【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

現在、転職活動中で、本日一社から内定をもらい、
給与提示して頂きました。

1.基本給        135.000-
2.職能給        75.000-
3.皆勤手当        10.000-
4.電話手当(営業職)  10.000-
合計         230.000-

職能給の割合が非常に高く感じます。
前職では、職能給といった項目がなかったので、
こういった内訳が一般的かも、よくわかりません。
そこで、
・基本給が低いデメリット
・職能給が高いメリット、デメリット
を教えて頂けませんでしょうか?
ちなみに、会社規模は従業員21名、
年商4億程の会社です。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まず、基本給が少ないとボーナスが少ない傾向にあります。

ボーナスは、基本給の何ヶ月という計算をしますので、1年で7~8ヶ月分も出すような企業は、なかなかないと思います。職能給については、一概にはいえませんが、営業職の場合、営業成績が悪かったり、何かトラブルが発生した場合に、会社側は職能給をカットしたり減らしたりすることがあります。基本給は、簡単に減らすことはできませんから、手当てのほうがカットしやすいということです。逆に、成績がよかったり、会社に貢献した場合には職能手当てが上がります。臨時ボーナスのように手当てをつけてくれる所もあれば、職能給自体のベースアップをしてくれる所もあります。基本給は簡単に下げにくいので、低めに設定してあるところが多いようですね。がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。やはり変動させやすい手当てなのですね。まだ転職活動始めたばかりですので、焦らず頑張ります!

お礼日時:2005/06/30 17:32

従業員21名なら賃金に関する規程(就業規則など)を労基に提出しているはずです。


その職能給が「給与の一部」なのか「純然たる手当」なのかを確認されるとよいと思います。
給与の減額には一定の歯止めがありますが「手当」に関してはそれほどの拘束はありません。また職能給が賞与支払いの場合の対象になっているかも確認されたほうがよいと思いますね。
    • good
    • 3

#1です



会社としては固定費はなるべく減らしたいでしょうから、基本給や社会保険料などは低く抑えたいのが本音でしょう。なのでその分を、手当でカバーしてるという訳です。業界によっても違いますが、やはりこういう形態の給与体系もまだ多いみたいですよ。
なので、転職する時のコツは、月給で見ないで年収で考える事です。ボーナスも含め、年間どれくらいもらえるかコミットしてもらえれば安心です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。年収ですかぁ。そうですね。
内定企業に確認しましたが、やはりボーナスが少なく、年収で考えると希望よりも低かった為、辞退しました。

お礼日時:2005/06/30 17:35

基本給は、労基法などで容易に下げる事は出来ませんが、手当であれば、会社側の都合で柔軟に増減出来るからでしょう。

またボーナスも基本的には基本給の何ヶ月分と計算されるので、基本給が安いと支給額も低くなります。また厚生年金や社会保険なども基本給から計算されるはずなので、基本給を低くければ、支払う税金類も低くなるという訳です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難う御座います。参考になりました。
最近は、基本給を低く、職能給を高く、という企業が多いのでしょうか?総額には不満はないのですが、職能給が一般的に下がりやすいものだと、将来的にも不安が大きいです。
お礼欄で再質問になり申し訳ありません。

お礼日時:2005/06/30 16:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基本給と、職能給について

基本給と、職能給について

ハローワークの求人で、基本給16万+サービス手当1万の企業に応募しました。
ですが採用されてから、基本給8万+職能給8万+サービス手当1万と言われました。

これは、ハローワークの求人の記載内容と違うような気がするのですが、違反とかにならないんでしょうか?

本当は会社に確認したいのですが、難しい状況なので聞けません。

どうかご回答の方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

基本給16万円と基本給8万円プラス職能給8万円の計16万円は同じ性質のはずです。
基準賃金として考えてください。
業種によっては、基準賃金が全て職能給の会社もあります。
基準賃金を元に時間外手当(早出・残業手当等)や賞与・退職金等を算出します。

基本給8万円のみで時間外手当を算出したら、恐らく最低賃金を下回る事になりますので法律違反です。
その場合はハローワークなり労働基準監督署に相談してください。
会社は厳しい指導を受ける事になります。

Q給料について 主人の給料明細を見ると基本給が29000円とあります。そ

給料について 主人の給料明細を見ると基本給が29000円とあります。その他、手当てや残業代等で総支給額は27万前後になっています。この基本給は法外ではないですか?こういう会社はざらにあるんでしょうか… 基本給が低いことで不利なことや損することはありますか?

Aベストアンサー

別におかしくはありません。多くの会社は年功序列型の給与から能力型の給与に変わってきています。そして 一律に昇給する基本給のウェイトを低め 能力給 業績給 資格給などのウエイトを高めています。ウチの会社も時間外手当等を除いても5種類に分かれています。家族手当や住宅手当もつきません。
ただし 退職金は皆さんが書かれているように基本給が基準ですので 低いことは低いですが 損得ではなく そういう給与体系だと割り切るしかありません。
また、能力のある人は そういう給与体系が有利で 同じ年齢でも1.5倍の給料の人(歩合ではありません)もいます。

Q本給と加給の違いについて

入社して8年になります。入社以来、気にはなってたのですが・・・。
一般事務職で就職したのですが、基本給が「本給」と「加給」に分かれております。
「本給」は入社時は12000円。毎年1000円ずつ昇給し、6年目より毎年100円昇給となりました。現在「加給」が200000円ほどあり、総額では特に不満はないのですが、「本給」が世間に比べてあまりにも低いと思うのです。
「本給」と「加給」の違いって何でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、

本給は能力とは無関係にもらえるお金、
加給は能力に応じてもらえるお金、とお考えください。

 昔(2,30年前)は、本給が主体でしたが、仕事ができるものも、そうで無い者も、同じ給料というのはおかしい、という考え方が徐々に広がり、加給がメインになっている会社も少なくありません。

 更に、最近は「通勤距離と能力は無関係」という考え方から、通勤手当を廃止したり、「家族の人数と能力は無関係」という考え方から、扶養家族手当を廃止する会社も少なくありません。(手当ての廃止で、浮いたお金は社員全員にに等分配分されます)

 ある意味、合理的な給与体系だと思います。

御参考になれば幸いです。

Q職能手当について

求人表を見ていて基本給が70000円、職能手当が60000円の合計130000円と書いてあるのですが。これはこれは実際に130000円もらえるのでしょうか?それと、職能手当が基本給の半分をしめているってことはあまりよくないことなのでしょうか?
わかるかた是非教えてください。

Aベストアンサー

そのお給料はもらえるとは思いますが、
部署等の異動などや職務内容の変更で、職能手当が変わる可能性も考えられます。
仕事内容への手当ですから。
ただし、あくまでも求人票は労働条件等の紹介ですので、
実際に契約を取り交わすまで、その金額や支給条件が確定しているものではありません。

>職能手当が基本給の半分をしめている・・・
割合の大小に拘わらず、あまり良いとはいえません。
賞与は”(基本給+職能手当)×○○ヶ月”というところが多いようですが、
中には”基本給×○○ヶ月”という場合もあるようです。
そうしますともらえる金額が大幅に変わることになりますね。

もうひとつは、退職金についてです。
一般的に”基本給×○○ヶ月”が多いので、
仮に全体が基本給だったとすると、これまた金額が大幅に変わることになります。

ここからは蛇足となりますが、
時間外手当について、法的には”基本給+職能給”がベースとなりますが、
中には基本給だけをベースとしている会社もあるようです(違法である場合が多い)。
(稀に職能手当の内容によっては、違法とならないこともあるようですが・・・)

そのお給料はもらえるとは思いますが、
部署等の異動などや職務内容の変更で、職能手当が変わる可能性も考えられます。
仕事内容への手当ですから。
ただし、あくまでも求人票は労働条件等の紹介ですので、
実際に契約を取り交わすまで、その金額や支給条件が確定しているものではありません。

>職能手当が基本給の半分をしめている・・・
割合の大小に拘わらず、あまり良いとはいえません。
賞与は”(基本給+職能手当)×○○ヶ月”というところが多いようですが、
中には”基本給×○○ヶ月”という場合もある...続きを読む

Qお給料ってどれくらい上がるものでしょうか?

こんばんわ。
20代半ばの女性です。
タイトルの通りなのですが、普通お給料ってどれくらい上がるものなんでしょうか?

私の会社は基本賃金の昇給は年1回(4月)です。
基本的に会社の業績が悪くなければ毎年上がる感じで、
上がり幅は前年の考課結果によってかわってきます。
基本賃金にプラスして役職手当がつく感じです。

新卒で今の会社に入社して5年目ですが、
新入社員の頃の基本賃金と比較して、役職手当を加味しても2万程しか上がっておりません。
もちろん効果結果が著しく悪いという事はなく、どちらかと言えば良い方です。

5月末に給与が支給された際の明細を見た瞬間、
あまりの上がらなさに愕然としました。
この調子だと10年たっても今とそれほど変わらないのか・・・と。

新卒で入った今の会社しか知らない為、他の会社の給与事情はどうなのかと思い、
ご質問させて頂きました。
皆様のお勤め先ですとどれくらい上がりますか?

Aベストアンサー

私の会社では一般職と総合職に分かれています。
単純に女性は一般職で、男性は総合職です。
仕事内容は関係ありません。
同じ事務職でも男性は総合、女性は一般です。
そして、一般職は基本的に年に一度、1000円の昇給があるだけです。
ですので、5年でしたら5000円アップするだけですね。
総合職も基本給は同じように年に一度1000円の昇給です。
ただし、一般職と違い、昇格があります。このとき、役職手当+昇給があります。
主任なら数千円、課長なら数万円、部長なら20万円、取締役なら50万ぐらいです。
22歳で入社すると、27歳ぐらいで主任になり数千円アップ、40歳前後で課長になり数万アップ、
ここらへんまではほとんど変化がありませんが、部長、取締役となると
いきなり金額が跳ね上がります。
ただ一般職も年数を経て、さらに総合職の10倍くらい会社に貢献すればキャリア職にランクアップします。
そうすると課長までは昇格できます。
総合職は部長までなら年数さえ経れば誰でもなれます。
簡単にまとめると「女は男の10倍働けば課長になれる。男は女の10分の1働けば部長になれる」ということですね。
そんなわけで、私の会社ではほとんどの社員にヤル気がありません。
一般職の女性からすると「10倍働いてやっと数万円の昇給」ですし
総合職の男性からすると「年数さえたてば仕事をしなくても部長職になって20万円ほどのアップ」ですから。
そして、一部の「昇給も昇格も関係なく懸命に働く人達」と「取締役までを目指す総合職の人達」が全体を支えています。

といっても、実はこのような形になったのはここ数年です。
もともとは「女性は結婚するまでニコニコと座っていれば良い」という扱いでした。
その後、社長交代で「女性の正社員はいらない」となり半分以上がリストラされました。
が、しかし、また社長交代したとき「女性も戦力として考える」となったわけです。
上記の総合職、一般職…つまり男性と女性の扱いが違うのは
いままだ試行錯誤の途中だから、なんですね。
おかげで現在は「女性には責任を与え、権力は与えない」という中途半端な状態です。

総合職、つまり男性社員は誰でも部長になれると書きましたが、取締役となるとそうはいきません。
そして数年前、取締役を目指す一人の野心的な男性社員の思惑で「女性社員を戦力に」となりました。

ちなみに、私の会社は社員150名ほどの中小企業です。
内、女性社員は半分弱。

経営陣の考え方や思惑で社員の扱いは変わるので、このまま良い方向へいくか
それともまた「女性社員はいらない」とリストラされるか
先のことはわかりません。

私の会社では一般職と総合職に分かれています。
単純に女性は一般職で、男性は総合職です。
仕事内容は関係ありません。
同じ事務職でも男性は総合、女性は一般です。
そして、一般職は基本的に年に一度、1000円の昇給があるだけです。
ですので、5年でしたら5000円アップするだけですね。
総合職も基本給は同じように年に一度1000円の昇給です。
ただし、一般職と違い、昇格があります。このとき、役職手当+昇給があります。
主任なら数千円、課長なら数万円、部長なら20万円、取締役なら50万ぐらいです。
22歳で...続きを読む

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

Qあなたの会社の「家族手当」支給基準を教えてください。

タイトルのとおりですが、会社によっていろいろな考え方があるでしょうから、正解も不正解もありません。
実は自分の会社の給与体系の見直しを検討中のため、各社の実態を知りたいんです。
人事系の仕事をしている方、ご自分の会社の就業規則(給与規程)に詳しい方、ぜひ実例を教えてください。
よろしくお願いします。

1.配偶者の家族手当はいくらですか?

2.扶養対象でない配偶者にも家族手当を支給していますか?

3.子供の家族手当はいくらですか?

4.家族手当を支給する子供の人数または年齢には制限がありますか?

5.特定扶養親族の対象年齢でも学生でない(フリーター等)子供に家族手当は支給していますか?

6.父母、祖父母などの扶養家族がいる場合、家族手当の支給対象人数に含めていますか?

最後に、できれば会社の規模として社員数を教えていただけると、比較がしやすいので助かります。

わかるところだけでもいいので、たくさんの回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

こんばんは。現在事業所の総務課に勤務している者です。
私の勤務先の場合をお話しますね。

1.配偶者の家族手当はいくらですか?
月8000円です。

2.扶養対象でない配偶者にも家族手当を支給していますか?
支給していません。
基準は税法上の被扶養者になれるかどうか(=年収103万円未満かどうか)です。

3.子供の家族手当はいくらですか?
月3000円です。

4.家族手当を支給する子供の人数または年齢には制限がありますか?
人数制限はありませんが、年齢は18歳までと決められています。
特に在学証明書のようなものは求めていませんが、5の質問にある「フリーター」状態のお子さんの場合は、月収を聞き、かなり稼いでいるようなら、支給は止めます。

5.特定扶養親族の対象年齢でも学生でない(フリーター等)子供に家族手当は支給していますか?
18歳未満で、税法上の被扶養者であれば支給しています。

6.父母、祖父母などの扶養家族がいる場合、家族手当の支給対象人数に含めていますか?
税法上の被扶養者である場合に限り、一人1000円支給しています。
例えば、被扶養者奥様のご両親とお住まいの場合は月2000円です。

最後に、できれば会社の規模として社員数を教えていただけると、比較がしやすいので助かります。
約60人です。

以上、ご参考になれば幸いです。

こんばんは。現在事業所の総務課に勤務している者です。
私の勤務先の場合をお話しますね。

1.配偶者の家族手当はいくらですか?
月8000円です。

2.扶養対象でない配偶者にも家族手当を支給していますか?
支給していません。
基準は税法上の被扶養者になれるかどうか(=年収103万円未満かどうか)です。

3.子供の家族手当はいくらですか?
月3000円です。

4.家族手当を支給する子供の人数または年齢には制限がありますか?
人数制限はありませんが、年齢は18歳までと決めら...続きを読む

Q基本給と職務手当てについて

現在勤めている会社で突然、給料日に
「今月支給分から基本給と職務手当てに分けて支給
することになりました」という紙が一枚入っていた
だけで社員には事前連絡ナシに決定していました。

これだけでも違法ではないかと思うのですが、
万が一、私が失業し、失業保険を支給してもらう場合、
やはり基本給と職務手当てに分けられてしまった方の
基本給で計算されてしまうのでしょうか。
確か、6ヶ月ほどさかのぼって失業手当は計算されて
いたと思うのですが・・・・

Aベストアンサー

>「今月支給分から基本給と職務手当てに分けて支給することになりました」という紙が一枚入っていただけで社員には事前連絡ナシに決定していました。

本当にどうしてこういうこと(一方的に決めてしまうこと)をするのですかね? 大いに問題があります。

但し、問題の失業手当(基本手当と言います)の計算は「賃金の総額」をもってしますので、影響なしと考えて良いでしょう。http://www2s.biglobe.ne.jp/~mikuri/file1/koyou/koyou3.htm

だからと言って、kumakuma91さん達の同意なく(或いは事前説明もなく)変更する会社のやり方は問題です。今後こうしたことがないよう強く抗議しておいた方が良いのではないでしょうか(無用の争いを起こしてまで抗議したらと言う意味ではありません。法律論を述べておくだけでも良いのでは)。http://www.roudousha.net/keiyaku/070_jokenhenko.html

Q退職金は給与から積み立てられているのですか?

1.会社を辞めた時に受け取る退職金は毎月の給与から引いて積み立てられているのでしょうか?(給与明細を見ても載っていません。)
 退職金の基本は給与で、それに会社がプラスしているのでしょうか?
2.確定拠出年金で企業が拠出する掛け金は、従業員の給与から引いて積み立てているものから拠出するのでしょうか?
 退職金と企業が支払う確定拠出年金のお金の出所がわかりません。企業が全て負担するとは考えにくいのですが、そういう企業もひょっとしたらありますか?
 退職金についてよくわからないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には、従業員が退職する時に、会社は、会社が貯めて持っている預金の中からお金を引き出して、その従業員に「退職金」を支払います。ただ、それだけのことです。

しかし、「退職金」は、巨額な場合が多いので、一時にそれを払うとすると、会社としては、資金繰りの予定が立てにくいです。
そこで、会社は「退職金」の分を、前もって、それなりに計算して、普段から少しずつ、別のところに貯めていきます。
この別のところこそが、「確定拠出年金への積み立て」であったり、「中退共への積み立て」、「特退金への積み立て」であったり、「銀行での積み立て」であったり、「生命保険会社での積み立て」であったりするわけです。
いつから、どこに、いくら預けて貯めるかは、会社(等)が決めます。

「退職金」は会社が払うべきものなので、これらの積み立て準備金も会社が全て負担します。

ということで、「給与」とは直接関係ありません。

Q給与総額は同じでも、基本給と資格手当の割合が変わった場合

「基本給25万、資格手当5万」だったものが「基本給20万、資格手当10万」に改訂された場合、ボーナスは基本給をもとにするので、少なくなりますよね。

税金などの計算には、通勤手当以外は含むときいたのですが、ということは、基本給が下がっても、厚生年金や、健康保険料、住民税、所得税には全く影響せず、割合が変わったことによって従業員が得することはなにもなし、損をするのはボーナスのみ、という認識でいいのでしょうか?

ボーナス以外にもデメリットが生じる恐れがあれば、お教えください。
(たとえば、辞めた時にもらえる失業保険の金額に影響が出るなど)

Aベストアンサー

ボーナスのほか、長期的に見ると 給与水準の引き下げがあります。
基本給は 多くの会社で定期昇給がありますが 資格手当てについては同じ資格なら基本的に単価は同額です。例えばですが これまで方式では25万円で2%昇給すれば25.5万+5万=30.5万円の給与ですが、新方式では20万円の2%昇給で20.4万+10万=30.4万円となります。昇給率は同じでも このように金額は変わります。
私が前に勤めていた会社でも 基本給が 職能手当 職能資格手当などに分けられ 上位の職能に進める人と 進めない人では 給料の差が以前より大きくなりました。
それぞれの会社の規定により異なりますから なんともいえませんが 年功型から能力型への移行により そういうことも得りうるということです。
なお、時間外手当は、当然に それらも対象となります。
さらに、退職金の計算にも基本給のみが用いられれば 掛け率は同じとしても 減額となりますよね


人気Q&Aランキング