AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

これは絶対音感と言いますか?

1、何か音楽を聴く。
2、その後、その聴いた曲のメロディーを適当にピアノで弾いてみようとすると意外と弾けている。この時、特に楽譜などは見ていない。

これってどうなんでしょう?
誰か教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

絶対音感ではありません。


わたしも即座にオリジナリキーで弾けますが楽器がないと音階がわかりません。
指が勝手にその音を押さえることができますが絶対音感はありません。
絶対音感があれば楽器が無くとも採譜できますよ。
    • good
    • 0

絶対音感の定義が世間でもあいまいなので、「精度や誤差の問題」でいろいろな回答がでてきますが、



シンプルに回答すれば、聞いた曲のメロディーをピアノで弾くとき、スタートの音をほぼ確実に「レから」とか、「ファのシャープから」というのがわかって、それが正しければ「ほぼ絶対音感を持っている」といていいかと思います。誰かに鍵盤みえないようにピアノでメロディー弾いてもらって、それをまねしてひくとき、必ず同じ音からスタートできるかやれば同じ実験ができます。

メロディーをそっくりなぞれるというのは、いわゆる「音感が良い」というアバウトな部類にはいります。でもこれだけでもけっこう便利ですし、楽器や歌をやるときは相当お得な素質です。

私は絶対音感があるのですが、「精度」のてんでは、まあまあの絶対音感かなと思っています。参考までに、ドレミの歌の場合、ドをミと歌うのはそれを気にすればとても気持ち悪いのですが、「ドーナツのド」という言葉のメロディーと意識すると全く気になりません。歌詞つきの歌をきくときに、歌詞と音程というダブル情報がはいってきますが、歌詞を聞こうとと意識すれば音程がじゃますることはありません。

また、歌や楽器の音でない場合も「ガラスの割れる音」という単一の雑音はドレミにではあまり感じませんが、サイレンなどのようにピーポーのピとポに音程が発生するといきなりシ♭~ソ♭ときこえてきたりします。

ラジオ体操第一はニ長調なので、ハ長調で弾かれるとちょっと違和感あります。でも、歌の伴奏などでは歌手の声域で調を変えて弾くことはしょっちゅうなので、そういうときは調の感覚をリセットすればだいじょうぶです。

ピアノはわかりやすいけど、コントラバスやティンパニなどはわかりにくいです。また、聞こえてくる音のドレミはわかりますが、自分でソを確実に出せるかというと、言われると体調や気分でちょっとずれたりします。(半音ぐらいの誤差ですが)

だいたいの絶対音感でその程度です。
    • good
    • 0

絶対音感ではないと思います。


『ドレミの歌』を歌っていて違和感はありますか?
なぜこんな質問をしたかというと、「ド~はドーナツのド」の最後ドがミだからです。
少しわかりにくいですが。
どっかのサイトに書いてありました。
    • good
    • 0

絶対音感にも精度の差が有ると思います。



楽音(楽器の音)しか分からない人もいれば、ノイズ等の操音も分かる精度の高い絶対音感を持つ人もいます。

ある学術書には自分の演奏する楽器の音程を比較音なしに9割の精度で当てる事が出来たら、絶対音感保持者と認めると記述されてます。

ただ、絶対音感には様々な解釈があり、これといった概念は未だ確立されてないように思います。

個人の解釈としては、cameravさんは絶対音感の素質は有ると思います。

絶対音高記憶と別称で呼ばれるだけに人間の記憶力とも関わりがあるようです。大人になってからも素質がある人は音感を伸ばす事も可能みたいです。

しかし、人間の感覚に絶対は無い。というのが私の持論です。精度の高い人でも、薬を飲んだりすると感覚が鈍ったり、聞き間違えたりする事も有るみたいです。
    • good
    • 0

私は3歳から現在もクラシックピアノをやっていますが、質問者さんのおっしゃっていることは、私も出来ます。

でも、よく言われている絶対音感ではなくて、単に音符がひろえるだけです。ピアノを弾く人ならたいてい、音楽教室なんかで子供の頃に練習させられます。たとえば、メロディーを覚えれば、口でハミングもできるし、鍵盤でも弾けますし、もっと言ってしまうと、長調や短調の種類なんかもハミングすれば分かります。これは絶対音感ではないと、私は思います。

絶対音感という言葉は、大分前に流行り、それ以来すばらしい能力のようにいわれていますが、実際、絶対音感を持っている人は苦しんでいるようです。私の友人でもおりますが、ほかの回答者様の言うように、音楽以外の物音までもが音符として頭に入ってきてしまうので、非常に敏感で日常生活が苦しいようです。絶対音感も、必ずしもいい面ばかりではないのです。

それよりも、音楽を聴いたとき、美しいとか、心地よいとか、流れる音符・流れるメロディー・変わりゆく和音などの変化を楽しみ、純粋に音楽を楽しんだほうが、ずっと楽しいと思います。
    • good
    • 0

いろんな回答が出ているので,混乱されているかも知れませんが,No.2さんの回答が一番簡潔にして的確だと思います。



No.1,No.3の回答は,絶対音感を狭く考えすぎています。
机の音や機械のノイズなどのような「噪音(そうおん)」に対しては音程が分からなくても,楽器(ドレミで演奏できる楽器)をならしたときの音(楽音)ならば,聞いてドレミをハッキリ言い当てられるのであれば,絶対音感です。
(No.1の例は,いずれも音程が比較的ハッキリしているので,「狭く考えすぎ」といえるかどうかちょっと微妙ですが,No.3は明らかに狭く考えすぎです。)
No.3で挙げたような音も分かる人は,特に鋭い絶対音感の持ち主ということになります。
    • good
    • 0

他の方の回答以外に、絶対音感のある人は、歌詞付きの曲を聞いたときに、歌詞が聴き取りにくく、全部、音符で聞こえてくるそうですよ。



cameravさんは、どうでしょうか?
    • good
    • 0

 質問の内容だけでは、どのようなことなのか、正確には分かりませんが、残念でしょうが、絶対音感とは違います。


 こうしたことは、例えば楽器奏者は普通にできることで、特別な能力ではありません。
 要するに、絶対音感は、耳で聞いた聞いたメロディーを楽譜を見ないで弾くことができる能力を言うわけではないのです。
 自分の体内の中に固定ドのような、きちんとした基準の音がある人を絶対音感がある人といいます。
 この能力は、普通に生活している人が身に付くものではありません。
いわば英才教育でしか得られません。
 一方、相対音感というものがあります。また、擬似絶対音感といったものもあります。「聴音」って音大受験にあったりしますよね。
これについては、音楽を専門にやっていると、結構身に付く能力です。
 ただ、ご質問のようなことは、相対音感や疑似絶対音感のようなことでもないようですね。
 なお、下記のサイトも参考になると思います。

参考URL:http://mire.zero-yen.com/zettaimenu.html
    • good
    • 0

意外と弾ける程度のことでしたら、ピアノをやっていた人間ならかなり多くの人ができることです。


「音に慣れている」というぐらいなものです。
このくらいなら特別、特殊な能力とは言えませんね。
    • good
    • 0

違うのでは?



絶対音感は、聞いた音の高さを他の音と比較することなく認識できる能力のことのようです。

メロディーであれば、絶対音感がなくとも覚えることは可能だと思います。ピアノを弾くことの出来る人はほとんどの人が同様のことが出来るのではないでしょうか(ピアノが弾けない人でも鼻歌でならメロディーを再現できる人は多いと思います)。
また、メロディーだと、絶対的な音の高低も再現しやすいように思います。私には絶対音感はなく、例えば、机を叩いたときの音がどういう高さの音なのかわかりませんし、再現も出来ませんが、メロディーでなら、だいたい再現するときにだいたい同じ高さでできていると思います(楽器などの音だと、学習しているので、音の高低を認識しやすいのかも知れません)。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q曲を聴いただけで弾けるのは何故??

ピアニストなどに楽譜を見たことが無くても、その曲を聴いただけで弾ける人がいますが、何故ですか??また、ピアノ初心者に近い中級者の私でもそういうことが出来ますか??出来るならどのようにすれば良いですか??よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.3に対する補足ですが・・・。

絶対音感を身に付けるための「目をつぶって音を当てる」ので、鍵盤の位置などで、自分の弾いた音を当てようとすると、あまり効果はありません。大事なことは、「鍵盤の位置などに惑わされることなく音を当てる」ということです。しかし、目をつぶってもピアノをやっている人なら感覚的に分かってしまう場合がありますので、協力者がいれば、協力者に鍵盤を弾いてもらって自分は鍵盤が見えない位置に立って音を当てるというのがいいかもしれません。
なにも、「機械的に音を覚える」みたいな行為で絶対音階をつけるよりも、自分の好きなj-popの曲のメロディーを楽譜とか見ないで、まずは単音で、鍵盤でいきなり弾いていった方がいいかもしれません。いわゆる英語のリスニングと同じように、「聴いた音を鍵盤で探していく」一見、地道で遠い作業のように思われますが、これが一番上達度が高いと思います。自分の好きな曲でこれをやれば意欲も湧きますし、この動作というのは、「モーツアルトのような3歳でピアノを弾き始めた第一歩」の動作と合致します。モーツアルトは父親も演奏家だったので普段から音楽と近い関係にあり、ピアノの前に座って、父の演奏していた曲をピアノで地道に再現しようと試みて音を探していったのが大作曲家になった原点でした。したがって、いきなり自分の好きな曲でチャレンジする方が有能であると思います。最初は大変ですが、慣れればどんどんスムーズに弾いていけます。とりあえず、これを試してみてって下さい。人にも寄りますが毎日やって早くて20日くらいで「単音」が完璧になったら、メロディーの音を読み取れたそのメロディーに自分で伴奏を考えてください。本当に最初は大変です。しかし前述したようにj-popは伴奏和音が典型化しているのですぐにコツがつかめるようになります。これを何曲か試してみてください。しかし、ラップの曲とかはもちろんやめてくださいね。2~5ヶ月でできれば上出来です。道は長いですが、達成した時の感動は大きいはずです。
(比較的メロディー聞き取りの難易度が低い曲としては)
世界にひとつだけの花。first love。ですが伴奏を聞き取ろうとすると「世界」の方は初めてでは鬼だと思います。
伴奏の聞き取り及びメロディーの聞き取りが容易なものは、なかなか見当たらないので(※音楽上、伴奏が平凡だとメロディーに工夫し、メロディーが平凡だと伴奏に工夫する習性があるからです)やはり根気が必要です。
最初はゆっくりめの曲でチャレンジしてみてください!

最初は

No.3に対する補足ですが・・・。

絶対音感を身に付けるための「目をつぶって音を当てる」ので、鍵盤の位置などで、自分の弾いた音を当てようとすると、あまり効果はありません。大事なことは、「鍵盤の位置などに惑わされることなく音を当てる」ということです。しかし、目をつぶってもピアノをやっている人なら感覚的に分かってしまう場合がありますので、協力者がいれば、協力者に鍵盤を弾いてもらって自分は鍵盤が見えない位置に立って音を当てるというのがいいかもしれません。
なにも、「機械的に音を覚...続きを読む

Q相対音感でピアノを弾いている人に質問です

 自分が絶対音感なので、相対音感が良く分かりません。私は弾いている音(聞いている音のほとんど)をドレミで聞いています。ドラムやギターのピッチベンドとかは分かりませんが(笑)。

 相対音感の方は、ピアノ(他の楽器でも)弾いている時は、音はどんな風に聞こえているのでしょうか?ドレミですか?楽譜を見ているから(覚えているから)その音で聞こえているので、楽譜等なければ、ドレミでは分からないのでしょうか?

 生徒に音が違う!と何度言っても、何度書き込んでも直らない子が何人もいまして、もちろん、気を付けて弾いていないのと思い込みもあるんだと思いますが。レッスンで何度直しても、練習で戻してみたり。
どうやら自分が弾いている音がミなのかレなのか分かっていないようです。
 単音ならドレミが分かっても和音などになると音の違いが分からない子です。

 私は読み間違い&思い込みで音を間違えることはあっても、間違いを指摘されれば音の違いは一発で分かるので、音を直す自体で苦労した事がなくて...。

 あと、他の先生から来た子など、どう聞いても変な和音だろ!と思う所で、実際に楽譜と違う音を弾いているのに先生も気が付いていない、というのも珍しくありません。(先生が相対音感?)

 相対音感だと弾いている音をどうやって確かめているのか。教えるために参考にしたいので、ぜひ教えて下さい。
 

 自分が絶対音感なので、相対音感が良く分かりません。私は弾いている音(聞いている音のほとんど)をドレミで聞いています。ドラムやギターのピッチベンドとかは分かりませんが(笑)。

 相対音感の方は、ピアノ(他の楽器でも)弾いている時は、音はどんな風に聞こえているのでしょうか?ドレミですか?楽譜を見ているから(覚えているから)その音で聞こえているので、楽譜等なければ、ドレミでは分からないのでしょうか?

 生徒に音が違う!と何度言っても、何度書き込んでも直らない子が何人もいまし...続きを読む

Aベストアンサー

♯4再びです。
≫楽譜がなくても弾いている音なら実音がわかる、というのは、演奏中全部の音をドミソならドミソと聞いている、という認識で良いでしょうか?

→私の場合はそれに近いです。他の方の書かれているように「サウンド」として認識する時もありますが。多分質問者さんと同じく「和声的にどうか」と言う感覚で聴き、判断する部分も多いと思いますが、絶対音感は持っているのに音楽の道に進まないと言う人も中には居ますよね?そう言う人は和声的云々と言っても余りピンと来ないのではないでしょうか?

コンクールの公開レッスンは私は聞いたことがないですけれど外国人の作品などには特に版によって音が違うものが多いですよね?(ミスプリも含め)私がレッスンを受ける時には和声的に変だなと思っても一応楽譜通りに弾いていくこともあります。どなたかも書かれていましたけれど作曲者が意図的に…と言う事も全くないわけではありませんから。で、先生の指摘によって直します。

でも、私の知っている生徒の中でも1番多いのはやはり「自分の音を聴いていない」と言う人です。
後は
(1)一応聴いていても間違いが認識出来ない(聴くと言うことに慣れていないのか《レッスンの時しか聴かないのか》どう間違っているのかまで認識できない)
(2)違いは認識出来るけれどどのように違うのか…まで理解が追いつかない
(3)違い及びどう間違っているか…までの認識は出来るけれど直す為の努力や技術が足りない《当初練習したようにしか弾けない》
などでしょうか。

自分の音を聴かないという人の中にも単に「聴かない」人と演奏に精一杯で「聴く余裕がない」と言う人が居るみたいです。

1回のレッスンが30分という事であればそれほど年齢の言った方が対象ではなく子供が多いのでしょうけれどちゃんとした聴音でなくても単音でも「この音なあんだ…」的なクイズ形式から始めてみては如何ですか?
私は全く楽譜も読めない高校生の初心者レベル位の人を相手に聴音させる時にはそう行ったやり方から皆が知っている「チューリップ」などの旋律を書かせることから始めてみています。(自分が知っている曲でも何の音から始まるのか、どう楽譜にしたら良いのかなど全然知らない人たちなので)

教えることに熱心かそうでないか…については以前、直接の師ではありませんでしたが「自分が苦労して学んだ事を仕事とは言え何故簡単に他人《生徒》に教えなければならないのだ…技術は習うものではなく盗むものだ」と言う考え方を持っていらっしゃる方がいましたので。

♯4再びです。
≫楽譜がなくても弾いている音なら実音がわかる、というのは、演奏中全部の音をドミソならドミソと聞いている、という認識で良いでしょうか?

→私の場合はそれに近いです。他の方の書かれているように「サウンド」として認識する時もありますが。多分質問者さんと同じく「和声的にどうか」と言う感覚で聴き、判断する部分も多いと思いますが、絶対音感は持っているのに音楽の道に進まないと言う人も中には居ますよね?そう言う人は和声的云々と言っても余りピンと来ないのではないでしょうか?
...続きを読む


人気Q&Aランキング