会社などの空調の温度設定は(家も)夏は28℃
冬は20℃を目安にと環境省などからの指導がありますが
なぜその温度なのか解りません。
何か科学的な根拠はあるのですか?
ご存じの方は教えてください。

A 回答 (1件)

地球温暖化が騒がれる以前の、室内温度の設計値は、冷房26℃暖房22℃でした。


それから、環境意識の高まりにつれて一度づつ下がってきて、今の指導値に落ち着いています。
温度設定を一度変えれば、エネルギーレベルでどの程度の節約になるのかは検証できますが、
だからといって、この値が地球環境と室内環境のベストバランスであるという確証はありません。
ただし、人が居住する際に適した温度条件というものは、学問的には研究されており、
その一端がわかるのが、病院です。
体の弱った人のいる病院、それも集中治療室のような病室は、体調を安静に保つために、
冷房、暖房ともに24℃で設定されることが多い。

空調で大事なものは、温度と湿度のバランスです。
湿度を下げることのほうが、温度のそれよりもエネルギーを消費することもあります。
湿度が低い時は加湿しますが、これもかなりのエネルギーを消費します。

まとめると、24℃ぐらいが快適であるが、
1.外気温との差がありすぎない
2.エネルギー消費量をなるべく抑える
3.加湿量を抑える
ために、上下ともにすこしづつ温度をづらして、空調しています。
本来は設計段階で、設定温度が決まるのですが、
出来上がった後から、設定温度を変えると、機器の効率が悪くなり、
かえってエネルギーロスになる場合もあるので、空調設備の設計には、先読みする力も必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
本題の様な質問に明確に回答することはなかなか難しいものですね!
特に技術系の社員は何故何故をくり返し納得のいくまでは
こちらの希望する対応をしてくれずこちらが苦慮する場合が有ります。
尤も、技術者にこの態度が欠落していたら、ろくな開発もしてくれないだろうなって考えさせられてしまいます。
何れにしましても、参考になりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/11 09:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q温度や湿度気圧などが分かる腕時計ってありますか?

凄く欲しいんです。温度計は絶対無いと嫌なんですが、湿度や気圧はできれば欲しいです。そんな腕時計ってありますか?また、あるとしたら値段的にはどのぐらいなんですか?

Aベストアンサー

カシオのプロトレックシリーズは温度計や気圧計があります。
湿度計はなかったと思います。
ただし、温度・湿度(仮にあったとした場合)は腕につけた状態では正確な測定はできません(体温や汗の影響を受ける)。

参考URL:http://www.casio.co.jp/ww/PROTREK/

Q温暖化に対する人類の活動による影響の科学的根拠

温暖化については多くの質問が作成されていますね。それらに目を通せば私の疑問に対する答えが有ると思います。しかし、あまりの情報量に圧倒されて、過去の質問に目を通すのは無理だと観念しました。
そこで、あらためて私の質問をさせていただくことをお許しください。
地球が現在温暖化の傾向に有るだろうと思われることは、さまざまな資料から納得できました。ただ温暖化の諸問題の中で、
☆人類の活動によって発生したと考えられるCO2の増加量が現在の温暖化の大きな要因である。
という考え方の科学的根拠がわかりません。根拠の有る測定結果や有効な追試が行われているのならば、それなりの資料があると思うのですが、それらの資料はどこに、どんな形で存在するのでしょうか。ご存じの方がいれば教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

ここ数十年のCO2濃度の増加曲線と、ここ数十年の気温上昇曲線が比較的よく一致して見えるので、前者が後者の原因なのだという論理です。

とはいえ、前者はハワイ島の山頂で比較的高精度で測定できるのに対し、後者は大変恣意的で、温暖化説を推進したい研究者がねつ造で作っているという噂は前からあります。原理的には、地上に温度計をおいて計測される気温上昇のほとんどはヒートアイランド現象によるもので、そこからCO2温暖化をどれだけ正確に分離できてるかなんて怪しいものです。突き詰めて考えていけば、温暖化の直接証拠といえるのはコンピュータシミュレーション結果だけです。要するに、コンピュータ上の地球でCO2濃度を上げてみたら気温もあがりましたよ、というモデル実験。地球シミュレータという神奈川にあるスパコンがそれです。何百億円も税金を食って事業仕分けでも話題になったくらいですので、世間の耳目を引くような成果を出す必要があり、ニュース種になるような発表をする傾向があるといわれています。

Q各温度での相対湿度の求め方を教えてください。

不活性ガスを純粋中に通してバブリングを行い,湿度を変化させています.サンプルを入れている箱の中の温度を変化させて,一定の温度に保ち,湿度を変化させたガスをフローしているのですが,湿度の値はサンプルの箱に入る直前の値を測定しています.
湿度測定している場所は室温なのですが、サンプルが入っている場所は別の温度で一定の保っています.どうすれば、サンプルの箱内の湿度に変換できるでしょうか。
例えば,25℃(室温)で50%の湿度だとすると,サンプルの箱内(温度0℃や100℃)だと湿度の値はどうなるでしょうか。
わかる方是非教えてください。

Aベストアンサー

目的の部分での温度における飽和蒸気圧を Pt とします.
25℃での飽和蒸気圧を P25,25℃での相対湿度を R25 とすれば,求める温度での相対湿度 Rt は
Rt = R25×(P25/Pt)
これだけでいいはずです.
たとえば,100℃であれば P100 = 1 atm なので,P25 = 0.031 atm とすれば R100 = R25×0.031 ですし,0℃であれば P0 = 0.0060 atm から R0 = R25×5.17 です.ただし,Rt は最大でも100%なので,それを超える数値が出れば過剰水分がどこかに結露して RH100% になるということになります.

Q捕鯨反対国が捕鯨に反対する科学的根拠はあるのか?

こんにちは。
今、捕鯨について調べています。時代遅れかもしれませんが。

捕鯨に反対する国が反対論のよりどころとしている科学的な根拠というのはあるのでしょうか。多少調べてみたのですが、捕鯨反対国の理論は基本的に倫理感や感情に訴えるもの、政治絡みであるような気がします。
もし、理論的な根拠をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけるとありがたいです。また、そのことについて記載があるウェブサイトとか書籍等があるならばそれも教えていただけるとなおありがたいです。

ついでに、捕鯨について回答者様がどうお考えかもお聞かせください。

Aベストアンサー

>ミンククジラ76万頭(南半球)


IWCのホームページに記載されている

「(南半球)ミンククジラ76万頭」の下に

『ただいま見直し中』という

但し書きが添えられてありますよね?


つまり現在の(南半球)ミンククジラ推定生息数は

「未定」ってことなのです。


その証拠に、実際IWC科学委員会において現在

「確固たる推算値は存在せず」

ってことで合意されております。


なお日本は今年から絶滅危惧種のナガスクジラも

南極海で捕り始めたわけですが

(当初は年間10頭の捕獲枠で3年後からは年間50頭)

南極海ナガスクジラ推定生息数に対する

IWC科学委員会における合意はありません。

Q部屋の最適温度、湿度は

部屋の最適温度、湿度は
暑いですねー、扇風機しかない部屋ですが
温度33℃、湿度36℃の状況です。
湿度が低いので熱中症は大丈夫と思いますが。
部屋の最適温度、湿度をお教えください。

Aベストアンサー

>部屋の最適温度、湿度は

    ↓
これは難しい質問ですね・・・
最適条件(快適度PMV)と言っても、年齢・性別・体質・外気温・シーズン(春夏秋冬)・地域・状態(運動中・睡眠中)・断熱状況・健康志向・省エネの観点他で随分と異なります。
さらに、温度で言えば絶対温度と体感温度の違いが有り、室内に限定しても高さによっては温度分布が床面と天井面では7~13℃くらい変化します。
さらに、風や湿度との関係で身体で感じる温度(体感温度)は湿度10%、風が0.7m/sで約1℃違います。

従って、環境と状況によって異なりますが、一般的な空気調和の快適条件は

◇冷房時には、外気温35℃の時に室温27℃程度・暖房時は外気温7℃で室温20℃程度とされています。
そして、温度と共に湿度を快適にする事で、身体に優しく快適性と省エネ性を両立させるのが良いとされています。

◇湿度は成人の水分比率と同じ程度の60%程度が良いのですが、気温が高い時は不快指数が高くなり、蒸し暑いのでドライ運転のように50%以下にして体感的に涼しくしています。
暖房時には、逆に温度を上げるだけでなく、乾燥した室内で加湿により湿度を50%程度に約20%上げて体感温度2℃程暖かくしています。

熱中症は身体内の水分量(塩分他のミネラル含む)の減少や発汗により水分補給が不足して起こりますので運動中だけでなく睡眠時にも起こります。
また、湿度が低くても扇風機の風で水分(汗)が蒸発し、補給されていなければ熱中症は起こりますので
温度・湿度と同じく水分補給も十分留意しなければ発症の危険はあります。

要は、固定的な温度と湿度だけの条件でなく、風や体調・外気温等の関係で人間の体温調節機能を超える変化や過酷な条件にすると快適度が下がり熱中症等の健康障害が起こり易いです。

>部屋の最適温度、湿度は

    ↓
これは難しい質問ですね・・・
最適条件(快適度PMV)と言っても、年齢・性別・体質・外気温・シーズン(春夏秋冬)・地域・状態(運動中・睡眠中)・断熱状況・健康志向・省エネの観点他で随分と異なります。
さらに、温度で言えば絶対温度と体感温度の違いが有り、室内に限定しても高さによっては温度分布が床面と天井面では7~13℃くらい変化します。
さらに、風や湿度との関係で身体で感じる温度(体感温度)は湿度10%、風が0.7m/sで約1℃違います。

従っ...続きを読む

Q50℃→150℃ヒートポンプ探し

50℃付近の温水を
電力をほとんど使用せずに、
150℃まで上げられたら、
この中途半端な温水も利用できるんだ~
と思い、ネットで調べていました。

50℃付近の熱を150℃あたりまであげる方法として、
ヒートポンプがいいんだなと思い調べてみたのですが、
1997年にNEDOさんが50℃から150℃まで上げる
ヒートポンプ(スクリュー式)を開発したという報告が
されていましたが、実用化されていないようでした。

もう販売されてる下記のような性能のヒートポンプを
知っている方、教えてくだされば幸いです。
また、冷暖房を見ると、ファンで気体を送り込んでいますが、どのヒートポンプも気体を送り込むものなのでしょうか?
宜しくお願いします!!!

ヒートポンプ性能
冷媒:CO2(NH3、炭化水素、水、空気、CO2+NH3)
COP(利用可能熱量[kcal]/圧縮機電力量[kWh]×860[kcal/kWh]):3以上
最高温度:150℃付近

Aベストアンサー

>用途は、ヒートポンプにより得た熱水をペルチェ素子で
>電気に変えられないかな~ということです。スターリングエンジンだと大掛かりになりそうですので。
>ネットで調べていると、そのような研究はあるのですが、研究留まりです。
>コストの問題なのか、実際に需要がないのか...

興味があるので少し調べてみました。
残念ながら、ペルチェ素子を使った熱電発電はコストの問題で無理です。

>ヒートポンプ性能
>COP(利用可能熱量[kcal]/圧縮機電力量[kWh]×860[kcal/kWh]):3以上

私が調べた範囲では、残念ながら150℃まで加熱できるエコキュートは市販されていません。

仮に、どこかの大学や企業に150℃まで加熱できるエコキュートを作ってもらったと仮定します。

さて、COPはいくつになるでしょう?
現在市販されている、エコキュートで最高効率の物は、松下の 4.55 です。

●松下電工、COP4.55のエコキュート6タイプ発売 2005-5-31
http://www.s-housing.jp/modules/news/article.php?storyid=501

この数字を参考に、150℃まで加熱できるエコキュートのCOPも4.55と仮定します。

1.0kwの電力を使い、エコキュートを運転すると 4.55kw の熱量の温水ができます。

この温水を使い、ペルチェ素子で発電します。


さて、ペルチェ素子の発電効率はいくつでしょう?
調べてみると、10% しかないようです。

●熱を電気に変える
http://www.aist.go.jp/aist_j/dream_lab/energy/d/d2.html

つまり、4.55kw の熱量の温水から取り出せる電気は、10% の 0.455kw になります。

1.0kwの電力を使いエコキュートを動かしても、ペルチェ素子では0.455kwの電力しか取り出せないのです。

将来的にはもっと効率の良い、エコキュートやペルチェ素子が開発されるかもしれませんが、
現時点では無理だと思います。

参考URL:http://www.aist.go.jp/aist_j/dream_lab/energy/d/d2.html

>用途は、ヒートポンプにより得た熱水をペルチェ素子で
>電気に変えられないかな~ということです。スターリングエンジンだと大掛かりになりそうですので。
>ネットで調べていると、そのような研究はあるのですが、研究留まりです。
>コストの問題なのか、実際に需要がないのか...

興味があるので少し調べてみました。
残念ながら、ペルチェ素子を使った熱電発電はコストの問題で無理です。

>ヒートポンプ性能
>COP(利用可能熱量[kcal]/圧縮機電力量[kWh]×860[kcal/kWh]):3以上

私が調べた範...続きを読む

Q温度が上がると気圧は下がる?気圧の意味

温度が上がると気圧はどうなるのでしょうか?
http://www.youtube.com/watch?v=CLvuNAhGX_8
この動画を見て天気のことを勉強させていただいていました。

すると温度が上がると気圧がさがると言っているのですが
これはあっていますか?

僕のイメージでは
空気には目に見えない粒子があり、それが飛び回っていて、
気圧が高いとは、粒子が密集しており、温度が高く
気圧が低いとはその粒子がバラバラに動いており、温度が低い
これはあっていますか?


少しひっかかるのは、袋があるとし、その袋の中から外に押しているのが気圧ですか?
それとも、外から中に教えているのが気圧ですか?

教えてください。

Aベストアンサー

君の考え方にも,動画で見た先生の説明にも,少し無理というか考え違いの部分があります。

1.PV=nRT ・・・・・ この式は閉じられた空間での,乾燥した空気の話しです。
2.夏と冬との海陸の気圧差について,海洋における蒸発の問題が考慮されていません。
3.先生の説明では,冬に何故大陸に高気圧が出来るのか,海洋が低気圧になるのかの説明が不十分です。

1.は他の回答でも触れられています。あくまでも密閉された容器内での,気温と気圧の関係です。自由空間(蓋のない容器)では,下から暖められた空気は上方に逃げて行く為,気圧が下がって低気圧になっているように見えます。
2.夏の太平洋では,昼夜の平均で見れば,陸地よりも海水の方が温度が高く,その為蒸発量も海域の方が遙かに多くなります。湿った空気と乾いた空気を比べると,湿った空気の方が遙かに軽くなります。このため海域の空気は大きく膨張し対流を起こしますが,上昇できる高さには制限があります。上昇範囲の最高高度を『圏界面』と呼び,圏界面より下の対流可能な範囲を『対流圏』と呼びます。夏の太平洋では,膨張した湿った空気の勢力は四方八方へも広がります。これが太平洋高気圧の正体です。台風は,太平洋高気圧の周辺部の,気流の乱れやすい地域(陸地からの冷気と接触する部分)で発生します。
3.冬の陸地は対流(大気大循環のシステム)によって,偏西風帯が南下してくる為,冷気団を抱え込むことになります。海域では日射が弱まる為,夏ほどには高気圧が発達しません。その関係で日本付近には冷気が強く吹き出してくる訳です。

それから,『気圧』の定義についてですが,1.のような容器内ではなく,自由空間での圧力を考えます。『1平方cmあたりの地表面における空気の重さ』或いは『君の肩に掛かる1平方cmあたりの空気の重さ』と定義します。平均的な地表面付近の気圧=1気圧=1013hp はご存じでしょう。

気圧が高いとは、粒子が密集しており、温度が高く
気圧が低いとはその粒子がバラバラに動いており、温度が低い
これはあっていますか?

密閉容器内ではそう言う考え方も出来ます。別の考え方として,
密閉容器内では温度が高くなると,空気分子の熱運動エネルギーが高まり,分子同士の衝突が激しくなって,その結果として気圧が高くなる。逆に,冷えると運動エネルギーを失って気圧が下がる。・・・と考えます。
夏の太平洋高気圧は,非常に大きな密閉容器内での,大量に水蒸気を含んだ(熱エネルギー量の大きい)空気分子の「振る舞い」と,陸地での冷却・乾燥した大気の「振る舞いの結果」と理解しましょう。
解りにくい部分があったら,補足で質問してね。

君の考え方にも,動画で見た先生の説明にも,少し無理というか考え違いの部分があります。

1.PV=nRT ・・・・・ この式は閉じられた空間での,乾燥した空気の話しです。
2.夏と冬との海陸の気圧差について,海洋における蒸発の問題が考慮されていません。
3.先生の説明では,冬に何故大陸に高気圧が出来るのか,海洋が低気圧になるのかの説明が不十分です。

1.は他の回答でも触れられています。あくまでも密閉された容器内での,気温と気圧の関係です。自由空間(蓋のない容器)では,下から暖められた空...続きを読む

Q地球の温度の測定方法など

昨今の地球温暖化論議の中で、地球の気温の変化のグラフなどをよく見かけます。
そこで質問ですがよろしくお願いします。

(1)気温計ができる前(100年以上前)の気温はどうやって計っていたのでしょうか?
(2)数千年前、数万年前の気温は、考古学的観点から推測していたとしてもかなりの誤差が生じていると思われます。そんな大きな誤差の気温データにどの程度の意味があるのでしょうか?
(3)かつて地球が氷河期であった時でも、地球の平均気温は今の平均気温より数度低いだけであったと言われています。地域的な偏りが大きいとしても平均値が数度程度で氷河期になるものなのでしょうか?
(4)現在の地球気温の測定は、陸地の気温の集計がほとんどで海面上の気温はほとんど測定されていないということですが本当でしょうか?

Aベストアンサー

2についてだけ回答します。
気温の測定方法にはいろいろな手法があって、考古学、古生物学、地球化学などの各分野で様々な測定がなされています。酸素同位体比という手法だけをとっても、南極氷床、珊瑚などいろいろなサンプルから測定が行われています。
ひとつひとつの手法では誤差が非常に大きいのですが、どの測定法でも同じような結果が得られたならば、そしてそれが数値シミュレーションなどとの結果とも一致したならば、それは十分に信頼できるものと思われます。

1について、エピソードをひとつ。
ブリューゲルの『雪の中の狩人』という作品は雪が厚く積もった山里が描かれていますが、ブリューゲルが暮らしたオランダは現在では雪はほとんど降りません。それゆえ、彼が生きていた16世紀のオランダは、現在よりも気温が低かったことが分かるらしいです。
同じようなことは日本の浮世絵や、『北越雪譜』のような作品についても言えます。実に様々なものが手がかりになるようです。

Q部屋の温度が高い方が湿度は低くなりますか?

冬って、部屋の温度が高い方が湿度は低くなりますか?
であれば
部屋の温度を下げれば、湿度は高くなりますか?

Aベストアンサー

一般に湿度はその温度での飽和水蒸気量を100%としますから、
(理想的には)温度が下がると分子はそのままで分母が減るので、湿度は上がります。

実際には部屋の温度が一定なんて事はあり得ませんから、もう少し複雑なのですが。

Q単相200Vの空調室内機電源を三相から供給したい

宜しくお願いいたします 今度 オフィスビルに空調機を更新するのですが
室内機電源(単相200V)の空きブレーカが無く空いている三相のブレーカーから
電源を供給する時に現状は3Pのブレーカーが設置されているのですが
このブレーカーから2本接続した際にどのような影響が発生するのでしょうか
無難に3Pから2Pに交換してしまえば早いのですが
客は既設のままの3Pのブレーカーから供給して欲しいらしいのですが
そのまま言いなりに接続して後にトラブルや事故を起こしたくないので
ご教授をお願いいたします

Aベストアンサー

高圧受電である場合でも、負荷を平衡に保たなくてはなりません。
三相回路から単相回路を取ると、どうしても負荷の均衡が崩れてしまいます。
それは、受電設備の変圧器の一部だけに負担をかけるだけでなく、電力の配電線の一部にも偏って負担をかけることになります。
その為、予め契約する場合には、負荷内容を電力会社と打ち合わせの上、契約を行います。
つまり、自分の設備だけのことでは済まないので、電力の了解が要る場合があるという事になります。
ただ、単相回路が既に偏りがあって、それを補う形の設置であれば、変圧器に余裕がある場合に限り可能であると思います。
それを踏まえた上で、主任技術者に相談してみてはどうでしょうか。

ちなみに内線規程1305では、高圧受電の場合に以下のようになるよう謳っています。
「低圧及び高圧受電の三相3線式における不平衡負荷の限度は、30%以下とすること。」
但し書きで、上記制限を受けないものもありますが、基本的なものがこれに当たらないと電力会社は了承してくれないと思います。


人気Q&Aランキング