″オービス(OVIS)の原理″(ねずみ取り、レーダー)を知りたいのですが、誰か解る方いませんか?
ドップラー効果式f′=f(c+v)/(c-v)を用いて説明してください。

A 回答 (1件)

ドップラー効果の式、まで御存知ならばもう答えが出ているような物と思いますが、



車に向けて電波を発射し反射波の周波数を測定して速度を測ります。

f=発射波の周波数(約10GHz?)
v=車の速度の2倍(100km/hの車であれば2*27.8(m/s)=55.6
c=光速(3x10の8乗m/s)

を代入すると反射波の周波数が求められます。

ただし、今では多くのオービスは電波式ではなくループコイルを使って
いるのでレーダー探知器では探知できません。(涙)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q屈折率の公式n=c/vのn、c、vは何の略?

屈折率の公式n=c/vでは

nが屈折率
cが真空中の光の速度=光速
vが媒質中の光の速度

ということですが、このnとcとvはそれぞれ何かの略でしょうか。
屈折率は英語ではrefractive indexですが、なぜnになるのでしょうか。
cはceleritusまたはvelocity constantのcと聞きましたが、それでよろしいでしょうか。
また、媒質中の速度vは何の略でしょうか。

よろしくご回答のほどお願い申し上げます。

Aベストアンサー

こんにちは。

cは、スペル間違えてます。
celeritas です。

nは、number です。
dimensionless number (無次元の数)

vは、もちろん velocity です。

Qドップラー効果と距離の関係 ドップラー効果と距離は基本的に無関係であることは高校の物理で習って理解

ドップラー効果と距離の関係

ドップラー効果と距離は基本的に無関係であることは高校の物理で習って理解している前提での質問です。

例えば観測者が空気に対して静止している際に、観測者に近付いてくる救急車のサイレンは、通常の周波数をf0としたとき、高い周波数のf1から、f0を経て、低い周波数のf2に連続的に変わるわけですよね。それはどのように変わるのか、近似的にでも表現する理論はあるのか、もしご存じの方がありましたら教えて頂きたいです。もしテキストがあればそれも教えて頂けると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

救急車の走る直線をx軸として、左から右に走り抜けるとする。観測者は救急車の進行方向右にx軸からhの距離に有り、
観測位置からx軸に下した垂線の位置を原点とする。救急車の速度はVm/秒で音速はv0m/秒とする。救急車が原点に
近づいて来る時、救急車の観測者方向への速度成分vxは、ピタゴラスの定理から、vx=V*x/(h^2+x^2)^0.5である。
波長λ、周波数f,音速v0の関係はλ=v0/fである故、波長はこの時(v0-vx)/v0の割合で縮むから聞こえる周波数fは
f=f0*v0/(v0-vx)となり、原点に到達すると今度は遠ざかるからf=f0*v0/(v0+vx)となり周波数は
原点からの距離の連続関数として表せる。ネットでドップラー効果を探せば図入りで丁寧な説明があります。

Qレーダー探知機の原理について

こんにちは
レーダー探知機の原理は、下記式でVを求めるのでしょうか?

疑問は、光速度:30万km/s
に対して、車の速度が遅すぎるので、大丈夫なのか?
と思うところです。

光のドップラー効果の式
√(1+v/c)/√(1-v/c)

Aベストアンサー

例えば、オービスだとだいたい 10GHz の電波を使っているので、
車の速度が100km/hとして、だいたい500Hzくらいの周波数がずれます。

実は、2つの波の周波数の微妙な差を検出するのは簡単でして、
単純に言えば、ミキサという回路で2つの波形の掛け算をすれば、
周波数差によるうなり成分を取り出せます。
いわゆる三角関数の積和の公式というやつです。
http://www.cqpub.co.jp/term/mixer.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%8A

ちなみに、積和の公式からは、2つの周波数の差に対応する周波数の波だけではなくて、周波数の和に対応する波もでてくることがわかりますが、こっちは、非常に高い周波数になるので、ローパスをかければカットできます。

QPIC16F88を使ったV/Fコンバータ回路

車にデジタルメーターを付けたいのですが、燃料計がデジタル入力になり、標準のアナログ入力からV/Fコンバーターを使ってデジタル出力回路を組みたいと思っております。

PICのプログラムはほぼ解決出来ていまして、あとは回路を組むだけですが
プルアップ回路をどのように組んだらよいのか(入力信号2.0mV~2.5V変移)に組むのか
PIC電源の5V(Vdd)に組むのか良くわかりません。

添付の回路図で良いのかアドバイスをお願い出来ますでしょうか?

回路図中の可変抵抗というのは、燃料計のフロートセンサーです。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

どこからこの回路が出てきたのやら!
3Pinをアナログ入力として、フロートセンサーの可変抵抗データを読みたいのでしょう?
この回路では、可変抵抗といっても両端が1KΩとつながっているだけですから、データとしてよみとれません。
それに、なぜ12Vからつなぐのか?

フロートセンサーの可変抵抗の両端を5VとGNDにつなぎ、中の移動部を3Pinにつなぐだけで、いいはずですけど。

Q電圧V、電荷Q1で充電されたコンデンサC1を初期電荷0のC2、C3に接続するとどのような現象が起きる

電圧V、電荷Q1で充電されたコンデンサC1を初期電荷0のC2、C3に接続するとどのような現象が起きるかなのですが、

充電されたコンデンサは切り離されても極板間は絶縁体なので電荷が移動できず逃げ道がないのでそのコンデンサの電荷は不変

と勉強しました。画像の場合でもC2、C3を接続してもC1の電荷は逃げ道が無く、C1のままかなと考えたのですがC2+C3を直列と考えて合成し、さらにC1+(C2+C3)を並列と考えるようです

計算の仕方は分かりますしその考えも何となく分かるのですがどのような現象が起きているか分かりません。

3番の孤立部分は孤立しており電荷が移動したくてもできないのだからC1はV=C1Q1のままなのではないですか?

Aベストアンサー

C2とC3は③で示された導線でつながっているわけですから、C2とC3はひとつのコンデンサ(C2+C3を直列にしたコンデンサ)を形成しています。③の導線が長いのでC2とC3は別物というイメージになるかも知れませんが、限りなく長さがゼロだと思えばC2とC3がひとつのコンデンサであることが分かるでしょ。コンデンサの構造を縦向きに(⊥とТで)描くと、⊥とТの間に1枚の金属板を入れたようなもので、この金属板は何の働きもしません。無いのと同じです(ただし電位はあります)。なので、C1+(C2+C3)と考えます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報