日本に伝えたものは「鉄砲」「キリスト教」「リンゴ」その他に、何があるか分かる人いませんか?
イキナリ気になり出して、夜も眠れません…って言うのは大げさだけど、気になって気になって…(^^;)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

時は戦国時代という事で、話を進めますよ。


事実、もっともっとたくさんあります。

〔衣〕
ジュバン(襦袢)、カッパ(合羽)、メリヤス(莫大小)、カルサン(軽袗)、ボタン(釦)、ラシャ(羅紗)、ビロード(天鵞絨)、サラサ(更紗)、カナキン(金布)

〔食べ物〕
パン、テンプラ、バッテラ(鯖鮨)、カボチャ、カステラ、コンペイトウ、カルメラ(浮石糖)、アルヘイトウ(氷糸糖)、タバコ(煙草)

〔その他〕
カルタ、シャボン、カナリヤ、etc

結構、私達の身近にある物ばかりでしょ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わぉ~w(゜◇゜)w
カルタ・バッテラ・テンプラは、日本のモノだと思ってました(>_<)
ホントに、身近な物が多いんですね♪ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/08 06:19

「牛乳」



伊豆下田のペルリさん(そう書いてある)が住んでたお寺は、牛乳発祥の地となっているわよ!

私が行ったときは、境内で「牛乳」売ってた。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ぎゅ・牛乳~w(゜◇゜)w
これまた、ビックリです!たまたま牛乳飲んでたから、さらにビックリ(笑)
ありがとうございますm(_ _)m

お礼日時:2001/10/08 21:14

鉄砲とキリスト教についてはpusutaさんの仰るとおりで、ペリー来航より300年も前の伝来です。


ですが、リンゴについてはたしかにペリーだったかもしれません。
というのは、西欧種のリンゴの日本で最初の記録は、文久年間(1861~64)、福井藩主松平春嶽の江戸別邸でのものだったからです。
ペリー来航の直後ということで年代的にも合いますし、アメリカ種だったと記録にあります。
(在来種の甘くないリンゴはそれより古く、鎌倉時代からありました)

さて、ペリーが明らかに日本に伝えた物といえば蒸気機関(車)でしょう。
1853年に模型蒸気機関車を献上し、翌年には横浜で武士らを乗せて試運転が行われたと記録があります。
他に原始的な発電機、電信機、時計、望遠鏡、小銃、農具など33品目の献上品が持ち込まれた、とあります。
うち日本初上陸だったのはやはり有線電信装置でしょうね。
他の時計や望遠鏡、銃などは日本にもあったものですが、その技術は隔年の差があったようです。

参考URL:http://www.st.rim.or.jp/~iwat/zenshi-2/zenshi-2. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほぉ~(*^~^*)
全然、知りませんでした(^~^;)農具もペリーからだったんですね!
とっても勉強になりました♪ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/08 06:15

せっかくの質問ですが,鉄砲を伝えたのはポルトガル人で


キリスト教を伝えたのはザビエルです。りんごは分かりませんが。ペリーではないと思うのですが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あら…(^^;)恥ずかしい(/д\)
でも、『聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥』って事で、教えてくださってありがとうございます♪

お礼日時:2001/10/08 06:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qユダヤ教キリスト教イスラム教の共通点

どなたかユダヤ教キリスト教イスラム教共通点をいくつか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

元々、ユダヤ教が原点です。(ユダヤ教の原点は何か?は割愛)
で、そのユダヤ教を改革しようとして出てきたのがイエスです。
しかし、結局は改革ではなく分離独立という道を選び、その宗教がキリスト教となります。
成立は紀元前後ですね。

イスラム教は7世紀にアラビア半島で生まれた宗教です。
ユダヤ・キリスト両方の影響を受けて成立しました。

よって、ユダヤ・キリスト・イスラームは3つ併せて「アブラハムの宗教」と呼称されます。
お互いがお互いに密接に関係しているので、共通点もたくさんあります。

1・「聖典」の共通

ユダヤ教は『旧約聖書』(ただしこの呼称はキリスト・イスラム教からのもので、ユダヤ教徒自信は単に「聖典」と呼びます)を唯一の聖典としています。

キリスト教は『旧約聖書』にイエスやその弟子の言葉や手紙を収めた『新約聖書』が加わります。

イスラム教は『旧約聖書』と「『新約聖書』の中の4福音書」に加え、ムハンマドの言葉をそのまんま記した『コーラン』が加わります。

2・共通の預言者

預言者とは、予言者とは違い、「神の言葉を預かり伝える人」という意味です。
3宗教とも、この預言者の存在を重視しています。
そして、預言者は一人ではなくて何人もいます。
当然、共通の預言者もいれば、一方は認めるけど一方は否定される預言者もいます。
共通のモノとしては、

アブラハム・ノア・モーセが有名どころですね。
で、そこにイエスが加わるとキリスト教。
さらに、ムハンマドが加わるとイスラム教です。

ユダヤ教は、イエスもムハンマドも認めません。
キリスト教はムハンマドを認めません。
イスラム教はすべて認めますが、最大にして最後の預言者がムハンマドであると主張します。


3・聖地イェルサレム

共通の聖地もいくつかありますが、やはり最大のモノがイェルサレムですね。
まぁ、ユダヤ教の聖地であり、そこから分派・影響を受けて成立したのがキリスト・イスラムの両宗教なので、聖地が同じってのも仕方ないですね。
ただ、イスラム教はイェルサレムよりもメッカの方が重要視されますね。(といっても、イェルサレムの重要性も無視できませんが)

とまぁ、今思いつくのはこれくらいですかね。
最後に注意してもらいたいのは、これらはおおざっぱな解釈・説明で、当然宗派によっての違いもでてきますし、その解釈の違いから互いに争ったりしています。

元々、ユダヤ教が原点です。(ユダヤ教の原点は何か?は割愛)
で、そのユダヤ教を改革しようとして出てきたのがイエスです。
しかし、結局は改革ではなく分離独立という道を選び、その宗教がキリスト教となります。
成立は紀元前後ですね。

イスラム教は7世紀にアラビア半島で生まれた宗教です。
ユダヤ・キリスト両方の影響を受けて成立しました。

よって、ユダヤ・キリスト・イスラームは3つ併せて「アブラハムの宗教」と呼称されます。
お互いがお互いに密接に関係しているので、共通点もたくさん...続きを読む

Qもしもキリスト、イスラム教が無くなってユダヤ教だけになったら?

地球上でユダヤ教オンリーになったらどうなると思いますか?

全く想像つきません。

Aベストアンサー

ユダヤ教の成立過程があって、バビロンの幽囚がある前後では全く考えが異なります。
そもそもユダヤ教オンリーというのであれば、それ以前の歴史でユダヤ人が絶対的勝者になっていたわけで
現在の先鋭的なユダヤ教ではなく、もっと慈悲にあふれる宗教になっていたでしょう。
現実に初期の頃のユダヤ教はその通りです。

前提条件として現在の迫害色の強いユダヤ教が世界に広まるのか、
それとも古代の穏和な時代のユダヤ教が広まるのか、
あるいはユダヤの歴史で迫害はなかったこととしてカウントするのか、
幾ら三流の歴史小説でもその辺の前提条件すらなくしては書けません。

ちなみに現在の迫害色の強いユダヤ教が広まるとどうなるのか。
ユダヤというのは極端な選民主義、つまり我々は神から選ばれた民という思想です。
ですからパレスチナ問題にみられるように、アラブ人を虐待することを当然のことと思っています。

つまり選民主義による超階層社会が出現することでしょう。
イスラエルに住めるものは地上で一番偉く、日本人も含めて全世界中の人が
どうやってそこに辿り着くかが人生最大のテーマになります。

迫害の歴史をカウントするのであれば、白人やアラブ人には報復として
最下層の奴隷階級が用意されることでしょう。
そこへ落とされれば着る物として自由に与えられない家畜の生活を余儀なくされます。

ユダヤ教の成立過程があって、バビロンの幽囚がある前後では全く考えが異なります。
そもそもユダヤ教オンリーというのであれば、それ以前の歴史でユダヤ人が絶対的勝者になっていたわけで
現在の先鋭的なユダヤ教ではなく、もっと慈悲にあふれる宗教になっていたでしょう。
現実に初期の頃のユダヤ教はその通りです。

前提条件として現在の迫害色の強いユダヤ教が世界に広まるのか、
それとも古代の穏和な時代のユダヤ教が広まるのか、
あるいはユダヤの歴史で迫害はなかったこととしてカウントするのか...続きを読む

Qキリスト教とユダヤ教の神様についてお教えください。

キリスト教とユダヤ教では神様は一人で同じ神様と聞きました。
同じ神様なのになぜ違う宗教になってしまっているのでしょうか?
また、キリスト教では、神様が人を神様の形と同じように作ったというのですが、キリストの顔は絵でよく見ますが、人間と同じような形をした神様の顔の絵を見たことがないのですが、どのような顔しているのでしょうか?
すみませんが、お教えいただけましたら助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>キリスト教とユダヤ教では神様は一人で同じ神様と聞きました

ユダヤ教の「ヤハウェ」、キリスト教の「ゴッド」、イスラム教の「アッラー」はみな日本語訳すれば「神様」となり、同じ方を指しています。これは、これらの宗教が一神教だからです。
一神教とは、この世の中に神様はただお一人だと考える宗教です。その神様は唯一絶対の存在ですので、他のお方を神様呼ばわりするのはすべて間違いと考えます。だから、彼らが指す神様は同じ方なのです。

んでこの唯一絶対の神様、旧約聖書によるとモーゼの前にそのお姿を現したということですが、モーゼが「あなたは、誰ですか?」という至極もっともなご質問に「私はあって、あるものである」などと禅問答のようなお答えをします。そもそも神様によると、名前は何のためにある?他の奴と区別するためだ。だけど俺は唯一絶対の存在だから他と区別する必要はないから名前など必要ないのだ、と実に面倒くさいことを言い出します。しかしモーゼは「それじゃ、お祈りするときに困りますし、仲間内であなたのことを話すときにどういえばいいか困ります」とクレームをつけたので、神様は「じゃあ、神様って呼ぶのは許す」といったのです。
話は横道に逸れますが、旧約聖書ではかように神様と人間が交渉する場面がちょいちょいあります。それで、モーゼと神様はお互いに交渉して「契約」を結ぶのです。旧約とか新約なんていうのの「約」とは契約の「約」なのです。さすがは契約社会の人たちですよね。

>同じ神様なのになぜ違う宗教になってしまっているのでしょうか?

旧約聖書の成立で、いわゆるユダヤ教ができます。これがイスラエルを中心に広まります。古代イスラエル王国などが繁栄するのですが、まあ色々と内紛が起きたりしてやがてイスラエルの地はローマ帝国の属州となります。しかしユダヤ人つーのは非常に排他的なところがある人たちでございまして(彼らが世界的に嫌われる一因です)、自分たちの国に異教徒がデカい顔をしてウロつくのが腹が立ってしょうがない。
そこに現れたのが、イエスです。イエスは、ユダヤ教のラビ(教師)だったんですね。イエスは預言者として画期的なことを言い出しました。それは「愛」です。

大事なことを書き忘れていました。よく「預言者」といいますが、これは「予言者」とは違います。旧約聖書では神様のお言葉を伝える、いってみればコンダクターがいたわけです。この人たちは神様から言葉を【預】かるので「預言」という言葉をあてます。

それまで、ユダヤ教の予言者はみな「お前ら、堕落しやがって。神様は怒ってらっしゃるぞ!」といってきました。有名なのが死海の底にかつてあったという伝説のソドムとゴモラという町で、あまりに悪徳と欲望と堕落がひどいので、神様は火の玉を落としまくって壊滅させたと旧約聖書にあります。「お前たちもこのままでは神様のお怒りをかい、ソドムとゴモラの二の舞だ!」と預言者は警告してきました。

そんな中、イエスは「神様は、お前たちを愛しているんだ。誰でも天国に行ける」と言い出しました。これはもう大変に革命的かつ非常識極まりない発言でした。だって、娼婦も泥棒も天国に行けると言い出したんだもの。まっ正直に生きている人からすれば天国で犯罪人と一緒になるだなんて受け入れられるわけがないでしょう?
だけど、貧しい人、差別される人たちからすると自分たちは行けないといわれていた天国にイエスが「君らも行けるよ。行いを悔い改めればね」といったので、たちまちのうちにイエスブームが起こります。
しかし、イエスは結局十字架にかけられました。その理由は話すと長いのですが、要はユダヤ人の独立運動指導者になることを期待されていたのにイエスは「右の頬を打たれたら左の頬を差し出せ」などといって大衆の期待を裏切ったからです。

イエスはあくまでユダヤ教の指導者として十字架にかけられたのですが、パウロという人が「イエスは救世主だったんだー!」と言い出してキリスト教が成立します。ちなみにこのパウロさん、イエスの弟子の一人に数えられますが、イエスと会ったことがありません。イエスの死後に弟子になった人です。死後で弟子ってどういうことやねんと思うかもしれないけど、長くなっちゃうから割愛。
このパウロさんによって、「ユダヤ教イエス派」というべき集団が「キリスト教」という独立した宗教になっていきます。

それからずっと後の6世紀くらいに、メッカの洞窟で瞑想していたマホメット(ムハンマド)に大天使ガブリエルが現れて「お前は預言者だよ。これから神様のメッセージを伝えるね」といいます。これによってイスラム教が始まります。
マホメットはイエスも含めた他の預言者たち、いやブッダなども含めた宗教家としてかなり独特な一面を持ちます。それは「政治家であり、軍隊の司令官でもあった」ってことです。んー、かなり俗っぽいぞ。軍隊を率いて敵を打ち破ったりもしているので、汝の敵を愛せよといったイエスや殺生を禁じたブッダとはかなり違います。
しかしその辺りがかえって中東近辺の人たちの心をつかみます。まあこのへんは民族性の違いというしかないです。イスラム教の経典コーランにはイエスを始め他の預言者たちも預言者の一員とはしていますが、いうまでもなくマホメットが「一番最高の預言者である」としています。

>人間と同じような形をした神様の顔の絵を見たことがないのですが、どのような顔しているのでしょうか?

神様は「私は偉大すぎる存在だから畏れ多いから形にして拝んじゃダメ」とおっしゃっているので、顔を描くのは禁止です。ただ旧約聖書によると「私が7日かけて世界を作ったときにお前ら(人間)は自分の姿に似せて作ったからよ」といっているので、どうも人間に似ているらしいってことになっています。
仏像とかああいう像にして拝むのを「偶像崇拝」といいまして、実は仏教もユダヤ教もキリスト教もイスラム教も「偶像崇拝禁止」といっています。なんで禁止するのかというと、「これは神様のありがたーい像だ。拝むなら、金払え。あとお土産物屋でレプリカを売ってるぞ」という輩が現れるからです。だけど人間つうのは、形にして拝みたい生き物なんですな。このへんの葛藤は現代にも続いています。
だけど、ユダヤ教は偶像崇拝をはっきり禁止。キリスト教もプロテスタントは原点回帰ということで十字架だけを印にしていて、イスラム教はマホメットの姿を描くことも厳しく禁じています。時々欧米人がマホメットをマンガで描いたりしてイスラム教徒からものすごい反発を受けたりしています。

キリスト教も初期は「顔を描くのは畏れ多い」と記号などで表現しましたが、いつからかあの長髪で面長で髭をはやしていて、というステロタイプが出来上がりました。つい50年くらい前までは映画でも俳優がイエスを演じるのは畏れ多いということで、影で表現されたり姿は見せなかったりしたのです。

というわけで、ずいぶんと長文の回答になったけど、旧約聖書と新約聖書とコーランをぜんぶ説明したのでこれでもずいぶんコンパクトな方です。

>キリスト教とユダヤ教では神様は一人で同じ神様と聞きました

ユダヤ教の「ヤハウェ」、キリスト教の「ゴッド」、イスラム教の「アッラー」はみな日本語訳すれば「神様」となり、同じ方を指しています。これは、これらの宗教が一神教だからです。
一神教とは、この世の中に神様はただお一人だと考える宗教です。その神様は唯一絶対の存在ですので、他のお方を神様呼ばわりするのはすべて間違いと考えます。だから、彼らが指す神様は同じ方なのです。

んでこの唯一絶対の神様、旧約聖書によるとモーゼの前にその...続きを読む

Qギリシア神話はユダヤ教やキリスト教に当てはめられたことは有るのですか?

多民族の神々を自国の似た神々に当てはめて理解していたギリシャ・ローマ人はゾロアスター教
はアフロディーテを崇めてるとか行ってましたが(ヘロドトス)
 ユダヤ教やキリスト教に自国の神々を当てはめたことは有るのですか?

Aベストアンサー

たしかに古代ギリシア人は、インドのシヴァ神を「ディオニュソス」と呼んだり、エジプトのセトを「テュポン」と呼んだりしていますね。ヤハウェについても同じことが起こったとしてもおかしくはありません。

ただこういう問題は、日本の本やサイトでは、あまりとり上げられていないようです。洋書には、それらしい話がいくつか出てきました。

「ゼウスがヤハウェと同一視されていたことを示す多くの実例がある。」
(D. M. Murdockほか "Did Moses Exist?" 432ページ)
https://books.google.co.jp/books?id=8ZWPAwAAQBAJ&pg=PA432&dq=%22There+are+many+instances+in+which+Zeus+is+identified+with+Yahweh%22&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjVp8qqq6HMAhWEKpQKHc0mDr4Q6AEIHDAA#v=onepage&q=%22There%20are%20many%20instances%20in%20which%20Zeus%20is%20identified%20with%20Yahweh%22&f=false
「したがって、非ユダヤ教徒たちがヤハウェをしばしばディオニュソスと同一視したのは、驚くほどのことではない。」
(Barbara Ehrenreich "Dancing in the Streets" 61ページ)
https://books.google.co.jp/books?id=rqoUa90ut8IC&pg=PT74&dq=%22Accordingly,+it+is+not+surprising+that+Yahweh+was+often+identified+by+gentiles+with+Dionysus%22&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjIo_PSq6HMAhWKHpQKHY-pCQYQ6AEIGzAA#v=onepage&q=%22Accordingly%2C%20it%20is%20not%20surprising%20that%20Yahweh%20was%20often%20identified%20by%20gentiles%20with%20Dionysus%22&f=false
「モートン・スミスによれば、マカバイ戦争以前、ヤハウェはイェルサレムで、ゼウスやディオニュシオスと同一視された。」
(Mark S. Smith "God in Translation" 284ページ)
https://books.google.co.jp/books?id=yvWlC0kUlkYC&pg=PA284&dq=%22before+the+Maccabean+revolt+Yahweh+was+identified+in+Jerusalem+with+Zeus+and+Dionysius%22&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjJl7K7raHMAhVEEpQKHXAmDBkQ6AEIHjAA#v=onepage&q=%22before%20the%20Maccabean%20revolt%20Yahweh%20was%20identified%20in%20Jerusalem%20with%20Zeus%20and%20Dionysius%22&f=false

これらが正しいとすれば、ヤハウェは主にゼウスやディオニュソスと混同されていたようですね。実際似たところがありますし、起源は同じなのかもしれません。

たしかに古代ギリシア人は、インドのシヴァ神を「ディオニュソス」と呼んだり、エジプトのセトを「テュポン」と呼んだりしていますね。ヤハウェについても同じことが起こったとしてもおかしくはありません。

ただこういう問題は、日本の本やサイトでは、あまりとり上げられていないようです。洋書には、それらしい話がいくつか出てきました。

「ゼウスがヤハウェと同一視されていたことを示す多くの実例がある。」
(D. M. Murdockほか "Did Moses Exist?" 432ページ)
https://books.google.co.jp/books?id=8ZW...続きを読む

Qキリスト教はなぜ宗派が多いんですか?

キリスト教、特にイギリスでは宗派がなぜたくさんできたんですか?

その理由と、経緯をできるだけ詳しく教えてください!

Aベストアンサー

多いのはプロテスタントですね。
その数、数千とも言われ、いくつあるのか
専門家でも判らないと言われています。

その原因。

1,プロテスタントは、カトリックに対する
 反発、抵抗として産まれたものである、ということが
 挙げられると思います。

 反発、抵抗の仕方は色々あるわけで、だから宗派も色々
 できました。


2,カトリックのような総本山が無いので、
 教義の解釈がばらばらになり、必然的に
 流派が多くなる。


3,理論的には、プロテスタントは教会を通さず
 直接神と対峙します。
 だからプロテスタントは牧師であり、
 カトリックは神父なのです。

 教会を通さないで、個人で対峙しますから、
 どうしても宗派が増えるわけです。


英国に多いのは、英国がプロテスタント国家だからだ
と思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報