佐々木潤子「銀河」
ライバル女性選手は、練習のし過ぎでリンク上で後頭部打って死んだんですか?お兄さんが女装してまで、主人公に近付いて来た理由は?

池野恋「ときめき全般」
りぼんは池野恋と本田恵子で華やかな新時代に突入しましたが・・・池野はなぜ、ときめきしか描けなくなったんですか?

小花美穂って、池野恋みたいな大物作家だったんですか?
水沢めぐみのみ、今でも学生誌で生き残った理由は?

どなたか解説願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

推測ですが。



>池野はなぜ、ときめきしか描けなくなったんですか?

読者の期待に沿うとしたらそれしか描けなくなったのではないかと思ってます。
他のものを描いても池野ファン=ときめきファンなので、ウケないのでは?

第一部途中からもう、毎月必ず一回真壁くんと蘭世のラブシーンがお決まりになってましたし・・・。
(読者サービスでしょうねぇ)
第二部に入ってからも、単行本の柱に(なるみちゃんが主人公になった事について)『ランゼファンの強い反発がある』とか書いてらしたように思います。
そしてランゼを主人公から降ろした事も『別にランゼが嫌いになった訳でもない、俊との絆も揺るぎないものになり、終わったと感じたからなんです』っていう主旨の説明をされてましたし。
そういう説明がついたという事は読者から、第一部と類似型でのときめき続行を望む声が大きかったんでしょう。
第一部ももう、最後の方はストーリー的に同じパターン繰り返してましたしね。
やめさせてもらえないんだろうなと思って見てました。

私は第二部までしか知りませんが・・・いくら魔界人が年とらないって言ったって、限界が来るんじゃないのかと思ってました。
個人的には第一部の面白い所で潔く終わって欲しかったです。7巻くらいがヤマだったかなーと。そのあと延ばしてもカルロさんが亡くなった辺りで後日談付けて終わりにして欲しかったです。
そのくらいで終わってた方が、他の作品も描けたんじゃないかと・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

PC不具合でレスが遅くなりすみません!!

レスは先に拝見していたんですが、もう大感激していました!!
部数が2000万乙女のバイブルに達した直接の作家なので、やはり各種踏まえた上で執筆なさってたんですね・・・集英社怖い。
先生の読み切りが大好きだったので、めちゃんこ教室の続編、楽しみにしてたんですが、永遠に無理みたいですね・・・無念です。

詳細レス、本当にありがとうございました!!!

お礼日時:2005/06/30 01:53

 佐々木潤子さんの「銀河」、昔、雑誌からその話を切り取って、手元にありまして、先ほど読み返してみたのですが、ライバル女性選手はアメリカ留学中に、アキレス腱を切って、滑れなくなって無茶をして、ということまでは描いてありました。

その後のページ、2ページほど何故か抜けていましてよく分からないのですが、確か、練習中か大会かで無茶して、転倒して頭打って亡くなった様な覚えがあります。
 
 お兄さんが女装してまで主人公に近づいて来たのは、シンググル1位でうぬぼれてやる気がなくて手を抜いてる主人公に、やる気を起こさせるためだったようです。かつて主人公がどうしても勝てなかった選手がそのお兄さんの妹なんですね。加えて、日本はペアでいい選手が育たず、スケート協会が、お兄さんと主人公を組ませるために、仕組んだことのようです。

 なんか分かりづらい説明ですみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごい!! 保存状態が心配ですが・・感嘆!!

佐々木さんも意外と、大物作家扱いですね、現在・・・汗
そういえば、最強ペア作りでしたね、思い出しました!!

レス、ありがとうございます!!

お礼日時:2005/07/04 22:39

私もりぼんっ子だったので回答させて下さい^^



【池野恋さん】第2部をリアルタイムで読んでました。
人気があると、辞めさせて貰えなかったのですかね‥。
最近は“作家の未来のために”と連載を終了させてくれるみたいですが。

【小花美穂さん】「こどものおもちゃ」は当時大人気でしたよー。
毎号、いい紙(他のよりちょっと白めで読みやすい)に印刷されてた記憶があります。
池野さんや吉住渉さんほどではないにしろ、大物作家だったと思います。

【水沢めぐみさん】やっぱり、20代のまんが愛読者から需要があるんでしょうね。
表紙に「水沢めぐみ」とか書いてあったら正直惹かれます。

すみません。
解説というか素人の雑談になってしまいました(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は2部ですぐ、週マにうつってしまったんですが、池野さんだけなんで、お姉さん雑誌に進化していかなかったんか、不思議でした。本田さんや小椋さん、陸奥さん、矢沢さんは現在も、バリバリですし、描きたい事で溢れてる感じで・・・でもそういえば太刀かげさんも、潰されて?リタイアした感じですね・・・汗

私は水沢さんが残る人だとは思わなかったんで、意外でした・・・汗 集英社版・真柴ひろみみたいな作家さんですね。。

小花さん、吉住さんって、あんまり知らないけど、大作家なんですね・・・浦島状態です。

レス、今日知りました。ありがとうございました!!

お礼日時:2005/07/04 22:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水沢めぐみさんの漫画で・・・。

水沢めぐみさんという少女漫画の漫画家で
『姫ちゃんのリボン』という本って
どんな話なんですか?
本屋に立ち読みに行くとなかなか
ないんですよぉ・・。

Aベストアンサー

姫子というわりと男っぽい(?)中学生が
ある日自分とそっくりの女の子から魔法のりぼんをもらって
それで色々な事が起こって解決していく…

こんな感じです。おもしろいですよ!
あと恋愛も入ってます。

事件者とかではないです。
色々なエピソード満載です。

説明下手でごめんなさい。

Q小花美穂先生「りぼん」卒業?

 お邪魔します☆

 今日、電車内のつり広告で発見した「クッキー」の広告の脇に「ついに新連載!」みたいな見出しで、「りぼん」の小花先生の絵が紹介されていたのですが、これは矢沢先生に続く卒業して女性誌連載作家になったということですか、ついに!?

 もともと私は小花先生の作品ってどこか少女漫画(年齢層低めの「りぼん」)向きってカンジがしてなくてそこが好きだったのですが、最近作品を読んでなかったので、すっかりご無沙汰でビックリしました!

 何か知っていることがありましたら(漠然だな・・・)お話お聞かせ下さい。小花先生は「りぼん」での連載をやめて「クッキー」進出ということですか??
 まあ、私はどちらも読んでないのですが(大汗)過去の一ファンとして・・・。

Aベストアンサー

こんにちは。
「クッキー」は以前、少し立ち読みしたことがあるのですが、読者年齢層は中高生くらいかな~と思いました。
たぶん小花先生の書きたい内容が「りぼん」ではなく、「クッキー」の方が適しているので、
そちらの連載に変えたのだと思います。
りぼんは、年齢層低めの雑誌なので、いろいろと制約があるみたいです。

なお、以下の参考URLで詳しい記事が読めるので、
宜しかったら御覧ください。

「小花美穂先生フリーに」
http://www2.plala.or.jp/eiko/ribon/talk/log3.html

参考URL:http://www2.plala.or.jp/eiko/ribon/talk/log3.html

Q水沢めぐみ先生

最近、水沢めぐみさんは描いておられますか?
単行本など新刊が出ないので、
お休みされているのかと心配しています。
りぼんなどには描かれているのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Cookieという雑誌で「キラキラ100%」というマンガを連載されているようですね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%B2%A2%E3%82%81%E3%81%90%E3%81%BF

Q小花美穂先生のだんなさんって誰?

「りぼん」などで活躍中の漫画家、小花美穂先生のだんなさんってどんな方なのでしょうか?

ご存知の方回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ミュージシャンの武藤星児さんですよ。

『こどものおもちゃ』(小花美穂先生著作)がアニメ化した時の音楽担当さんです。
他にもアニメの『フルーツバスケット』等の音楽も担当していたみたいです。
ちなみに『こどものおもちゃ』のコミックス10巻に、旦那様(当時はまだ友人だった)がコメントを寄せてらっしゃいますよ。

Q離婚とは、一方が離婚の意志があっても相手が離婚に応じなければ離婚できませんか?裁判しても離婚できませ

離婚とは、一方が離婚の意志があっても相手が離婚に応じなければ離婚できませんか?裁判しても離婚できませんか?

Aベストアンサー

●離婚とは、一方が離婚の意志があっても相手が離婚に応じなければ離婚できませんか?裁判しても離婚できませんか?

 ↑ 離婚は、一方が離婚の意思があると必ず離婚に行き着きます。どういう段階で離婚に行き着くかは、夫婦双方の考え次第です。片方が離婚したいと言い出して、他方がそれなら、という感じで応じれば簡単に離婚は可能です。これは、協議離婚になります。

離婚の話がうまく進まない場合は、結婚生活の清算とか離婚後の生活とか社会的な問題を考慮して片方が離婚に応じない場合とか、離婚を引き延ばす場合があります。気持ちの問題だけでいうなら、片方が離婚を決めたなら夫婦としての共同生活は成り立ちませんので、すぐに離婚はOKになるでしょう。離婚そのものよりも離婚条件で揉める場合がほとんどです。

離婚話が裁判にまで進んだ場合、判決で離婚になるのは非常に少ないです。ほとんど和解になります。離婚問題が裁判にまで進むケースは離婚問題全体の1%だといわれています。その中で、判決離婚となるともっともっと少ないです。ほとんどが和解案を裁判所から提案されますので、その和解案に合意して離婚に至ります。

最初に申し上げましたが、夫婦の一方が離婚したい、と思ったなら離婚せざるを得ないのです。気持ちが離れた夫婦は夫婦の体を為していませんので・・・。離婚しませんというのは、離婚の条件が整わないだけです。離婚自体は夫婦双方が合意できていても条件が整わない場合、調停で話し合うようになります。

調停でも離婚条件が整わない場合は、親権及び慰謝料以外の離婚条件(財産分与とか養育費等々)で話し合いが進まない場合、調停から審判に移行して審判で判決を受けることになります。審判の判決でも不服がある場合は高等裁判所に申し立てるようになります。実際は審判でほとんど決まります。

離婚と親権はセットになっています。子どもの親権者を決めなければ離婚は成立しません。従いまして、離婚は合意、しかし親権を夫婦双方が譲らない場合は、調停から審判に移行せずに、家庭裁判所で親権を含む離婚条件など離婚に関する全てを決めることになります。

●離婚とは、一方が離婚の意志があっても相手が離婚に応じなければ離婚できませんか?裁判しても離婚できませんか?

 ↑ 離婚は、一方が離婚の意思があると必ず離婚に行き着きます。どういう段階で離婚に行き着くかは、夫婦双方の考え次第です。片方が離婚したいと言い出して、他方がそれなら、という感じで応じれば簡単に離婚は可能です。これは、協議離婚になります。

離婚の話がうまく進まない場合は、結婚生活の清算とか離婚後の生活とか社会的な問題を考慮して片方が離婚に応じない場合とか、離婚を引き延ば...続きを読む

Q竹宮恵子さんの漫画でオススメ教えて下さい

先ほどTV番組『世界バリバリバリュー』を見て、漫画家:竹宮恵子さんの事を知りました。

昔っぽい漫画の絵ですが、繊細で綺麗だなと思い、是非漫画を読んでみたいと思い、質問させていただきました。

漫画は大好きで1000冊程所持しているのですが、4年程前から漫画を読むようになったので、昔の漫画には少し抵抗がありますし、殆ど知りません。
(「ベルサイユのばら」は借りて読んだことがあるのですが、面白いと感じれませんでした・・・「ときめきトゥナイト」は面白かったです!!)

ですので、1990年代以前の漫画は殆ど読んだことがありません。(というか避けます。)

そんな私でも面白いと感じるだろうと思われる『竹宮恵子』の作品を教えていただければと思います。
どんな作品をどれだけ出しているのか、全く知りませんので、内容といつ頃発売されたのか、新装版はあるか、等を教えていただければ有難いです。

ジャンルは問いませんが、恋愛ものは好みます♪

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

NO.1の方も紹介されている通り、現在アニメ化されて放送中の「地球(テラ)へ…」が一番手に入りやすいのではないかと思います。
アニメ化に伴い新装版が出版されたりしているようですので、書店に行けば簡単に手に入るのではないかと。
恋愛色はないですが、小難しいSFと言うわけでもなくスペースオペラで全三巻ですし、読みやすいと思いますよ。

後やはり有名なものは「風と木の詩」なのですが、これは少し読者を選ぶと思います。
少年同士の恋だとか、今で言ういわゆるボーイズラブの先駆のような物語ですので……。
ただとても骨太で、なかなか奥が深くて面白い話です。
十九世紀のフランス、寄宿舎で暮らす少年たちから物語は始まりますが、様々な登場人物の思惑がからみあって進んでいきます。
私はマンガ文庫で出ている十巻のものを読みましたが、色々バージョンがあるようです。

あとは竹宮恵子ではないのですが、花の24年組と呼ばれる少女漫画家たちのマンガは面白いですよ。竹宮恵子もその一人です。
私は萩尾望都という漫画家が好きです。初期の雰囲気は竹宮恵子と似ていると思いますし。「ポーの一族」というマンガが一番有名でしょうか。私は彼女の描くSFが特に好きですが。
こちらも興味がありましたら是非。

NO.1の方も紹介されている通り、現在アニメ化されて放送中の「地球(テラ)へ…」が一番手に入りやすいのではないかと思います。
アニメ化に伴い新装版が出版されたりしているようですので、書店に行けば簡単に手に入るのではないかと。
恋愛色はないですが、小難しいSFと言うわけでもなくスペースオペラで全三巻ですし、読みやすいと思いますよ。

後やはり有名なものは「風と木の詩」なのですが、これは少し読者を選ぶと思います。
少年同士の恋だとか、今で言ういわゆるボーイズラブの先駆のような物語です...続きを読む

Q協議離婚と和解離婚

離婚裁判にて裁判官より和解案にて協議離婚の条項を勧められました。

和解離婚と協議離婚の差(離婚裁判終了以降の離婚届け記載)

戸籍上、今後将来的なデメリット・メリットなど
ご教授願いましでしょうか。

和解離婚では、和解調書の謄本と離婚届けの提出がなされ受理後、
戸籍に和解内容が記載されるので、再婚話などにデメリットが
生じるということかな?と思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 協議離婚は、いくら当事者が離婚に合意しても、役所に協議離婚の届出をしなければ離婚は成立しません。一方、和解離婚は「本日、原告と被告は離婚する。」旨の条項が和解調書に記載されることにより離婚が成立します。和解離婚でも役所に届出はしますが、その届出によって離婚が成立するのではなく、あくまで既に成立した和解離婚という事実を報告するためのものにすぎません。
 戸籍簿に和解内容(例えば、慰謝料をいくら払うなどの条項)は記載されませんが、「和解離婚」という記載はされます。ただでさえ「離婚」したということを体裁が悪いと感じるのに、戸籍簿に「裁判離婚」とか「和解離婚」とか記載されてしまうと、誰かに戸籍謄本を見られた場合、裁判になるくらいトラブルになったんだなと邪推されてしまうことを怖れる人は、世の中にはいるようです。本音で言えば、「離婚」の事実すら隠したいところであるが、せめて「協議離婚」という形にしたいと思う人もいます。表面的には、円満離婚のようにみえるからです。
 そのため、「原告と被告は離婚の届出(協議離婚)をする。」という裁判上の和解をする当事者も少なくはありません。しかし、和解離婚ではありませんので、いくら和解調書を役所にもって行っても離婚したことにはなりません。ですから、和解期日の場で、相手方に協議離婚の届出書に署名押印(当然、証人二人の署名押印もしておく。)をしてもらい、すぐさま、役所に届出ができるようにしておきます。また届出をしても、協議離婚の不受理届が出されていると協議離婚はできないので、事前に協議離婚の不受理届が出ていないか確認をし、出ているとすれば撤回の届出も協議離婚の届出と一緒にできるように準備するのが鉄則です。

 協議離婚は、いくら当事者が離婚に合意しても、役所に協議離婚の届出をしなければ離婚は成立しません。一方、和解離婚は「本日、原告と被告は離婚する。」旨の条項が和解調書に記載されることにより離婚が成立します。和解離婚でも役所に届出はしますが、その届出によって離婚が成立するのではなく、あくまで既に成立した和解離婚という事実を報告するためのものにすぎません。
 戸籍簿に和解内容(例えば、慰謝料をいくら払うなどの条項)は記載されませんが、「和解離婚」という記載はされます。ただでさえ「離...続きを読む

Q小花美穂さんの「POCHI」

こんにちは。
「POCHI」はコミックス化されていますが、「水の館」に収録されているものでも同じ題名のものがありますよね。(読んだことはないのですが)
これはどういうことなのでしょうか?
「POCHI」を読むにあたって「水の館」のPOCHIも読んでおいた方がいいですか?
教えてください。

Aベストアンサー

りぼん03年5月号~9月号で連載されていた「POCHI(MIKE編)」とりぼん99年7月号に掲載された読み切りの「POCHI」の2作品でコミックス「POCHI」になっているようです。
なので「水の館」の「POCHI」は読み切りの方の「POCHI」と同じなので、読まなくても大丈夫だと……。

この方の作品は心があったかくなるものが多いですよね。

Q勢いで離婚届にサインをしてしまいました。

一方的に離婚を迫られ、喧嘩の末勢いで離婚届にサインをしてしまいました。
しかし、やはりこんな離婚は納得できないと、私は離婚届の不受理申し立てをし、離婚届も私が持っています。
しかし、相手は家を出て行くにあたり一刻もはやく離婚したいと主張し、離婚に応じなければ裁判を起こすといっています。
相手から告げられた私への離婚の動機は、私とただ一緒にいたくないという理由でした。
裁判になってしまったとき、今の私には離婚の意思がありませんが、一度離婚届にサインをしてしまったという行為は、こちらにも離婚の意思があるとみなされてしまうのでしょうか?
あと、このサインしてしまった離婚届どうしたらいいでしょうか?
今、私には離婚する意思が全くありません。
ご助力、お願いいたします。

Aベストアンサー

質問者様に離婚をする意思がなく、離婚届が手元にあるのなら、役所へ提出せず、保管しておけば良いと思います、破棄しても良いのですが、奥様の怒りをかうことが気になります。
夫婦両者のサインがあり、これを提出してしまったら、役所は、すんなり受理→離婚成立(協議離婚として処理) となりますが、その後に離婚の不受理届けを提出されたのでしたら、不受理届けを取り下げない限り(前は半年の効力が現在は提出者が取り下げるまでとなりました)、離婚届けの効力は無くなります。

奥様の方は、裁判を起こすとおっしゃていますが、質問者様に離婚原因がないのでしたら、拒否の意思表示をすれば良いのです。
奥様は裁判又は調停離婚という方法でもっていく考えなのでしょうか。
お互いが意見が合わず、平行線の場合で、何回やっても一緒の場合は、裁判又は調停不成立か最終審判になります。

逆に質問者様から円満調停を申し立てるかですね。
調停は基本、夫婦間双方の意見を調整することで、法律がどーの、こーのではなく、仲介してくれる程度なので、質問者様は出来る限り誠意をみせることですね、感情的になると調停員に悪いイメージを抱かせてしまうので、特に注意して下さい。

過去から奥様が抱いていたことなら、長期戦が予想されますが、一時的な感情に走ったのであれば、質問者様が納得されないかも分かりませんが、改めるところを改め、離婚の意思は無いと根気強く説得することですね、
いずれにせよ、即、離婚ではなく、別居状態で頭を冷やす期間も必要なのかも知れませんね。
別居は婚姻関係が続きますので、生活費をしっかり入れて誠意を見せることです。
好転する可能性や人の気持ちというのは、どのようになるかは、他人の私では解かりかねますが、ご参考になればと投稿致しました。

質問者様に離婚をする意思がなく、離婚届が手元にあるのなら、役所へ提出せず、保管しておけば良いと思います、破棄しても良いのですが、奥様の怒りをかうことが気になります。
夫婦両者のサインがあり、これを提出してしまったら、役所は、すんなり受理→離婚成立(協議離婚として処理) となりますが、その後に離婚の不受理届けを提出されたのでしたら、不受理届けを取り下げない限り(前は半年の効力が現在は提出者が取り下げるまでとなりました)、離婚届けの効力は無くなります。

奥様の方は、裁判を起こすとおっ...続きを読む

Q「りぼん」「なかよし」に載っていた作品、作者を教えてください

最近、自分が昔よく読んでいて面白かったものを読みたいなと思っているのですが、ぼやっとは覚えている程度で、作者の名前が出てこなかったり、タイトルが出てこなかったりで、皆さんに教えていただけたらと思いました。
りぼん、なかよし、に載っていたもので、皆さんの好きな作品、作者を教えていただけますか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

りぼん限定で。
その昔、姉の読んでいたりぼんを暇に任せて読み初め、そのうち自分でコミックスを揃えて読んでました(苦笑。
さすがに最近の作品には疎いですが。


大昔の話になりますが、千明初美さんという作家がいらっしゃいました。
非常に独特の感性を持つかたで、その作品は必ずしも全てが傑作ではないのですが、個人的に非常に惹かれるものがあり未だに覚えています。
以前に古本屋で傑作集3冊の揃いを見つけて、宝物のようにしています。

 『蕗子の春』
 『いちじくの恋』
 『バイエルの調べ』

ちなみに、千明初美さんの「先生と2年E組」にインスパイアされた、つうか、はっきり言ってぱくってできた作品が大島弓子さんの「あまのかぐやま」だったりします(笑。

まぁ、「千明初美を大島弓子が料理するとこうなるのか!」と感心しましたけれども。


時代が下って、

一条ゆかりさん、清原なつのさん、池野恋さん、あたりはメジャーすぎてコメントすることなし。
谷川史子さん、この方も独特の感性が魅力でした。
柊あおいさん、これはもう、いかにも「りぼん」の大作家。
「星の瞳のシルエット」大好きでした。
彩花みんさん、「赤ずきんちゃちゃ」で一世を風靡。
同様に矢沢あいさん、「天使なんかじゃない」。


そして、この人の名を忘れてはいけない、

岡田あーみんさん

いやぁ、大好きでした(大笑い。
「お父さんは心配性」もすごかったですが、「ルナティック雑技団」のキレっぷりは凄まじかった。
あと、長期連載の合間に描いた短編も案外いいものがありましたねぇ。

りぼん限定で。
その昔、姉の読んでいたりぼんを暇に任せて読み初め、そのうち自分でコミックスを揃えて読んでました(苦笑。
さすがに最近の作品には疎いですが。


大昔の話になりますが、千明初美さんという作家がいらっしゃいました。
非常に独特の感性を持つかたで、その作品は必ずしも全てが傑作ではないのですが、個人的に非常に惹かれるものがあり未だに覚えています。
以前に古本屋で傑作集3冊の揃いを見つけて、宝物のようにしています。

 『蕗子の春』
 『いちじくの恋』
 『バイエルの...続きを読む


人気Q&Aランキング