公務員(地方上級)を目指しています。

私は昔から「社会」と言われる「世界史・日本史・地理」が大の苦手でした。

これは良かった!と言うような教材を、是非紹介してください。

できましたら、基礎の基礎から載っているような教本などお願いします。

また、世界史ならこうやって勉強すると良い・・・など、勉強の方法も是非教えてください。

「世界史・日本史・地理」を基礎の基礎から勉強し直すとして、

何から(どこから・どのレベルから)手をつけたら良いのかも、実は分っていません。

幅の広い質問だと思うのですが、「人文科学」に絞ってお返事をいただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はじめましてtibtibさん。

大筋はsilersnowさんと同じ意見で恐縮ですが…

さっそくですが、まず教材について。
silversonwさんもおっしゃってますが「高校生の教科書」がよいとおもいます。
あと出題範囲を把握するために公務員試験用の教材もひとつ用意したほうがいいですね。ちなみに私が使っていたのはLECの「30日完成」です。これ1冊で「日本史」「世界史」「地理」が一通り揃ってます。とりあえず教科書を見ながら過去問・問題集を解いてみるのがよいと思います。

各科目の勉強ポイントですが…
これについてもsilversnowさんとほとんど同意見です。
-日本史-
中世以降が重要です。鎌倉時代、織豊から第二次大戦に重点を置いて勉強してください。特に江戸以降は必ず出題されると思って間違いないです。
-世界史-
絶対王政から第二次大戦に重点を置いて勉強してください。
あと、イスラム世界=中国王朝>インド王朝がたまに出題されます。
-地理-
各国の特産品が出題されることが多い気がします。あとはその国独自の特徴ですね。アフリカ諸国、東南アジア諸国、南アメリカ諸国、EU諸国は頻出です。

日本史、世界史に関しては流れを把握するのも重要ですが、単純に暗記するだけでもかなりの問題が解けると思います。
中国王朝を例に挙げてみると(記憶も朧ですが…違ってたらすいません)
 ・秦  始皇帝、法治国家、郡県制、度量衡の統一、焚書坑儒
 ・前漢 劉邦、塩と鉄の専売、呉楚七国の乱、郡国制、匈奴の侵入
 ・後漢 劉秀…
人物に関しても然り
 ・北条義時 承久の乱、摂家将軍
 ・北条泰時 連署、評定衆、貞永式目
 ・北条時頼 引付衆…
キーワードを押さえて効率よく勉強すること。後は数をこなせば頻出分野がわかってくると思います。日本史、世界史の一次、二次大戦は他の科目でも応用が利くのでしっかり勉強することをお勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

大切なところを記載していただき、頭の下がる思いです。

実際、あなた様の文書を拝見させていただいても分からない単語ばかりで、今はちょっと不安です。

でも、この不安がいつまでも続くことなく、「○○○だから×××ね」と答えることができる日がくることを、心より待ち望みます。

がんばって勉強します。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/13 12:11

私もtibitibiさんと同じく、人文科学、特に世界史がさっぱりで苦労しました。


最初は他の方もおっしゃってるように高校生用の教科書(友達から借りました)を読み進めていたのですが、それまでまったく世界史を勉強したことがなかったこともあって、さっぱり頭に入ってこないんですよねー。
世界史選択していた人から言わせると「暗記するだけ」だそうですが。

そんな私のおすすめは語学春秋社から出ているかの有名な実況中継シリーズです。
実況中継シリーズの「センター試験世界史B」を読んで勉強しました。
これを読んでから、なんとなく、少しずつわかってきて、逆に興味がでてきたくらいです。
私は高校のとき地理選択で、大学受験のときにセンター地理を利用してましたが、これもわかりやすかったように記憶しています。
日本史は、本屋で立ち読みしてみてあまり自分にはあいそうになかったので買いませんでした。

もう遅かったかなー…
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。

病気療養中でありますため、お返事がたいへん遅くなり申し訳ありませんでした。

歴史や地理は本当にやっかいな科目ですね。

がんばって勉強します。


★みなさん、本当に参考になりました。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/09 14:01

 tibitibiさん、こんばんは。


 公務員試験の教養っていろいろな科目をチョコチョコ勉強しなくてはいけないので、実は専門の試験よりも点数を上げるのは難しいです。私もかなり苦労させられました。
 まず、世界史・日本史・地理の基礎の基礎から載っているような教本についてですが、ずばり、「高校の教科書」が一番だと思います。自分とか兄弟のがあれば、それを使えばいいし、もし無くても書店でも買えますし、割と簡単に手に入ります。教科書なんてそんな大げさなと思われるかも知れませんが、どんな科目に取り組むにしても基本書は必要ですし、なにも教科書をまるまる一冊暗記しなくてはダメだと言っているわけではありません。例えば、日本史なら江戸時代から第2次世界大戦が終わるくらいまで、世界史なら、フランス革命くらいから、やはり第2次世界大戦が終わるくらいまでを勉強しておけば半分以上の問題は解けます。
 具体的な勉強法としては、公務員試験の教養の人文科学分野の過去問とか問題集を、教科書を見ながらまず解いてみてください。そうすれば、どのあたりがよく出題されているかが分かってきます。そのあたりを重点的に勉強するようにすれば、割と短時間で実力がついてくると思います。 
 頑張ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。

そうですか・・・教科書が良いのですか・・・。

そして、大切なところまで記載していただき、本当に頭の下がる思いです。

教えていただいた辺り、がんばって勉強してみますネ!

私は特に世界史が苦手だということが分かって来ました。

また世界史で頭が「???」になってきたら、質問させていただくかもしれません。

そのときは、どうかよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/10/13 12:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q算定基礎届 基礎日数・退職者・月額算定基礎

算定基礎届について質問です。

1.支払基礎日数で日給者は出勤日数とありますが、休日出勤も含まれますか?

2.退職者の名前も記入してあるのですが、そこは空欄でいいのですか?

3.今回の決定で適用になるのはいつですか?
ちなみに※20日締めの末払い(6月分(5/21~6/20分)は6月末払い)は7月分で控除。※末締めの翌15日払い(6月分(6/1~6/30分)は6月分で控除。の2つです。

4.10月入社で報酬月額が決まっていたのですが、前の事務さんが最初に少なく記入したらしく、しかも月額変更もなにもされてないままで今回の算定基礎の時期になってしまいました。この場合は算定基礎だけじゃダメですよね?提出の際に去年からの賃金台帳を持っていくのでバレますよね?というかバレるとかの問題じゃないとはわかりますが・・(T-T)

以上、たくさん質問してすみません。。。

Aベストアンサー

1.含まれます。
2.空欄ではなく斜線を引いてください。
3.http://homepage2.nifty.com/kskt/snteikiso.htm
4.正確な金額に訂正します。

Q労務の基礎を勉強したい

今回、子会社の労務を担当することになりました。

ところが、私は労務はやったことがなく右往左往しています。
比較的、少人数(10人以下)なので大丈夫だろうと任されたのですが、
わけが解らず困っています。
解らないからとりあえず上司に聞いていましたが、「自分で調べよ」と言われてしまいました。
当たり前ですが・・・・。
かといって何から手をつけたらいいのかわかりません。

初心者でもわかりやすい基礎からわかる本などありましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

人事総務で実務などを担当してきた者に過ぎません。

たまたま私も人事総務で労務の実務を長く勤めてきたつもりなのですが、分からないことの方が多く、確かに「自分で調べよ」的な要素が高いことの方が多かったことは事実です。手順や「やり方」などは先輩のOJTにもよるかと思いますが、私は分からないことがあればどちらかと言えば、社内より、労務的なことは自ら社会保険事務所に出向いたり、電話等で質問したり、また労働基準監督署などにも赴いて質問や電話で教えていただくことで、大変役に立つ面が多いのは事実です。書籍で調べることも当然、自分にとって分かりやすいという書籍を自分で選択することも大切かと思いますし、行政などに質問するのは「無料」ですし、採用についてはハローワークに質問したり…など、また労務管理のセミナーを無料で開催されることもあるので、結構「足で稼いだ」面も大きいです。
また労務に関する仕事において法的な要素も多いので刻々とした変化に気づかないこともありますので、書籍も大切ですし、はやり専門としている公的機関を多いに「利用」しない手はないと思いますし、分からないところさえ抑えていれば、親切に対応してくれますし、独断で思い込みで手続きすることで重大なミスにつながるよりよほど価値はあると思います。

参考程度にでもなれば幸いです。

こんばんは。

人事総務で実務などを担当してきた者に過ぎません。

たまたま私も人事総務で労務の実務を長く勤めてきたつもりなのですが、分からないことの方が多く、確かに「自分で調べよ」的な要素が高いことの方が多かったことは事実です。手順や「やり方」などは先輩のOJTにもよるかと思いますが、私は分からないことがあればどちらかと言えば、社内より、労務的なことは自ら社会保険事務所に出向いたり、電話等で質問したり、また労働基準監督署などにも赴いて質問や電話で教えていただくことで、大変役...続きを読む

QPhotoshop Elements6教本について

独学で、Photoshop Elements 6の基本マスターを検討中ですが、書籍だけで基本マスター可能なのか?学習方法のご教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

企業の場合Photoshop ElementsではなくPhotoshopです。

同様のソフトですが出来る機能が違いますし、作法も若干違っています。

よほどの事が無い限りElementsでも可、なんて事は無いでしょうね(^^;

Q「地球を宇宙から見る・世界を実感する」ために

皆さんこんにちは。自分は今大学3年生の中堅国公立大学に通う者です。
最近よく人生について色々と考えるのですが、ふと「死ぬまでに必ずやりたい事」について考えてみようと思い、2つの事を思いつきました。
「地球を宇宙から見る」
「世界を広く・深く実感する」
もちろん他にもいくつか出たのですが、中でも上記二つを実践するためのより効率的な方針がなかなか見つかりません(2つ目はかなり抽象的ですよね…何というか、海外旅行ではあるのですが、単に観光というより嫌な部分も苦しい部分も全て含めて見てみたいという感じです)。というのも、この二つを実現するうえでの経済的・時間的制約がとても重いように感じるからです。
真っ先に思い付いたのが、世界を飛び回れて(多くの国を訪れたい)、かつある程度の休暇を貰え(海外に行けても仕事に忙殺されては本当に自分が見たいモノが見れないかもしれない)、経済的にもしっかりできる(宇宙旅行には2000万はかかると言われています)仕事に就くことです。
自分で書いていて、とても甘い事を言っている事はわかります。こんな仕事があるのか、そしてあっても自分程度の人間に任せて貰えるのか。
これからはどんな努力も惜しまない前提で、上記二つを実現するために今からやっていくと良い事はなんだと思いますか?どんなアドバイスでも構いません。はっきりとした答えを頂けなくても、自分が考える上での刺激になります。どうぞ、ご教授ください。参考になる資料・本等も教えていただけるとありがたいです。
宜しくお願いいたします。

皆さんこんにちは。自分は今大学3年生の中堅国公立大学に通う者です。
最近よく人生について色々と考えるのですが、ふと「死ぬまでに必ずやりたい事」について考えてみようと思い、2つの事を思いつきました。
「地球を宇宙から見る」
「世界を広く・深く実感する」
もちろん他にもいくつか出たのですが、中でも上記二つを実践するためのより効率的な方針がなかなか見つかりません(2つ目はかなり抽象的ですよね…何というか、海外旅行ではあるのですが、単に観光というより嫌な部分も苦しい部分も全て含めて見てみ...続きを読む

Aベストアンサー

 ほとんどの夢は効率化を考えるから失敗する。
 学び蓄積するということは手間もかかり、時間もかかる。
 しかし逆に時間をかけて積み重ねれば絶対に結果を出せる。

 1.常に最新の情報を捉えておく。いま日本で行われている長期の宇宙滞在技術についてキミはどこまで知っているかな?当然、物理や生理学の知識も必要になる。(専門家になるのでなければ読みやすい本でかまわない。それが土台になって理解が深まればいい。)
 2.お金はコツコツ貯めればいまの日本、1~2千万ぐらいなら必ず貯められる。ただし、それで不足する可能性があるがそんな時投資してもらえるように自分自身の市場価値を上げておく。やはり勉強。

 むかしどこかの大富豪がロシアのロケットで宇宙へ行った。NASAも言っていることだが、老人であろうが一時的な加速には耐えられるのでだれでも宇宙へは行ける。(若者との違いは反射速度。)
 以前見つけたサイトではロシアで100億だせばロケットに乗せてくれる。(ちなみに最新鋭ジェット戦闘機で40億ほど。)さらにアメリカのスペースシップワンは知らないが聞いてみるのもいいだろう。(DVDを売っているから。)

 目標がはっきりしているのなら必ず実現できる。とにかく世の中のしくみとともに勉強すること。

 ほとんどの夢は効率化を考えるから失敗する。
 学び蓄積するということは手間もかかり、時間もかかる。
 しかし逆に時間をかけて積み重ねれば絶対に結果を出せる。

 1.常に最新の情報を捉えておく。いま日本で行われている長期の宇宙滞在技術についてキミはどこまで知っているかな?当然、物理や生理学の知識も必要になる。(専門家になるのでなければ読みやすい本でかまわない。それが土台になって理解が深まればいい。)
 2.お金はコツコツ貯めればいまの日本、1~2千万ぐらいなら必ず貯められる。ただし...続きを読む

Q不良品・不具合・エラー・ミス・事故発生時の対応

業種によりますが、例えば製造業で製造現場の製品に不良品が出た場合、
医療現場で誤薬があった場合などさまざまな“事故”があると思います。

そんな時どのように是正、改善するようにしていくか、そのプロセス、その時使用する書類の名前とか業種とともに教えて下さい。

※不良品・不具合・エラー・ミス・事故をまとめて“事故”と呼びます

業種:
事故の種類:(例)不良品発生
使う書類:
事故発生時の改善プロセス:

上記のように教えて下さると勉強になります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 どのような帳票(様式、書式)を使って処理するか、その名称は会社によって違いますから、そんなものは言っても意味がありません。ここでは是正・改善のプロセスを明らかにしておきます。なお、不良品・不具合・エラー・ミス・事故をまとめて「意図せぬ結果」と呼んでおきます。

(1) 意図せぬ結果の内容の確認
 意図せぬ結果がどういうものなのか、事実関係を含めてその内容を正確にかつ漏れなく把握する。

(2) 意図せぬ結果の発生の直接的原因の特定
 それが発生してしまった直接的な原因を調査して特定する。この場合、決して発生に至る経緯や経過の説明(弁解)に終始しないように注意すること。

(3) 意図せぬ結果の発生の真の原因の特定
 意図せぬ結果の発生を許してしまった会社のシステム(仕組み)的な欠陥や弱点を調べて特定する。これには「なぜなぜ分析」をするのがよい。たとえば教育訓練不足(あるいは周知徹底不足)を原因とするのは不可(それは何かの結果であって原因ではない)。教育訓練不足(あるいは周知徹底不足)に至った会社のシステム(仕組み)的な欠陥を原因として突いたものならOK。

(4) 意図せぬ結果の処置(応急処置)-修正(手直し)
 意図せぬ結果に応急的に対応し、とりあえず(第一段階として)問題を収束させる。たとえば不良品の場合はすべてを回収し良品を納め直す。あるいは弁済する。

(5) 意図せぬ結果の波及範囲の特定と処置
 その意図せぬ結果が関係している範囲(原因を共通としている範囲など)を調査し、問題・被害の拡大を回避するための必要な手を打つ。たとえば不良品発生の原因が設計(あるいは作業者の仕事の質)にあるのなら、同じような設計手法(あるいは作業者)を用いて作られた他の全製品に対して問題ないかどうかを総点検し、必要な手を打つ。

(6) 是正処置(再発防止)案の評価・判定
 意図せぬ結果の原因((2)と(3))を除去する再発防止策を検討する。この再発防止策は意図せぬ結果の発生を許してしまった会社のシステム(仕組み)の不備を直す(ソフトウェア的)か、装置的なもの(ハードウェア)の導入・改良のいずれか(あるいは両方)にする。決して人の規律や注意力に依存したものになってはいけない(たとえば、そのようなミスが今後発生しないように関係者全員に周知徹底する、ではダメ)。そのような是正処置案で実効が上がるか、実施して引合うかを評価し、実施可否を決定する。

(7) 是正処置の実施
 意図せぬ結果の原因に手を打つ。つまり(6)で決定した是正処置を確実に実施する。

(8) 実施結果の記録
 とった処置とその結果を記録する。

(9) とった是正処置のレビュー
 とった是正処置が効いて類似の意図せぬ結果が再発していないかを調べ、その有効性を検証する。

 なお、(1)~(8)まですべて記録としても残す必要があります(その都度記録すること。後で思い出しながらの記録は不可)。また、特定の個人の責任を追及する場に決してしてはいけない。

 どのような帳票(様式、書式)を使って処理するか、その名称は会社によって違いますから、そんなものは言っても意味がありません。ここでは是正・改善のプロセスを明らかにしておきます。なお、不良品・不具合・エラー・ミス・事故をまとめて「意図せぬ結果」と呼んでおきます。

(1) 意図せぬ結果の内容の確認
 意図せぬ結果がどういうものなのか、事実関係を含めてその内容を正確にかつ漏れなく把握する。

(2) 意図せぬ結果の発生の直接的原因の特定
 それが発生してしまった直接的な原因を調査して特定す...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報