大リーグで長い間更新されなかったホームラン記録がここ3年ぐらいで急に立て続けに更新されています。
なぜ突然記録を更新する程のホームランバッターが増えたのでしょうか。
何かホームランが出やすくなった理由でもあるのでしょうか。

できれば野球に詳しくない私にも分かるような説明をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

No1の


>または今まで目もくれなかった中南米やアジアの選手の発掘で、
>良い人材を揃えた結果かもしれないですね。
というのは間違ってますね。というかむしろ矛盾しています。
ソーサはドミニカンですが、ドミニカはかなり昔から選手を取り入れているので、あまり今回のHR記録の更新にはこのことは影響ないと思います。
いやむしろ、選手の発掘で打ち難くなったと言うのならば分かるのですが…
なぜならば、HRバッターというよりもいいピッチャーがそのような国から入ってきているからです。
近年のバケモノ級のHR王争い(ナ・リーグ)はマグアイア、ソーサに限られていると思います。なんせ昔の記録が61本だったのを考えると60超えるの当たり前っていうのはバケモンとしか言いようがありません。
この二人に関していえば、天性のHRバッターであること。そしてウェートトレーニングをうまく取り入れていることがいえると思います。有名な話ですがマグアイアは、昔(A's時代)は細かったのに40本以上HR打ってました。ソーサはもともと中距離バッター(3割HR30~40)であったことからも芯で捕らえる技術はすでに持ち合わせていたと思います。
その二人がうまく肉体を完成させていった結果だと思います。
ことに今年のボンズについてですが、彼は才能も申し分ないし、肉体も完成されています。しかし、ずっと中(やや長)距離バッターだった彼がなぜ今年になってHRを量産したのか?彼のからだは5年前とあんまり変わっていません。(むしろ37歳にして維持しているのはすごいことだが…)
何が変わったかというと、ストライクゾーンです。今年からストライクゾーンが高くなったため、今までボールだった高めにピッチャーが投げるようになったのです。
マグアイア、ソーサは典型的なHRバッター、つまり外角低目をパワーで引っ張るローボールヒッターなのですが、ボンズは彼らほどパワーがあるわけではないので、身体の回転でボールを打ちます。(ボンズのバットが細くて軽いのはそのためです)
身体の回転で打つ人にとっては、低いボールよりも高めのボールのほうが(特に内角)回転のスピードを伝えやすいので遠くに飛ばすことが出来ます。つまり今までは低めを打って外野を抜けていた当たりが、高めを打つことによってフェンスを越えるようになるのです。
ボンズのHRが、マグアイアやソーサに比べてフェンス際のものが多いのもそのせいです。

あとこれ以外に、全体的にHRは確かに増えています。HRのみならず、基本的に打高投低の傾向が強いです。(ですからストライクゾーンが拡大されたんですけど)
これは、皆さんがおっしゃられているとおり、球団が増えたために、投手の質が落ちたと言うことがいえます。言い換えれば、いままで3Aで投げていたクラスの投手がメジャーで投げるようになったということです。
球場の件ははっきり言って小さくなって『無い』です。天然芝にするためにドームは減りましたが、球場の広さ自体は狭くなっているわけではありません。ただ、客席とグラウンドを(いままでも近かったのですが)さらに近づける傾向にあるので(つまりファールゾーンが狭くなった)、いままでファールフライでアウトになっていたものが、観客席にはいるようになったため、若干HRを打つ可能性が高まったことはいえるかもしれません。
あと、メジャーのプライドで攻め方を変えないということは基本的にありません。本気で抑えようとするバッター(相手の中心バッター)のデータはきちんととってて、それに基づいて投げています。打たれるほうがプライドが傷つくようです。
もっともSHINJOが変化球攻めにあわなかったのは、基本的にデータが無かったためだと思われます。日本では、各リーグ6チームしかないので、NEWSなどで選手の映像を見ることもあるかと思いますが、あちらでは、基本的に普通のNEWS番組では、地元球団しか映像を流していません。それにメジャーの選手はそんなに時間的余裕がありませんから、自分のことで精一杯のようです。(日本の選手より、試合後のケアや、ウェートトレの時間を多くとっているようです)
    • good
    • 0

 補足です。


*球場の大きさに関してはご自分でお確かめください。事実としてボンス(サンフランシスコ・ジャイアンツ)の本拠地のパシフィックベル・パークは2000年にできた球場で、ライトが93.6mと彼にとって有利です。コロラド・ロッキーズのクアーズ・フィールドは標高が高く打球が良く飛びます。
*1964年の王選手の55本の本塁打は140試合制のもとの記録です。
 ストの影響など何かひねくれた書き方をしましたが、私はそれをやらせだとは言っていませんし、近年のホームラン量産が価値がないものとも思っていません。こうした記録はいくつかの状況が合わさらないとできません。そして記録を比較すること自体が無意味なので、ルースもマリスもマグワイアもソーサもボンズもみな偉いのです。
http://neko89.site.ne.jp/mame.htm

参考URL:http://neko89.site.ne.jp/map.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん様々なお答えありがとうございます。

こんなにもたくさんの理由が重なってホームランが増えたとは思っていませんでした。納得のいくお答えが多くてとても満足です。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/14 11:24

球団が増え、メジャー投手のクオリティが多少下がっている事、客を呼ぶため、新球場は前球場より小さく作っている為、あとボール、バットなどの材質の進歩ではないでしょうか。

    • good
    • 0

陸上の100M競争で10秒を切った時もそうでしたけど、誰かがハードルを乗り越えると、そのあとたて続けに同レベルの記録が出ますよね。


「あのレベルは達成不可能ではないんだ」という心理が働くと実際の記録にも影響するのではないでしょうか。
    • good
    • 0

3の答えのうち、球場は小さくないそうです。

また、観客が減ったらホームランが増える、というわけでもないでしょう。客をよぶためにホームランを打たれようというピッチャーがいるとは思いません。

「記録を更新する程のホームランバッターが増えた」
といっても、マグワイヤ、ソーサ、ボンズぐらいなもので、全体に増えているわけではないかもしれません。

とりあえず、メジャーでは、「世界の王さん」の記録を抜かれないように敬遠、というのはないですから(勝負の上での敬遠はあっても)・・・。

あと、メジャーのプライド、というのがあって、それまでうたれていても、シーズン途中で攻め方を変えない、とか。それでまたうたれる。
西武のカブレラも、前半は日本記録更新のペースでしたが、後半はペースが落ちました。

カブレラのホームランを見ると、筋力増強剤でも使っているんじゃないか?というふうに見えますが、ローズをみると、筋力だけじゃないな、というふうに思えます。中村ノリなんか、筋力よりデブっているだけ?
(ローズの55号は試合数が多い、というのはありますが、球場が広くなっていることを思えば、王さんの55号に勝るとも劣らない記録ですね)
    • good
    • 0

*球団が増えて投手のレベルが下がった。


*新球場が小さめに造られている。
*ストの影響で観客が減ったので。
    • good
    • 0

一言で言えば、飛距離に対してスイング理論を的確にとらえ始めたからです。

野球はゴルフに比べてスイング理論はかなり遅れています、イチローが岡本綾子さんのスイングを参考にしているのは、有名な話ですよね。
    • good
    • 0

不確かなんですが、メジャー・リーグではドーピングがOKだそうです。

ですからここ最近の良質な筋肉増強剤や興奮剤を使用して記録更新しているのではないですか?(マグワイアはそうだったみたいですよ)

または今まで目もくれなかった中南米やアジアの選手の発掘で、良い人材を揃えた結果かもしれないですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先頭打者ホームランについて

1回の先頭打者(1番バッター)のホームランは先頭打者ホームランのは分かります。
しかし、2回以降のその回の先頭バッターがホームランを打っても先頭打者ホームランにはなりません。 言葉的にこれも当てはまらないことでちょっと不明です。
(例えば1回表は3者凡退で、2回表にこの回先頭の4番バッターがホームランを打ったとする。
 でも、このホームランは先頭打者ホームランにはならない。)

先頭打者ホームランは、1回の1番バッター限定なのですか?

Aベストアンサー

「先頭打者」。う~ん。なるほど言われてみればイニング毎に最初に打席に立つバッターは皆、先頭打者ですね。でもこの場合は「この回の先頭バッターは」という言い方を実況アナはしますね。1回の表に、つまり試合開始して最初に打席に立つバッターは、文字通り、その試合の先頭打者な訳ですよ。試合の一番初めにバッターボックスに立つバッターは言い方を変えれば「試合開始の口火を切るバッター」です。先頭打者ホームランはそうゆう意味で1回の表、1番打者に与えられた「特権」とも言えましょう。正確に言えば

「試合開始直後、一番最初に打席に立ったバッターが放った文字通りの先頭打者ホームラン」

になりましょうか。ややこしいですけどね。

Qホームラン打ってベースを踏み忘れても記録はホームラン?

表題どおりなのですが、ホームラン打ってベースを踏み忘れたら、記録はどうなるんですか?ホームランってベース一周まわって、はじめて成立ですよね?

Aベストアンサー

ベース踏み忘れたら、ホームランは成立しません。
成立しないから、記録も認められません。
長嶋茂雄さんが現役時代、踏み忘れてホームラン1本
損しているはずです。

Qサイクルホームラン

サイクルホームランというのは、満塁、スリーラン、ツーラン、ソロホームランのことなんですが、サイクルホームランを達成した選手はいますか?

Aベストアンサー

「サイクルホームラン」は公式な用語・記録ではありませんが、聞くだけでワクワクしてくるで偉業ですね。
ただ残念ながら日本では、サイクルホームランを達成した選手は現在までにいません。

ロッテ、大洋、ヤクルトに在籍したLeon L.選手が満塁、スリーラン、ソロまで打ったことがあります。最後の打席に期待がかかりましたが、うまいことランナーが一人いたものの残念ながらホームランは出ませんでした)
またヤクルトのScott選手が1日のうちに、ダブルヘッダー2試合かけて達成したことがあるそうです。(玉木正之「プロ野球大事典」、新潮社、1990より)

Qなぜ元木はホームランバッターになれなかったのでしょうか?

元巨人の元木大介選手はくせ者で有名ですがwikipediaによると、
「高校通算24本塁打。甲子園通算6本塁打は清原和博に次いで歴代2位タイ(桑田真澄と同数)の記録である」
らしいです。
こんなすごい選手がなんでプロに入るとホームランバッターになれなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

>歴代2位タイ(桑田真澄と同数)の記録である」

桑田もホームランバッターになれませんでしたよ(笑)。

まぁ、単純に「パワー不足」でしょう。
ガタイを見てもお世辞にも清原・松井のような「パワーヒッター」という感じではありません。
しかし、ホームランバッターでは無いにしろ「クセもの」でそれなりにプロでメシを食えたのですから大したもんです。

余談ですが、巨人が桑田を強行指名した理由の一つに桑田の「野球センス」を評価していました。
「桑田ほどのセンスなら仮に投手で目が出なかったとしても、ショートやセカンドあたりの内野手として成功する」という読みの上での指名でした。(実際は投手として一流でしたが)

ちなみに、ゴールデングラブ賞も8回受賞してますし、通産打撃成績でも

打率 .216/192安打/7本塁打

と、投手としては抜群の成績を残しています。

先日引退試合(欽ちゃんのチームと対戦)でも外野守備でイチローの「背面キャッチ」に近い技?を見せてました。

Qサヨナラホームラン

英語で野球の"サヨナラホームラン"は何というのでしょうか
Q&Aサイトや英語関係・野球関係のサイトでは
勝利を決めるホームラン、ゲームを終わらせるホームラン
といったニュアンスの表現を挙げていることが多いですが
それでは"サヨナラ"ではない場面でも当てはまってしまいます
そのホームランでその回を打ち切ってゲームが終了する場合にだけ当てはまる表現はありませんか?

Aベストアンサー

サヨナラホームラン
finishing homer
walk-off home run
と言います。


例えとして、
サヨナラホームランを放つ  hit a home run to win the game
満塁逆転サヨナラホームラン  a come-from-behind bases-loaded game-ending home run
逆転サヨナラホームランを放つ  hit a come-from-behind game-ending homer
このように使います。

Qイチロー選手はホームランバッターにもなれるのでしょうか

イチロー選手は、ホームランをたくさん打とうと思えば打てるけれども、ヒット数を多く稼ぎたいから、内野安打ばかりをわざと狙っているのでしょうか。
その気になれば、ホームランバッターにもなれるのでしょうか。

Aベストアンサー

ホームランとは別ですが、以前、
「センター前ヒットだけ打てばいいなら、4割もクリアできるだろう」
みたいな発言をされていた気がします。
つまり野球はチームプレーであり、場面に応じたバッティングが必要です。
ランナー2塁の場合は、右方向に引っ張って進塁打を打つとか。
それを度外視して、ただホームランを狙うなら、30本くらいは打てるんじゃないでしょうか。

可能・不可能の話は実際にやってみない限りわかりませんが。

Q巨人・吉村が広島カープ白武から 2ストライク4ボールからホームランを打ったのは、なぜですか?

王監督時代の巨人・吉村が広島カープ白武から2ストライク4ボールからホームランを打っています。

今のルールでは3ボールまでで4ボールになると1塁まで歩けます。
昔はルールが違ったんですか?
昔は5ボールで歩いていたんですか?

それとも審判に誤審なんですか?
審判の誤審なら、なぜ誰も抗議しないんでしょうか?

不思議な動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=kQhfWBtXeko

Aベストアンサー

これはかなり有名な話で、後から色々な選手がこのプレイに関して話しています。

それによると、吉村選手と広島のバッテリーは“4ボール”に気がついていました。

しかし、この試合は消化試合で、吉村選手はファボールでは面白くないので
敢えてバッターボックスに立ちました。
(広島バッテリーは当然「ファボールだ」と言うわけが有りませんね。)

因みに、この時“4ボール”に気がついていたのは、吉村選手と広島のバッテリーを
除くと、巨人の篠塚選手だけだったと言われています。

この様な出来事は珍しいと思いますが、昨年のオリンピックでは3アウトに
気がつかず、プレーが続けられた事が有りましたね。
(この時投げていたのは、楽天の田中投手だったと記憶しています。)

それを考えると、消化試合でボールカウントの間違いは小さい気もします。

Q軟式野球、リトルリーグ、ボーイズリーグのレベルの違い

私は2人の息子がいます。 長男は7歳(小1)で、そろそろ野球チームにと考えております。 そこで質問ですが。私の住まいは大阪の堺市でどの野球チーム団体に入部させるかとあと硬球を握るのは何歳ぐらいがいいのか迷ってます。 あと知人は「大阪、特に関西はボーイズがレベルも高く、そこで出来ない子がリトルに入部する傾向がある。」といってました。
本当でしょうか? 親としては少しでもレベルの高いところでと希望はあります。まあ子供のレベルや軟式と硬式の違いもあるし難しいです。

Aベストアンサー

やはり小さいころから野球をするのはいいことだと思います。軟式だからダメというわけではありません。そこで教えている指導者やチームの雰囲気を診てくるといいと思いますよ。ちゃんと礼儀を教えてくれるチームがほとんどだと思います。

息子さんが小学1年生ということでまだまだ体も小さく筋肉なども発達していない時期ですので、最初から公式のボールでというのは少しやめたほうがいいのではと思います。そして硬式のボールに恐怖心がつきやすいと思います。(その子しだいですが・・・)
基礎をよい軟式チームで学び、中学生1年生から入るというのも良いと思います。後はお子さんしだいですね!
野球は人としてすごく成長させてくれるスポーツです!小さいころから野球をすればするほど上達は早いと思います。
お子さんの活躍を祈っています。長文となりすみませんでした_ _

Q2011年のクリーンナップのホームラン数

ほとんどのチームのクリーンナップ3人は二桁ホームランを記録していますが、
しかし、9月後半時点でもクリーンナップ3人がまだ二桁ホームランを記録していません。
チームによっては、クリーンナップがホームランを打ってないということもあります。

ホームランを打たないんでしょうか?

Aベストアンサー

>2011年のクリーンナップのホームラン数
ホームランを打たないんでしょうか?

    
        ↓
一般的には、統一球(飛ばないボール・国際仕様)、ストライクゾーンの変更(投手有利な広さup)、延長制限(打席数の減少)が言われていますが、確実な打法・打撃で、西武のオカワリ君こと中村選手のように41本とロッテのリーム本塁打以上を打つ選手もおりますので、それだけではないと思います。

また、イメージの中軸打者が高齢化して来てフル出場しなくなったり、パワーの衰え、ケガ&不調でフル出場(クリーンナップ)している選手が少ない。

それに繋ぐ野球とかスモールベースボールでは3・4・5番目に打つ打者であり、スターティング起用で、クリーンナップが必ずしも長距離バッターではない。

しかも調子の良い選手の中軸への起用で不動の中軸クリーンナップではなく、選手によっては代打や下位打線に入ったり、調子がよければ中軸にと変化して、打線や打順も日替わりに近いチーム&選手起用が増えている。

因みに9/21現在の主にクリーンナップを務めた選手のホームラン数を列記すると書きの通りです。
改めて見てみますと、外人選手の本数の少なさや20本超え選手の少なさが目立ちます。

◇敬称略・( )は本塁打数

※セントラル
ヤクルト  :バレンティーン(27)畠山(20)ホワイトセル(12)青木(3)
中日    :平田(7)和田(10)森野(9)ブランコ(10)谷繁(5)
巨人    :小笠原(5)ラミレス(18)坂本(15)長野(14)阿部(17)高橋(12)
阪神    :鳥谷(4)金本(11)新井(13)マートン(10)
広島    :バーデン(2)栗原(15)嶋(2)石井(1)トレーシー(1)
横浜    :スレッジ(20)村田(16)吉村(5)ハーパー(9)

※パシフィック
ソフトバンク:松中(12)松田(23)内川(12)小久保(10)オーティーズ(7)多村(3)カブレラ(10)
日ハム   :スケールズ(9)小谷野(5)中田(14)稲葉(11)保父パワー(12)糸井(11)
オリックス :李(13)T・岡田(13)バルディレス(16)後藤(7)
西武    :中島(16)中村(41)フェルナンデス(13)
楽天    :松井(9)山崎(11)ガルシア(5)高須(0)
ロッテ   :井口(5)今江(8)里崎(5)カスティーヨ(4)福浦(3)

>2011年のクリーンナップのホームラン数
ホームランを打たないんでしょうか?

    
        ↓
一般的には、統一球(飛ばないボール・国際仕様)、ストライクゾーンの変更(投手有利な広さup)、延長制限(打席数の減少)が言われていますが、確実な打法・打撃で、西武のオカワリ君こと中村選手のように41本とロッテのリーム本塁打以上を打つ選手もおりますので、それだけではないと思います。

また、イメージの中軸打者が高齢化して来てフル出場しなくなったり、パワーの衰え、ケガ&不調でフ...続きを読む

Qホームランバッターと四球数について

プロ野球で、同じホームランバッターでも四球が多い選手もいれば、
四球の少ない選手もいます。

打率もホームラン数も似たような数字なのに、
四球数が選手によって大きく違う事があるのはどう言った理由からでしょうか?


私が思いつくのは

1)後続打者も強打者か否か
2)選球眼の良さ悪さ
3)過去の実績

です。

他に何か考えられる事はあるでしょうか?

Aベストアンサー

あと、考えられるのは、その選手が勝負が早いタイプか、遅いタイプかということですね。これが一番の理由かもしれません。
例えば、阪神タイガースの四番、金本選手は非常に四球の数が多いバッターですが、(8月16日現在57個でセ・リーグトップ)一方で読売ジャイアンツの四番、高橋選手は四球の数が非常に少ないです。(同33個)
二人共、ホームラン数は27本と24本であまり変わらないし、打率も284と307ですから四球以外はかなり近い成績を残しています。(打点では、金本選手が、20個近く上回りますが・・・)
野球中継などを注意深く観察していると金本選手は2-3のカウントになることが非常に多く、逆に高橋選手は、初球からどんどん振っていっています。こんなところに着目してプロ野球を観戦するのも面白いものですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報