ミャンマーが舞台になっている小説を探しています。
ほんの少しの場面にでてくるだけでもかまいません。
ジャンルは問いませんので、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

中上健次の娘の中上紀という人が書いた


「イラワジの赤い花」などいかがでしょう。
たしか、何かの賞もとっていたはずです。

小説ではありませんが、
野口栄一郎「ヤンゴン日記」、管洋志「ミャンマー黄金」なども個人的にいいと思いますが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速今日、図書館へ行きましたが「イラワジ…」の本はありませんでした。が、中上紀の「彼女のプレンカ」という本が、すばる文学賞作品だとあったので、せっかくだからと思い、借りてみました。すると、その中に掲載されていた「八月のベーダ」がまさにイラワジ川の赤い花の話でした! タイトルが変わってしまったようですね。なかなか面白かったです。紹介していただき、ありがとうございました。他にも思い出したら、またお願いします。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

この件に関しては、shoyosiさんに任せます。


ダイレクトに探すならウー・ペー・マウンティン『ビルマ文学史』(井村文化事業社)、大家の作品であればジョージ・オーウェル『ビルマの日々』(出版者多数)などがあります。
図書館に行く際、番号の分類では、「929.353」の棚を探してみてください。『ビルマ女性作家選』など、ミャンマー関連の作品が結構あります。
小説に逐一当っているひまもないので、こんな回答になってしまいました。お力になれなくて、申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ミャンマー(ビルマ)関連の本にこんなに詳しい人がいたなんて!と、そのことにとても感動しています。紹介していただいた本を読んでみたいと思います。すばやい回答を2度も、本当にありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

 #1は有名ですが、他にもあります。

下のURLにも2,3冊あります。検索で、ビルマとか小説を入れれば、単独でたくさんつかります。

参考URL:http://www.mekong.ne.jp/books/fiction/backnumber …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速URLに飛んでみました。すばらしいサイトですね。ミャンマーに限らず、メコンの国の情報が盛りだくさんで。ものすごく参考になりそうです。どうもありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

ミャンマーって「ビルマ」でもよいのでしょうか。


でしたら、竹山道雄『ビルマの竪琴』がすぐに思いつきますが。
軍事政権以後のミャンマーに限定されるのか、それ以前の「ビルマ」でもいいのか、お知らせ下さい。

この回答への補足

回答ありがとうございます。説明不足ですみませんでした。ミャンマーの国にとても興味を持っていて、それが小説で読めたらいいなと思っているので、ビルマ時代の話でもかまいません。なにか、ご存知でしょうか。

補足日時:2000/11/29 18:59
    • good
    • 0

「ビルマの竪琴(竹山道雄)」ではダメですか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

映画化された為、本の存在を知っていましたので、既にこれは読んでしまいました。すばやい回答が、とっても嬉しかったです。本当に本当にありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東南アジアを舞台とした小説や旅行記

自分は 過去に タイ・インド・ネパール・フィリピン・シンガポール・マレーシア・韓国・台湾
などを旅行してきました。

自分の行った国の本などを読むと、旅行した時のことを思い出して、興味深く読んでしまいます。

そこで、東南アジアを舞台にした、小説やエッセイなんでもよいのですが、
教えていただけないでしょうか。

偶然、そのような本を見つけたりすると うれしいものなのですが・・・なかなか巡り合えません。
ぐうたらなだけですが。

メジャー・マイナー 問いません。

面白かった・つまらなかった も問いません。

お願いします。

ちなみに 私は 「深夜特急」「沈没ホテルとカオスすぎる仲間たち」などを読みました。

Aベストアンサー

 こんにちは。私も質問者さんと同じように何カ国か東南アジアを旅行した経験があります。やはり後から読むと風景や匂いまでよみがえってきて、読書が楽しかった経験があります。以下私が読んだ本で面白かった物を挙げてみました。

●北杜夫「どくとるマンボウ航海記」
 昨年お亡くなりになった作家北杜夫さんのベストセラー旅行記エッセイ。全てが東南アジアではありませんが、シンガポールやスリランカなどを、北さんのユーモアあふれる文章で綴っています。私が海外旅行に必ず持って行く鉄板本です。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101095017/subno/1
●宮本輝「愉楽の園」
 タイが舞台の小説です。タイの大金持ちの男性の愛人になっている、日本人女性がふとしたことから日本人男性に出会ってというストーリー。なんというか濃い目のランやマンゴーといった、ねっとりした熱帯の雰囲気が感じられる話です。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101040784/subno/1
●蔵前仁一「旅で眠りたい」ほか
 個人旅行者のための雑誌「旅行人」を主催されている蔵前仁一さんのエッセイです。蔵前さんのエッセイはどれもこれも、力が抜けているというか、「大変な旅」でも「自分探しの旅」でも「我々が失った何か」などを見つけたりしません。あと安宿自慢もなしです。自然体で面白くサラサラと読めます。どれも面白いですが、「旅で眠りたい」は東京から徐々に車で南下してトルコまで行ってしまうところが面白いです。絶版のものもありますので、図書館などでもお探し下さい。
http://www.7netshopping.jp/books/search_result/?ctgySelect=books&kword_in=%E8%94%B5%E5%89%8D%E4%BB%81%E4%B8%80&fromKeywordSearch=true&oop=on&sort=0&prvlg=off&keywordInc=&componentID=&category1=&category2=&narrowing=all&occupation=all&ctgy=books
●宮田珠己「旅の理不尽」
 他の回答者様が宮田珠己さんを紹介していますが、私もあえて別の本で紹介します。宮田さんは旅行人でデビューしたので、力の抜けた感が蔵前さんと同じ好感が持てるのですが、蔵前さんよりパワーアップした脱力感がすごいです。絶対人がたくさんいる所で読めません。インドで宝石商人に騙されたり、ベトナムで謎の小包に困惑したり、爆笑必須の旅行記です。最近は日本国内の旅行記が主になっていますが、それでも四国八十八箇所を回ったり、迷路のような温泉旅館を堪能したりゆるさ爆発中です。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102902779/subno/1
●岡崎大五「アジア飯店」
 アジアの食に関する思い出をまとめたエッセイです。作者はアジアを旅した後に添乗員となり、最近は小説でも活躍されています。ベトナムのゆで卵の話では、自分もフィリピンに行った時に同じような卵があったな~と懐かしくなったり、ギトギトの油麺が食べたくなったりします。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101617176/subno/1
●グレゴリ青山「旅のうねうね」他
 コミックエッセイのわりと老舗的な方です。「旅のぐ」も面白かったですが、最新刊は伊勢から台湾までグレゴリさんの視点で書かれたエッセイが面白かったです。特に台湾が。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106193901/subno/1
●さいとう夫婦「バックパッカーズパラダイス」
 ご夫婦とも漫画家さんの2人が漫画を書きながら旅に出た話をまとめた本です。漫画といえども、ギッチリと描かれた内容は多分旅行ガイドとしてもためになる本です。
http://www.7netshopping.jp/books/search_result/?ctgySelect=books&kword_in=%E3%81%95%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%86%E5%A4%AB%E5%A9%A6&fromKeywordSearch=true&oop=on&sort=0&prvlg=off&keywordInc=&componentID=&category1=&category2=&narrowing=all&occupation=all&ctgy=books
 
 一部絶版なものもありますが、古書店や図書館などにあるかと思いますので、良かったら読んでみてください。

 こんにちは。私も質問者さんと同じように何カ国か東南アジアを旅行した経験があります。やはり後から読むと風景や匂いまでよみがえってきて、読書が楽しかった経験があります。以下私が読んだ本で面白かった物を挙げてみました。

●北杜夫「どくとるマンボウ航海記」
 昨年お亡くなりになった作家北杜夫さんのベストセラー旅行記エッセイ。全てが東南アジアではありませんが、シンガポールやスリランカなどを、北さんのユーモアあふれる文章で綴っています。私が海外旅行に必ず持って行く鉄板本です。
http://w...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報