ナンバ走りに本で読んで興味があるんですがもしよろしければ稽古法や具体的方法などを教えてください。

A 回答 (1件)

赤ちゃんがハイハイから立って歩けるようになるまでの発達段階として、


1:両手両足左右を同時に使う。(ぜんぶ一緒に動く)
2:左の手足・右の手足をそれぞれ同時に使う。(左右の分化はあるが手足は同時)
3:右手と左足・左手と右足をそれぞれ同時に使う。(左右・手足の分化・統合が進んだ状態)
があります。(おおまかですが、こんな様に手足の使い方が上手くなります。)
さらに、その先に猫のように背骨を高度に使って優雅にハイハイする可能性がありますが、大抵その前に立って歩けるのでそこで発達をやめる場合が多いようです。

ナンバについて:
ちょっと見ると右足と右手が同時に出る動きと思えます。(緊張して脳の分化のレベルが低下したときにみられる歩き方で、ギクシャクして笑える歩き方です)
当然そのレベルに逆戻りする走り方が効果的とは思えません。
分化レベルが、上記3のレベルのときに手を振るのをやめて歩く・走るとさらに両手両足をすべて別々に動かすレベルへ(ちょっとだけ)向上していきます。
さらに進めば走りながらとても楽に自由に両手を別々に動かせるようになります。(手でバランスを取るのではなく背骨や全身でバランスをとって走ることができるようになります。)
このレベルにまで歩く・走る能力(機能)が向上すると、今までより身体を全体的・効率的に使うことができるようになるので、スポーツの成績が向上するようです。
ナンバ走りの定義はいろいろありますが、以上のように考えると合理的だと思います。

「足の動きと手の動きのパターンをはずし多彩な組み合わせができるようにすることで、身体を全体的・効率的に使えるようにする走り方」とでも言いましょうか。


お勧めする学び方(欧米でかなり前に確立されているやり方[Feldenkrais Method]を元にしています):
◆基本となる練習
猫などを観察して、自分でも優雅にハイハイできるようにする。(お腹をたらして四つん這いができることが重要です。経験上、最近の若い人は四つん這いのときに腹筋が縮んでいることが多いので...)
ハイハイは時々やって、優雅にできるようにするとよいです。(同じレベルのハイハイを繰り返すのではなく、常に複雑に見えないがより高度な優雅さを求めなくては、この練習の意味はありません。)

◆歩きながらの練習(最初と最後、ちょっと疲れを感じたときは仰向けに寝て床と体の接触点に注意を向けて少し休んでから次の動きに移ったほうが効果的です。)
A:普通に手を足と逆に振って歩く。B:手を動かさずに歩く。
C:右足を前に出す時に右の骨盤を前に出す。D:左側でCと同様にやる。
E:右足を前に出す時に左の肩を前に出す。F:左右を換えてEと同様にやる。
G:右足を前に出す時に右の肩を前に出す。H:左側でGと同様にやる。
I:右足を前に出す時に右のお尻を後ろに突き出す。J:左側でIと同様にやる。
K:右足を前に出す時に顔を左に向ける。L:左側でKと同様にやる。
M:右足を前に出す時に胸を左に向ける。N:左側でMと同様にやる。

C~NをAとBを挟みながらランダムにやると良いでしょう。
C~Nの時は手の振りを意識しないでやるのが基本ですが、楽なほうに意図的に手を振ったり、やり難いほうに手を振ったりすることを2回め以降にやるときは付け加えると効果的です。(1回目は手の振りを自然のままにすること)
安全に気をつけながら、他のバリエーションを考えて追加しても良いです。
慣れたら、ぶつからないように注意して、後ろ向きに歩きながらやることを加えてもよいと思います。歩幅を大きくしたり小さくしたりしてやってみるとさらに良いです。

◆走りながらの練習(この練習に移る前に、基本となる練習と歩きながらの練習を1回以上やっていること。速く走らずに、怪我をしないように安全に注意しながらやること。)
歩きながらの練習を走りながらやります。(歩きながらの練習でやったことだけ走りながらやります。)
無理をしないこと(お尻を後ろに突き出しながら走るのは困難なのでゆっくりやるか、無理ならやらないこと)手の振りやバリエーションについては歩く練習と同様にやります。

ここまで練習すると、ナンバ走りはかなり自由にできるようになります。
走ることは歩くことの基礎の上に存在し、歩くことはハイハイ歩きの基礎の上に出来上がるものです。基礎を高めることで、安全に速くその先に成長できるのだと思います。


さらに高いレベルとして、耳から下の肩甲帯・腕以外が足になったかのように身体を使えるようにするトレーニングもあります。(かなり原始的な動きを細かく改善していく必要があるので時間はかかりますが)
そこまで行って、腕・背骨の自由度をさらに増していくと背骨の一本一本から生えてきたものが統合して一つの腕になったように感じられるので、全身の力が極めて効率的に手に伝わるようになります。
(イメージではなくて、実際にそうなります。こういった質の高い動きをいきなりイメージしても効果はほとんどありません。動きを高めるためには、出来るレベルの動きを詳細にイメージしたほうが効果的です。イメージとイメージしないで動くこと・イメージしながら動くことを組み合わせると良いですが、それらは専門家に習った方が良いでしょう。)
どんな目的でナンバ走りを身に付けたいのか解からないので、長くなってしまいましたが、最後までついてきてくれてありがとう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に詳しい回答ありがとうございました。目的は現在合気道の修行中で、ナンバ走りを知り合気道に生かせないかと思い質問させていただきました。実際にナンバ走りを本で書かれていた甲野善紀先生の技を受けてその思いが強くなり質問させていただきました。お答えをこれからの稽古に生かしていきたいと思います。

お礼日時:2001/10/10 14:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語発音ストレス練習のコツ

英語の発音(ストレス)の練習しています。テープの英語を聞きながら、同時にその英語を自分で繰り返しながら言葉に出す練習をしていますがなかなか上達しません。他にコツがあればどなたか教えてください。

Aベストアンサー

皆さんが仰るように大変だと思いますし、根気に勝る方法はないかと思います。
一つ申し上げれば、あまり焦ってテープのスピードに追従せず、ゆっくり丁寧に、大きな口を開けて(縦に大きく)反復されるといいかと思います。スピードばかり追うとどうしても端折りたくなっていい加減な発音になります。
スピードはだんだん上げて行けばいいかと思います。

日本人にとって何が大変かって、やはり小さい頃から英語を話してきたネイティブと肩を並べるのはほぼ不可能に近いからです。例えば彼らは自分の顎を英語を話すことを通じて発育させてきています。そこから生まれる肉体的な構造の違いは大変な障害です。突き詰めれば、アメリカで生まれ育ったとしても日系人の発音はアングロサクソンのそれとはやはり異なると思います。

結局のところ、練習して何を目指すかですが、現実的な目標としては、like an Americanよりもunlike a Japaneseが妥当ではないかと思っています。

Q剣道の稽古で木刀はどのような稽古で使用するのでしょうか?

習ったことがないので知らないのですが、
普通は竹刀での稽古ですよね?

Aベストアンサー

剣道には「型」と呼ばれるものがあります。
昇段試験にも採用される「演技」です。

「お互いの呼吸を、目と目で合わせる」大事な訓練です。

選手権などの会場に行くと、やっています。
その時に木刀を使います。

Q英語の練習について

英語の練習のため
アメリカ人など英語話者と無料でチャットできる
サイトを教えていただけませんか?

Aベストアンサー

運のよしあしで、相手が乗り気かどうかも、左右しますが、
Live Mocha chat
http://www.livemocha.com/
で、日本語を覚えたい英語を母語にした人間に当たれば、多少ましかもしれません。変なチャット用語も使いません。Yahooなんかと比較すれば。

Q護身術の本を読んで変に警戒する

護身術の本って読むのほどほどにしといたほうがいいですよね。
だって、読みすぎたら変に警戒して人の顔色うかがうみたいになっちゃうんじゃないでしょうかね?

Aベストアンサー

基本的に護身術は専守防衛手を掛けられるなり、何かしらのアクションがあってからその掛けられた手をひねった後次の攻撃に移りますからそれまでは気構える必要はないです。

むしろ余計に気構えていると相手の特定の攻撃への対処しか出来ませんので護身できません。

ありとあらゆる護身法をマスターして、相手の攻撃に対し適切な処置を選び最小の体の動きで最大の防御を行う、コレが護身術です。

Qアメリカ英語とイギリス英語は、どのように発音して練習すればよいでしょう

アメリカ英語とイギリス英語は、どのように発音して練習すればよいでしょうか?


英語を勉強しています。
将来英語を使う職種で働いてみたいと思うため、家でNHKやDUOを使用しながら勉強しています。

アメリカ英語とイギリス英語の発音の違いで分からなくなってしまったため、教えてください。

下記のように、『コ』と『カ』において発音が違う気がします。

constitution
イギリス英語は、コンスティテューション
アメリカ英語は、カンスタテューション

combine
イギリス英語は、コンバイン
アメリカ英語は、カンバイン

compromise
イギリス英語は、コンプロマイズ
アメリカ英語は、カンプロマイズ

※読み方をカタカナで記載しておりますので若干違う面もあると思います。

  ・日々の練習や勉強は、どちらの発音を参考に勉強したらよいのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカ英語とイギリス英語の一番の違いは、発音の強さとイントネーションです。
単語の一音一音をはっきり発音するイギリス英語に対して、アメリカ英語は流れるように話します。
たとえば「Water」を例にあげると、

イギリス → ワター

アメリカ → ワラー

というかんじで「T」の発音が全く違います。

ほかにもアメリカ英語では「R」は思い切り巻き舌で発音しますが、
イギリス英語はそうでもないです。


あと、イントネーションで言うとイギリス英語は疑問文の語尾を下げることが多いです。

私の場合、主人がアメリカ人なので自然と自分の英語もアメリカ英語ですが、
イギリス英語も意識すれば話せます。(たぶんかなり下手ですが・・・)

ただ、個人的な意見としては、同じ英語とは言え同時進行で
イギリス・アメリカ英語を一緒に勉強するのは、かなり無理があるかと思います。
一番いいのはやはり自分の好きな方を勉強するのがベストです。

好きな俳優さんがアメリカ人だからアメリカ英語を・・・とか、
ハリーポッターシリーズが好きだからイギリス英語・・・というふうに。

どうしても両方に挑戦したいと思われるのであれば、
基本をマスターした上でもうひとつの勉強してみてはいかがですか?
順番的にはアメリカ英語→イギリス英語の方が比較的覚えやすいのではないかと思います。
理由はイギリス英語は単語の発音が明瞭なので分かりやすいですが、アメリカ英語はかなりくだけていますので、早い英語に慣れたあとにイギリス英語をマスターする方がベターかなと思います。

ご参考になれば幸いです^ ^

アメリカ英語とイギリス英語の一番の違いは、発音の強さとイントネーションです。
単語の一音一音をはっきり発音するイギリス英語に対して、アメリカ英語は流れるように話します。
たとえば「Water」を例にあげると、

イギリス → ワター

アメリカ → ワラー

というかんじで「T」の発音が全く違います。

ほかにもアメリカ英語では「R」は思い切り巻き舌で発音しますが、
イギリス英語はそうでもないです。


あと、イントネーションで言うとイギリス英語は疑問文の語尾を下げることが多いです。

私の場合...続きを読む

Qプロレスの仕組みについて(ミスター高橋の本を読んで)

先日ミスター高橋のプロレスの真実について書かれた本を2冊たて続けに読みました。だいたいは想像していたものの、ああまではっきり書かれてると納得&失望&感動、と様々な感情がこみ上げました。

で、あれは新日について書かれたもんですが、ほかの団体、例えば全日でもNOAHでも、はたまたZERO-ONEでも、同じようなこと(ストーリー作りなど)が行われているのでしょうか?そして新日では今でも?

みなさんのご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

団体のカラーにもよりけりですね。
DDTなんかはかなりその辺凝っています。
ただ、現在はファンの目もかなり肥えてますので、
重要な試合に関して言えば「勝敗そのもの」の取り
決めはしていない、と考えていいでしょう。

ただし長いスパンで見た場合、選手レベルで戦略的に
「負けておく」という作戦はあり得ます。
シリーズ最終戦でタイトルマッチが組まれていた時
など、(王者・挑戦者問わず)相手を油断させる目的
であえて負ける、という“心理戦”の部分も、重要な
要素になりますから。

決まったストーリーの中で進行するのではなく、その
時々の結果に応じてストーリーがリアルタイムで作ら
れていく…という手法が、現在の主流だと考えるのが
自然かと思います。

…ただ、そう考えても最近の新日に関して言えば、
ゴールデンでの「ハズし」が多かったのは事実なん
ですけど…。

Q英語ライティングの練習方法

論文のAbstractを英語で書くことはできます。しかし、そういうと聞こえは良いかもしれませんが、実をいうと典型的な表現を探せば似たような構文を使った文章が見つかるので、それを真似て少し単語を入れ換えながら・・・という感じでやれば時間さえあれば誰でも書けるというものです。つまり、自分で考えたものをそのまま書いているわけではないわけです(だから日記を英語で書こうとしても書けません)。

将来的には英語で論文を書かなくてはならない機会も増えてしまうので、今のうちに基礎からライティングの練習をしようかと考えているのですが、どういう練習をしたらよいのか正直よくわかりません。

今考えているのは、大学入試の頃に使っていた長文読解用の問題集を使って、日本語訳から英語に直すことをひたすらやろうかと考えているのですが、、、どんなもんでしょう?

最初は英会話フレーズ(チョッと長めのやつ)を英訳したらよいのかとも考えたのですが、それだとフレーズの暗記になってしまって、英訳(それなりに長いセンテンスの文章を書くこと)の練習にはならないような気もします。

経験的にどういう練習をすると効果的だとか、段階的にどのような練習をしていけばよいのかを教えていただけるとうれしいです。

論文のAbstractを英語で書くことはできます。しかし、そういうと聞こえは良いかもしれませんが、実をいうと典型的な表現を探せば似たような構文を使った文章が見つかるので、それを真似て少し単語を入れ換えながら・・・という感じでやれば時間さえあれば誰でも書けるというものです。つまり、自分で考えたものをそのまま書いているわけではないわけです(だから日記を英語で書こうとしても書けません)。

将来的には英語で論文を書かなくてはならない機会も増えてしまうので、今のうちに基礎からライティング...続きを読む

Aベストアンサー

日本語を英語に訳すという考えは、やめたほうがいいと思います。

>典型的な表現を探せば似たような構文を使った文章が見つかるので、それを真似て少し単語を入れ換えながら

初期段階での、正当な英語のライティングトレーニング方法です。

最初から自分で考えて、それなりの英文を作ろうと思っているところに、無理があります。そんなことをしても、日本式発想で英語らしくないおかしな英文ができるだけです。ネイティブやライティングの達人が書いた英文を借用して、使いこなせるようにしていくことが、必要です。

ただ、その前に、ごく基本的な英文は自分で作れるようになっておく必要があるでしょう。日記をかけないということですが、日本語で書くように難しいことを最初から書こうとしているからでしょう。中学レベルの英語で、朝何時に起きた、朝食には何を食べたといった、単純な文章からはじめることが大切です。

こちらのサイトのトップページで紹介されている「瞬間英作文」のシリーズは、スピーキング練習のためのものですが、基本的なライティング練習にも適していると思います。
http://homepage3.nifty.com/mutuno/

中学レベルのごく簡単な英文で書く練習をしつつ、論文などに必要な表現は、論文の中から拾い出してまねる練習をするといいでしょう。これはと思ったものを抜き出して、一部を変えて新たに文章を作る練習を重ねていくといいと思います。

自然な英文を作れるようになるためには、大量の英文にふれることも重要です。論文でも、英字新聞でも、ペーパーバックでも、大量に読み進めることだと思います。大量に読むためには、あまり難しくない、ごくやさしいものを読んでいくのがいいでしょう。こちらのサイトが参考になると思います。
http://www.seg.co.jp/sss/

日本語を英語に訳すという考えは、やめたほうがいいと思います。

>典型的な表現を探せば似たような構文を使った文章が見つかるので、それを真似て少し単語を入れ換えながら

初期段階での、正当な英語のライティングトレーニング方法です。

最初から自分で考えて、それなりの英文を作ろうと思っているところに、無理があります。そんなことをしても、日本式発想で英語らしくないおかしな英文ができるだけです。ネイティブやライティングの達人が書いた英文を借用して、使いこなせるようにしていくことが...続きを読む

Q稽古のまわし

相撲の稽古シーンを見ると白いまわしの形状(しめ方?)が違いますがなぜなんでしょうか
稽古ならではの合理的な理由があったりするのですか

Aベストアンサー

こんばんは

本場所のしめこみは絹なんですよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%BB%E3%81%97
これを稽古まで使うと痛みますし、高級なものなのでもったいないですよね

なので稽古には木綿の締め込みを使っています

あと締め方も素材が違うので
生地の滑りの違いなどで分けているんだと思います

Q映画で英語の練習

したことありますか?
僕は今日からやろうと思ったのですが、早くて何言ってるか
わからないし、字幕を英語にして一緒に話そうとしてもでき
ませんでした。

どんな風にやればうまくできますか?
自分はこんな風に練習したとか、こんな練習法が良いなど、
アドバイス下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
日本にいた頃は、主に映画をDVDで観てリスニングの練習をしていました。

>早くて何言ってるかわからないし、
 
初めて英語オンリーで観たとすると、何を言っているかわからないのが普通だと思います。
多分英語の字幕をつけても、字幕を読むスピードが遅いと何を言っているかさっぱりわからない状態になると思います。
 
>字幕を英語にして一緒に話そうとしてもできませんでした。
 
英語の字幕は聴覚障害者用の字幕でない限り、話されている台詞と字幕の表現が違うのが普通です。(字幕の英語は同じ意味で短い単語が使われています。方言や訛のある場合は、スタンダードの英語に書き換えられている事もあります。)
なので、字幕を読んでも映画の台詞と合わせる事ができないことが多いです。
 
>自分はこんな風に練習したとか、こんな練習法が良いなど
 
私はリスニングの練習しかしたことがないので、スピーキングの方のアドバイスは出来ないのですが、
リスニングに関していえば、
1.最初に字幕なしで観る事を2~3回繰り返して、大体の内容が掴めたら、→2.英語の字幕をつけて内容を確認(自分が思っていたストーリーと同じかどうか)→3.最後に日本語の字幕で観て細かい部分を確認。
という方法で観ていました。
英語の字幕で観ていて分からない単語が出てきたら、一度停めて辞書で調べたりする事もありますが、あまり頻繁に停めると観ていてもつまらないので、調べるとしても1作品で2単語くらいです。
 
特に気に入った作品は、台詞を覚えてしまうくらい見たものもあります。
台詞を覚えてしまうくらいのレベルになるとやっと、映画のスピードに合わせて一緒に話すことができたという感じです。


 

こんばんは。
日本にいた頃は、主に映画をDVDで観てリスニングの練習をしていました。

>早くて何言ってるかわからないし、
 
初めて英語オンリーで観たとすると、何を言っているかわからないのが普通だと思います。
多分英語の字幕をつけても、字幕を読むスピードが遅いと何を言っているかさっぱりわからない状態になると思います。
 
>字幕を英語にして一緒に話そうとしてもできませんでした。
 
英語の字幕は聴覚障害者用の字幕でない限り、話されている台詞と字幕の表現が違うのが普通です。(字...続きを読む

Q相撲の稽古で

相撲の稽古の時、勝った方(胸を貸した方)に周りで見ていた力士が集まって来て、遮るような
止めるような動作をします。あれは何なんでしょうか?

まるで「もうそれ以上やるな、勘弁してやってくれ」というような感じで、勝った力士(多くの場合横綱
や大関クラス)にワラワラと集まって来ます。

あれの意味を教えて下さい。

Aベストアンサー

「ぶつかり稽古」ニャ。
 上位力士が下位力士に稽古を付けるニャ。勝負が付くと力士が集まるのは、下位力士が「ワシにも稽古を付けてください」と寄ってきているのニャ。
 


人気Q&Aランキング