私は現在、某赤十字病院へ通院中の者です。
元々免疫不全(γ-グロブリン欠損症)の病気があったのに加え、数年前から肺気腫になってしまい現在、在宅酸素量法を続けて居ります。
この度障害者施設(東京都)への入所を希望したところ、地元の病院へ一度かかりカルテを作っておいた方が、緊急時に対応できるだろう・・・と言われ、某医大へ紹介状を渡しました。
すると、受け入れは難しいとの電話が私の主治医へ解答が来ました。
ハッキリ言って、今の病院より設備等も遥かに整っている病院が受け入れられないって言うことがあるのでしょうか?
今迄、ずっと同じ病院だったので解らないのですが良くあることなのでしょうか?病院が決まらないと、施設の方でも受け入れは難しい(無理)とのことなので困っています。
一生の事なので、慎重にしたいのです。どなたか、このような件を御存知の方がいらしゃれば、御教授頂きたいのです。宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

その障害者施設が、ご自宅から離れたところにあるため、入所中に急に病状が悪化したときに受け入れてもらえる病院を見つけておきたいというご希望だと思います。



受け入れが難しい理由をはっきりとお聞きになったほうがよろしいと思いますが、もし通常の通院や診察、投薬などは今までの病院にお願いして、緊急時の対応だけ大学病院にお願いしたいということであれば、大学病院としても難色を示すかもしれません。

設備が整っているから救急の対応が上手くいくとは限りません。もちろん大学病院にも救急部がありICUがありますが、基本的には各科毎の当直体制であり、ベットの制約もあるため、普段通院中の患者さんでない場合、時間外の救急で受け入れてもらえるとは限らないと思います。

大学病院に限らず、難しい病態であればその経過を把握されている病院で緊急時も診てもらうのが一番よいと思います。現在の主治医にもう一度相談されて、完全な転院を含め、適切な病院の選択をお願いしてみられたらいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御意見、ありがとうございます。
そうですね、受け入れが難しい理由は伺ってみます。

取り敢えず、2週間の実習と言う形で入所をする予定なのです。
本入所が決まれば、都内に住むことになり継続して大学病院でお願いしたいのです。

>設備が整っているから救急の対応が
の御意見、良く解りました。
肺の障害の為、悪くなる可能性が高いため受け入れが慎重なのは解っているのですが・・・。

主治医には”簡単に済ませたい”と言われてしまい、緊急時に対応出来る病院で、呼吸器と血液の
専門の医師のいる病院が望ましい。とアドバイスを受けただけで、病院の紹介はしていただけ
ませんでした。
間には立っていただけない様な、話なのです。

でも自分の一生の事ですから、もう一度御願いしてみます。

アドバイスありがとうございました。
また何かありましたら、御教授願います。
では、失礼致します。

お礼日時:2001/10/08 12:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【医学・レーシック手術】関西で公立の病院でレーシック手術が出来る国立病院、公立病院、私立病院を教えて

【医学・レーシック手術】関西で公立の病院でレーシック手術が出来る国立病院、公立病院、私立病院を教えてください。

Aベストアンサー

市立病院以上ならどこでも。

個人的にやった経験から、あまりお勧めできません。
僕が誤字するのもその影響ですし・・・

Q救急車と病院の受け入れ態勢について

質問させてください。よくテレビで救急車で運ばれた人がどこの病院のベッドも満席で搬送できずに重体になったりするケースが多々あることを聞きました。そこで少し疑問があります。救急隊は救急車で患者を搬送するときに、ひとつひとつ近くの病院に電話をしてベッドの空席状況を確認しているのでしょうか?

Aベストアンサー

地域により差がありますが、一般的に以下のようになっています。まず、地域の救急センター(119番など)では、地域の救急病院での空床状況が把握できます。ベッドが空いてないことには、いざという場合に入院できないからです。ただ、女性用の部屋に男性を入院させるわけにはいかない反面、男性でも小児であれば差し支えないなど、調整の余地があります。
また、専門性に関しては救急患者の診察・治療の問題があります。軽症者の場合は眼科、耳鼻科、婦人科など専門医の診察が重要ですので、地域の当番病院を受診することになりますが、すでに救急患者を診察中(場合によってはすでに搬送された別の救急患者が、手術などになっていることもあります)の場合もあり、必ず事前に確認が必要です。
重症患者(意識がない,心肺停止状態)の場合は、蘇生自体はどこでもできますが、やはり蘇生が成功したあと、人工呼吸器や心電図などの監視装置、緊急用の検査設備が必要です。
地域の基幹病院は、日中も重症患者の受け入れを行っていますし、術後の患者が急変して緊急の再手術などということも起こりえます。
また、大病院とことなり中小の病院では個々の医師による専門性や力量の差も大きく、やはり一々の電話での相談や確認が欠かせないわけです。

地域により差がありますが、一般的に以下のようになっています。まず、地域の救急センター(119番など)では、地域の救急病院での空床状況が把握できます。ベッドが空いてないことには、いざという場合に入院できないからです。ただ、女性用の部屋に男性を入院させるわけにはいかない反面、男性でも小児であれば差し支えないなど、調整の余地があります。
また、専門性に関しては救急患者の診察・治療の問題があります。軽症者の場合は眼科、耳鼻科、婦人科など専門医の診察が重要ですので、地域の当番病院を受診...続きを読む

Q特定機能病院の施設基準

医療事務を勉強中です。特定機能病院の施設基準の中で病床数500床以上というところがあるのですが、04年4月現在400床以上に緩和する見直し案検討中とも書かれていて現在は何床なのでしょうか。そういったことはどこで調べればいいのかよいサイトなどありましたら教えていただければ助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

400床以上になりました

参考URL:http://www.ajha.or.jp/topnews/backnumber/2004/04_05_01_8.html

Q赤十字救命法救急員と消防署の救命講習について

お世話になっております。子どもに関わる仕事をしております。とかく潜在的な危険がある仕事柄、不測の事態が起った場合の応急処置を学びたいと思っております。
 そこで、調べたのですが、赤十字でやっている救命法救命員と消防庁で行っている救命講習がよいのではないかと思っております。
このどちらか一つを受講したいのですが、違いはなんなのでしょうか?どちらがお勧めなのでしょうか?AED教習なんてのもあり、よく違いがわからないので、詳しい方、お教えいただけますと幸いです。

Aベストアンサー

消防署の救命士です。一昨日も普通救命講習の指導をしました。
普通救命講習にはIとIIがあって、それぞれ3時間講習、8時間講習となっています。一般市民は3時間講習、医療従事者は8時間講習となり効果測定(テスト)があります。終了後に3年間有効の修了証が発行されます。受講費は一切かかりません。無料です。
3時間講習の内容については全国の消防署でほぼ同じ内容で、心肺蘇生法とAEDの取り扱いがメインです。テストはありませんが効果確認といって手技を完全に出来るか一人ずつチェックします。
日赤の救急法は心肺蘇生法だけでなく、止血や骨折の処置等、盛りだくさんなので長時間になるみたいです。いろんな応急手当を学びたいなら日赤の講習、とにかく救命処置を学びたいなら消防署の講習がいいでしょう。うちの消防署では個人の方にでも希望されれば子供の応急手当に限定した救急法とか、いつでもやってますよ。一度地元の消防署に問い合わせてみたらどうでしょうか?

Q医療施設?福祉施設?

医療施設になるのか、福祉施設になるのか教えてください.

精神科デイケア施設はどちらに該当するのでしょう?

Aベストアンサー

精神科デイケアは、「精神科」を標榜する病院・医院において、行われる医療行為の一貫です.よって健康保険の適応を受けるための施設基準があり、その適応を受けて運営されている場合がほとんどではないでしょうか?そのため、この「精神科デイケア」医療施設です.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報