期)なのに店員は結構いる。在庫金額もかなりありそう。よく経営出来るな?と疑問でした。

タイヤの販売価格って、チラシなんかで見るとどこもあまり変わらないので(数量限定とかPB・海外メーカーは別)卸値が違うんだと思っていました。
でも、小さいお店だと仕入れ先とのよほどの信用実績がないと厳しそうですね。
A表についてはなんとなく知っていたのですが、売価がA表に対して×1.05とか、そういう形だったんですね。
だからメーカー希望小売価格がないのに、大体似たような価格なんですね。

>しかし開業コストを抑えターゲットを絞る事で勝ち抜く方法があります。

この言葉に勇気づけられました。
どの業界も厳しい世の中ですよね。サリーマンも大増税時代に突入しそうで、恐ろしいです。
だからこそ、今から自分の身と家族を守っていく術をこの業界で見出そうと考えていました。
将来は個人客中心に営業し、そこから法人に拡大するようにしようと決意しました。
裏事情なんかも聞けたら良かったんですが・・・。
miraiwagooさんありがとうございました。

お礼日時:2005/06/26 23:52

 boboviさん こんばんは



 (1)に付いて
  新規に開業する場合、最低どの程度の仕入れ値でどの程度の利益が上がるかと言う事が解らないと営業計画すら作れなくって来ます。厳しい事を言う様ですが、質問されている内容が解らない様では、お店を開く事を諦めた方が良いと思いますよ。もし本気にお店を持ちたいのであれば、ある程度は仕事内容の業界に精通されてから(最低でも質問内容が解ってから)の方が良いと思います。今一生懸命タイヤやホイールを販売している人に笑われてしまいますよ。

 (2)について
  新規に法人に販路を見出すのはなかなか難しいと思います。今までの付き合いを無くしてまでもboboviさんのお店の良い所がなければ仕事が回って来ないと思います。現在の長年の不況と言う事を考えると、一番手っ取り早いのは、値段でのサービスでしょう。もちろん自動車関係の商品を売るということですから、最低でも取り付け等の技術面では他店と同等またはそれ以上の技術サービスが出来ると言う事が前提になりますが・・・・。


 厳しい事も書きましたが、これが本当の事実だと思います。boboviさんの売りたい商品や業界の事をもっと勉強された方が良いでしょう。商売ってそんなに甘い物ではありませんので・・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

sionn123さんのいう通り、商売って本当に難しいですよね。
私は前職で大手CVSで経営指導をする仕事をしておりました。現在、訳あってタイヤ屋さんで働いているのですが、将来の人生設計を立てると、会社員として定年まで働くことよりもいつかは独立し、自営業ながらこの業界で生きていこうと考えております。

利益計算並びに諸経費に関する具体的な計画段階ではなく、今後数年でどういうことを学び、コネ作りをしていこうかというまだ、初歩の初歩段階です。

>現在の長年の不況と言う事を考えると、一番手っ取り早いのは、値段でのサービスでしょう。
この業界も価格競争に走ってしまうのかと思うと危機感を持ってしまいます。
「タイヤは人の命を乗せて走っています」というコピーが某タイヤメーカーであったと思いますが、まさにそうだと思います。
価格競争に陥り安全性が損なわれれば、安心して道路の脇を歩いたり、交差点を横断することが出来ません。
まだまだ先の話ですが、私も先輩方のような知識と技術を身に付け、価格よりも正確で確実な作業と信用を売りできればと考えております。
貴重なお時間を割いて頂き、ご回答ありがとうございます。
厳しい意見が聞けて益々身が引き締まりました。

お礼日時:2005/06/26 23:09

街のタイヤ屋さんと知りあいになり、卸して貰う


という手もあります。

ただ、話を聞くと結構競争が激しいみたいです。
あと交換したあとに残るタイヤの処理が、大変だとも
話していました。(産廃となる為)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

タイヤ屋さんから卸して貰うという手がありましたね。灯台元暗しとはこのことですね。

廃タイヤは本当に処分が大変ですよね。
きちんとした業者に処分して貰わないといけないし。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/26 22:13

どういう業態のお店を始めたいのでしょうか?


お話からすると「タイヤ館」みたいなお店でしょうか…

昔からタイヤ屋を営んでいる業者ならともかく、
全く新規でそういう店を開業するのは難しいと思います。
タイヤ業界は狭く、飽和状態にありますから、
よっぽど大資本で店舗展開が期待できるようなところじゃないと、
いきなり相手にはしてもらえないでしょう。

また、開業したとして、大手運送会社やディーラーなどと
確実なコネがあるなら、仕事量や売上もそれなりに期待できるでしょう。
それが無いなら、ちょっと難しいと思います。

比較的確実なのは、中古タイヤ専門で始めて、地道にお客さんを集め、
大手メーカーから卸してもらえるようになる、という形でしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やっぱり経営するとなると大変なんですね。
今、タイヤ関係の仕事をしていて、独立した方のお話が聞ければと思っていました。

タイヤメーカーが出しているタイヤ館などは、取扱いメーカーなども制限を受けそうで嫌なんです。
それだと、本当にお客さんの為にタイヤを選択して販売出来ないと思いまして・・・。

中古タイヤ専門については、なるほどと思いました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/06/26 22:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタイヤの仕入れ価格について

タイヤの仕入れ価格について何です。
カー用品の量販店で、タイヤ一本1万円の品は、実際いくらぐらいで仕入れるんですか?
また、量販店ではないお店(例えば、後藤さんが経営するゴトウタイヤなど)では、量販店と仕入れ値は変わってくるのでしょうか??

質問の意図がはっきりしないと思いますが、ご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

当然量販店と個人商店では仕入れ値は変わってきます。

「このタイヤ100本仕入れるから、単価を安くしてよー」なんていう交渉も可能なわけです。またメーカー側も販売店の年間のタイヤ販売量で、そもそもの仕入れ値を変えているところもあります。

私が知っているところは、タイヤの仕入れ値は販売価格の80~85%位だったと思いますよ。
おいしいのは工賃ですね。

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。

Q自動車整備工場について

たとえば自分だけで経営する個人で自動車整備の資格取り整備工場やるのにたとえば埼玉の熊谷あたりだと土地から建物から工具から一からそろえると総額いくらぐらいになるのでしょうか・・・・?

全部購入で、

まあ人通りの多いほうがいいとは思いますしね・・・・?

これをやると総額いくらぐらいかかるのか知りたいので、


たとえばこの総額から初めてそのかかッたお金を現在37歳で77歳ぐらい年までに自動車整備などのもうけで取り戻せるのでしょうかね・・・・?取り戻せそうもないならやらないほうが当然無難でしょうけどね。

例えば土地や建物を借りてやる方法もありそうですが、それだと両方で借りて月いくらぐらいのちんたいがかかりそうですかね・・・・?5マンとカ・・・?つきあたり、

ソ桃自動車整備で1台で修理したところでいくらぐらいの収入が入りほかの保険代理とカ別の仕事もありそうですが関連のでそれに対していくらぐらい儲けられるのでしょうかね・・・・?

まッたくの素人なのでやッている方がいればと思いますしね

Aベストアンサー

こういう事を自分で調べずにこういう所で聞けば済む程度の考え方で成功できる人を私は知りませんが。。。

作業工賃なんて調べればわかりますよ。
殆どの国内メーカーは、二輪でも4輪でも同じです。ちなみに、家電の修理会社でも同じですし、電気工事などでも同じです。
その金額に特殊な機械を使って居ればその分が上乗せされたりするだけでどれも基本は同じです。


>例えば土地や建物を借りてやる方法もありそうですが、それだと両方で借りて月いくらぐらいのちんたいがかかりそうですかね・・・・?5マンとカ・・・?

その金額だと、住むためのアパートでも借りられるんでしょうか?


保険の代理とも簡単に書かれてますが、車検や販売が無ければ保険だけ契約する人なんてほとんどありませんよ。
でも、保険の代理店になるためには、講習を受けて試験を受けて合格しないとなれません。その辺はどう考えていますか?
しかも今の保険会社はコンプライアンスの為に、現金を受け取るタイプではかなり面倒な状態になって居ますからね。

修理1台でいくら入るのか・・・
空気入れるだけ、ブレーキランプ1個変えるだけと、エンジンの吸排気バルブを交換するので同じ金額になりますか?
上に書いた様に時間単位での作業料金になります。
また、この作業時間は、各メーカーで標準時間があるので、其れより時間が余分にかかったのは貴方の店の腕が悪いからと言う事で、割増で取る訳には、基本的にいきません。


前にも書きましたが、単に開業しただけで儲かると言う物じゃありませんよ。
それなら整備士の免許を持った人は皆、自分で開業します。
なぜ、整備士の免許を持っていながら、自分で開業せずに、整備工場で働いているのかと言うのを考えてみればわかると思いますが・・・。

こういう事を自分で調べずにこういう所で聞けば済む程度の考え方で成功できる人を私は知りませんが。。。

作業工賃なんて調べればわかりますよ。
殆どの国内メーカーは、二輪でも4輪でも同じです。ちなみに、家電の修理会社でも同じですし、電気工事などでも同じです。
その金額に特殊な機械を使って居ればその分が上乗せされたりするだけでどれも基本は同じです。


>例えば土地や建物を借りてやる方法もありそうですが、それだと両方で借りて月いくらぐらいのちんたいがかかりそうですかね・・・・?5マンと...続きを読む

Qタイヤ激安販売[オートウェイ]のタイヤは危険が多い

って『思う方』や『感じられる方』や『体験した方』はいますか?



『トラブル事例がある方』や『メリット、デメリットに詳しい方』からの情報ください。



特に、『中国製』や『朝鮮製』など で【バースト】など しやすくないか不安です。



やはり車を守る<<大事な足、タイヤ>>ですからね^^



色々と不安なので沢山の回答まっております。



※私は、現段階では、来週にでも、オートウェイで購入しようと思ってます。(給料日なので^^v)












【okwave-qa 2012/05/20 (日)】

Aベストアンサー

車の整備をしている者です。
タイヤ交換の際に、オートウェイの中国製タイヤを選択する人は多いです。
私自身は、中国製は嫌なので付けませんが
お金に余裕の無い方はよく履いてますのでタイヤの交換作業もよくしているし
実際に履きつぶすまでをよく見ています。
で・・・
まずブリジストンや中国製タイヤの差ですが
私が感じた事を書きますと
ブリジストンのタイヤをバランス取りする時にタイヤのミゾ部分を回して見ると
タイヤ自体はそれほどブレもなく、バランスの重りも少なくてバランスが取れます。
一方、中国製タイヤは、ゴム自体が固く明らかにブリジストンなどの国産品と比べると
ゴム質は悪いです。
バランスをかけると、タイヤ自体がかなりブレますし、バランス取りの時も多く重りを付けたりするし
場合によっては、バランスが取れないときもよくあります。
ゴム質が悪いので長期間は持ちません。
バーストなどのトラブルは今の所聞いた事がないです。
均等にタイヤのゴムが減らないとか、片減りするとかはよくあります。
ゴム質が固いので、ウェットでの走行での急ブレーキは、制動距離がとても長く危険なタイヤだと思います。

結論としては、普通に街乗り重視の方には問題のないタイヤですが
高速道路をよく利用される方や車の使用頻度の高い人には危険なタイヤだと思います。
あと、乗り心地も悪くなると思います。

車の整備をしている者です。
タイヤ交換の際に、オートウェイの中国製タイヤを選択する人は多いです。
私自身は、中国製は嫌なので付けませんが
お金に余裕の無い方はよく履いてますのでタイヤの交換作業もよくしているし
実際に履きつぶすまでをよく見ています。
で・・・
まずブリジストンや中国製タイヤの差ですが
私が感じた事を書きますと
ブリジストンのタイヤをバランス取りする時にタイヤのミゾ部分を回して見ると
タイヤ自体はそれほどブレもなく、バランスの重りも少なくてバランスが取れます。
一方、...続きを読む

Q中古車販売の無店舗無在庫の独立開業について。

本業ではないのですが副業として無店舗・無在庫の中古車販売(オークション代行)の開業に挑戦しようと考えております。

ずばりお聞きしたいことは。。
無店舗での開業は可能でしょうか?開業とはオークション会場に出入り出来る業者になるということです。某オークション会場ですと審査時に店舗の写真や看板の写真を送らなければなりません。それをパスすることは可能でしょうか?といっても無理だと回答されると困ってしまいます。なぜなら無店舗・無在庫で開業している方が沢山居るからですが。
正確にはどうしたら無店舗でのオークション代行業が開業出来ますでしょうか?といったところです。FC以外の選択肢を教えて下さい。


車屋の知り合いは居ますがこのことは相談していません。
会場への推薦?はしてもらえると思います。
古物商の取得などのある程度必要な事項は把握しているつもりです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

>最後にもうひとつお聞きしたいのですがお勧めの買取を例えば実行する時は自分で買取の金額を決めるという事なのですか?
その場合、不正メーター改ざん等の対策はどうしていらっしゃいますか?

まったくご心配ありません。
アイオークに入会すれば、「相場の相談」ができます。これはプロの買取屋が対応してくれて、非常に正確な買取額「オークション相場」を教えてくれます。そして、そのときに、車体番号と型式を言えば、メーターチェックをしてくれます。アイオークというのは、小規模店向けになっていまして、まさにこれ!という企業だとおもいます。
買い取り額を出す際に相場票だけを見て決めてしまいますと、間違いなく損害がでます。
大手買取店は、その材料だけで金額を出していません。

相場は、上下ありますよね?
たとえば今時期ですと、一年の中で一番相場は安いです。が、価格を決める上での材料の一つとしての過去3ヶ月の相場は、非常に高い相場になっています。この相場で買ってしまうと、損をしますよね?
そういうような、相場の流れなどの経験的な知識など重要になってきます。最初から自分で買い取り額を出すのは非常に危険ですので、最初はプロのアドバイスを受けないと、ヤケドします。一年通しての相場の動きも把握する必要があります。
相場は、1月~7月まで序々にあがります8月にいったん下がって、9月10月はそこそこ高騰して、11月12月は大幅に下落します。この繰り返しです。
あと、買い取る際、グレードを特定しないといけないので、(自分の車のグレードを知らない人が結構いるんです)調べる必要があります。いちいちディーラーで聞くわけにはいかないので、調べられるサイトがあります。
http://www.jaai.com/jaai-net/
ここです。
有料ですが、(年間3万円、入会金1万円)こんな情報がこの金額でいつでも調べられるのなら、爆安だとおもいます。
基本査定額や流通相場、小売価格なども出ますので、いたりつくせりです。ここは、大手買取店もご用達です。
ちなみに私は、元大手の方と知り合いですので、その辺は全てその人から聞きました。
私が加盟している、カービューの「あなたの車いまいくら?」では、その大手がライバルですので、そこのやり方(戦法)を全部知っていますので、ほぼ全勝です(笑)
しつこいですが、これはやったほうがいいですよ!儲かります。
販売はその後のリスク(故障など)がありますが、買取にはこちらのリスクがありませんので、へんなクレームとか付かず、いいとおもいますよ。
高値をつければまた売りに来てくれます。
販売の方はよほどの付加価値をつけて売らないと、リピーターはありません。壊れたりすると、クレームがあったりで二度と買ってくれません。いい噂はそんなに広まりませんが、悪い噂はものすごく広がります。
そして買い取る場合には、査定の知識も必要となります。
お会いできれば、私がタダで全てお教えできるのですが、ここで連絡先などを書くわけにはいきませんので、なんとかがんばってください。
査定は、査定協会というところで講習などやっていますので、お暇があってら受けて見るといいですよ。
でも多少の知識でいいんですけどね。買取契約書は、どこの買取屋も「事故、メーター改竄、冠水車だったら賠償してください」と書いてありますから、事故だったら、支払いの減額をすればいいのです。
買い取ったら、すぐにオークションに出して、評価点を出して、それからお金を払えばいいです。事故の判定は、簡単なものもありますけど、非常に判断が難しいものもあります。
あと、買取に行った際にお客に「事故はありますか?」と一応聞くのですが、大半が嘘を言いますので・・・当たり前ですけどね。

オークション評価点についても、この点はどのくらいの傷か?というのも把握する必要がありますので、何台かは仕入れて勉強するのもいいでしょう。私は、車を買おうとしている回りの人間に無償で、車を販売して、(車両代はもらいますよ)勉強しました。
会場によってもまちまちで、ここは適当だとか、ここは厳しいとかありますので、その辺も勉強が必要です。
あと、オークションで仕入れた車は、高年式でも壊れている場合がありますので(なんかしらの加修が必要ということです)車の知識は必要です。低年式は高確率で壊れています。



>自宅の一部を事務所にしてしまいますが車屋の事務所とラップしてしまうのはまずいんですかね?
ぜんぜんOKです。違法でもなんでもないです。
私は、ごく普通の賃貸アパートですよ!警察にOKもらって古物の許可をもらっているのですから、事務所としてあるならなおさら問題ないですよ。
オークション会員にそのあたりの問題はぜんぜん関係ありませんので、古物の許可が下りれば(だれでも許可は下りますけど)すべてOKなのです。

またなにかありましたら、聞いてください。
普通の方は、このような情報はもったいぶってだれも教えてくれないとおもいますが、私は普通ではありませんので、なんでも教えますよ(笑)
では

こんばんは

>最後にもうひとつお聞きしたいのですがお勧めの買取を例えば実行する時は自分で買取の金額を決めるという事なのですか?
その場合、不正メーター改ざん等の対策はどうしていらっしゃいますか?

まったくご心配ありません。
アイオークに入会すれば、「相場の相談」ができます。これはプロの買取屋が対応してくれて、非常に正確な買取額「オークション相場」を教えてくれます。そして、そのときに、車体番号と型式を言えば、メーターチェックをしてくれます。アイオークというのは、小規模店...続きを読む

Qタイヤ+アルミ、なぜ通販業者が異常なくらい安い?

車の購入に合わせて、スタッドレスタイヤ+アルミを探しています。

全国量販店(黄色い・・)の地元店にいってみたら

155/65R14
の4本セットがBS GZ だと7万以上+バランス4200円
に対して、通販店(とりあえず某オークションで探したら)
12年製造4本セットが送料無料+バランスで5万を切っていました。

軽く3万近くも差があります。

これって通販業者が異常に安い?それとも某量販店が異常に高い?
(ようはどちらが適正価格?)

これって人件費レベルの差でないような気がします。
何か、とんでもない落とし穴があるんでしょうか?
キズ付ホイールとか???

Aベストアンサー

タイヤだけでしたらネット通販に値段で適うものはないでしょう。
同じタイヤでも3割程度安いのは当たり前な感じで販売されています。

問題はホイールで、こちらはタイヤほどにネット通販が幅を利かせていません。あまり売れないのですね。
こういうモノには、安かろう悪かろう理論が働きます。同じように見えるデザインのものでも耐ショック性能で雲泥の差があるような粗悪軽量ホイールが売られていることがあります。お気をつけください。

あとスタッドレスなら、やはりBSが一番信用できると思います。5cm 10cm が事故を未然に防ぐか加害者になるかの境目になることも少なく無いのではないでしょうか。

Qタイヤ交換作業について

一般的な会社員なら定年を考える年代の自営業者です。
今まで実体験のない仕事で分野違いの仕事への転職?話があります。
会社で準備された「機材等一式を装備された車両」を使って各方面へ出向きタイヤ交換などをする仕事のようです。
タイヤチャンジャーやバランサーなどの存在は勿論知っていますが、その作業は全く経験がありません、触ったこともありません。
体力的には一般的な会社員で同年代の人たちと比較すれば上位の部類では・・・と自分では思っています。機材の操作など作業の指導はしっかり教育して頂けるようですが作業そのものをこの年代で習得できるものでしょうか?
チャンジャーやバランサーの操作は難しいものですか?

Aベストアンサー

私20年自動車整備士をやっております。

まず作業そのものについてですが、チェンジャー、バランサー等の機械の取り扱いに関してはそれほど難しくありません。
スタンドでは高校生のアルバイトが普通に作業しています。
関係資格としてタイヤ空気充填特別教育などがあります。タイヤ交換作業に従事する場合、会社が作業者に受講させなければならないことになっています。


扁平率の低いタイヤとか直径の大きなタイヤは、機械の能力によってできる限界があります。やり方においてもちょっとコツが必要な部分はありますが、何度か作業すれば覚えられるでしょう。

またトラックのタイヤは今でもチューブタイヤが多数使われており、このタイプはチェンジャーが使えません。タイヤレバーとハンマーやビード落としなどの工具を使って手作業で交換します。組み付け時にホイールリングと呼ばれる部品が外れて大怪我をする事例があります。乗用車のタイヤでも破裂事故はあるが、トラックタイヤは空気圧も高くけっこう危険です。(タイヤ交換事故で検索してみてください)

体力的には乗用車ならそれほど問題ないです。トラックはタイヤ交換自体慣れるまでは重労働。(コツを覚えればそれほど力は必要としなくなりますが、重量があるのでバランサーへ取り付ける時に持ち上げるので腰を痛めたりする。)
ジャッキアップしてタイヤ&ホイールを車体から脱着する方が体力は消耗しますね。

マニュアル通りにやってスムーズに交換できる時はイイですが、うまくいかないときの対処には経験が必要です。また指導はしてくれるとのことですが、自動車を扱う上での作業に対する基本的な知識技能がない場合は出張で作業するのは難しいと思います。ねじの締め方にしてもやり方がいろいろあります。

本来設備の整った工場でやるべき作業を屋外で行うのですから、自動車整備経験者ならともかく未経験者ではイイ仕事はできないと私は判断します。



次に事業形態についてですが、会社と雇用契約をむすんで仕事をする場合は作業ミスにしても基本的に会社が責任を負いますし、大抵自社工場を持っていて大口の顧客(運送会社など)の作業を出張で廻るという形で、出張がなければ工場内での作業を手伝ったりして技術的なフォローも期待できます。

注意したいのは請負契約やフランチャイズ契約の場合です。
コーティングやデントリペア、内装修理などで多い形態ですが、技術講習費用を請求されたり工具、機械を購入させられます。始めは仕事を斡旋してくれますがそれだけでは稼ぎが少ないので、自分で営業しなければなりません。基本的にすべて自己責任になりミスしたら損害賠償が発生します。悪質な所ではその保険料と言って不当に高い保険料を本部に払うところもあります。
本部としては初期の費用を事業者から払わせてビジネス成立なんです。そのあと事業者が赤字になってても個人の能力が足りなかっただけとされてしまいます。仮に経営がうまく成り立ってもフランチャイズ料などを搾取されます。

経験者がその経験を生かしてするなら契約内容によってはやってみても良いと思いますが、定年後で全く畑違いというのでは難しいでしょう。ホイールの規格、タイヤの規格を覚えたり、マニュアルには載らない作業が多数あったりするし、いちばんは正しい作業姿勢が取れなくて腰痛になるのが怖いですね。(教えてもその姿勢ができない人は多い)
作業としては難しくないけど、商売として成立させるのは経験が必要とされるので難しい。
また作業中のケガのリスクは高めの仕事です。

私20年自動車整備士をやっております。

まず作業そのものについてですが、チェンジャー、バランサー等の機械の取り扱いに関してはそれほど難しくありません。
スタンドでは高校生のアルバイトが普通に作業しています。
関係資格としてタイヤ空気充填特別教育などがあります。タイヤ交換作業に従事する場合、会社が作業者に受講させなければならないことになっています。


扁平率の低いタイヤとか直径の大きなタイヤは、機械の能力によってできる限界があります。やり方においてもちょっとコツが必要な部分はあ...続きを読む

Qタイヤチェンジャーの使い方 低扁平タイヤのタイヤ組み換え方法について・・・

当方趣味の延長でCORGNI A2001Sというスタンダードなタイヤチェンジャーとタンク容量170リットルの使用圧力が14キロまで上がる高圧コンプレッサーを入手しまして。タイヤの組み換えをしていますが最大の目的サイズである215-45-17のタイヤを外すことすらできません。
低扁平タイヤ以外はスタンドの人並みにはできるレベルですが低扁平タイヤをどうしても自分で組み替えしたいと考えています。

低扁平タイヤの組み換えは専用のタイヤチェンジャーを使わないと難しいことや、素人はタイヤをダメにしてしまうからやめた方がいいなどという情報はネット検索にて理解済みです。

ですが、スタンダードのチェンジャーで低扁平タイヤの組み換え方法のコツ、裏技、参考URL等分かる方がいましたら是非教えていただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>現在アームへビードが掛けられない状態です。先日なんとかホイールとビードの間にタイヤレバーが入ったのでアームに乗せようとしたらタイヤレバーが曲がってしまい断念しました・・・・

ホイールとビードの間へ入れたレバーが上がらない場合は、ビードがホイールのくびれ部分にしっかり落ちていない可能性があります。
●左手編:アーム位置を12時として、ホイールとビードの間へ入れたレバーを左手で保持し4割の力で手前に引きます。
●右手編:もちろんアームの上に一発で上がらないですので右手のバールで1時の位置からビードをくびれに落としていきます。順番に2/3/4/5/6時と落としていきます。この際、右手の位置をずらすごとに左手の引く力を1割ずつUPしていけば・・・

ビード部にはクリームor石けん水を必ず塗ってください。
また希にものすごくバラしづらいホイールが存在します。

Qタイヤを通販で買いました。取り付けは、どこでするのが確実で、安いでしょうか?

タイトル、そのままなんですが、
タイヤは通販で買ったほうが断然お得でした。

ただ、通販なのでタイヤは送られてくるだけです。

タイヤを取り付けてくれ、バランスをとってくれ、
廃タイヤを捨ててくれるところで、一番いいところはどこでしょうか?

スタンド・カー用品ショップ・ディーラーの中の3択だと思いますが
やはりタイヤを持込だと、ディーラーが無難でしょうか?

よろしくお願いいたします。
*************************************************************
参考までに車は、エスティマ。
タイヤはレグノ。215/60R17。
スタンドで、4本、交換工賃込みで¥110000。

通販で、4本、送料込みで¥67600+(取り付け賃α)=???
*************************************************************

Aベストアンサー

先日,ネットで購入したタイヤをトヨタのディーラーで交換しました。
(235/40/R17を2本,アルミホイール)
内訳は,

タイヤ入替料(持ち込み料):2,100円
廃タイヤ処理料:735円
ホイールバランス調整:3,675円

で,6,510円でした(税込)。1本当たり工賃は3,255円ですね。

タイヤはディーラーを受取人として発送してもらいました。
交換作業自体は,ディーラーピット内で行われたのですが,作業担当者はディーラーの整備士ではなく,出入りのタイヤショップの方が来る(半ば外注)方式だったので,多少割高になったものと思います。
タイヤがバーストしてしまっての急遽交換で,まあ仕方ないかなと納得しました。

Q卸価格って何ですか?

卸価格って何ですか?
友達に卸、卸価格って何と聞かれましたが私も良くわかりません。
卸価格が載っている用紙も見せていただいたのですが、私は卸価格と仕入れ値は一緒だと思っていましたが、どうやら違うみたいです。卸価格の何%が仕入れとなっているのです。
卸価格って何ですか?
また卸価格など書かず仕入れ値だけを取引業者に伝えれば良いと思うのですが、何故卸価格を書き、そこから%引くなど面倒な事をするのでしょうか?
そして一般の売り方と違うみたい???ですが、卸売り、卸価格とはどんな時に売るのですか?
初心者ですみません。
教えて下さい。

Aベストアンサー

商品の販売ルートに対する基礎知識はお有りですか?
物品販売の流れをざっくり書きますと、下記のようになります。

(1)メーカーが卸問屋へ大量販売
(2)卸問屋が小売り店へ販売
(3)小売り店が最終消費者へ小売り販売

■「卸」の意味ですが、これは、
「どこか(メーカー・大卸など)から購入した商品を小売り店へ販売すること」を言います。

小売り店とは、最終消費者へ販売するお店のこと。
つまり、「製造者」でも「最終消費者」でも「最終消費者に販売する店」でもない、
「中間販売業者」のことを、「卸問屋」と呼ぶんです。
この卸には、小売店に売るのではなく更に卸店に売る「大卸」と呼ばれるところもあります。


■では「卸値」とはなにか。
これは、(1)から(2)、(2)から(3)への販売価格を指します。「売る値段」です。
一般に「卸価格」と言ったら、商品単価の事を指し、送料は含みません。
(もちろん、送料込みで単価を提示する場合もあります)


■対して「仕入れ値」とは、仕入れる時の「買う値段」のこと。
「仕入れ値」には、送料も含めた「仕入にかかった値段」を指します。
(算入しない場合もあります。それは個々の計算方式に寄ります)

よって、「仕入れ値」を販売先に伝える、という言い方は根本的に間違っていますし
(販売者が提示できるのは販売価格だけです)

「卸価格」と「仕入れ値」は違うものになります。
(一致することはありますが、必要十分条件を満たしている訳ではありません)


■ご質問にある「卸価格の何%が…」という話ですが、
その前に、まず、BtoBとBtoCとは全く違うということを理解する必要があります。
最終消費者は確定された条件下で欲しい商品を購入するだけ、しかもその時限りですが
メーカーから小売店までの取引は、
納品場所・数量・時期・信用状況・支払い条件などが一律ではなく、
また、長期的な取引契約を結ぶこともあります。
それらの条件を全て認識した上で、会社としての取引契約を結びます。
この「契約」とは、単純に「販売価格」だけを指す物ではありません。

そうした商取引の中に、歩引きといって、購入条件によって購入額の一部を値引きするという方法があります。
おそらくご質問の内容は歩引きが適用されているのだろうと推測いたしますが、
この歩引きは「購入条件」によって変動する事がありますので
(例えば、1万箱買ってくれたら1%引き、10万箱買ってくれたら2%引き、というような感じです)
歩引き後の価格を提示する、というのは、場合によっては不可能です。
販売価格(卸価格)を提示し、別途で取引契約を締結する、という形を取らざるを得ません。


一般的な製造販売業の事務レベルの理解ですと、以上のようになります。

商品の販売ルートに対する基礎知識はお有りですか?
物品販売の流れをざっくり書きますと、下記のようになります。

(1)メーカーが卸問屋へ大量販売
(2)卸問屋が小売り店へ販売
(3)小売り店が最終消費者へ小売り販売

■「卸」の意味ですが、これは、
「どこか(メーカー・大卸など)から購入した商品を小売り店へ販売すること」を言います。

小売り店とは、最終消費者へ販売するお店のこと。
つまり、「製造者」でも「最終消費者」でも「最終消費者に販売する店」でもない、
「中間販売業者」のことを、「卸問屋...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング