アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

冬は一番寒いときは-10℃から-15℃まで下がる所に住んでいます。家は狭くて、苗などを室内に入れて冬越しさせるのは無理なので野外で冬を越せるものを花壇に植えたいと思っています。
この寒さでも野外でも冬越しできる花にどんなものがありますか? 今まで植えて越せたのはなでしこ、ビオラ、パンジー、カスミソウ、ルピナスですが、これ以外のものでありましたら教えてください。

また寒冷地でのガーデニングについての情報が載っているサイトもしくは本があれば教えてください。大概の本やカタログはもっと温暖な気候を基準にして書いてあるので、耐寒性強と書いてあってもここでは無理だったりしてあまり参考になりません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こちらは北海道の札幌です。

雪がお布団の代わりをしてくれるので、かなりの種類が冬越可能です。
うちで長年過ごしている多年生植物はアカンサス・アガパンサス・アストランティア・アルストロメリア・アルメリア・アンテミス・いちげ・イベリス・いわからくさ・エンレイソウ・おだまき・翁草・オレガノ・キャットミント・ガウラ・カンパニュラ・ギボウシ・京鹿の子・シャスタ-デ-ジ-・クリスマスロ-ズ・クレマチス・けし・けまんそう・キンケイ菊・コレオプシス・桜草・シダルサス・石竹・秋明菊・ショウマ・芝桜・ジャ-マンアイリス・ジギタリス・しらねあおい・ストケシア・あ・から・わ・の忘れな草までまだまだたくさんありすぎて書ききれません。
お花の参考書では北海道新聞社から出ている、荒井道夫さんの書かれた「北海道の花づくり問答」「北海道四季の園芸なんでも相談」をお勧めします。
とても具体的に書かれているので、細かいところで迷わなくてすみます。
本州のカタログに載っている耐寒性強は、ひとつの目安になると思いますが、北海道の場合は寒冷地ではなく、厳寒地だそうでガッカリしました。後は育ててみるしかないんですよね。
その年の冬の様子でダメになったりうまくいったり、それもまた楽しいから続けているのかもしれませんが・・・。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

北海道はここより寒そうなのにずいぶんと冬を越すのですね。ただここは年によってはそれほど雪が降らないので「雪が布団代わり」と言うわけには行かないかもしれません。「北海道の花づくり問答」「北海道四季の園芸なんでも相談」、早速探してみようと思います。こういう本を探していたので教えてくださって本当にありがたいです。今まで締め切らないで粘った甲斐がありました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/07/30 21:40

我が家で越冬しているのは次のようなものです。

 
因みに冬場の最低気温はマイナス5℃~マイナス9℃です。
*宿根サルビア
*西洋ニンジンボク
 http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/
*アスチルベ
*リシマキア
*アジュガ
*ブッドレア
*クリスマスローズ
*イワダレソウ
*レンゲショウマ
*ブリエッタ(サフィニア系、但しちょっとテクニックが必要です。
 今年で越冬2年目です。マーガレットも挑戦しているのですがまだ成功しません。)
*ユリオプスデージー
*アルメリア
*モスフロックス
*マツバギク
*バレン菊
*沢キキョウ
*クレマチス
*トラノオ
  など等、まだまだあると思いますよ。 思い出したものだけ列記しました。
下記よりカタログを取り寄せてみてください。 耐寒性(マイナス?℃)、耐暑性(強、中)に他いろいろ付記されています。
http://www.ogis.co.jp/sub5s.htm
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご丁寧な回答、どうもありがとうございます。結構あるんですね。
聞いた事がないお花も色々あり、調べてみたいと思います。カタログも早速予約しました。

お礼日時:2005/07/02 21:06

人生の半分ほど海外各地に住んでいましたが、



日本で手に入りやすいのは、ムクゲ(現地名:ムグンファ)ではないでしょうか?
何しろ、韓国の国花(らしい)で、国中そこらじゅうに植えてありますから。

これはハイビスカスと同じ種類だそうです。
日本にもハイビスカスの亜種がありますね。名前亡失ですが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ムクゲ、満開のとききれいですよね。あまりお店で見かけないような気がしますが、今度探してみます。

お礼日時:2005/07/02 20:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Q冬に強い花・植物教えてください!

見てくださってありがとうございます。
私は山形で雪の多い地方に住んでいます。
ガーデニングは始めて1年程で初心者です。
冬にも花や植物が楽しめたらと思って居るのですが、
冬の山形でも育てられるような寒さに強い物が
ありましたら、教えてください!宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。私は逆に暖かい四国に住んでいますが、園芸が趣味ですので良かったら参考にして下さい。
 最低気温が何度ぐらいになるか分かりませんが、割と寒さに強く育てやすい植物を紹介します。
●クリスマスローズ(オリエンタリス)
 今ブームになっているので、沢山種類があります。植え付けもちょうど今頃で苗が沢山出回っています。多年草(パンジーなどと違ってずっと育てられる)ですので、植える時は長年楽しむという事を考えて植えてみて下さい。最適な場所は夏の西日が当たらない場所です。
 植え付け時はかなりでかくなりますので、株間は30センチ以上は取って下さい。丈夫で花期が長くてとてもお勧めです。尚小さな苗は花が咲くのが再来年になりますので、1,000円前後の物をお求め下さい(花屋さんに聞けば教えてくれます)。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●カレンデュラ(冬知らず)1ポット200円弱位。
 別名からも分かるように耐寒性があります。丈はそんなに高くありませんので、パンジーなどと合わせる時はパンジーよりも前にもってくると良いですよ。横に伸びますので株間は20cmぐらいは開けてください。仏花としても御馴染みのキンセンカの仲間です。
http://www9.plala.or.jp/mosimosi/flower/h/huyusirazu.htm
●スノードロップ
 只今球根が出回っています。チューリップよりは少しお高いですが、耐寒性は非常にあり可憐で可愛い花です。丈は低いですので花壇の前の方の日当たりの良い場所に植えて下さい(今植え時です)。チューリップなどと違い植えっぱなしOKです。
http://yasashi.info/su_00014g.htm
●スノーフレーク
 別名スズラン水仙とも言うようにスズランに少し似ています。耐寒性があり水仙と同じように非常に丈夫で、スノードロップよりは球根はお手頃です。植えっぱなしOKですので非常に楽ですよ。
http://www.yasashi.info/su_00008.htm
●ローズマリー
 耐寒性は非常にあります。ただし雪の重みで枝が折れたりする事はあるようです。料理やリースの材料としても使え、花も地味ですがピンクやブルーの花が咲きます。乾燥を好みますし、肥料は与えなくて良いので放任栽培OKです。上に伸びる立ち木性と這っていくタイプがありますので、お好みのものをどうぞ。
http://yasashi.info/ro_00002.htm←こう見えても花は咲きます。
 ローズマリーに限らずハーブは大抵耐寒性があります(ヨーロッパ原産のものが多いので、寒さと雪に強い)。ユーカリやヘリオトロープなどの例外はありますが、ハーブガーデンにしてもオシャレですよ。
●ノコギリ草 1ポット200~100円
 ヤロウという別名でも売られています(ハーブの仲間)。非常に耐寒性が強く一度植えると地下茎でドンドン増えます。丈が高くなるの切花としてガンガン利用できます。ただし植え時は今ですが、花は来年の5月頃になります。非常に丈夫ですがそれ故に地下茎での繁殖率が高いので花壇というよりも、そこら辺に植えると良いですよ。
http://www.yasashi.info/no_00001.htm
●パンジー 1ポット100円ぐらい
 No.1の回答者様がビオラを挙げられていますが、パンジーもOKです。凍った感じになっても放っておけば自力でなんとかします(^_^;)。種類も豊富ですし、安価で大量に出回ります。前述の冬知らずやスノードロップと合わせても良いですよ。
http://www.yasashi.info/ha_00001.htm

 山形県の比較的大きな園芸センターで聞いてみると一番情報がつかめると思います。その際、オシャレな花屋さんとかではなく農家の方も利用するような種苗店などに専門家がいます(ホームセンターとかにもたまに専門家の方がいらっしゃいますが)。その方達が一番地元の園芸情報を御存知だと思いますので「これ庭植えOKですか?」と聞いたら教えてくれると思いますよ。↓も参考にしてみて下さい。
http://www.yasashi.info/samu_01.htm

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。私は逆に暖かい四国に住んでいますが、園芸が趣味ですので良かったら参考にして下さい。
 最低気温が何度ぐらいになるか分かりませんが、割と寒さに強く育てやすい植物を紹介します。
●クリスマスローズ(オリエンタリス)
 今ブームになっているので、沢山種類があります。植え付けもちょうど今頃で苗が沢山出回っています。多年草(パンジーなどと違ってずっと育てられる)ですので、植える時は長年楽しむという事を考えて植えてみて下さい。最適な場所は夏の西日が当たらない場所です。
 ...続きを読む

Q寒冷地向きの目隠し植物(木)を教えて下さい

現在、木製フェンスがあるのですが
高さが50cm位と低いので
目隠し用に木製フェンスの内側に植物(木)を植えたいです。

高さ140cm前後が理想です。
雪も降る寒冷地なのですがどのような物が向くのかよくわかりません。
初心者にも扱えそうな物がありましたら教えて下さい

フェンスも検討しましたが高さ140cm前後が理想なので
高額になるのと強風などが心配などで植物を考えています。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

・ナナカマド,ライラック
北海道の方では普通に見る庭木だったかな?

・大紅ウツギ,スズランの木
低木だったと思います,花が可愛い

・カイドウ(ミカイドウ,ハナカイドウ)
日当たりが良くないと花付きが良くないらしい

高木になる種類もありますが,好みの高さまで成長したら芯止めしても大丈夫です
ウチは暑いので無理だけどエゾノコリンゴは可愛いなぁ

あとは梅もオススメです

Q花期の長い宿根草&多年草教えて下さい!

別件で質問している者です。
洋風の一戸建てに住んでいます。居住地は東海地方の沿岸寄りです・・・海辺ではありません。

田舎なのである程度庭がありますが、子供が小さくてガーデニングに集中できません。
でも春だし、お庭に花を咲かせたいな・・・っと思いまして・・・

そこで花期が長くて毎年咲くお花があったら教えて下さい。
それから、花は咲かなくても常緑の葉っぱで存在感のある物なども教えて頂けたら嬉しいです。

今植えてあるものは、コニファー・オリーブ・ライラック・ヤマボウシ・シマトネリコ・柚子・レモン・ネメシア・パンジー&ビオラ・アリッサム・マーガレット・ステラ・カーネーション等です。

Aベストアンサー

グランドカバーてきな花になりますが、宿根のバーベナは、長く花も咲きますし多年なので、お庭でしたら、毎年上手に育つのではないでしょうか?

あと、似たようなもので、ランタナもおすすめです。とても丈夫ですし、こんもりとボリュームがあるので、葉としての存在感もあると思います。黄色、紫、オレンジなどいろんな色があるので、ミックスして植えてみるのも楽しいと思います。

カモミールや、ミント、レモンバームなどのハーブ系も、丈夫ですし、カモミールは花から種がおちると翌年も勝手に芽をだしたりします。地植えだとハーブ類はよく育つと思いますし、利用価値もあると思います。

黄色のユリオプシスデイジーも丈夫で、開花時期も長くてお勧めです。あと、壁などに這わせるのでしたら、つる性のジャスミンがお勧めです。とにかくよく伸びるので、お庭の雰囲気もだせると思います。春には香りの良い花がよくさきます。ものすごく丈夫です。そろそろ苗が出回ると思います。

同じくつる性の、時計草やてっせんも、花はかわいらしいし、つるがのびるさまも楽しめると思います。そしてとても丈夫です。

がんばって、素敵なお庭にしてください。

グランドカバーてきな花になりますが、宿根のバーベナは、長く花も咲きますし多年なので、お庭でしたら、毎年上手に育つのではないでしょうか?

あと、似たようなもので、ランタナもおすすめです。とても丈夫ですし、こんもりとボリュームがあるので、葉としての存在感もあると思います。黄色、紫、オレンジなどいろんな色があるので、ミックスして植えてみるのも楽しいと思います。

カモミールや、ミント、レモンバームなどのハーブ系も、丈夫ですし、カモミールは花から種がおちると翌年も勝手に芽をだし...続きを読む

Q花壇の土の作り方で悩んでます

ガーデニング初心者です^_^;
最近花壇をレンガで囲い作り直しました。
今までの花壇は、敷地と同じ高さで、囲いを作り、掘って、黒土に腐葉土を混ぜたものをつかっていました。
しかし、半年程使いましたが、土が、とても硬くなり、花の成長も悪いように思います。
今回、敷地より25cm高くし、盛り土で、土の質も良い花壇を作り直したいと思い、ご相談ですm(_ _)m

花壇の大きさは大体2m2くらいです。
今日、ホームセンターで、「プランターの土・花と野菜用14リットル」と言うのを5袋と、発酵牛糞1袋と、赤玉土1袋を購入しました。
しかし、色々ネットで検索してましたら、この土の選択は違っていたかなと思い、明日だったら、交換もできるので、違う土に交換したほうが良いか悩んでいます。
また、明日有機石灰か、苦土石灰も購入する予定です。

土の配合は、今まで使っていた黒土と、購入した「プランターの土」と、石灰と、牛糞を混ぜて使おうと思います。

そこで質問なのですが・・・
(1)混ぜ合わせる土の種類は、黒土と、購入した「プランターの土」と、石灰と、牛糞で足りないものはありますか?
また、上記の物を混ぜ合わせるときの、割合はどのような感じですか?
(2)発酵牛糞は、やはり花の根などに触らないようにしたほうがよいですか?
その際、どのように使えば良いでしょう?
根に触らない30センチ位底の方か、上に撒き散らしたほうがよいのか・・・
(3)赤玉土は、花壇には必要ないですか?
(4)できれば早く花を植えたいので、有機石灰を使おうかと思ってるのですが、やはり苦土石灰の方が、良い花が育ちますか?
苦土石灰の場合は、2週間はおかないと駄目ですか?
 
どなたか、ご存知の方、教えてください!!
よろしくお願いいたします。
 

ガーデニング初心者です^_^;
最近花壇をレンガで囲い作り直しました。
今までの花壇は、敷地と同じ高さで、囲いを作り、掘って、黒土に腐葉土を混ぜたものをつかっていました。
しかし、半年程使いましたが、土が、とても硬くなり、花の成長も悪いように思います。
今回、敷地より25cm高くし、盛り土で、土の質も良い花壇を作り直したいと思い、ご相談ですm(_ _)m

花壇の大きさは大体2m2くらいです。
今日、ホームセンターで、「プランターの土・花と野菜用14リットル」と言うのを5袋と、発酵牛糞1袋と...続きを読む

Aベストアンサー

地植えの場合、思った以上に多くの土が必要ですよね。
私だったら、土壌改良に「バーク堆肥」(樹皮を細かく砕いて醗酵させたもの。腐葉土の代わりになる。比較的安価。)を使います。
花壇を地上げするなら、他の黒土も持ってきて、古い黒土と共にバーク堆肥を混ぜながらシャベルでよく耕します。
バーク堆肥の量は、新しくもってきた黒土と同量ぐらいでいいでしょう。
もちろん「プランターの土」でもかまいませんが、できれば腐葉土やバーク堆肥を追加して、古い黒土と一緒によく耕しましょう。
なお赤玉土は不要です。赤玉土は主に鉢植え用に使います。

土壌改良した後なら、石灰(アルカリ性)は撒きません。
多くの花はアルカリ性土を好みません。ほとんどの花が弱酸性土を好みます。日本古来の花でしたら、もう少し強い酸性土を好みます。
(比較的アルカリ性と思われているクレマチスにしても、弱酸性土を好みます。)
苦土石灰等を撒くなら来年以降でしょう。
それも1平方メートルあたり軽く一握り程度です。
土の表面に撒き、耕して散水しておきましょう。
植え付けには、2週間あけた方がいいでしょう。
くれぐれも石灰の撒き過ぎには注意してください。

肥料については燐酸肥料(骨粉)を加えたほうが、花つきや実なりが良いです。
窒素肥料(油粕、糞類)と混ぜて使います。
穴を掘って施肥します。根に触れないように20cmぐらい覆土してから植えつけると良いでしょう。
くれぐれも上に撒き散らさないほうが良いです。(ハエが来ます。)

植えつける植物の種類によっても違いますが草花類でしたら、私の場合、これら有機肥料は使わず「マグァンプK」などの緩効性(化成)肥料を使います。
これは燐酸成分が多く、花つきがよいですからお勧めです。
植え付け時に土に混ぜて使います。根に直接触れても大丈夫です。
肥効一年の「中粒」と、二年の「大粒」が一般的でしょう。
一年草、多年草で使い分けします。
あと即効性の液肥として、ハイポネックス(原液)などの1000倍希釈液を、一週間に一度水遣りがわりに与えると更に効果的です。

追伸
ユリの地植え場合、30~40cmぐらい球根を深植えします。(適期10月~11月)
これは水分や養分を吸収する根(上根)が、球根の位置から上に生えるからです。
従ってユリの場合は、球根よりも上の土に施肥する必要があります。

参考URL:http://www.hyponex.co.jp/catalog/index.html

地植えの場合、思った以上に多くの土が必要ですよね。
私だったら、土壌改良に「バーク堆肥」(樹皮を細かく砕いて醗酵させたもの。腐葉土の代わりになる。比較的安価。)を使います。
花壇を地上げするなら、他の黒土も持ってきて、古い黒土と共にバーク堆肥を混ぜながらシャベルでよく耕します。
バーク堆肥の量は、新しくもってきた黒土と同量ぐらいでいいでしょう。
もちろん「プランターの土」でもかまいませんが、できれば腐葉土やバーク堆肥を追加して、古い黒土と一緒によく耕しましょう。
なお赤玉...続きを読む

Q寒冷地での生垣におススメな樹木ありますか?

道路に面した玄関前に畳二枚程度の庭があります。外から丸見えなので何か植栽をして生垣を作りたいと思っているのですが、当方、居住地が寒冷地で冬は1メートルほど雪が積もります。
寒冷地に強く、またあまり背が高くならないおススメの樹木はありますか?
家が洋風な感じなので、洋風な庭に合う樹木や下草を探しています。
北欧のような雰囲気に憧れています。
日当たりは午前中は当たりますが午後は影になります。
また横がお隣さんと密接しているので落葉がなければ…と欲張りな希望ばかりですが、
もしあればいいなぁと思い質問いたしました。
現在全く手入れをしておらず雑草生え放題で、芝生や砂利も検討しているのですが、
芝生を植えたり砂利をまいたら植栽ができなくなるかもと思い、放置状態の庭です。
素敵な庭作りのアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

北海道で、カツラの生垣を見たことがあります。
淡い緑のハート型の葉がそよそよ揺れていて素敵でした。
ただ、落葉するし、管理しなければいずれは高木なんですよね・・・。

洋風で半日陰で落葉しない耐寒性の、というと
コニファー、ヒイラギ、イチイ、キャラボクあたりが真っ先に上がります。
ボックスウッドやアベリアも、北海道では落葉しそうですが強くて素敵です。
立性のローズマリーも、きちんと立てておければかなり素敵ですし、
つるバラやブラックベリーも手入れが少々厄介ですが一気に洋風度が増します。

北欧のような雰囲気というのは
刈る人のセンスに依存すると思います。
コニファーも、太い竹を組んだところに植えて
ぱっつんぱっつんの角刈りにしたら北欧風から程遠いですよね。
また、ボックスウッドのきっちりした角刈りを見て
「フランスあたりの王宮みたい!」という人もいれば
「これなら日本家屋にも合うわ~」という人もいます。
何をどう整えたら質問者さんの北欧風に近付くのか、
イメージを整理してから選ぶことも大事かと思います。

ちなみに先のカツラの管理者さんは、
植え込む間隔を思い切って広くとることで、エアリーで柔和な印象を作り、
枝を長めに伸ばすことで和風になってしまうのを避けているとのことでした。
植えた年はスカスカで、かなり頼りない感じだったそうですよ。

雑草生え放題の部分は、こういう商品もあります。
http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=G515064&SHOP=2
http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=G515007&SHOP=2
何か植えたくなったら、そのまま土に混ぜちゃえばいいんじゃないかと思って。
厄介な害虫の棲み家にならないのかがちょっと心配ですが。

北海道で、カツラの生垣を見たことがあります。
淡い緑のハート型の葉がそよそよ揺れていて素敵でした。
ただ、落葉するし、管理しなければいずれは高木なんですよね・・・。

洋風で半日陰で落葉しない耐寒性の、というと
コニファー、ヒイラギ、イチイ、キャラボクあたりが真っ先に上がります。
ボックスウッドやアベリアも、北海道では落葉しそうですが強くて素敵です。
立性のローズマリーも、きちんと立てておければかなり素敵ですし、
つるバラやブラックベリーも手入れが少々厄介ですが一気に洋風度が増し...続きを読む

Q暑さに強く、生命力のある草花

去年、家を購入したことをきっかけに、プランターにいろいろ植えましたが、
夏バテをして、水やりをあまりしなかったせいで、ほとんど死んでしまいました。
もともと、体調を崩しやすく、きっと来年もそんな状態になると思います。
そのため、あまり水やりしなくても大丈夫な草花を探しています。
できれば、毎年花を咲かせてくれるものがいいです。
あとハーブや葉っぱものでもかまいません。

今、ちゃんと咲いているのはサザンクロスと、かろうじて生きているニオイザクラ。あとウインターコスモスです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら適していると思います。
 それから暑さが強いという事は関東かそれ以西にお住まいの方でしょうか?宿根や多年草の場合越冬できるかが鍵になりますので、寒さの厳しい所でしたら条件にあてはまらない場合がありますので、予め御了承下さい。
【宿根草、多年草】
●ベゴニアセンパフローレンス
 道路の植栽に植えられるぐらい丈夫で乾燥にも強いです。安価で100円ぐらいで売られています。ただし冬は室内に取り込むか軒先などに置いてください。霜に当たるとグッタリして一度に駄目になります。
http://yasashi.info/he_00002.htm
●カランコエ
 今頃から花屋さんに並び始めます。多肉(サボテンの仲間)ですので、乾燥には強いです。ただしベゴニアセンパと同じで霜には当てられません。
http://yasashi.info/ka_00005.htm
●ゼラニウム
 花が綺麗な昔からのゼラニウムと、匂いが特徴的なセンテッドゼラニウムがあります。こちらも冬は室内に取り込んでください。暖地なら戸外越冬可能です。
http://yasashi.info/se_00002.htm
http://yasashi.info/se_00008.htm
●ローズマリー
 寒さに強く乾燥にも強い丈夫な花です。ただし成長が早いので、プランターに植えても2年に一度ぐらいは植え替えの必要があります。乾燥には強いですがハーブですので、蒸れに弱いです。蒸れないように若干風通しを良くしてあげて下さい。
http://yasashi.info/ro_00002.htm
●ミント
 ミント類は丈夫で手間いらずで、ティーやバスにも使え重宝します。冬は地上部が枯れますが、春には芽吹いてきます。ただし相当成長力がありますので、1つのプランターには1種類しか植えてはいけません。他の植物を侵食します。また1つのプランターに2種類のミントを植えると雑種化しますので、必ず同じ種類のものを植えて下さい。成長が著しいので1~2年に一度は植え替えの必要があります。蒸れには弱いので(蒸れたからといって枯れませんが、見栄えが悪くなります)、梅雨入り前にバッサリ刈り取ってやると良いです。刈り取った物はティーやバスに使えます。
http://yasashi.info/mi_00003.htm
●メキシコマンネングサ
 相当強い植物ですが、プランターにコレだけ植えるというのは何となく華がないです。ただし多肉ですので乾燥には強く手間はかかりません。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/mannengusa0.htm
●マツバギク
 暖地なら越冬します。こちらも多肉ですので暑さと乾燥には強いです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Matubagiku.html
●アイビー
 割と強いですが、地味です。2年に1度は植え替えが必要です。
http://yasashi.info/he_00008.htm←こちら以外も色々な種類があります。
●オリズルラン
 暖地なら越冬できますが関東や西日本でも山間部なら難しいかもしれません。
http://yasashi.info/o_00009.htm
●アロエ
 乾燥には相当強いです。また花も咲きます。我が家では地植えですが、越冬基準はオリズルランと同じです。
http://yasashi.info/a_00020.htm

 多年草、宿根草でも丈夫なものは大抵成長も早くどのみち植え替えは必要です。そうしたら暑くなる前の6月頃に夏の乾燥に強く丈夫な花を植えて12月頃まで楽しむというのもテだと思います。
【1年草】
●ポーチュラカ
 カラフルで安価な夏の花です。乾燥には相当強いです。
http://www.yasashi.info/ha_00021.htm
●マツバボタン
 代表的な夏の花です。
http://yasashi.info/ma_00002.htm
●リビングストンデージー
 上の3つと同じ多肉系で丈夫で乾燥に強く、華やかです。
http://yasashi.info/ri_00006.htm
●ガザニア
 我が家では西日が当たる所に植わっていますが、元気に花を咲かせます。暖地なら越冬します。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●メランポジウム
 小さなヒマワリといった感じで単植でも見栄えがします。
http://www.yasashi.info/me_00001.htm

 これらの花達は今は終りですので、売られていません。またこの時期は夏の花と冬~春の花の境目の時期ですので、花屋さんに行ってもあまりないです。中旬から下旬ぐらいに行くとパンジー、デージー、アリッサム、ノースボール、ムルチコーレなどの丈夫で花期の長い花達が店頭に並び始めます。それまでにプランターを洗って太陽光線に当てて乾かし、土と鉢底石を買って準備をしておけば、苗を一気に買って一日で準備が終わります。
 また夏にある程度楽をしたいなら
(1)西日には当てない
(2)下がコンクリやアスファルトならレンガなどで下からの熱を防ぐ
などの対策が必要です。特に夏の西日は相当強烈ですので、これにも負けずに尚且つ多年草、宿根草というのはハーブではまずありませんし、乾燥に強いものでも越冬が難しかったりすると思います。

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら...続きを読む

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Q種をパーっと蒔くだけで育つ花

花を育ててみたいなと思っているのですが、
一つ一つ種を植えていくような方法ではなく、
種をパーっと蒔くだけで育つものはありますか?
(矢車草は、その方法で育つと聞きましたが、本当でしょうか?)

Aベストアンサー

好光性種子の話でしたら、
トルコキョウやバジル、プリムラビアリーミラクルなどなど。


矢車草って、丈夫で作りやすい早春の花!花径4~5cm、草丈80~100cmで、
花色は青が主体で、紫、赤、桃、白などの花色があり、非常に丈夫で、
やせ地でも作れる草花です。切花は水あげがよく、蕾でもよく開花するあれですか?
直まきOKです。

Q北海道でのチューリップの球根の植え方

北海道に住んでいます。
チューリップの球根をプランターに植えてみようと買ってきました。
自分なりに植え方を色々と調べてみたら、
冬期間も水切れに注意する・・・ということですが、
北海道の冬に水をあげたら凍ってしまうだけだと思うのですが、
どうしたらよいのでしょうか?
それから寒さに当てないと咲かない・・・ということですが、
北海道の厳冬期はマイナス20度くらいになりますが、
大丈夫なのでしょうか?

他にも北海道でチューリップをプランターで育てる際の注意事項等
ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

札幌在住です。
毎年プランターと地植でチューリップを咲かせています。
結論から言えば、プランターに植えっぱなしで全く問題ありません。
屋外に出しておきあとはそのまま放置です。
プランターですが、道東のような小雪で寒冷な地域であればむろに入れたり囲う必要が出るかもしれませんが雪が積もる地域であれば何もしなくて大丈夫です。
冬季は雪に埋もれますが、雪の中では保温作用と適度な水分が与えられますのでそのまま埋もれている状態が理想です。
寒いからといって室内に入れるのは厳禁です。
また、積雪前に芽が出ることもしばしばですが、これもそのまま冬を越しても問題ありません。

水遣りですが、雪が降るまでは自然の雨で十分です。
過剰な献水は球根を腐敗させますので注意してください。プランターなら尚更です。

チューリップは非常に育てやすい植物の一つですので、あまり気にせず放っておきましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報