ハシカンボクについて亜熱帯の常緑低木までは分かったのですが、性質、育て方、管理方法などが不明です。どなたかご存じありませんか。よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

下記URLを参考に。



参考URL:http://www.hanaippai.com/hanaippai/hanadb/hana.p …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

bevさん、ありがとうございました。
私も花いっぱい.comは見ているのですが、見逃していたようです。
本当にお手数掛けました。又、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/10/08 17:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q剪定の基本

申し訳ございませんが、剪定に関する連続質問です。
4月に植えた樹高2mほどのエゴノキなのですが、現時点で、
樹形がベストの状態です。(1株からの6本立ちです)
樹高もこれ以上高くしたくなく、この樹形を保ちたいと
考えています。
園芸相談等で聞くと、伸びた分を剪定すれば良いと言われます。
しかしながら、今の樹高、樹形を保とうと剪定する場合、
伸びてくる若枝を、殆ど切ってしまうことになり、永遠に
古枝だけが取り残され、どんどん太くなる事になりますよね。
風に揺れるエゴノキの細い枝が気に入っているのですが、
そのうち、太い古枝の葉が落ちて丸裸・・・。
全くの素人の、この心配に対するコメントを頂きたく、
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

4月に植えられたということはまだ根っこは少ししか出ていない状態だと思いますので、今年は剪定が必要になるほど伸びないと思います。またエゴノキは自然樹形を楽しむ木ですので下手に剪定するとゴツゴツした感じが出てしまいせっかくの柔らかい感じが無くなってしまいます。そこでこのまま落葉するまで待って、落葉してから根鉢の周りにスコップを入れて今年伸びた分の根を切ってやると成長を遅らせることが出来ます。
根鉢というのは、植木を買うと根の部分が土の玉になっていますよね、あの土の部分を根鉢といいます。今の時点で根元の表土の部分を少し取ってみるとまだ根鉢を包んでいる麻縄や布が見えると思いますので、どこまでが根鉢かすぐ判断できると思います。もしもう腐って無い様でしたら、土の質の違いで判断するか、根元の直径の3~5倍の辺りにスコップをなるべく垂直に入れて下さい。なお、スコップは剣先スコップを使用し、刃付きでなければ刃の部分を鉄やすりかサンダーで研いで鋭くしてから使用して下さい。もちろんスコップを入れるだけで無く周りを掘っても同じことですが、そこまでしなくても充分だと思います。参考までに植木を植えるとき(特に大きくなるもの)はいきなりベストの大きさを植えるのでは無く、3年後位にベストの大きさになるようなサイズのものを植えるといいですよ。またエゴノキはカミキリムシの幼虫が根元に入りやすいので根元は常にさっぱり清潔にしておくといいですよ。冬に石灰硫黄合材の原液を根元に塗ると更に予防になります。

4月に植えられたということはまだ根っこは少ししか出ていない状態だと思いますので、今年は剪定が必要になるほど伸びないと思います。またエゴノキは自然樹形を楽しむ木ですので下手に剪定するとゴツゴツした感じが出てしまいせっかくの柔らかい感じが無くなってしまいます。そこでこのまま落葉するまで待って、落葉してから根鉢の周りにスコップを入れて今年伸びた分の根を切ってやると成長を遅らせることが出来ます。
根鉢というのは、植木を買うと根の部分が土の玉になっていますよね、あの土の部分を根鉢と...続きを読む

Q落葉低木・常緑低木の下に植える花は何がオススメですか?

昨年秋に新居を建てまして、花壇を作りました。
春になったら、落葉低木と常緑低木を買って植えたいと思っています。
植えたいなと思ってる木は、「ニオイバンマツリ」と「セアノサス」、「テマリカンボク」、「ハナミズキ」です。
普通に売っている木なのかもわかりませんが・・・(笑)
買った当初は本当に小さい木だと思うのですが、
それでも花壇を花いっぱいにしたいので、
小さい木の下にでも植えれる花を教えてください。

ちなみに、鉢植えも含め現在植えている花は、
チューリップ、ムスカリ、ヒアシンス、スイセン、フリージア、オキザリス、アッツ桜、ビオラ、シバザクラ、ガーベラ、ブルーデージー、オステオスペルマム、アリッサム、ノースポール、ユプリオスデージー、ステラ
です。(お、多い・・・)
ネモフィラ、スノードロップも買おうか検討中です。
できれば、この中からオススメを教えて欲しいです。
他にもこの先出回るメジャーな花でいいのがあれば教えてください。

日当たりは、南側なのでバッチリです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。お住まいの地域が東北地方などの積雪の多い所なら参考にならないかもしれませんが、冬も雪が降らない(降っても2、3回程度)ような所にお住まいでしたら、良かったら参考にして下さい。
 落葉低木という事は、夏は日陰になって冬は日当たりが良くなるという事ですので、クリスマスローズはいかがですか?オリエンタリス種は強健で育てやすいし、花期も長く、切花でも楽しめます。冬にも強いですし、夏の日差しには若干弱いですが、そこは木の下という事で日差しをさえぎってくれると思います。冬の花が咲かない時に咲きますので庭が寂しくなりませんし、時期でなくても緑が楽しめます。私は常緑樹(椿)の下に植えていますが、水ぐらいしかやっていませんが、大株になります。大株になりますのでまずクリスマスローズを植えてその周りに1年草を配置しても良いかと思います。ちなみに春頃は時期が終りになるので園芸店で安く売っている可能性があります。300円ぐらいの小さな株を買うと花が咲くまであと1年位かかりますので、安くなった大株(1000円程度)を買うと間違いないです。スタンダードなものから八重まで種類が豊富ですので、色々選んでみて下さい。ニゲル種はオリエンタリ種より若干弱いような気がしますが、ニゲル(ニガー)種の方がクリスマスに咲き、オリエンタリス種は2月頃に咲きます。
http://www.ogis.co.jp/subhelleborus.htm
 あと質問者様が挙げているのは大体お勧めですが、フリージアは倒れませんか?球根で植えっぱなしOKなので我が家もありますが、どうしても茎が弱くて倒れるのでリング支柱で防止しています。水仙も植えっぱなしで強健ですが、花が咲いた後も茎が枯れるまで放っておく必要があるのがちょっと難かなと思います。オキザリスも強健で他の植物を侵食する恐れがありますので、私の場合花壇の外の縁どりにしています。
 私なら落葉低木の下にクリスマスローズを植えて、周りはガーベラ、忘れな草(こぼれ種で来年も咲きます)、ノースボール(こちらもこぼれ種で咲きます)、ビオラを配置して、前の方にムスカリ、アリッサム、シバザクラなどの低いものを植えます。スノードロップもお勧めですよ。とっても可愛いですし、寒さにも強いです。あと我が家は落葉樹の下にアネモネも毎年植えています。こちらもお勧めです。
 常緑樹の下は日陰に強いシュウメイ菊はいかがですか?植えられているのが洋風の花なので、シュウメイ菊はちょっと和風っぽいですが、ピンクとかあって可愛いです。背は結構高くなります。夏ならインパチェンスがお勧めです。八重咲きなんかは薔薇っぽくて豪華だと思います。
http://www.yasashi.info/shi_00021.htm
http://www.yasashi.info/i_00002.htm
 ご参考までにm(__)m。

こんにちは。お住まいの地域が東北地方などの積雪の多い所なら参考にならないかもしれませんが、冬も雪が降らない(降っても2、3回程度)ような所にお住まいでしたら、良かったら参考にして下さい。
 落葉低木という事は、夏は日陰になって冬は日当たりが良くなるという事ですので、クリスマスローズはいかがですか?オリエンタリス種は強健で育てやすいし、花期も長く、切花でも楽しめます。冬にも強いですし、夏の日差しには若干弱いですが、そこは木の下という事で日差しをさえぎってくれると思います。冬...続きを読む

Qオリーブの剪定と時期

植えてから2、3年は剪定をしない方がいいと聞き、放っておいたら
しだれ柳のお化けのようにわさわさなオリーブになってしまいました。
重いからか、我が家のオリーブの枝は上を向いてくれません。
だら~んと下に垂れ下がるように枝が伸びています。
毎年、数回、塩害にやられ、枝に着く葉は根元から半分位まで枯れてありません。
枝の半分から先にわさわさとついています。
また綺麗な方向に枝が出ず、ほとんど枝が内側や下側に出ています。
そのオリーブを剪定しようと思っているのですが、
1 枯れ枝を切る(基本的にありません)
2 下向きの枝を剪定する(すごい確率で下を向いています)
3 交差する枝の一方を切る(すごい確率で内側に向いています)
4 平行枝を間引く(この確率も高いです)
5 地面、根元から出ている若芽を切る(基本的にありません)

という一般的な剪定方法でいいのでしょうか、またそれは
いつやってもいいものなのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

文章よりも動画を御覧になられた方が解り易いでしょう。
you tubeで下記の動画を御覧下さい。

オリーブの剪定 接写編
bonzaistar·

やや判り難いですが、垂れた枝の処理の要領は解ると思います。

尚、時期や取扱いについては

オリーブの育て方
HomecenterGooDay

同じタイトルのものがありますが、このGoodayのものが解り易いでしょう。

剪定以外でご興味があれば、沢山投稿されていますので御覧になっては如何でしょうか。

Q常緑低木で生け垣に使えそうなものを探しています

こんにちは。
家を新築し、表面にあわせて10mくらいの花壇があります。
今はツルニチニチソウを植えているのですが、思ったように
高さがでず、やはり木にすることになりました。
ツルニチニチソウは、ケヤキの木の根元を覆うように植え替え、
花壇に常緑で、乾燥や剪定に強く、虫のつきにくい低木を探しています。
私の住んでいるところは長野県の南部なので、寒冷地にしては
暖かいほうなのですが、雪はつもります。

今見つけてきたのは、
・アベリア
・ボックスウッド
・ギルドエッジ(グミ)
・ライムライト(グミ)
・オールドゴールド
です。

この中ででも、他でもオススメがあればおしえてください。

今のところ、グミ系が上の条件にあてはまっているのかな?
と思っています。
初めはボックスウッドにヒトメボレだったのですが、
冬に紅葉するのと、害虫がつくと聞いたので躊躇しています。

アベリアは斑のはいった「ホップレイズ」というものも
キレイだなと思っていますが、斑が入っていると弱いとか
ないのでしょうか。あと、冬は落葉しますか?

初心者なので、手がかからないものがいいのですが
いろいろとおしえてください。

こんにちは。
家を新築し、表面にあわせて10mくらいの花壇があります。
今はツルニチニチソウを植えているのですが、思ったように
高さがでず、やはり木にすることになりました。
ツルニチニチソウは、ケヤキの木の根元を覆うように植え替え、
花壇に常緑で、乾燥や剪定に強く、虫のつきにくい低木を探しています。
私の住んでいるところは長野県の南部なので、寒冷地にしては
暖かいほうなのですが、雪はつもります。

今見つけてきたのは、
・アベリア
・ボックスウッド
・ギルドエッジ(グミ)
...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

低木の生垣ですか。お洒落ですね。

リストの植木の中ですとボックスウッドは確かに殺虫剤の散布が必要です。一本だけ敢えて風通しの悪い場所に植えてみて、試してみても良いかもしれません。
ギルドエッジは最初に植える時の大きさにも拠りますが成長は遅いです。
オールドゴールドは知らないです。すみません(汗)。

ホップレイズ(ホープレイズのほうが通りがいいかも)は伸びないです。アベリアは所謂ハナゾノツクバネウツギかエドワードゴーチャ以外、冬場は見る影もありません。日当たりも必要ですが、それにしても伸びません(泣)。勿論落葉します。

おすすめはベニバナトキワマンサクをあげておきます(ちょっと背が高いかな)。普通のトキワマンサクも良いですね。刈込が手間ですが枝は柔らかめなので、楽しく手入れ出来ると思います。
「お前の回答はそればっかり。」とか「回答者はトキワマンサク信者」とか云われそうですが・・・。

Q6月の木の剪定について。

剪定に関しては初心者です。近々知り合いの家に剪定の手伝いに行くことになりました。木はウメ、ソテツ、松、サカキ、カイヅカ、一応これだけの木が伸び放題になっていることから、これらの木から剪定することになりました。他にも常緑広葉樹があるみたいなのですが・・。剪定には時期的なものがあると聞きました。あまり強い剪定はこの時期は適していないようなので、徒長枝だけでも切ろうかなと思っています。6月の剪定は徒長枝だけを省くような剪定の仕方でよろしいのでしょうか?お答えいただけたら幸いです。

Aベストアンサー

常緑樹は今くらいの時期が剪定に適しています。
落葉樹は冬の時期が適していますが、今くらいになると樹液の流れもある程度落ち着いてきていますので、おそらく問題ないと思います。
ただし、今の時期に強剪定すると、そこらじゅうから徒長枝が出て始末に負えなくなってしまいます。
剪定ばさみでバサバサ切るくらいなら問題ないですが、のこぎりで太い枝を落とすのは避けたほうが無難です。

Q家の北西、玄関脇に植える常緑低木でおすすめはありませんか?

我が家の北西玄関脇にある小さなスペースに向く植物を探しています。

(1)乾燥しがちな場所です。
(2)夏、西日を受けます。
(3)そのスペースの近くには、ヒメシャラがありますので、
 (見た目の)相性が好い木が希望。

このような条件で、何が適当でしょうか? 
3月末には植えたいと思っていますので、どうぞご教示ください。

Aベストアンサー

北西って難しいですよね。
夏は西日がきついし、冬はほとんど日が当らなくて寒いし。
でも玄関脇が殺風景なのちょっと寂しいからやっぱり
何か植えたいですよね。で...思いついたのが
柘植や南天はいかがですか。柘植は大きく育つのに年数が
かかりますから狭い場所に植えて、すぐに邪魔になる心配も
少ないですし、好きな形に刈り込む込むこともできるので
大きくも小さくも出来て良いと思うのです。
植え木としての格式も高いそうですから玄関脇はうってつけかと。
次にお勧めする南天は、昔から「難を転ずる」といって
魔除けになる縁起の良い木に数えられています。
どちらのばあいも丈夫な木ですが、乾きやすい場所ということなので
植え付けるときには腐葉土や堆肥を多めにすきこんだ方がいいと思います。







腐葉土やたい肥を

冬になると赤い実がなります

Qガジュマルの剪定について

ハイドロカルチャーでガジュマルを育成中の者です。
夏に育成しすぎて、少々枝が伸びてしまったので、剪定しようと思案していたのですが、調べてみたらガジュマルの剪定期は5~7月…現在は9月半ば…やっぱり剪定は来年まで待った方が妥当でしょうか?
それから、剪定と植え替え適期が同時期なのですが、剪定直後の植え替えは避けた方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

5~7月の剪定は、わき芽を吹かして枝数を増やすという「摘心」的な意味合いが強く、まあこれは生育期が9月いっぱいまでは続くので、期間的な余裕を見ているという事。
今は生育期がそろそろ終盤に近づいてきたので、上記のような事はあまり期待できないかもしれないが、徒長し過ぎた枝を切り詰めるぐらいのことは、元気が良ければ、少々(3、4箇所ばっさりと)やっても差しつかえない。

剪定や植え替えも生長期(5~9月)において行うのが基本だが、特にハイドロの植え替え植え付けの場合は、根の活着に3週間程度の余裕をみなければならないので、暖地ならまだ可能かもしれないが、寒冷地あたりではもう時期的に遅いだろう。

通常は、植え替えや植え付けを行った直後に剪定を行う。
根が痛んでいるので水の吸い上げが悪く、葉からの水分の蒸散量を抑えるのに必要だし、また鉢や容器とのバランスつまり整姿的な意味合いもある。
ハイドロの場合、底の方に根がトグロを巻いてくるようになると、その根の体積分だけ必要水量と適正水位のバランスが崩れ、水位が上がり過ぎる傾向になるので、根詰まりにも注意されたい。

5~7月の剪定は、わき芽を吹かして枝数を増やすという「摘心」的な意味合いが強く、まあこれは生育期が9月いっぱいまでは続くので、期間的な余裕を見ているという事。
今は生育期がそろそろ終盤に近づいてきたので、上記のような事はあまり期待できないかもしれないが、徒長し過ぎた枝を切り詰めるぐらいのことは、元気が良ければ、少々(3、4箇所ばっさりと)やっても差しつかえない。

剪定や植え替えも生長期(5~9月)において行うのが基本だが、特にハイドロの植え替え植え付けの場合は、根の活着に3週間...続きを読む

Qデスク上、日陰で育てられる事のできる観葉植物、亜熱帯っぽくない植物を探

デスク上、日陰で育てられる事のできる観葉植物、亜熱帯っぽくない植物を探してます。


【環境】
・置き場所、小学校とかで使う様な勉強机。蛍光灯の近く
・日はほぼ当たらない。1つカーテン開けられるので、部屋はある程度明るい。
(四方に大きい窓はあります。諸事情により
カーテンは1カ所以外あまり開けられません。たまになら・・)
・湿度は高め。
・PCが1m以内にある。

あまり亜熱帯っぽくない植物がいいなと思っていて、
アイビー
フィカスプミラ
ベビーティアーズ
あたりを見てます。

パっと見、繊細そうなもので、
葉がつるつるしていない(ポトスとか)植物を探してます。
机の雰囲気考えて探してるのですが、なかなか思う様にみつかりずらくて・・

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

観葉植物をお買いになるのであれば、夏になる前が良いですよ。
真夏は品種が減ります。また葉に痛みが生じます。
購入に当たっては100円ショップなどであらかたの品種の観葉植物を購入することは可能です。
基本的にはアソートで入荷するので今の季節は回転も速く、品種が多く揃っています。

商品名がミニ観葉というだけあり、小さいですが、机の上では好都合だと思います。
観葉植物は基本的に直射日光は嫌いですので、明るいのであればそれで十分です。
環境を見ない限り正確には言えませんが・・・。


あなたの趣味はわかりませんのでこれが良いという回答は不可能ですが、植物の品種を見たいのであれば「ヤサシイエンゲイ」で検索してください。
一般的な観葉植物は見れます。

Q剪定と強剪定って??

剪定と強剪定というのは違うものですか?
切り方などが違うのでしょうか??
ちなみにラベンダーの剪定について今調べています。

Aベストアンサー

 こんにちは。私もラベンダーを育てていますので、良かったら参考にして下さい。
 剪定と強剪定の違いですが、まず剪定の意味をタキイのHPで調べてみました。何となくそれ以外言いようがない感じなんですが(^_^;)。ちなみに強剪定は載ってませんでした。
http://www.takii.co.jp/glossary/se.html#27
 他のサイトでは剪定と強剪定の違いが載っています。
http://www.kysmp.com/yogo.html
http://sky.geocities.jp/shirasato99/glossary0.html
 調べてみたら、何センチとかは具体的には載っていませんでした。これは植物やどれだけ成長しているかによって違いますので一概にはいえないからだと思います。
 私見で申し訳ないのですが、私にとっての剪定はあくまでも少し形を整えたり、花ガラを茎ごと切ったり、中を少し透かしたりする程度です。全体的にはあまり形は変わらなくて、少し整えた程度でしょうか。
 強剪定はガッツリいきます(^_^;)。植物もガッツリに耐える草木が対象です。私の庭ではミモザ、椿、アリッサム、インパチェンス、ペチュニア、ハーブ類などが当たります。タイムやミントなど梅雨前に収穫を兼ねて行う強剪定は、半分以下に切り詰めます。この行為を「切り戻し」と言います。中を透かして蒸れを予防する働きもありますし、ペチュニアやインパチェンスなどは徒長して花も咲かなくなってきますので、ガッツリ切って(強剪定ですね)秋にもう一度花を咲かせるようにしています。
 ラベンダーは、私の種類と違うかもしれませんので(私のはストエスカスです)分かりませんが、強剪定可能です。全体の1/3ぐらい切り詰めて(高さは半分以上ぐらい)、中も透かしてOKです。ただあまりハゲ坊主にしますと枯れるかもしれませんので、全体を見ながら行って下さい。私のラベンダーはやりすぎて外国の金持ちのテーブルとかにあるロウソクの蜀台みたいになってしまいましたが(^_^;)、枯れずに今年も花が咲いています。
 一応切り戻しの仕方が書いてあるサイトを貼っておきます。
http://www.kusanone-en.com/contents2-6.htm
http://www.eonet.ne.jp/~bloom/2_raben.htm
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/herb/lavender.html

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。私もラベンダーを育てていますので、良かったら参考にして下さい。
 剪定と強剪定の違いですが、まず剪定の意味をタキイのHPで調べてみました。何となくそれ以外言いようがない感じなんですが(^_^;)。ちなみに強剪定は載ってませんでした。
http://www.takii.co.jp/glossary/se.html#27
 他のサイトでは剪定と強剪定の違いが載っています。
http://www.kysmp.com/yogo.html
http://sky.geocities.jp/shirasato99/glossary0.html
 調べてみたら、何センチとかは具体的には載っていません...続きを読む

Qどなたかこの花の名前ご存じでしょうか?

どなたかこの花の名前ご存じでしょうか?

Aベストアンサー

ジャーマンアイリス(ドイツアヤメ)
http://www.hana300.com/doitua.html


人気Q&Aランキング