ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

宅配便で、香典返しを送るのですが、50個中4個ほど、電話番号が分かりません。(住所・氏名は、分かる)
この場合、電話番号が分からない物は、受け付けてくれないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



住所がわからないようなときに確認に使う場合があるようです。
ですので、ちゃんとした住所であれば大丈夫だと思います。

私も送りますが、電話番号がわからないときは未記入です。もちろん、文句を言われた事は一度もありません。

でわ!

この回答への補足

ありがとうございました。
安心しました。

補足日時:2005/06/30 13:30
    • good
    • 0

運送会社に勤めています。

住所・氏名だけでも受け付けますが、お客さまには、つとめて、電話番号の記入をお願いしています。何らかの事情で配達作業に支障が出た際、電話番号の有る無しで、対処にかかる手間と時間が相当に違ってきます。
それと、これは社内のシステム上の問題で、お客さまには直接関係ないことですが、コンピュータ入力の際、電話番号がありますと、作業が速くできるので、助かるのです。
    • good
    • 1

受け付けてくれます。



それより大事な事は、宅配便の荷物番号で、問題なく届いたか確認してください。

現在は、配達状況が解かるようになっています。
私の場合は、相手に連絡が取れない場合は、荷物番号から、調べて確実に配達されたのを確認します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電話番号なしでも受け付けてくれる宅配便は?

電話(ケータイも)を持っていない友人に、荷物を送りたいのですが、電話番号なしでも受け付けてくれる宅配便(または郵便)ってありますか?
自分でも調べてはみたのですが、見つけられなかったので助けてください。よろしくお願いいたします。(ぺこり)

Aベストアンサー

コンビニでバイトしていました。
電話番号がなくても送れますよ。
実際、携帯しかない人多いですし。
ただ、最初の入力で電話番号を入れるので、わかりませんか?とは聞かれると思います。
電話番号がわかると、市外住所まで自動で入力してくれるので、店員としても楽なんですよ。
遠くの県だと、地名が読めなくて入力に時間がかかったり、間違えてしまうかもしれないので。

Q「弔問」「参列」「会葬」の違い

葬儀の際の言葉の使い分けが気になります。
タイトルの他にも亡くなった方の呼び方が「ご霊前」「ご尊前」だったり。
宗派によって違うのでしょうか?
それとも意味により明確に使い分けされているのでしょうか?

Aベストアンサー

「弔問」とは亡くなった人の家をたずねてお悔やみを述べること。

「参列」とは式や会合に加わること。

「会葬」とは葬式に列席すること。

 葬儀式とは告別式のまえにおこなわれる宗教的な儀式のため、葬儀・告別式の日には「会葬」、お通夜は葬儀式でないので「弔問」となります。
 「参列」はどちらでも使うことができます。

 業者としての挨拶では、お通夜の席では「ご弔問賜り・・・」となり葬儀・告別式の席では「ご会葬賜り・・・」となります。どちらも「ご参列賜り・・・」とはあまり使いません。ただ、一般の人がとっさに「ご参列くださって・・・」とお礼を述べることは多く見受けられます。

Qお寺へお金を包む表書きを教えて下さい

法事などは、御布施と書いて半紙で中包みをして、奉書紙で上包みをしたいと考えています。御膳料や御塔婆供養料・御車代はその通り書いて良いものでしょうか?奉書紙は、水引見たいなものが無くて良いのでしょうか?書くのはやはり筆ですか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で慶事方法の折り方をし、
水引をかけません。市販の既に印刷された封筒や、通常の白い封筒でも別に
構いません。我家では御盆の読経の御礼に御布施を出しますが、白い封筒に
御布施と書いて御渡ししています。法事では正式な方法で御渡ししますが、
それ以外の際は封筒に御金を入れて御布施と書いて渡しています。

御布施の他に御渡しする物は、御車で御越し頂いた時は「御車代」、卒塔婆
供養をされた時は「卒塔婆代」と書きます。
御寺により会食を参列者と一緒にする場合と、辞退する場合があります。
会食を一緒にされた時は、御布施、御車代と引き出物を御渡しします。
もし一緒の会食を辞退された時は、御布施、御車代、引き出物の他に、御前
料も御渡しします。ただ既に会食をされるものだと思い、用意がされていた
時は、御寺さんが食される予定だった料理は、持ち帰りが出来るように別の
容器に入れて御渡しします。

御布施等をお渡しする時には、それなりの作法と言うか決まりがあります。
御布施等は直接手渡してはいけません。
法事で使用される袱紗(ふくさ)盆の上に袱紗を敷き、その上に御布施等を
包んだ封筒(必ず御寺さんが文字が読める向き)を置き、御寺さんの前に出
します。御寺さんが頂戴されてから盆を下げます。
要は絶対に手渡ししては駄目だと言う事です。
「本日は有難うございました。これは御礼ですので、どうか御納め下さい」
と言って盆を前に出します。手を引っ込めて御寺さんが納められたら盆を下
げます。御布施等を御渡しするのは、必ず喪主が行います。
御寺さんが御帰りなられる時は、必ず御車まで同行し、最後まで御見送りを
します。
御寺さんが持ち帰られる御膳や引き出物は、御寺さんが持参せず、喪主の方
が御車まで御持ちし、御車に乗られた時点で手渡します。
御車が自宅から見えなくなるまで御見送りは続けます。

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で...続きを読む


人気Q&Aランキング