ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

宇治拾遺物語のなかにこんな文があるんですが・・・
“これも今は昔、ゐなかの児の比延の山へ登りたりけるが、桜のめでたく咲きたりけるに、風邪のはげしく吹きけるを見て、この児さめざめと泣きけるを見て、僧のやはら寄りて、「などうかうは泣かせ給ふぞ。この花の散るを惜しうおぼえさせ給ふか。桜ははかなきものにて、かくほどなくうつろひ候ふなり。されどもさのみぞ候ふ」と慰めければ、「桜の散らむは、あながいちにいかがせむ、苦しからず。わが父の作りたる麦の花の散りて、実の入らざむ思ふがわびしき」といひて、さくりあげて、よよと泣きければ、うたてしやな。”
カギかっこのあたりから意味があまりとれません・・・。それと本文中に「うつろひ候ふなり」の『候ふ』と「さのみぞ候ふ」の『候ふ』はそれぞれ丁寧語と謙譲語や補助動詞のどれすか?わかる方、ご説明の程、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 「カギかっこのあたり」というのは、「などう(この『う』は原文にはありません)かうは……」あたりからですか?


 まず引用本文にいくつか間違いがあるので、原文を引用しなおします。

「などかうは泣かせ給ふぞ。この花の散るを惜しうおぼえさせ給ふか。桜ははかなきものにて、かくほどなくうつろひ候ふなり。されども、さのみぞ候ふ」と慰めければ、「桜の散らむは、あながちにいかがせむ、苦しからず。わが父の作りたる麦の花の散りて、実の入らざらむ思ふがわびしき」といひて、さくりあげて、よよと泣きければ、うたてしやな。

 上の部分の口語訳

「どういうわけで、こんなに泣いていらっしゃるのですか。この桜の花の散るのを惜しくお思いになるのですか。桜は頼りにならないもので、このようにすぐに散ってしまうものなのです。けれども、それだけのことなのです」と慰めたところ、「桜の花の散るようなことは、しいてどうしましょうか、いや、どうすることもできません、(そんなことには)不都合はありません。私の父が作っている麦の花が(この激しい風で)散って、実が入らないだろうと思うのが辛いのです」と言って、しゃくりあげておいおいと泣いたので、情けないことであることよ。

 それから、もう一つの質問ですが、「うつろひ候ふなり」の「候ふ」は、動詞の連用形に接続しているから、丁寧の補助動詞です。「候ふ」は、補助動詞の時は謙譲語にはなりません。一方、「さのみぞ候ふ」の「候ふ」は、「さ」という副詞を受けているので、本動詞「あり」の丁寧語ということになります。口語訳すると、「それだけでございます」の「ございます」に相当するので、補助動詞のような訳になりますが、文法的には副詞を受けているので、本動詞とみなされているようです。
    • good
    • 1

 A#1のshinkishuです。



>坊さんが子供にへりくだる理由はないので、謙譲語ではありえない事があかります。
>私が回答者なら、こう回答しますが...受験古文では×なんでしょうか?

 この質問は、私に向けられたもののようなので、補足説明します。

 謙譲語というのは、動作主体を低めることによって、話し手の、動作の相手に対する敬意を示すものです。それに対して、丁寧語は、話し手が聞き手に対する敬意を示すものです。例えば、

 私は担任の先生に「父が校長先生のお宅に伺いました。」と言った。

という文では、「訪ねる」の謙譲語「伺う」という動詞によって、話し手である「私」が、「父」の動作を低めることによって、動作の相手である「校長先生」を敬ったものであり、また、「ます」という丁寧語を使うことによって、話し手である「私」が、聞き手である「担任の先生」をも敬ったことになるのです。
 ですから、坊さんが子供に話しているからといって、会話の中に謙譲語が使われないということは言えません。上の例では、私の担任の先生への会話の中で、謙譲語が使われています。
 また、「うつろひ候ふ」の「候ふ」は丁寧語ですから、坊さんが、子供に対する敬意を示したものといえるわけで、その点でも、坊さんが子供に対しては謙譲語を使わないとはいえないわけです。
    • good
    • 0

現代語訳は以下URLの通りです。



『候ふ』ですが、
このシチュエーションの場合、都会の坊さんが田舎から出てきた小僧に話しかけています。
坊さんが子供にへりくだる理由はないので、謙譲語ではありえない事があかります。
私が回答者なら、こう回答しますが...受験古文では×なんでしょうか?

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/2189/u …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇治拾遺物語の現代語訳

宇治拾遺物語、第129話の現代語訳が知りたいのですが
訳が載っているサイト知っていましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
手元の「宇治拾遺物語」の文庫をちょっと見てみたのですが、「129話」みたいのがないです。
巻1~15まであって、それぞれに10~20ぐらいの話が入っているという感じ。

なので「宇治」ではなく別の物語ではないかと思ったのですが、いかがでしょうか。

私の認識不足で、それらを通算して「129話」と数えるやり方があるのでしたらすみません。

Q「桜の散らむ」の「む」

宇治拾遺物語より

これも今は昔、田舎の児の、比叡の山へ登りたりけるが、桜のめでたく咲きたりけるに、風の激しく吹きけるを見て、この児さめざめと泣きけるを見て、僧の、やはら寄りて、「など、かうは泣かせたまふぞ。この花の散るを惜しうおぼえさせたまふか。桜ははかなきものにて、かく程なくうつろひさぶらふなり。されども、さのみぞさぶらふ。」となぐさめければ、「桜の散らむは、あながちいかがせむ、苦しからず。わが父の作りたる麦の花散りて、実の入らざらむ、思ふがわびしき。」と言ひて、さくりあげて、「よよ。」と泣きければ、うたてしやな。

の児の発言の「桜の散らむ」の「む」はどういう意味でしょうか?
「桜が散ること」といった意味になると思うのですが、助動詞「む」の主要な意味には
適切な訳がないような気がするので、おかしいなと思い質問させていただいたしだいです。

Aベストアンサー

「む」は、色々な意味がありますが、前後を類推する限り、婉曲でしょうね。

桜の散るようなことが(あっても)、
現在は咲いているのですから。

Q宇治拾遺物語の中で「これも今は昔、田舎の児の比叡の山へ…(中略)…うたてしやな」

宇治拾遺物語の中で、「これも今は昔、田舎の児の比叡の山へ…(中略)…うたてしやな。」という古文の、最後の「うたてしやな」は、誰の立場にたっての見解でしょうか?作者でしょうか、僧でしょうか?

それと、その文中にある「桜のめでたく咲きたりけるに」の現代語訳は、「桜が見事に咲いているところに」でよいのでしょうか?
それとも、「桜の立派に咲いているところに」でしょうか?

どちらでもよいので、わかった方は、教えてください!

Aベストアンサー

語り手のように思います。
宇治拾遺物語の全体に、生き生きとした語りが感じられます。とりわけ助詞のつかいかたなどにです。
うたてし・やな(情けないことよなぁ/嘆き) もそうですし、咲きたり・ける・に(咲いていたのだったが/回想または伝聞) もそうです。
叙述がナレーションでできあがっているのですから、登場人物である僧つまり三人称の気持ちが「うたてしやな」のように表されているとしたら、自由話法になってしまいますが、全体としてそういう話法の傾向のない素直な書物と思っています。
めでたしは愛でるべきであるの意味だそうですから、
立派にでも見事にでもすばらしくでも美しくでも良いのではないでしょうか。

Q宇治拾遺物語の本文

宇治拾遺物語で、本文が「今は昔、唐の辺州に一人の男あり。~命終わるに、いよいよ心、仏を念じ入りて、浄土に速やかに参りてけり。」とあるのですが、中略(~)の部分がわかりません。
ネットで調べてみても、全然見つかりません。
今日中にわからないといけないので、この本文または本文が載っているサイトを知っている方、返事お願いします。

Aベストアンサー

下記リンク先を参照のこと。

12巻の第154章の話です。

http://hysmt.hp.infoseek.co.jp/ujisyui/ujisyui.html


人気Q&Aランキング