この冬に母とニュージーランドのミルフォードトラックツアーに
3泊4日で参加します。ツアーでガイドつきなので安心なのですが,
トレッキングシューズはどのような物がおすすめですか?
また,関西におすすめのお店があれば教えて下さい。
4日間といっても実質3日で峠越えが1回の約54kmを歩きます。

他にもトレッキングに関してアドバイスがあれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私は今年の3月に行ってきました。


トレッキングシューズについては、前の方々が説明しておりますので省略しますが、まずは専門店の靴コーナーで、具体的な計画を話して相談し、目的にあった物を選ぶのが最良です。無論防水性の良い物です。早めに用意して履き慣らしておくことと、同時に歩く為のトレーニングも必要です。ご質問の内容から、余り山歩きはされて無いように推察されます。(ちがったら、すみません)
少なくとも5~6時間(ゆっくりで良いです)は歩ける様に足慣らしをしておき、足豆対策も店の方に相談してください。背負う荷物はぎりぎりまで軽量化を計って下さい。食事は美味しい物が充分用意されてますので、余分な物は不要です。いたれりつくせりですし、現地サポートも万全です。
登山、トレッキングは準備をすること自体も大きな楽しみです。1つの情報、1つの店だけでなく、いろいろと見て回って関連した情報も同時に得て確認ください。
登山装備は常に改良されたり、材質が良くなってますので最新の物を専門店でアドバイスを受けるのが最良ですが、応対する店員も経験がいろいろですから、すぐには購入しないで数ヶ所回って慎重に選ぶのがベターです。
サンドフライのことも出てましたが、現地の虫よけ(オイル状の物とスプレー式有り)だけでは完全防止はできません。私の場合はオイルを塗りましたが、顔と手の部分が多数刺されて帰国後もその後が残りました。一応、頭に被るネットと薄手の手袋を用意された方が良いと思います。足も長ズボンが必要です。ネットは登山用品店などにあります。日本製の虫除けはスプレー式は飛行機持ち込みが出来ません(小さな物はOKとの情報もありますが)ので、シート状などの塗るのがあります。日本のは効果なしとは聞いてましたが、一緒のメンバーで持参して良かったと言う人も居ました。
次に余計なことかも知れませんが、最初の夜に参加者全員が自己紹介を英語で行います。通訳を通すのも方法ですが簡単な言葉を用意されたら良いと思います。また各グループ毎(各国毎)で歌も歌うことになります。(おそらく)
まだ2ヶ月以上ありますから、準備は間に合います。
では、良いトレックを。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどなるほど,自己紹介アンド歌の紹介も含めて一応ツアーの内容は
情報を貰っているのですが,なにせ泊付のトレッキングは始めてなもので
とても参考になります。
母は一泊で登山やキャンプに行ったり,雪中登山の経験があるのですが,
私は週一回のスイミングしか運動をしていませんので,トレーニングを
ぼちぼち始めてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/14 21:33

96年2月頃にMilford Track Guided Walkに参加しました。

Milford Trackは3日目の峠越以外は容易で、コースもよく整備されていますので、くるぶしまで保護された、ナイロン製のコンビ・タイプのトレッキング・シューズで充分です(欲を言えばヌバック製が最高)。ただ、Milford Trackのあるフィヨルドランド地域は天候が変わりやすく、3~4日に1日は天候が崩れると言われているので、防水スプレーをしておいた方がいいでしょう。スパッツは特に必要としませんが、あると便利でしょう。
ガイドツアーの場合はザックやレインウェアなどを貸してくれますが、上等のものとは言い難いので、自前のイクイップメントを持っていくことをお勧めします。レインウェアやその他のウェアは透湿速乾性のものがベストです。ちなみにガイド用ヒュッテには乾燥室などもあるので、下着くらいは洗濯できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シューズはすでに手に入れて
足慣らしを始めたところです。
ザックやレインウェアは借りようと考えていたのですが
・・・。今思案中です。
とにかく,参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/06 12:27

こんにちは~!


シューズですが、私もやはり『ゴアテックス』で『ハイカット』の物をお薦めします。
これからも本格的に山に登られるのでしたら、ソール(靴底)は『ビブラム』製のシューズがお薦めです。(滑りにくい)
でも、それほど行かないという事で、今回のコースも簡単な物であれば、『ホーキンス』の『ハイカット&ゴアテックス』の靴を購入するという手もあります。
値段も1万円弱だしね。
ただ、やはりそれなりですが・・・・・ ;^_^A

ホーキンスは何処の靴屋でも売ってますし、本格的なシューズを購入されるとなれば、下の方も書いておられた『ロッジ』とそのすぐ近所にある『IBS石井』がいいと思います。(下にリンクしておきました)
どちらにもシューズ専門のスタッフが対応してくれるので、色々と相談されたらいいと思いますよ~

気を付けて楽しんで来て下さいね!! (-^〇^-)

参考URL:http://www.ibs-ishii-sports.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ゴアテックスでハイカットですね。
呪文のような言葉がやっと普通名詞になってきました。
これからのことは未定ですので,
とにかく何度かお店に足を運んでみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/13 20:21

私、行った事があるのですが、コースはよく整備されていて、歩きやすいところです。

雨が降る確率が高いので、ゴアテックスを使っているような防水の物がいいと思います。大げさな重登山用の靴は要りません。ガイド付ならなおさらでしょう。個人的にはダナーのダナーライトなどがソールが硬くて履きやすく、完全防水で好きですね。
他の装備としては、スパッツと、雨ガッパ、あとポールがあればなお良いと思います。登りは結構しんどいので、ポールが1本あると楽ですよ。あ、あと、サンドフライというブヨのような虫が多いので、虫除けを買ってください。噂では、日本の虫除けは効かないらしいので、現地で必ず買ってください。そして、露出部分にまんべんなく塗りましょう。さもないとかゆくて気が狂いそうになります。ガイドさんが持ってるかもしれませんが。
ところでガイド付ですでに申し込んでいるんですよね?本当は英語が少しでも話せるのなら、フリーで行くのがお奨めです。料金が段違いに安いし、一般の人と、ガイド付で行くのと、泊まるところが違うのです。私は一般で行ったのですが、40人同じ所に3泊するので、いろんな人と仲良くなれますよ。世界各国から歩きにきているので、いろんな国の人と友達になれますし。ハット(小屋)では、夜にワーデンという、DOC(国のやっている自然保護局)の方が、ガイドを交えた楽しい話しをしてくれます。もちろん食事の用意など、大きな荷物を持ってかなくてはなりませんが、言葉がわからなくても、すごく楽しいですよ。ミルフォードを歩こうなんていう人たちは、いい人ばかりですから。ガイド付ツアーは、楽な分、ちょっと仲間はずれっぽくなります。お母さんとご一緒なら、大きな荷物は大変かもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切にいろいろありがとうございます。
母と一緒なので無難に現地のトレッキング会社に
メールでガイド付きツアーを申し込みました。
今回のトレッキングの様子をみて,次回は・・・と考えています。
多分,ガイドツアーも40人定員で同じところ(フリーツアーとは
別の小屋らしいですが)でドミトリー形式だそうです。
年末出発なのでまだまだ準備期間がありますので,
ぼちぼち揃えていきたいと思います。

お礼日時:2001/10/09 22:44

ミルフォードトラック!! いいですねぇ!


私もいつか行きたいと思っている所です。
私は6~7年前から山へ行き始めました。
行っているうちに感じたのは、靴と雨具はいい物を買わなければいけないなぁ、ということです。
靴は長時間履いていても疲れない、雨が降っても中まで濡れない、足首までちゃんとガードできる、などが基本だと思います。
あとは、縫製は・・、ソールは・・、と言い出すとキリがありません。
ゴアテックスのハイカットシューズがオススメです。
私は初めて靴を買うときに、『BE-PAL OUTDOOR BOOKLET』のトレッキングシューズブックを読みました。
とても参考になりましたよ!
お店で相談して買うなら、ロッジ(大阪第4ビル2階:06-6341-5578、京都店:075-222-0363)がいいと思います。
私は京都店には行ったことがありませんが、大阪店のほうは何度か行っています。いろいろアドバイスしてもらえますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速トレッキングシューズブックを手に入れて,研究したいと思います。
具体的なアドバイスをありがとうございます。

お礼日時:2001/10/09 02:30

ここ数年、トレッキングシューズを愛用しています。


あまり参考にはならないと思いますが、デザインより履き心地のよいものをお勧めします。特に靴底が高くない方が膝や足首に負担がかからないでしょう。そして足の横がどうしても当たるようなものは(私はそれで困っています。気に入っているので毎日はいていますが)やめた方がいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。履き心地を十分に確かめたいと思います。

お礼日時:2001/10/09 02:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトレッキングシューズ

最近のトレッキングシューズは足の先が上を向いているのが多いと思います。
これはなぜですか?
歩き易いのでしょうか? ぐらぐらするのでしょうか。

また、値段の高い靴は上を向く角度がきつくない傾向にあると思います。
安い靴はわざと角度をつけて履きにくくして、高い靴に誘導しているのでしょうか?

Aベストアンサー

 トレッキングブーツは爪先が上を向いているモデルが多く、「値段の高い靴」はフラットなモデルが多いのは確かです。
 例えばスカルパのラインアップを下にリンクしますが、トレッキングブーツとマウンテンブーツでは爪先のカントが違います。写真で見ればさほど極端な違いはないように見えますが、履いてみれば一目瞭然です。

スカルパのトレッキングブーツ
http://www.lostarrow.co.jp/CGI/products/list.cgi?kbn=2&brand_cd=18&act_cd=2&ctgr_cd=83
同じくスカルパのマウンテンブーツ
http://www.lostarrow.co.jp/CGI/products/list.cgi?kbn=2&brand_cd=18&act_cd=2&ctgr_cd=81

 爪先にカントを付ける(上を向ける)理由は簡単で、堅いソールでフラットだと極端に歩きにくいからです。人間が歩く動作をする際は爪先を使うのが自然な動きで、ソールが堅くてフラットだと爪先を使えませんから本当に歩きにくいです。
 ですから爪先にカントを付ける、すなわち上に向けて自然な歩行動作ができるようにしているわけです。

 "いざり歩き"が登山での歩行技術、と言われていたのも、昔の登山靴はソールが硬くフラットだったので、そういう歩き方をしないと足を痛めたからです。地面にフラットに足を置くのは登山での歩行技術の基本ではありますが、足を地面から離すときに爪先を使ってはいけない、という意味ではまったくありません。ですから現代のトレッキングブーツで"いざり歩き"をする必要はゼロです。
 でも、地面にフラットに靴を置く、というのは歩行技術の基本ですよ。それは間違えないでください。
 爪先のカントは、その「地面への足の置き方」には関係ありません。「地面から足を離すとき」に関係してくる要素です。

 念のため、これも少し考えれば一目瞭然ですが、ソールが柔らかい靴はソールが曲がって爪先の動作に追従するので、爪先にカントを付ける必要はありません。極端な話、ランニングシューズは爪先を使いまくりますが、ソールはフラットでしょ?
 ですからウォーキングシューズも、ソールの堅さの設定によっては爪先のカントはさほど付けられていません。

 さて、「高い靴」の話を。

 「高い靴」というのは、上のスカルパのマウンテンブーツでもそうなのですが、通常は「冬山用の靴」です。
 冬山用の靴というのはアイゼンを装着するのが前提です。ここでいうアイゼンとは、4本爪や6本爪の"アイゼンもどき"ではなく、12本や14本爪で前爪を持ったアイゼンです。

 冬山でもフラットに足を置く基本に変わりはないのですが、アイゼン装着で堅い氷の上に立つと、爪先にカントが付いているとアイゼンの爪が均等に氷に刺さらない、すなわちフラットに足を置けていない状態になってしまいます。これは雪渓くらいではほとんど感じませんが、アイゼンの爪が完全に入らないほど堅い氷の上だと、爪先の方の爪の効きが悪くなるのがはっきり判るくらいになります。

 ですから冬山用の靴は、「堅いソールでフラット」な方が断然有利なのです。まあそもそもソールのカントが強いときちんと装着できないアイゼンも出てきたりしますし(靴とアイゼンの相性の問題がシビアになる)。
 もちろん、強い傾斜の斜面を前爪だけを効かせて登るような際も、爪先にカントが付いていると前爪が上を向いてしまうので効きが悪くなってしまいますし。

 ですから「アイゼン対応靴」でも、ヒマラヤなどの高所で使う靴はほぼ100%アイゼン装着状態で使われるので「歩行性能」はほぼ無視して良いわけですし、残雪期を想定した靴だとツボ足(何も装着しない靴だけの状態)で使われる率も高いので歩行性能も重視されていたりします。そのあたりは爪先のカントの付け方がけっこう重要な要素になっています。
 爪先のカントは一見フラットでも、ソールの形状を工夫したりして歩行性能もさほど落としていないモデルもあるので一概には言えませんが。

 というわけで、爪先のカントの付け方は単なる「値段」ではなく、「用途の違い」によるものです。

 トレッキングブーツは爪先が上を向いているモデルが多く、「値段の高い靴」はフラットなモデルが多いのは確かです。
 例えばスカルパのラインアップを下にリンクしますが、トレッキングブーツとマウンテンブーツでは爪先のカントが違います。写真で見ればさほど極端な違いはないように見えますが、履いてみれば一目瞭然です。

スカルパのトレッキングブーツ
http://www.lostarrow.co.jp/CGI/products/list.cgi?kbn=2&brand_cd=18&act_cd=2&ctgr_cd=83
同じくスカルパのマウンテンブーツ
http://www.lostarrow....続きを読む

Qトレッキングシューズの手入れ方法(自然派で)

ゴアテックスのトレッキングシューズを買ったのですが、店員さんに防水スプレーと汚れ落としスプレーで毎回手入れしてくださいと言われました。ただ手入れをする場所の玄関で猫がゴロゴロ身体をなすりつけてよく寝てまして、そこで化学物質を撒き散らすのに抵抗が‥
ワンルームなので他の場所でやるのも難しく、何とか自然派素材などで対応できないでしょうか?普通に水拭きでもしてればいいでしょうか?
山ではないのですが、ほぼ毎日川沿いをよく歩きます。木が生い茂っていて、土である程度靴を汚して帰ってきます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

毎回 汚れ落としスプレーする必要は、ないでしょう 
汚れたら ます 払い落とす→拭き掃除では? それで取れない汚れは、ケミカルのクリーナー
防水スプレーが 効いていれば しみこみ汚れも付きにくいと思いますよ。

汚れが付着した状態で 防止スプレーを掛ければ 汚れをコーティングしてしまう事になります。

防水スプレー(防水被膜)は擦れに弱く 熱を掛けることで 復元します。
レインウエアーなど 弱い低温アイロンかけすることで 防水性が復活しますし 胴体脇と袖の内側は、擦れるので 防水性が落ちるのが早いです。
靴も 擦れる部分が有れば そこから 防水性が落ちると考えられます。

猫への害ですが 箱などに収納し 直接触れないようにするしかないでしょう。
ケミカルですから 動物に良いことは、ないです。 防水スプレーのにおいは、人間でも深いでしょう!

あと 参考までに ゴアテックスや透湿素材は、水を通さない小さな穴が開いた繊維です。透湿素材専用の
防水スプレーでないと この 通気孔を塞いでしまいます。
洗剤も 普通の洗剤で洗うと 通気孔に詰まると言われてます。
なので 必ず 専用洗剤と 防水スプレーを使用してください 
自分は、NIKI WAxを使用してます。 酸の様な酸っぱいにおいがしますが ガス式スプレでなく
指で シュコシュコポンプ式のスプレーなので 使いやすいです。 専用洗剤も販売してますね。

毎回 汚れ落としスプレーする必要は、ないでしょう 
汚れたら ます 払い落とす→拭き掃除では? それで取れない汚れは、ケミカルのクリーナー
防水スプレーが 効いていれば しみこみ汚れも付きにくいと思いますよ。

汚れが付着した状態で 防止スプレーを掛ければ 汚れをコーティングしてしまう事になります。

防水スプレー(防水被膜)は擦れに弱く 熱を掛けることで 復元します。
レインウエアーなど 弱い低温アイロンかけすることで 防水性が復活しますし 胴体脇と袖の内側は、擦れるので 防水...続きを読む

Qトレッキングシューズでおすすめあったらお願いします! 防水タイプが良いので、個人的にはモンベルのトレ

トレッキングシューズでおすすめあったらお願いします! 防水タイプが良いので、個人的にはモンベルのトレッキングシューズが良いのかな?

と思います…

妻が軽登山したいとのことですので、誕生日を兼ねてプレゼントしようと思いまして。

自分のと合わせて二足買おうと思いますので手頃なやつが良いです。

宜しくお願いします

Aベストアンサー

防水タイプと言わずに、

いっその事ゴアテックス(レインウエアーやダウンパーカーに使われる物)のシューズにされては?、防水能力は折り紙付き、
透湿性も高いですし、価格は少し高め、

最近では各社から出されてますよ。

Q北アルプストレッキングの3泊4日のプラン

今月末に北アルプスへいこうと思ってます。

北アルプスで 『槍ヶ岳』『奥穂高岳』のどちらかのピークに行くとして、お薦めの3泊プランを教えて下さい。

出発、帰還地点は自由でかまいません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

裏銀座
1日目 大町→高瀬ダム→ブナ立尾根→烏帽子小屋 泊
2日目 烏帽子小屋→野口五郎岳→水晶小屋(水晶岳ピストン)→鷲羽岳→三俣山荘 泊
3日目 三俣山荘→双六小屋→西鎌尾根→槍ヶ岳 泊
4日目 槍岳山荘→横尾→上高地→松本

なんてコースはいかがですか?
昨年槍の方へ行かずに、雲の平で遊んで鏡平経由で新穂高温泉へ下りましたが、とっても良かったですよ。
但し、結構ハードかもしれません。でも皆さんこんな行程のようですよ。
表銀座(燕~槍)にしても裏銀座(烏帽子~槍)にしても段々槍が近づいてくるのが特徴で、結構達成感もありいいと思います。

三俣山荘のスカイレストランは特にお勧めです。
ご検討下さい。

下記URLは私と同行した仲間のHPです。昨年夏の裏銀座写真がありますのでご覧いただければ。。。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Himawari/4164/y010826-1.htm

Q長時間稼働GPS,軌跡を残せるもの,地図は重要でない,拡張性必要

よく圏外にいるのでauの携帯電話は持っていますが、GPSをほとんど使えません。
あと携帯電話では電池不足になりやすく困っています。

地図を頼りに歩いているというような使い方ではなく、その時々の重要なポイントで場所を記録しています。
電池が持つならば軌跡を記録、不可能であったとしても記録を残したい場所、特に重要な場所でボタンを押せば簡単に記録できる物が欲しいです。
もし地図も内蔵できるのであれば、おおよそのこの辺だよ~というくらいの大ざっぱな地図が見れるだけで十分です。
帰宅後そのGPS情報を元に地図を表示させられると思うので、PCと接続可能な物。

電池の持ち>記録の残し方が簡単>PCとの接続>地図・拡張性(将来的に地図を入れられるとか)

上記条件にうまく見合うような製品はないでしょうか?
長持ちするならば多少値段が高くても構いません。

過去の質問回答を見ましたが、私に見合う商品は分かりませんでした。
またPDAも携帯電話も私の目的には合わなそうです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

GPS(Garmin Geko201)使ってます。

このジャンル(非PDA)だと(少なくとも日本では)ほとんどガーミンの独壇場ですね。
http://www.iiyo.net/outdoor/products.htm#basic
ForeAthlete 101以外は、シリアルもしくはUSBでパソコンとデータのやりとりが可能です。自分はGeko201ですが、USBシリアルアダプタでパソコンに繋いでいます。カシミールなどのフリーソフトで、軌跡ログをPCに取り込む事ができます、

ただ、自分が使っているGeko201ですが、弱点は電池が単4のためか連続稼働時間が他の単3モデルより短い事です。ニッケル水素電池で、付けっぱなしで10時間もつかどうかという所です。まあ、気がついた時点で電池交換すれば済む話では有りますが。(車の場合は車から電気が取れるので問題ない)
#「なるべく小さいのが良い」という事で選んだまでです。

地図が使えるかどうかは前述のリンク先を見れば分かると思います(Geko201は地図は使えません)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報