ヒトのだ液中のアミラーゼは、どの程度の濃度で含まれているかご存じの方はいますか?もしいたら教えていただきたいのですが・・
あと、だ液中にはアミラーゼの他に、どのようなタンパク質(酵素)が含まれているのかも知りたいです。
詳しくわからなければ、参考になる本やサイトの紹介でも結構です。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「口腔生化学」

s-アミラーゼ、sIgA等があるようですが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.so-net.ne.jp/medipro/isyk/books/0009/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

口腔生化学、という分野があるのですね。初めて知りました。
どこを探したらよいか、ちょっと目途が立ってきました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/11 09:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

アミラーゼ」に関するQ&A: 好酸球が高い

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあるタンパク質が結合する他のタンパク質の同定法

生物学をかじっている者です。分子生物学の実験で、あるタンパク質の機能を調べる際、それが他のどのタンパク質と結合するのかを調べる一般的なやり方が知りたいです。
私は、Far western blotting、免疫沈降、アフィニティークロマトグラフィーといった専門用語を単語としては知っている、個々の意味を調べれば理解出来る、というレベルなのですが、そういった手法を行う具体的な順番や、どういった手法がメジャーなのかがよくわかりません。大雑把でいいので教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

順番は場合によって異なると思います。
最初に、酵母Two-hybridで相互作用する因子をスクリーニングし、次に、プルダウンアッセイで相互作用を検討するといった感じで行うことが多いと思います。
また、目的タンパク質が組換えタンパク質、もしくはタグ融合組換えタンパク質として得られており、nativeで認識できる抗体があるのなら、免疫共沈殿もしくは免疫アフィニティクロマトグラフィで候補因子を精製し、SDS-PAGE後、目的バンドを切り出して、LC-MS/MS等の質量分析に供するという方法もあります。
BIACOREを使う方法もありますが、機械がないとできないので一般的ではありません。

Qキウイのタンパク質分解酵素って何であるんですか?

キウイにはアクチニジンというタンパク質分解酵素があるそうですが、あれ自身をキウイは何のために利用しているのでしょうか?またなんであんなに大量に(ハムが5,6時間でドロドロになるぐらい)入っているのでしょうか?

Aベストアンサー

たしか、まだはっきりとした説はなかったように思います

カビ、細菌、昆虫などに対する防御物質ではないかという仮説はあるらしいですが

Q水晶体に含まれるタンパク質について

水晶体に含まれるタンパク質について

水晶体を成すたんぱく質は透明ですよね
でもタンパク質はクリーム色のようなイメージがあるのですが
私の誤解でしょうか。

つまり
タンパク質は
全て透明
ということでしょうか

ご回答お願いします

Aベストアンサー

そもそも色があるというのは、可視光を吸収または散乱しているということです。
タンパク質を構成しているアミノ酸は、可視光を吸収する構造を持っていないため、それらが繋がっているタンパク質も基本的に無色です。

ただ例外もあって、ヘムやレチナールなどの発色分子と結合している場合に色を持ちます(血液、視細胞等に含まれるタンパク質など)。
また自ら発光する蛍光タンパク質というのもあって、有名どころでは、下村脩先生が発見し、2008年のノーベル化学賞受賞となった緑色蛍光タンパク質(GFP)が挙げられます。GFPは他の発色分子は必要なく、自己タンパク質分子内での脱水結合のみで発光出来る分子構造を形成します。

Qタンパク質分解酵素について

タンパク質を分解するための酵素は前駆体として分泌されて、活性化されてから、その機能を発揮するのはわかったのですが、このようになっている利点は何なのでしょうか?
主にペプシン、トリプシンの活性、pHの関係を交えながら説明していただけると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

後半を読むとなにやら宿題臭いですが、「結果的に」活性化機構 (N 末切除や修飾) が備わっていることの利点は、タンパク質分解の調節です。
調節は活性化段階だけではなく、プロテアーゼの合成の段階や環境至適化の段階でも働いていますが、むやみに合成され活性化され、ターゲット部位に到達すると、やたらと他のタンパク質を分解してしまうので、それにともなう不都合を防ぐ働きをしているわけです。

Q基質濃度と酵素濃度の関係

酵素濃度が一定の条件では酵素の反応速度は基質濃度を変化させても変化しない。

これは正しいか?という正誤問題がありました。


酵素が一定で基質を何十倍にもいれても最終的には結合数に限りが出るのでV_maxは一定値になるという考えで正しいとしたのですがこの考えであっていますか?

解答がなく確認できなので不安で質問しました。

Aベストアンサー

>酵素が一定で基質を何十倍にもいれても最終的には結合数に限りが出るのでV_maxは一定値になるという考えで正しいとした


基質濃度が十分な場合はそのとおりですが、
基質濃度が低い場合、反応速度はV_maxに至りません。
このため、その正誤問題の正解は「誤」になります。

参考例:下記リンクの一番最初のグラフ(基質濃度と反応速度)
http://www.soarer.hoken.med.yamaguchi-u.ac.jp/Wiki/?%B9%DA%C1%C7%B3%E8%C0%AD


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報