【映画】『グリーンブック』アカデミー賞作品賞!!傑作の理由 >>

有島武朗の「惜しみなく愛は奪う」は
「小説」と呼んで差し支えありませんか?
それとも「随筆」でしょうか?

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「随筆」だと思います。



東京都立図書館の蔵書検索で、日本十進分類法で914.6(日本文学・随筆(現代))に分類されていました。
他の図書館でも同じ分類になっているので、「随筆」として広く認定されていると思われます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

図書館で検索までして頂いて、恐縮です。
そういう調べ方があるとは思いつきませんでした。
ご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2005/06/30 19:03

小説ではなく、エッセー、評論の類だと思います。


小説の形式はとっていませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
そうなんです。小説の形式ではないのですが、
私小説風に読もうとすると、これが可能なようで。
随筆として読むより、小説だったら素敵なのに、と思ったのです。
やはり、ちょっと無理があるのかな。

お礼日時:2005/06/30 19:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング